CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2016年01月 | Main | 2016年03月»
2016年02月29日(Mon)
パラオの海上保安、環境保護を強化
日本財団、笹川平和財団が官民国際会議
日米豪が協力体制確認


西太平洋の島国パラオ共和国の「海上保安能力の強化および環境配慮型ツーリズム推進のための官民国際会議」が2月26日、旧首都のコロールで開催されました。パラオ共和国と日本財団、笹川平和財団の主催で、パラオが直面する違法操業による海洋生物資源の枯渇や観光客の急増に伴う環境悪化などに対し支援策を打ち出すのが狙い。在パラオの日米豪各国大使が海洋監視や環境保護、人材育成など支援を強化する考えを表明しました。

会議後、出席者が記念撮影
会議後、出席者が記念撮影


2016年02月24日(Wed)
パラリンピック競技特集(14)知的障害者陸上競技
パラ競技.png
認知度アップを目指し、全力投球!

「ポンポンポンと大きく、早く腕を振る!」
河合正治強化委員長(46)の良く通る声がグランドに響く。
愛知県豊川市の陸上競技場で先週末、パラリンピックに向けた「日本知的障がい者陸上競技連盟」の重点強化合宿が行われました。雨や強風にたたられましたが、今秋開催されるリオ大会から1種目加わり、計4種目の競技が行われることもあって、選手たちは張り切ってトレーニングに励んでいました。

50メートル走のタイムトライアルを行う選手たち
50メートル走のタイムトライアルを行う選手たち


2016年02月24日(Wed)
“本と文学の祭り”3月2日から盛大に
東京都内中心に70超のイベント
東京国際文芸フェスティバル2016


開催を知らせる文芸フェスティバルポスター
開催を知らせる文芸フェスティバルポスター

国内最大の本と文学のお祭り「東京国際文芸フェスティバル2016」(文芸フェス)が3月2日から5日間、東京を中心に開催されます。日本財団の主催で今回が3回目。前後に開催される公募企画を含めると関連イベントは70を超え、多数の芥川賞、直木賞受賞作家のほか、海外からもアジアを中心に著名な作家や翻訳家、編集者が参加、読者との密度の濃い交流が行われる予定です。


2016年02月23日(Tue)
2015年度版「うみやまかわ新聞」完成
制作児童らが東京で発表会
海・山・川と地域のつながり見つける


完成した2015年版「うみやまかわ新聞」の全国版
完成した2015年版「うみやまかわ新聞」の全国版

全国各地の小学生が自分たちの地域を取材・執筆した「うみやまかわ新聞」の2015年度版が出来上がり、新聞づくりに参加した児童の代表やサポート役の地域コーディネーターが2月21日、東京に集まり、完成発表会を開きました。私たちが暮らす日本は広い海とたくさんの島でできていて、一つひとつの地域に特徴的な自然や歴史、文化があります。「うみやまかわ新聞」は、新聞づくりを通して海と島でできた日本を学び、海・山・川と地域のつながりを見つけるプロジェクトです。この日、発表に臨んだ児童たちは「新聞をつくることで、あらためて自分たちが暮らしている地域の魅力を知りました。全国の人たちにもそれを知ってもらいたいと思いました」と感想を述べました。また各地の「うみやまかわ新聞」を見比べて自分たちの地域との「ちがい」や他地域への「関心」を披露し、新聞づくりについては「思っていたより大変だった」と一様に話しました。


| 次へ