CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2015年06月 | Main | 2015年08月»
2015年07月30日(Thu)
「戦後70年〜忘れられた日本人〜」
“時に日本軍からもスパイと疑われた”
比残留2世 早大でフォーラム開催


フィリピン残留2世の早期の国籍回復を求め来日したフィリピン日系人会の代表が7月23日、早稲田大学で開催されたフォーラム「戦後70年〜忘れられた日本人〜」に出席、一行の団長を務める日系人連合会前会長のカルロス寺岡氏(84)は学生の質問に答え、「戦争の中で日系人はフィリピン人から敵として扱われ、旧日本軍からも時にスパイと疑われるなど、信頼できる味方がいない状態だった」と当時の苦しい状況を語った。

100人を超す学生を前に語るカルロス寺岡氏
100人を超す学生を前に語るカルロス寺岡氏


2015年07月29日(Wed)
あなたにとっての快適ライフとは?
ママ向けトークイベント開催

快適な暮らしについて考えるトークイベントが7月9日、東京都・表参道のスパイラルビルで開かれた。会場からの飛び入り登壇もあり、幅広い業種から集まったゲストが三者三様の話題を提供。参加者は、生きいきと過ごすためのアイディアが詰まった体験談に聞き入った。

テーマは「快適さ」。ゲストの中座、飛び入りありで、トークも柔軟な進行で進められた
テーマは「快適さ」。ゲストの中座、飛び入りありで、トークも柔軟な進行で進められた


2015年07月24日(Fri)
「横浜でハンセン病を考える」
日本青年会議所主催サマコン 日本財団からイベントに参加


日本青年会議所主催のサマーイベント「サマーコンファレンス2015」は7月18日、横浜市で開かれ、日本財団からは「中江有里朗読会・トークショー」、「笹川陽平・日本財団会長講演」「フォトグラファー・富永夏子の写真展」の3つがイベントに参加した。

日本財団の南里隆弘さん(左)とトークする中江有里さん
日本財団の南里隆弘さん(左)とトークする中江有里さん




2015年07月23日(Thu)
比残留2世国籍取得問題
安倍首相、協力を約束
日系人会代表が早期解決を要望


カルロス寺岡氏から要望書と署名簿を受け取る安倍首相
カルロス寺岡氏から要望書と署名簿を受け取る安倍首相


終戦の混乱で現地に取り残されたフィリピン残留日系2世の国籍取得問題でフィリピン日系人会の代表が来日、7月22日、首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、早期解決を求める要望書を約2万8千人の署名簿とともに提出した。

要望書では、日本政府がフィリピン政府とも協力して身元調査を進め、残留2世を孤児と認定した上、名簿を作成するほか、日本国籍取得に伴い発生する罰金など新たな法律問題の解決を求めており、安倍首相は「戦後70年を迎える中、日本人としてのアイデンティティーを取得したいという思いは当然で、政府としても、しっかりと協力をさせていただきたい」と述べた。


| 次へ