CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 世界 | Main | このサイトについて»
2017年10月16日(Mon)
海をもっと面白く、人が集まる場所に
PRコンテスト「うみぽすグランプリ2017」
グランプリなど17作品表彰


「海で笑顔に〜地元の海をスター★にしよう」をテーマにした海のPRポスターコンテスト「うみぽすグランプリ2017」の表彰式が10月15日、東京・赤坂の日本財団ビルで開かれた。全国から応募のあった2873作品から選ばれた各部門のグランプリ・準グランプリなど計17作品を表彰した。うみぽすは日本財団がオールジャパンの態勢で取り組む「海と日本PROJECT」の一環。地方創生プロジェクトの一つとして、地域の人が作ったポスターや動画で、日本の海をもっと面白くし、地域の海を人が集まる場所にすることが狙い。

参加者と審査員で記念撮影

参加者と審査員で記念撮影




2017年10月13日(Fri)
海モンスター「アバサンシン」初披露
ごみ主題の児童発案がグランプリ
人気「琉神マブヤー」ショーにキャラクター登場


近年の沖縄の海が抱えるさまざまな課題を子どもたちに喚起しようと、日本財団「海と日本PROJECT」in沖縄県実行委員会は、海についての問題点や課題解決をテーマにした「海モンスター(怪物)」のイラストを沖縄県内の児童を対象に募集し、ごみ問題を主題にした小学3年生発案の「アバサンシン」をグランプリに選んだ。作品をキャラクター化し10月8日(日)、沖縄の子どもたちなら誰もが知っているご当地ヒーロー「琉神マブヤー」ショーの中で初披露した。

「琉神マブヤー」ショーの中で初登場した「アバサンシン」(左)

「琉神マブヤー」ショーの中で初登場した「アバサンシン」(左)




2017年10月10日(Tue)
海の歴史列車が出発!
サカナやタコなど、海の生き物が描かれた海の歴史を刻む列車の出発式が10月7日、広島電鉄「広島駅」で行われた。車内には瀬戸内海の歴史をテーマに今夏行われた絵画コンテストの入賞作品20点が展示。入賞した子どもとその家族が招待され、広島駅から福島町駅までの約20分の初走行に乗車した。海の歴史列車は10月31日まで広島駅ー宮島口間を運行、瀬戸内海の歴史を伝える。

海の歴史列車、出発します

海の歴史列車、出発します




2017年10月10日(Tue)
【職員レポート】環境DNAラボに最優秀賞
syokuin.png
「マリンテックグランプリ」
海の産業と雇用を生み出す



海に関連する技術ベンチャー企業の育成支援をしている日本財団と株式会社リバネス(本社・東京都新宿区)は9月30日(土)、コクヨホール(東京都港区)で、世界を変える海洋技術イノベーションに挑戦する「マリンテックグランプリ」を開催。全国の研究者や経営者約30組から選抜した12組が最終発表を行い、最優秀賞1組に環境DNAラボ(京都市)を選びました。

最優秀賞に選ばれ、喜びと決意を語る、環境DNAラボ代表の山中裕樹氏

最優秀賞に選ばれ、喜びと決意を語る、環境DNAラボ代表の山中裕樹氏




| 次へ