CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 地域・まちづくり | Main | 海洋»
2018年02月14日(Wed)
新たに2グループが停戦署名
停戦合意は10武装勢力に 
ミャンマー政府と少数民族武装勢力


ミャンマー政府とミャンマー少数民族武装勢力2グループが2018年2月13日、ミャンマー連邦共和国の首都ネピドーで全国停戦合意(NCA)に署名した。これで少数民族武装勢力計10グループとの停戦が実現したことになり、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問は式典のスピーチで「署名は国民和解、将来の民主主義のための第一歩。次世代の子供たちのために全国民が一致団結の精神を持つことが重要だ」と訴えた。

全国停戦合意(NCA)署名式でスピーチするアウン・サン・スー・チー国家最高顧問

全国停戦合意(NCA)署名式でスピーチするアウン・サン・スー・チー国家最高顧問




2018年02月06日(Tue)
日中佐官級交流、6年振りに再開へ
4月にも中国人民解放軍佐官団日本へ
将来は災害相互派遣なども検討


尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に伴い2012年10月に中止された日中佐官級交流事業が6年振りに再開されることになった。2月5日、笹川平和財団の笹川陽平名誉会長が中国人民解放軍中央軍事委員会国際軍事合作弁公室の胡昌明主任(少将)と会談の結果、新たに5年間、実施することで基本合意し、早ければ4月に20人前後の中国人民解放軍佐官団一行が訪日することになる。

会談する胡昌明主任=右=と笹川名誉会長

会談する胡昌明主任=右=と笹川名誉会長




2018年02月01日(Thu)
ミャンマーを代表する事業に
着実に拡大する薬草プロジェクト
カレン州と日本財団が基本合意


ミャンマー・カレン州の州都パアンで州政府とともに進める薬草プロジェクトの今後について日本財団の尾形武寿理事長とドー・ナン・キン・テュエ・ミエ州首相が1月29日、州庁舎で会談した。プロジェクトは薬草資源センターで栽培された生薬の出荷や周辺農家から集められた薬草の一次加工がスタートするなど着実に拡大しており、会談では新たにセンター用地の拡張や薬草のブランド化などに取り組むことで基本的に合意した。今後、センター機能を大幅に強化しミャンマーを代表する薬草プロジェクトへの発展を目指すことになる。

意見交換するカレン州首相=左=と尾形理事長

意見交換するカレン州首相=左=と尾形理事長



2017年12月12日(Tue)
日本人より日本に精通?
日本語専攻の中国大学生クイズ大会


中国で日本語を専攻する大学生による日本知識クイズ大会が12月9、10の両日、上海交通大学(上海市)で開催され、中国全土から116大学が参加、熱戦が繰り広げられました。個人戦9人と団体戦9大学が決勝戦に進み、個人戦では上海交通大学三年の王若平さん、団体戦では重慶三峡学院がそれぞれ優勝しました。上位3位までの個人・大学に副賞として日本視察旅行が贈られ、来年2月に日本の大学生との交流や文化・生活を学ぶ研修が行われる予定です。

重慶三峡学院に優勝カップを贈呈

重慶三峡学院に優勝カップを贈呈




| 次へ