CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 災害支援・防災 | Main
2017年03月24日(Fri)
福祉と出会い、社会を良くしていく一歩を
18年新卒向け就職フェア開催
若手人材発掘に法人集結


今まで知らなかった福祉の仕事と出会い、これからの社会を良くしていく一歩を踏み出してみませんか。まるで「旅」をするように、たくさんの福祉との新しい出会いがあります。
       
社会福祉事業に従事する人材の発掘や採用、育成に取り組む一般社団法人「FACE to FUKUSHI」(大阪市北区)は3月20日、「旅するように福祉と出会う」と呼び掛け、来春卒業予定の学生たちに向けた「2018新卒向け福祉就職フェア」を同市で開きました。全国各地の福祉法人を紹介する珍しい催しです。福祉の最先端を行く25法人が各地から集結、近畿圏を中心に大勢の学生が訪れました。27日(月)には東京でも開催します。いずれも日本財団助成事業の一環です。

福祉法人のブースで真剣に説明を聞く大学生

福祉法人のブースで真剣に説明を聞く大学生




2017年03月22日(Wed)
地域と「つながる」そして地域を「染める」
認知症患者と住民らが集会
横浜の会場で「RUN伴」語る


認知症患者と家族・住民がタスキをつなぎ、日本を走って縦断するプロジェクト「RUN伴」を開催している「認知症フレンドシップクラブ」は3月19日、横浜市内で「認知症地域ネットワークフォーラム2016関東 in YOKOHAMA」を開きました。「RUN伴」を通じて知り合った認知症患者と住民約60人が、走ることで感じたことなどを話し合い、今年7月から予定される「RUN伴2017」への参加を誓い合っていました。

フォーラム終了後、参加者一同で集合写真を撮影

フォーラム終了後、参加者一同で集合写真を撮影



2017年03月17日(Fri)
三重県初のホームホスピス完成
「いせ あこや」全国では37番目
自宅と同じ雰囲気で人生の最期


三重県初となるホームホスピスが伊勢市に完成、3月11日、開所式が開かれました。全国ホームホスピス協会によると、2004年、宮崎市に第一号が開設されて以来、これで37カ所目。がんや認知症などのお年寄りが「もう一つの自宅」として、住み慣れた自宅と同じような雰囲気の中で人生の最期を迎えることになります。

「ホームホスピスいせ あこや」の正面=左=と風情がある奥木造部分

「ホームホスピスいせ あこや」の正面=左=と風情がある奥木造部分




2017年02月17日(Fri)
ものをつくる人生に、リタイアなんてない!
神戸パンじぃ6人衆、東京に
ライフ イズ クリエイティブ展


シニアの本当の姿を知ってもらおうという「ライフ イズ クリエイティブ展」が神戸で開催されてから2年。今回初めて東京に進出し、2月3日から12日まで千代田区外神田のアーツ千代田3331で開かれました。その目玉が神戸の「パンじぃ」6人衆による1日限定カフェワークショップで、最終日の12日に行われ、多数の人が訪れました。

カフェ開店前に集まり、気合を入れる神戸パンじぃ6人衆

カフェ開店前に集まり、気合を入れる神戸パンじぃ6人衆




| 次へ