CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« こども・教育 | Main | 健康・福祉»
2017年03月17日(Fri)
防災フォーラム静岡で開催
今、地域に求められる災害対応力
支援の在り方・施策を共に考える


東日本大震災が2011(平成23)年3月11日に発生してから丸6年。日本財団は3月14日、防災対策の強化に取り組んでいる静岡県で「防災フォーラム」を開催しました。県との共催です。大規模災害時、自治体や民間団体がどのような被災者支援を展開したのか、その対応状況を共有し、今後の支援の在り方や具体的な取り組みを共に考える催しです。昨年4月に発生した熊本地震での支援活動報告や「今、地域に求められる災害対応力」と題したパネルディスカッションなどを通して、緊急時に必要な対応や施策について意見や情報を交換しました。

防災フォーラム全景

防災フォーラム全景




2017年03月11日(Sat)
東日本大震災の発生から6年…
日本財団の海洋関連の支援
今後のキーワードは「次世代」


1万6,000人近くが犠牲になり、3,000人以上が今なお行方不明になっている東日本大震災から6年。被災地の復興の遅れが指摘されている一方、若者を中心に地元住民がふるさとの再生に向けて動き始めているところが増えています。日本財団が取り組んだ海洋関連の被災地支援事業を中心に、現状を報告します。

大手町に出店した「宮城牡蠣の家 大漁や」=和田剛さん撮影

大手町に出店した「宮城牡蠣の家 大漁や」=和田剛さん撮影





2017年01月17日(Tue)
障害者ら災害時要配慮者参加の避難訓練
大分県別府市亀川地区で実施
車いすで坂道を登るのは大変!


昨年4月の熊本地震で被害を受けた大分県別府市亀川地区で障害者や高齢者の災害時要配慮者が参加する避難訓練が1月15日行われ、粉雪が舞う中、車いすの障害者ら約110人が参加しました。こうした要配慮者が参加する本格的な避難訓練は初めてで、防災に向けた新たな動きとして注目されています。

坂道で支援者の後押しを受けて避難する車いすの障害者ら

坂道で支援者の後押しを受けて避難する車いすの障害者ら



2017年01月12日(Thu)
災害時要配慮者の命と暮らしを守る(下)
仕組みづくり、地域づくり、人づくり
人の温かい気持ち、日常の見守り必要


別府市危機管理課・村野淳子さんインタビューの続きです)

― 避難訓練を始めたころ気付いたこと、勉強になったことの例を。

東日本大震災の時の村野さん。避難所の改善のために福島県の大きな避難所を調査し、今後どのような支援が必要なのか協議している様子(写真提供:村野さん)

東日本大震災の時の村野さん。避難所の改善のために福島県の大きな避難所を調査し、今後どのような支援が必要なのか協議している様子(写真提供:村野さん)

3階に住むAさんは車椅子ごと避難したいと言ったので、マンパワーを地元の高校生や大学生に頼みました。移動させようと思ったのですが彼らは日常、車椅子に触っていないので、どうしたらいいか分からない。介護福祉士会のボランティア登録者にレクチャーしてもらって、車椅子に乗っている人が安心するにはどういうふうにしたらいいか、教えてもらいながら1階まで降ろしました。


| 次へ