CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 障害者支援 | Main | こども・教育»
2017年10月13日(Fri)
日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展レセプション
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」
香取慎吾さんら約250人が出席


日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」のオープンを記念し、10月13日夕、東京・南青山のスパイラルでレセプションが開かれ、作品を出展した作家、展覧会・アート関係者、マスコミなど約250人が出席した。キュレーターが出展作家22人を紹介した後、元SMAPの香取慎吾さんがあいさつ、会場から歓声が上がった。
香取さんら出展作家、キュレーターらがそろって集合写真"

香取さんら出展作家、キュレーターらがそろって集合写真




2017年10月13日(Fri)
日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展オープン
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」
初日に秋篠宮妃殿下が御鑑賞


日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」は10月13日、東京・南青山のスパイラルガーデンでオープンした。この日、秋篠宮妃殿下が来場、熱心に作品を鑑賞された。会場には障害者や現代美術家22人の作品と、元SMAP・香取慎吾さんの作品など、計約500点が展示され、多数の入場者でにぎわっている。同展は31日まで開催される。

会場中央のアトリウムに展示された作品

会場中央のアトリウムに展示された作品




2017年10月10日(Tue)
障害者と共に楽しむ 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展(6)
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」
主催者側の狙いと展覧会への期待


障害者や現代美術家の作品を東京・南青山のスパイラルガーデンに展示する「ミュージアム・オブ・トゥギャザー展」のオープンまであと3日。いよいよ会場の設営が始まり、作品の搬入が開始される。目の回るような忙しさの中、計画当初から障害福祉分野のアート事業を担当している日本財団の溝垣春奈・国内事業開発チーム職員に、展覧会の狙いや期待を聞いた。

インタビューに答える溝垣春奈さん

インタビューに答える溝垣春奈さん




2017年10月06日(Fri)
障害者と共に楽しむ 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展(5)
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」
障害者の外出環境を整える


障害のある人が電車やバスを乗り継いで外出するには、ある程度の覚悟が必要だ。それを支えるのは、確かな情報と安心できるパートナーの存在だろう。確かな情報は、信頼できるネットやSNS、安心できるパートナーは車いすの介護者や盲導犬、介助犬など。それに、外出先の施設やカフェなどのバリアフリー情報を共有するアプリ「Bmaps」(ビーマップ)が加わった。これらをうまく使うことが、安心して外出できる秘訣だろう。

東京・南青山の表参道で8月27日、バリアフリー情報を集める「ブレーメンの調査隊」を開催

東京・南青山の表参道で8月27日、バリアフリー情報を集める「ブレーメンの調査隊」を開催




| 次へ