CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« お知らせ | Main | アート・スポーツ・文化»
2017年03月09日(Thu)
家族それぞれの自立をめざして〜親あるうちに〜
「みんなねっとフォーラム2016」開催
全国精神保健福祉会連合会が東京で


公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(東京都豊島区)は3月3日(金)、東京都内で「みんなねっとフォーラム2016」を開催しました。「みんなねっと」は同連合会の愛称、国内で唯一の精神障害者家族会の全国組織です。今回のフォーラムは標題「家族それぞれの自立をめざして〜親あるうちに〜」を掲げて、精神障害者と家族についての理解と啓発を進めるための講演とシンポジウムを実施し、約560人の参加がありました。日本財団は2008(平成20)年から同会に助成をしています。

フォーラム会場全景

フォーラム会場全景



2017年03月01日(Wed)
日本初の障害者就労支援スポーツバー
「E’s CAFE」東京・多摩市に開店
日本財団「はたらくNIPPON!計画」協働企画


一般社団法人 パラSCエスペランサ(川崎市幸区、神一世子代表理事)は2017年3月1日、日本初の障害者就労支援のカフェ&スポーツダイニングバー「E’s CAFE (イ一ズカフェ)」を、東京都多摩市落合のニューシティ多摩センタービル8階に開店させました。日本財団が推進するプロジェクト「はたらくNIPPON!計画」と目標を共有し、力を合わせて企画したスポーツバーです。スポーツ業界に参入し、民間店舗に見劣りしない質に加え、国からの給付金に頼らない経営を目指すことで、既存の障害者就労支援のイメージを変えていくことを目標としています。

E’s CAFEのカウンター。大型ビジョンでは世界のスポーツ中継が放映される

E’s CAFEのカウンター。大型ビジョンでは世界のスポーツ中継が放映される



2016年12月26日(Mon)
発達障がいのある若者ら訓練中
障がい者雇用、千人創出に向けて
11月オープンのクロスジョブ米子


鳥取県米子市に11月、オフィス型ジョブトレーニングセンター「クロスジョブ米子」がオープンして1カ月半、現在、発達障がいのある若者ら6人が就労に向けた訓練を受けています。事業は鳥取県と日本財団が共同で取り組む「日本一のボランティア先進県」プロジェクトのうちの「働く障がい者の活動支援」の一環。発達障がいを対象にした訓練施設は全国的にも珍しく、今後の成果が注目されています。

関係者が出席して開かれた開所式。中央がクロスジョブの濱田代表理事

関係者が出席して開かれた開所式。中央がクロスジョブの濱田代表理事



2016年12月08日(Thu)
答えはない、ヒントはここに山ほどある
障害者「就労支援フォーラム NIPPON 2016」開催
全国から多職種の専門家1500人が集合


今のままで止まっていていいはずはない。先へ進もう。答えはない、ヒントはここに山ほどある−。日本財団は12月3、4の両日、障害者「就労支援フォーラムNIPPON 2016」を東京・新宿のベルサール新宿グランドで開きました。実行委員会との共催で、一昨年、昨年に続き3回目です。事業所、企業、自治体、行政、医療、研究・教育機関などさまざまな職種の現場から、障害者支援に取り組む専門家など約1500人が参加し、就労支援の問題や在り方について、前進の糸口を求め情報や意見を集中的に交換しました。日本財団が推進する「はたらくNIPPON!計画」の一環です。

フォーラムのオープニング全景(12月3日)

フォーラムのオープニング全景=12月3日



| 次へ