CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
Main | 世界»
2017年03月21日(Tue)
広がり見せる「聞き書き甲子園」
15周年の記念イベント開催
1,500人の高校生、自然と生きる知恵学ぶ


名人と高校生の交流がスライドで紹介された名人と高校生の交流がスライドで紹介された

名人と高校生の交流がスライドで紹介された

高校生が森や川、海の“名人”から自然と共に生きる知恵や技を学ぶ「聞き書き甲子園」が今年で15周年を迎え、3月18日から3日間、東京都文京区の東大弥生講堂で記念イベントが行われました。2002年の開始以来、参加者は毎年100人、計1,500人に上り、森づくりや地域づくりに取り組む卒業生や農山漁村にIターン、Uターンする若者も出るなど、名人と高校生の異色の交流プロジェクトは着実な広がりを見せています。

聞き書き甲子園は2002年に「「森の“聞き書き甲子園”」として始まり、2011年に対象を川、海にも広げ、現在の形となりました。農林水産省、文部科学省、環境省、NPO法人・共存の森ネットワークなど7団体で構成する実行委員会(渋澤寿一委員長)が主催、株式会社ファミリーマート、日本財団が資金協力、助成をしているほか、トヨタ自動車など大手企業も協賛・協力しています。


2017年02月24日(Fri)
「うみやまかわ新聞2016年度版」完成
小学生が自分たちの地域を取材、執筆
海・山・川と深く結び付いた日本学ぶ


海と島でできた日本を、全国の子どもたちが、新聞づくりを通して学ぶ「うみやまかわ新聞2016年度版」が完成し2月19日(日)、東京都内で展示・発表会が開催されました。本年度は全国14カ所で、小学校の総合学習や地域の課外活動として、うみやまかわ新聞づくりが実施されました。発表に臨んだ児童の代表は、自分たちが暮らす地域を取材することで、その暮らしが海や山、川と深く結び付いていることに気付き、記事を書く体験をすることにより新聞づくりの大変さを知った、とそれぞれ話しました。

展示・発表会参加者全員で記念撮影

展示・発表会参加者全員で記念撮影




2017年02月22日(Wed)
青パト出発式、一宮市で開催
地域の自主防犯活動に使用
日本財団助成事業の一環


地域の防犯活動に使用する青色回転灯装備車(通称:青パト)の出発式が2月18日、愛知県一宮市立 瀬部小学校(同市瀬部川原)体育館で盛大に開催されました。登下校時の子どもの見守りや犯罪防止、そしてまちづくりにも役立ててほしいとの願いを込めて、日本財団が全国で展開している青パト購入のための助成事業の一環です。

出発式の全景

出発式の全景




2017年01月25日(Wed)
「世界は不確実性の時代に入った」
米大統領就任式参加の感想語る
B&Gサミットで笹川日本財団会長


日本財団の笹川陽平会長は1月24日、東京都港区の笹川記念会館で開かれた第9回B&G全国サミットで「トランプ大統領の就任式に参加して」と題し講演。“泡沫候補”といわれながら共和党の予備選、大統領選を勝ち抜いたトランプ新大統領を「全てのメディアを敵に回しツイッターだけで勝ち抜いた」、「紳士的なことを言っても恐らく聞く耳を持たない」と評した上で、「世界は何が起きてもおかしくない不確実性の時代に入った」、「日本に対する世界の期待は高い。内向きではなく自信を持って国づくりを進めるべきだ」などと語りました。

講演する笹川会長

講演する笹川会長



| 次へ