CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2017年06月05日(Mon)
トップランナーの生き方学ぶ講義実施
「異才発掘プロジェクト ROCKET」
4期生募集、秋までに約30人選抜


日本財団と東京大学先端科学技術研究センター(東大先端研)が共同で進めている「異才発掘プロジェクト ROCKET」は6月1日、世界で活躍するトップランナーの生き方を学ぶ講義を東大先端研で実施しました。第4期スカラー候補生の募集を6月15日(木)から開始し、9月末までに30人程度を選抜する予定です。

トップランナー講義の全景

トップランナー講義の全景


このプロジェクトでは、突出した能力はあるものの、不登校の傾向にあるなど現状の教育環境になじめていない小・中学生を選抜し、継続的な学習保障や生活のサポートを提供しています。2014年12月にスタートし、書類選考と面接で選ばれた、14年度15人、15年度13人、16年度31人、計59人のスカラー候補生が現在、参加しています。

「世界で活躍するトップランナーは、人と一緒に歩めず友人がいない孤独を悩む子どもたちと同じかもしれない。一人走り続けるトップランナーが語る強烈なメッセージは彼らの生き様そのもの。その言葉は、ためらう子どもたちが前に歩き始めるための背中を押してくれる勇気となるだろう」

こうした考えの下に、各分野で活躍するトップランナーによる特別授業を実施し、子どもの突き抜けた興味に応え、学ぶ意義を教えています。トップランナー講義はROCKET プログラムの大きな柱の一つです。

講義をする気鋭のプロダクトデザイナー神原秀夫さん

講義をする気鋭のプロダクトデザイナー神原秀夫さん



今回講義をしたのは東大先端研の神原秀夫・客員研究員。神原さんは脚光と注目を浴びている気鋭のプロダクトデザイナー・アートディレクターです。「ぼくがセロハンテープを買ってもらえなかった理由」と題して話をし、スカラー候補生18人が受講しました。

神原秀夫さんの作品、ROCKETプロジェクトのロゴ

神原秀夫さんの作品、ROCKETプロジェクトのロゴ

神原さんは、プロダクトデザイナーとしてどんなものをつくっているか一番分かりやすい例として、ROCKETプロジェクトのロゴは自身の作品だと紹介しました。プロジェクトの名前がROCKETになると聞き、どうしようか考えた上で、ひと目で「教育する」ということが分かるようにしたい。せッかく「ROCKET」という名前なので、それもうまく絡めたい。ということで鉛筆をモチーフにロゴを作り、そこに羽をつけてデザインをした、と明らかにしました。

実家が自動車の整備工場をしていて車の分解、組み立て、修理の様子を間近に見ていたせいもあって、子どものころは、電気製品やおもちゃなどの「分解」が大好き。でも手順なくばらしてしまい、元に戻せず親にしかられたことも。そんな積み重ねで分解がどんどん、うまくなっていったそうです。

受講生の質問に白板を使って応じる神原さん

受講生の質問に白板を使って応じる神原さん



子どものころセロハンテープを買ってもらえなかった理由は、何か作りたいものがあったら無心になって一日で全部使ってしまうから。「セロハンテープ使用禁止」。接着方法がなくなれば、なくなったで、いろいろ工夫した神原さん。自宅が整備工場だったので接着材はたくさんあった。使用方法をよく読んで使う。接着しない方法で固定する。セロハンテープが手に入るまで放置して次に進む−。

神原さんは「自分でものをつくったり、直したりすると、何がいいものか悪いものか、売っているもののすごさ、ありがたみが分かるようになる。ものをつくることが好きな子は自分でつくってみてほしい」と呼び掛け、言葉で伝えられる、普通の人が絵に描ける、どういうもので、どういう効果があるか、複雑な説明が要らないのが、良いデザインだと説明しました。

その上で、神原さんは「自分の考えを広げてくれる、いい大人とたくさん出会い、ぜひ相手の人を説得する能力を身に付けてください。今はまだ名前のない職業がどんどん増えています。多分、皆さんが大人になったころ、名前のない新しい仕事がまた、できていると思います。既存の職業の枠をあまり気にせずに、自分で職業をつくってしまう、名乗ってしまう、というぐらいでもいいと思います」と受講生にエールを送りました。

翌日からのオープンキャンパスに向け、一般客を迎えるため庭整備をする子どもたち

翌日からのオープンキャンパスに向け、一般客を迎えるため庭整備をする子どもたち

「料理を教科書に」。オープンキャンパスの料理の下準備をする子どもたち(左3人)

「料理を教科書に」。オープンキャンパスの料理の下準備をする子どもたち(左3人)



17年度の4期生募集期間は6月15日午前10時〜同月30日(金)午後8時まで。対象は原則として小学3年〜中学3年。自ら学びの場を求める意志のある子どもであることが必須条件になっています。このほか、学校の勉強が出来すぎて周りとペースが合わない▽ 特定分野に興味関心がありすぎて、ほかのことにあまり関心を示さなくなっている▽ 特定分野に突き抜けた興味関心があるわけではないが、広く、さまざまな分野に興味がある▽ 学習意欲が低下しているが、このままではいけないと深く悩んでいる−こんな子どもが ROCKETが求めているイメージ です。

応募方法は「異才発掘プロジェクト ROCKET」ウェブサイトのフォーマットで。選考期間は、書類審査の第一次選考が7月1日〜7月中旬、一次選考発表は7月20日(木)、面接審査の第二次選考が7月下旬〜9月下旬、二次選考発表は9月末日予定で、選抜人数は30人程度。選抜された「スカラー候補生」には12月からプログラムを提供する予定です。
         
東大駒場キャンパスにある先端研と生産技術研究所は6月2、3の両日、さまざまな研究室での活動を一般の人が見学できるオープンキャンパスを開催。ROCKETも@料理の中にあるたくさんの疑問を、ローストビーフサンドを作りながら解明A子どもたちの中でコンペを通して選ばれた作品の展示B 子育てに悩みを抱えた親のための相談会 C 学習に悩みを抱えた保護者のための相談会−の4プログラムを公開しました。



● 異才発掘プロジェクト ROCKET ウェブサイト






 世界の緊張高まる中、国連平和大学事業の強化誓う  « トップページ  »  【正論】「職親」の主役担うのは中小企業