CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2017年05月12日(Fri)
「はたらくNIPPON!計画」ネットワーク会議
初めて開催、モデル事業実施団体が都内に参集
互いの活動情報やノウハウを共有


日本財団が推進している障害者就労支援プロジェクト「はたらくNIPPON!計画」のモデル事業を実施している団体が東京都港区赤坂の日本財団ビルに集まり5月9日、互いの活動情報やノウハウを共有するネットワーク会議を開催しました。横のつながりを築き、それぞれの事業の発展を目指す初の試みです。全国から25団体44人が駆け付け、それぞれの事業内容の概略を紹介。月額賃金のアップ目標なども順次披露しました。

ネットワーク会議全景

ネットワーク会議全景



あいさつに立った笹川陽平会長は、日本財団がかつて取り組んできた就労支援事業がほとんど実績を挙げられなかったことを正直に話した上で「それぞれ個別で努力をされている皆さんの間のネットワークをちゃんとつくり、お互いの悩みや、行き詰まったことについて、情報を共有すると同時に、志を同じくする人たちをしっかりと抱きしめていきたいと考えています。そういうことで今日はお集まりいただきました」と会議開催の狙いを説明し「障害者の皆さんが、自主的に働いて楽しいなと、生きがいを感じてくれるような、そういう社会にしていきたいと願っています。今日ここにお集まりの皆さんを本当に心の頼りにしています」と集まった事業者にエールを送りました。

あいさつをする日本財団の笹川陽平会長

あいさつをする日本財団の笹川陽平会長



はたらくNIPPON!計画は、日本財団が2015(平成27)年4月に始めた新しい障害者就労支援の取り組みです。地域に根差した障害者就労のモデルとなる新事業を全国各地につくっていく「モデル構築プロジェクト」と、毎年12月に開く「就労支援フォーラムNIPPON」開催を、活動の2本柱として推し進めています。

モデル構築プロジェクトは16(同28)年度だけで、1都1府6県で計23事業に総額8億1677万円の資金を助成し、それぞれにノウハウを提供しました。福祉事業者や自治体の人たちと一緒になって取り組んでいます。特に鳥取県では福祉施設で働く障害者の月額工賃を県全体で3倍増にするためのプロジェクトとして、ハード、ソフト両面から取り組み、16年度中に10事業が動き出し、うち7事業が始動しています。

説明をする日本財団の竹村利道職員

説明をする日本財団の竹村利道職員



日本財団国内事業開発チームのチームリーダー竹村利道職員は「各地で行ってきた多くの支援事業を点の状態で終わらせるのではなく、皆さんと一緒に活動をしながら、全国のいろいろなところに刺激を与え、こうすれば障害のある人が第一線で、しっかりと働けるということを示すために、はたらくNIPPON!計画を発足させました」と説明。「今回モデル事業を100カ所つくりますが、一つひとつが確実に成功してもらわないといけない。しっかりと、こうやればできる、という100例を示す。しかし、単なる話題づくりでは何も変わらない。法制度を含め仕組みが変わっていかないと結局、全体は変わらない。皆さんと一緒にやり遂げたいことは、この国の話題をつくることではなく、しっかりと仕組みをつくっていくことです。そのためには何よりも皆さんの実践と本当の訴求力、提言力が必要です。皆さんと共有しながら未来に進んでいきたいと思っています」と訴えました。

会場に映し出された発表者の画面から

会場に映し出された発表者の画面から

発表の様子

発表の様子


発表の様子

発表の様子

会場からの質問に答える九州ラーメン党の濱田龍郎理事長

会場からの質問に答える九州ラーメン党の濱田龍郎理事長



その上で竹村職員は、17(平成29)年度の計画について(1)世界各国がどのような就労支援をしているか調査をする(2)12月開催の年1回も大きなフォーラムとは別に、特別企画として、テーマと対象を絞ったサブフォーラムを順次開催する−考えを伝えました。世界各国の調査には、可能ならぜひ同行してくださいと呼び掛けました。サブフォーラムを開催する5団体の発表もこの後にありました。

最後に竹村職員は「ただ単に助成をして、モデル事業をつくっていく、という手前みそに終わるようなプログラムではなく、実績づくりと事業の評価を通じて、日本の障害者就労支援を変えてく取り組みとして、はたらくNIPPON!計画を実施していきたい」として、既に事業評価の軸をきちんとつくる作業に着手するとともに、地域丸ごと「工賃3倍増」を達成した鳥取県の事例も含め、モデル事業100事例の実践本を出版し、広く提言をしていく考えを示しました。

【参加団体は次の通りです】
 (一社)パラ SC エスペランサ東京都
 (特)岡山マインド「こころ」&(特)備中玉島ファーレ・アッシュエーメ岡山県
 (一社)ありがとうの種東京都
 (特)ボランティア仲間九州ラーメン党熊本県
 (一社)ラ・パルカグループ愛知県
 (特)にこにこくらぶ佐賀県
 (特)alonalon千葉県
 鳥取県  工賃3倍増プロジェクト(7事業所)鳥取県
 (一社)ローランズプラス東京都
 (福)暁雲福祉会大分県
(特)京都文化協会京都府
(福)福祉楽団千葉県
(特)就労継続支援A型事業所全国協議会東京都
(一社)日本精神科看護協会東京都
(特)ぶうしすてむ 愛媛県
(一社)ATARIMAEプロジェクト東京都
(特)大阪精神障害者就労支援ネットワーク大阪府



● はたらくNIPPON!計画 ウェブサイト






 ソーシャルイノベーターを募集中!  « トップページ  »  助成を受けている団体との情報交換会開く