CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2014年04月11日(Fri)
異才発掘プロジェクトなどに着手 日本財団、14年度から新たに
 日本財団は4月10日、新年度の主な事業を発表した。日本の将来をリードする人材の発掘を目指して東京大学とともに取り組む「異才発掘プロジェクト」や、特別養子縁組の普及に向け1000万円を限度に民間団体を支援する新たな取り組みなどが含まれ、笹川陽平会長は「将来の日本をリードする未来のエジソンを発掘したい」、「(子どもの健全な発育のためにも)施設ゼロの社会こそ望ましい」などと抱負を語った。

報道関係者が詰め掛けた記者発表会
報道関係者が詰め掛けた記者発表会
 発表は東京・赤坂の日本財団ビルで行われ、総額382億円に上る14年度予算と既に事業計画がまとまっている107億円363事業の概要を説明した。主な事業は以下の通り。

▼異才発掘プロジェクト
 日本財団が東京大先端科学技術研究センター(先端研)内に5年間で5億円の「日本財団基金」を設置して実施することで同日、笹川会長と先端研の西村幸夫所長が調印した。対象となるのは突出した能力があるのに、画一的な学校の教育環境になじめず、不登校となっている小・中学生。5月に全国から募集し、7月に決定する。初年度となる2014年度は5〜10人、来年度からは10人程度を予定している。

異才発掘プロジェクトで調印し握手を交わす西村所長(右)と笹川会長
異才発掘プロジェクトで調印し握手を交わす西村所長(右)と笹川会長

 具体的な教育方法は、選抜された小・中学生が自分の興味を自分のペースで伸ばしていけるよう個別プログラムを提供を受け、テレビ電話で指導を受けながら学ぶ。一般的な授業だけでなく農業や調理、大工など実業を通じた教科学習プログラムも開発し実習にも取り組む。先端研内に教室を常設するほか、通信教育のスクーリングのように定期的に旅行も行い、子どもらの知的関心や能力の高さを直接知ることができるようにする。さらに先端研の教授陣や各分野のトップランナーによる特別授業も実施、突き抜けた興味に応え、学ぶ意義を教えるなど、積み重ね型の学校教育とは全く違う教育システムの構築を目指す。

 プロジェクトを運営する先端研の中邑賢龍教授(人間支援工学分野)は「集団に入れない、融通が利かないという子は裏返すと素晴らしい才能を持っている。不登校で埋もれている才能を持っている子どもに新しい学びの場を提供したい」と話し、今後、全国でセミナーを開催、プロジェクトを普及させる考えだ。

▼民間養子縁組団体への協力
 生みの親が育てることができない赤ちゃんが家庭で育つことができる社会の実現を目指して特別養子縁組への取り組みを強化する。養護を必要とする子どもの9割が乳児院、児童養護施設で暮らすわが国では、民間団体が特別養子縁組あっせんの多くを担っているが、厚生労働省は昨年、1件当たり200万円近くを寄付金名目で受け取った一部団体について「高額の寄付はあっせんの対価に当たる恐れがある」として改善を指導した。

説明する笹川会長(左)と高橋恵里子チームリーダー
説明する笹川会長(左)と高橋恵里子チームリーダー

 しかし民間団体が活動するにはカウンセリングや面談、人件費、団体の運営費などが欠かせず、日本財団ではより質の高い養子縁組の実践を目指して資金面の協力をすることになった。対象は養子縁組の実績を持つ民間非営利団体で、現在は15〜20団体が活動中。6月に募集を開始、予期せぬ妊娠への対応や養親候補者との面談、家庭調査など幅広い活動に対し年間1000万円を上限に支援する。

▼アール・ブリュット
 日本財団の支援で古民家などを改修して建設された全国5カ所の美術館を巡回する形で、アール・ブリュット美術館合同企画展を8月から来年9月まで開催する。監修はアーティストの日比野克彦氏。アール・ブリュットは正規の美術教育を受けていない主に障害を持った人の絵画や造形作品で、2010年にパリで開催された日本作家の作品展では、その芸術性が高く評価された。日本財団はこのうちの620点を所蔵しており、これらの作品を中心に合同企画展を実施する。(宮崎正、花田攻)




コメントする
コメント
鈴木様

コメントいただき誠にありがとうございます。
異才発掘プロジェクトでは日本にイノベーションを起こす人材を育成します。
これからも本プロジェクトをよろしくお願い致します。

日本財団広報グループ
Posted by: 日本財団  at 2014年04月11日(Fri) 16:01
異才発掘プロジェクト、これまでの日本ではなかなか出てこなかった素晴らしい企画だと思います。 日本の教育システムの改革のための良い起爆剤になることを願っております。
Posted by: 鈴木幸一  at 2014年04月11日(Fri) 13:04


 鎮守の森の植樹に350人 被災した石巻市の神社で  « トップページ  »  東北のリーダー育成で雇用創出 基金の奨学生が報告会