CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2017年10月10日(Tue)
海の歴史列車が出発!
サカナやタコなど、海の生き物が描かれた海の歴史を刻む列車の出発式が10月7日、広島電鉄「広島駅」で行われた。車内には瀬戸内海の歴史をテーマに今夏行われた絵画コンテストの入賞作品20点が展示。入賞した子どもとその家族が招待され、広島駅から福島町駅までの約20分の初走行に乗車した。海の歴史列車は10月31日まで広島駅ー宮島口間を運行、瀬戸内海の歴史を伝える。

海の歴史列車、出発します

海の歴史列車、出発します


海の歴史列車は、瀬戸内海の歴史を子ども達に学びの場を提供しようと実施された海と日本プロジェクトの絵画コンテストから生まれた路面電車。県内の子ども達から作品を募集し、応援作品308点から選ばれた20作品が広島電鉄の車両に展示された。

作品には平清盛や坂本龍馬といった歴史上の偉人や世界文化遺産に登録の厳島神社などが描かれ、制作に3日かけたという力作も並んでいる。

瀬戸内海の歴史を伝える作品が展示

瀬戸内海の歴史を伝える作品が展示


車体に描かれた海の生き物は入選した子ども達が描いた魚たち。出発式を前に電車が駅構内に入庫してくると、「お魚が泳いでいるみたい」と歓声が上がった。その後、子ども達は電車に乗り込み、福島町駅へ。車内では授賞式が行われ、このイベントのキャラクターを務める「ぶら島太郎さん(吉本興行所属・西代洋氏)」から一人ひとりに賞状が手渡された。

ぶら島太郎さんから賞状授与

ぶら島太郎さんから賞状授与


ぶら島太郎さんが子ども達に感想を求めると、お友達の絵に「奥行きがある」と大人顔負けのコメントをする場面も見られた。

福島町駅に着いた子ども達は、さばける男子・女子を目指そうと企画された海と日本プロジェクトの「さばける塾」に参加し、アジの料理に挑戦。初めて包丁を持つ子もいて、家族から「ゆっくりね」と見守られながら、アジを三枚におろし、アジフライとつみれ汁を料理した。「衣を沢山つけて美味しくできた」とアイデアを凝らす子もいて、みんなで「いただきます」と元気に食事。できたてのアジフライにかぶりつく子もいて海を体験する一日となった。

初めて三枚おろしに挑戦

初めて三枚おろしに挑戦




● 海と日本PROJECT ウェブサイト
タグ:広島電鉄 海と日本PROJECT
カテゴリ:海洋







 【職員レポート】環境DNAラボに最優秀賞  « トップページ  »  障害者と共に楽しむ 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展(6)