CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月25日(Fri)
「夢の貯金箱」から「チャリティー自販機」に変わる!
日本財団の寄付の仕組みも変更
「寄付先を選べ、早く実施できる」


日本財団は「夢の貯金箱」の愛称で親しまれてきた社会貢献自動販売機の名称を今春から「日本財団チャリティー自販機」に変更すると共に、寄付の仕組みを改め、寄付者が自ら支援先を選べるようにした。これまでは年に1回、「ゆめちょ総選挙」を行い、投票結果に基づいて支援先の割り振りを決めていた。このため自販機設置者や寄付者から「リニューアルで何の寄付に活用されるか、分かりやすくなった」と好評だ。

001.jpg

新名称の社会貢献自販機が並ぶ=東京・赤坂の日本財団ビル前で





2018年05月24日(Thu)
初の全国幹事会を大阪で開催
日本財団「職親プロジェクト」
目標再確認、課題への対応策議論


安心・安全な社会や、挫折しても再挑戦ができる社会を実現しようと、少年院や刑務所を出た人の再犯防止計画に取り組む日本財団は5月18日、就労の機会や教育を提供する「日本財団職親プロジェクト」の第1回全国幹事会(仮称)を大阪市内で開催。プロジェクトの目的・目標を再確認するとともに、課題への対応策や職親教育モデルの確立について意見を交換した。

職親プロジェクト第1回全国幹事会(仮称)の様子

職親プロジェクト第1回全国幹事会(仮称)の様子



2018年05月21日(Mon)
「難病の子どもと家族を支える地域連携ハブ拠点」18カ所目
富山県高岡市に「くるみの森」オープン
医療的ケア児対応のリハビリルーム完備


難病の子どもと家族が安心して利用できる地域連携ハブ拠点「くるみの森」が富山県高岡市に完成し、5月6日、開所式が行われた。日本財団が全国で整備しているハブ拠点の18カ所目となる。全国的に不足する小児専門の理学療法士をスタッフに迎え、設備の充実したリハビリルームがあるのが特徴だ。将来、子どもたちが働く場として利用できるカフェも併設され、ママカフェや赤ちゃん教室などのサポート活動も行われる予定。

001.jpg

新拠点「くるみの森」前で記念写真





2018年05月18日(Fri)
「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS作品展」
国内外から2,000点を超す応募
横浜で開催、23日に東京へ移動


障害者のアート活動を中心に、多様性の意義と価値を広く伝えるために設立された日本財団DIVERSITY IN THE ARTSは、国内外から公募した2,150点の中から入賞作52点を選んで「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS作品展」を横浜市の障害者スポーツ文化センター横浜ラポールで開催している。23日には会場を東京・渋谷のBunkamura Galleryに移し、6月5日まで続けられる。入場無料。

001.jpg

横浜会場で作品展を熱心に見る人たち





| 次へ