CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年05月25日(Thu)
熊本・阿蘇から大分・湯布院まで「食バス」運行
復興応援キリン絆プロジェクト 熊本支援
「やまなみ訪遊プロジェクト」に支援金贈呈


熊本地震の創造的復興に向け「復興応援キリン絆プロジェクト 熊本支援」に取り組んでいるキリングループ、熊本県、日本財団は、熊本県阿蘇市と大分県・湯布院温泉を結ぶ「やまなみハイウエイ」の訪遊プロジェクトを支援することになり、その贈呈式が5月19日、阿蘇市内のホテルで行われました。目玉は、国内に2台しかないレストランバスの運行で、創作懐石料理に舌鼓を打ちながら片道4時間の優雅な旅が楽しめます。
 
贈呈式後、記念写真に納まる桑野やまなみハイウエイ観光連絡協会長(前列右から3人目)、北里副会長(同4人目)ら

贈呈式後、記念写真に納まる桑野やまなみハイウエイ観光連絡協会長(前列右から3人目)、北里副会長(同4人目)ら



2017年05月23日(Tue)
日本財団災害復興支援センター熊本本部お礼の会
熊本県知事ら160人出席
尾形理事長が感謝の言葉


日本財団は熊本地震の発生直後に熊本県との合意に基づき、「日本財団災害復興支援センター熊本本部」を開設、復旧・復興活動の支援をしてきましたが、このほど業務を終了し5月18日、熊本市中央区のホテル熊本テルサで「お礼の会」を開きました。尾形武寿・日本財団理事長が、出席した蒲島郁夫・熊本県知事ら行政、NPO団体、企業などの関係者約160人に感謝の言葉を述べました。同本部は5月末までに閉鎖されます。

感謝の言葉を述べる尾形日本財団理事長、正面は蒲島県知事

感謝の言葉を述べる尾形日本財団理事長、正面は蒲島県知事



2017年05月19日(Fri)
ローランズグループの福寿満希さんに聞く
「雇用を守っていくことが一番大切」
都心に障害者が働く生花店&カフェ開設


日本財団と共同で障害のあるスタッフが中心となって働くフラワーショップを東京・原宿エリアに開設した「ローランズグループ」の福寿満希・代表に、障害者の就労支援に全力を挙げる思いや目標、経過について聞きました。

インタビューに答える福寿満希さん(5月2日撮影)

インタビューに答える福寿満希さん(5月2日撮影)



2017年05月18日(Thu)
日本財団支援の青パト14台が堂々パレード
第40回東大阪市ふれあい祭りに参加
地域住民の安心安全を守る活動アピール


地域や子どもたちのために、雨の日も、風の日も、まちの見守りを続けている青色回転灯装備車、いわゆる「青パト」。5月14日に行われた第40回東大阪市民ふれあい祭りのパレードに、白黒ボディー、日本財団ロゴマーク付きの青パト車(軽自動車)14台の隊列が加わり、回転灯の青い光をきらきらと輝かせながら、青パト活動をアピールしました。

東大阪市民ふれあい祭りでパレードする青パト隊

東大阪市民ふれあい祭りでパレードする青パト隊



| 次へ