CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年11月22日(Wed)
「日本は将来の食糧生産基地として注目されている」
若手経営者が“日本の食の未来”語る
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム


全体の60%を輸入に頼るわが国の食糧事情は将来どうなるかー。11月17日から3日間、東京都内で開催された日本財団ソーシャルイノベーションフォーラムで、こんな課題をテーマにした分科会が開かれ、若手経営者3人が現状の問題点や将来の目標を語った。予測の難しい大きなテーマだが、3人からは「水の豊富な日本は、将来の食糧生産基地として各国から注目されている」、「農業に参入する若手も増えている」といった前向きの見通しが披露された。

盛会の「日本の食の未来」会場

盛会の「日本の食の未来」会場




2017年11月21日(Tue)
大人と子どもが共に学び続ける社会での教育を考える
「変わる社会 変わる教育」
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017分科会


東京国際フォーラムで開催された「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017」で11月18日、「変わる社会 変わる教育」と題する分科会が開かれ、大人と子どもが共に学び続ける社会での教育のあり方について討論した。フリースクールなどで学んだ中高生4人が登場し、会場からの質問に答えるなど、異例の展開となり、公教育の様々な問題点が浮かび上がった。

あいさつするパネリストと特別参加の中高生4人

あいさつするパネリストと特別参加の中高生4人




2017年11月20日(Mon)
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017閉会
3日間で延べ5,000人以上が入場
来年は渋谷区での開催を検討


東京・有楽町の東京国際フォーラムで開かれていた「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017」は11月19日、3日間の全日程を終了した。3日間の入場者は延べ5,000人以上となり、昨年の第1回の2倍を超す盛況ぶりだった。

クロージングに登壇した司会役と新山さん(右端)

クロージングに登壇した司会役と新山さん(右端)




2017年11月19日(Sun)
新山詩織さんが「愛は勝つ」を弾き語り
子ども支援への思いを歌に

3日間にわたり行われた「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017」が閉幕しました。クロージングでは日本財団のテレビCMのテーマソング「愛は勝つ」を歌う新山詩織さんが登壇し、「愛は勝つ」とオリジナルソング「絶対」を思いを込めて歌いました。新山さんにはクロージングの前に子ども支援について聞きました。

「子どもの課題に心を痛めた」と話す新山詩織さん

「子どもの課題に心を痛めた」と話す新山詩織さん



| 次へ