CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ボランティア、義援金、支援金について | Main | 【ご案内】バナーの貼り付け方»
プロフィール

日本財団 東北地方太平洋沖地震災害支援センターさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
日本財団ROADプロジェクト
Google

CANPAN
このブログの中
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/nf-project/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nf-project/index2_0.xml
日本財団支援基金に対するご協力のお願い [2011年03月25日(Fri)]

日本財団 ROADプロジェクト


マグニチュード9・0という巨大地震と大津波で多くの方々が被災されました。謹んでお見舞いとお悔やみを申し上げます。

被災者の方々は、想像を絶する地震や津波による被害、さらに予断を許さない原発事故の状況下で、心身ともにぎりぎりの状態で毎日を過ごされています。そして国民の誰もが「何とかして力になりたい」と思っています。


その思いをカタチにする方法は様々です。ボランティアとして直接、被災者の手助けを行う方法もあれば、必要な物資やお金を被災者のもとへ届ける方法もあります。どちらも非常に大切ですが、被災者の“心の復興”を支えるのは、やはり人と人との関わり以外にありません。私たちはそのことを、1995年の阪神・淡路大震災以降続けてきた災害支援を通じて身にしみて感じています。


ROADプロジェクトに託された寄付金は、被災者とボランティアをつなぐ主にNPOの活動支援に活用させていただきます。ROADプロジェクト既に避難所での炊き出しや被災者のニーズに応じた行動を行っていますが、今後は国内外で様々な社会貢献活動を行っている当財団だからこその活動を進めてまいります。その内容は主に次の通りです。

 ◇ 親を亡くした子供たちへの支援
   − 里親での受け入れや教育支援など

 ◇ 特別な介助が必要な障害者や高齢者、心身の病に苦しんでいる
   方たちへの支援
   − 医師、看護師、心理療法士、手話通訳などの専門家の派遣


一人一人の想いが詰まった皆さまの寄付金は、一人でも多くの方を救済するために、全額、責任をもって活用させていただきます。そしてその使途につきましては、日本財団ホームページ上で逐次、ご報告致します。

「小さなことでもできることをやればいい、それが集まれば大きな力になる」

いま被災地では、多くの方たちが救援の手を待っています。こうした人たちのためにできるだけのことをしたいと考えています。あらためてご支援をお願い申し上げます。



『東北地方太平洋沖地震支援基金』


⇒ ☆★クレジットカードによる寄付☆★

⇒ ☆★銀行振り込みによる寄付☆★


 <お問合せ>
 日本財団/災害支援コールセンター
 TEL:0120-65-6519



日本財団 ROADプロジェクト

※ROADプロジェクトとは、地震などの様々な災害に対して
 「忍耐や跳ね返す力で、どんな災害にも乗り越えていく」
 という意味の英文『Resilience will Overcome Any Disaster』の
 頭文字から命名しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by 災害支援センター at 12:57 | センター概要 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/633291

コメントする
コメント
米日財団の日米リーダーシッププログラムのOBがグループで何か貢献したいということで、そちらに寄付させていただきたいと考えております。個々に寄付しても、グループとして寄付総額がわかるような方法はありますでしょうか。日米両国からの寄付になりますが、たとえば、名前の前に「USJLP」と書けば、同グループにまとめていただけるということは可能でしょうか。
Posted by: 信田智人  at 2011年04月05日(Tue) 09:35