CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
練馬区社会福祉協議会 ボランティア・地域福祉推進センターは、ボランティア・市民活動情報誌「ぽけっと」を毎月発行しています。このブログではそこには書ききれない「ボラセン」の日常・裏側をお伝えします。
« NPO活動支援センター | Main | ねりまのまち・ひと »
プロフィール

練馬ボラセンさんの画像
練馬ボラセン
プロフィール
ブログ
ブログ内検索
検索語句
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/neriura/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/neriura/index2_0.xml
鳥取県中部地震について[2016年10月28日(Fri)]
10月21日(金)に鳥取県中部地方で発生した地震により、被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

地震から1週間が経過し、倉吉市のほか湯梨浜町、北栄町、三朝町で災害ボランティアセンターが設置されています。
現在は、いずれのボランティアセンターも、鳥取県内からのボランティアのみを受け入れています

今後の状況を見守りながら、できる支援を考えていきましょう。

その他、最新情報は以下のホームページでもご確認いただけます。

ボラ市民ウェブ(東京ボランティア市民活動センター)
http://www.tvac.or.jp/news/39439

鳥取県社会福祉協議会
http://www.tottori-wel.or.jp/p/emergency/1/

鳥取県庁(平成28年10月21日 鳥取県中部を震源とする地震)
http://www.pref.tottori.lg.jp/261100.htm


募金受付期間を延長します[2016年06月23日(Thu)]
熊本地震から2か月以上が経過しました。

最近では、ニュースで熊本のことを見聞きしない日もあります。
私の身近でも、コンビニのレジに設置されていた義援金の箱が、いつの間にか普段の募金先用に戻っていました。

でも、被災者の皆さんがいつもの生活に戻るためには、今後もたくさんの支援が必要です。

練馬区社会福祉協議会では、各窓口で熊本地震の義援金をお預かりしています。
6月末で受付を終了する予定でしたが、この度平成29年3月31日まで期間を延長することが決まりました。

ボランティア・地域福祉推進センター及びコーナーと練馬駅前の区民協働交流センター(ココネリ3階喫茶店レジ横)にも募金箱があります。
お預かりした募金は、中央共同募金会を通じて被災者の方々にお届けします。
引き続き、皆さまの温かいご支援ご協力をお願いいたします。

ボランティア・地域福祉推進センター及びコーナーのご案内
http://www.neri-shakyo.com/index.php/post/volunteer/contact/
被災地で、全国からのボランティア募集がはじまっています[2016年05月10日(Tue)]
今週中に熊本県内にある公立小中学校、高校が再開するそうです。
子どもたちの笑顔が、復興へのパワーとなって広がるといいですね。

連休中は、地元の人に限ってボランティアの募集をしているいる自治体がほとんどでした。
ゴールデンウィークが終わった今。全国からのボランティア募集が、一部自治体でスタートしています。

本日現在、3つの市町村が全国からのボランティアを受け入れています。
益城町社会福祉協議会 http://www.mashiki-shakyo.or.jp/
西原村社会福祉協議会 http://www.asoyamabiko.hinokuni-net.jp/nishihara/
宇城市社会福祉協議会 http://www.shakyou-uki.jp/

募集対象は少しずつ変更になると思いますので、各ボランティアセンターの最新情報を見て、ボランティア応募をしていただければと思います。
一覧が下記のサイトでご確認いただけます。

熊本地震特設サイト 最新災害ボランティア情報  http://shienp.net/626

そして、被災地でボランティアをする方は、行き先に関わらず、事前に地元でボランティア保険加入をお願いします。
練馬区社会福祉協議会では、区内4か所の窓口で手続をしていただくことが可能です。
詳細は、こちらでご確認ください。

サービスのご案内 ボランティア保険・行事保険
熊本での支援物資受付状況について[2016年05月06日(Fri)]
熊本では本日、局地的に激しい雨の予報が出ているようです。
被災者の方はもちろん、ボランティア活動をされている方も二次災害に十分気をつけていただきたいと思います。

熊本県内の各市町村からは、支援物資の受付を中止するという発表が出ています。

市町村毎の状況は下記をご確認ください。
平成28年熊本地震災害に伴う支援物資のお申し出について(更新)

熊本県内の被災地では、今日現在、個別の支援物資は受け付けていません。
今後も最新の情報をご確認ください。

また、企業などで大口の支援物資を送る場合にも、事前に各自治体への相談をしてください。

(O)
大型連休中のボランティア保険加入手続きについて[2016年04月28日(Thu)]
みなさん、「ボランティア保険」をご存知ですか?
ボランティア活動中にけがをしたり、モノを壊してしまった際などに補償が適用される保険です。
保険内容についてはこちらをご覧ください→http://www.tokyo-fk.com/

今回の熊本地震においてボランティアを募集している各社会福祉協議会では、天災タイプの保険加入を要請していますが、未加入でボランティアに来る人が多いため、保険加入手続きで窓口が混み合ってしまっているようです。

都内では、東京ボランティア・市民活動センターをはじめ、複数のボランティアセンターでも大型連休中にボランティア保険の加入手続きができます。
東京ボランティア・市民活動センターでは、4/30(土)、5/1(日)、5/6(金)〜8(日)にお手続きが可能です。

私たち練馬区社会福祉協議会 ボランティア・地域福祉推進センターの手続き可能日は以下のとおりです。
●ボランティア・地域福祉推進センターおよび光が丘ボランティア・地域福祉推進コーナー
 5/2(月)、5/6(金)
●大泉ボランティア・地域福祉推進コーナー
 4/30(土)、5/6(金)、7(土)
●関町ボランティア・地域福祉推進コーナー
 4/30(土)、5/7(土)

都内受付窓口の詳細等はこちらをご確認ください→http://www.tvac.or.jp/news/37869

現地の業務負担を軽減するためにも、あらかじめお住まいの地域などでボランティア保険の加入を済ませていただきたいと思います。

(W)

大型連休(4/29〜5/8)における一般ボランティアの受入れについて[2016年04月28日(Thu)]
昨日、地震の影響で一部区間で運転できない状態が続いていた九州新幹線が、全線で運転を再開しました。
また、明日29日には、九州道が全線開通するとのことで、大型連休中には全国から被災地へ支援に行く方やご家族等に会いに行かれる方等、被災地へ向かう方が多くいらっしゃるかと思います。

このような状況の中、現在、一般ボランティアは、市町村ごとに募集定員を設けており、募集対象地域も限定しています。
詳しくはこちらをご覧ください→http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15577.html

支援が必要なのは今だけではありません。これからも長い支援が必要となります。
現地の状況を随時確認の上、冷静な行動をお願いしたいと思います。

(W)
平成28年熊本地震に伴う被災地救援等のために使用する車両の取り扱いについて[2016年04月27日(Wed)]
九州では今日から大雨の恐れがあるとのことで、被災地の状況が心配です。

今日は熊本県からのおしらせです。

被災地救援等を目的とする車両(対象車両は下記参照)に対して、「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。高速道路等有料道路の料金所を出る際に、本証明書を料金所に提出することにより、有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。

1.期間:平成28年4月17日〜6月30日

2.対象車両
 (1)自治体等からの要請により、被災地の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資等を輸送するための車両
 (2)自治体等からの要請により、被災地の復旧・復興にあたるために物資、人員等を輸送するための車両
 (3)自治体が災害救援のために使用する車両
 (4)災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

3.証明書発行手続き
 【ボランティアの場合】
 @熊本県内の被災地域において、社会福祉協議会等のボランティア受け入れを行っている団体へ申請を行う。
 A受理結果が出たら、最寄りの各都道府県庁または各市町村へ提出し、証明書を受け取る。

詳細(申請書のダウンロードも含む)は、熊本県のホームページにてご確認ください。
熊本県ホームページはこちら→ http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15425.html

尚、練馬区においては「3.証明書発行手続き」Aの提出先は、練馬区危機管理室 防災計画課 防災計画係となります。
問合せ:練馬区危機管理室 防災計画課 防災計画係 TEL03-5984-1327

(W)
 

街頭募金を行います[2016年04月26日(Tue)]
今日も熊本地震の話題です。

熊本の被災地では、個別の支援物資を現在受け付けていません。
個人がバラバラに支援物資を送ると、その仕分けにたくさんの人手がかかってしまいます。
被災地の方に迷惑をかけないためにも、「個人で物を送らない」行動が求められています。送らないことが、「心を贈る」ことにつながっています。

もどかしいですが、支援したい気持ちを持ち続けていきましょう!

そして、練馬区社会福祉協議会では、「今できる支援」として街頭募金を行います。

  4月26日(火)
  西武池袋線 練馬駅
  7:30〜8:30(終了) 及び 17:30〜18:30

  4月27日(水)
  都営大江戸線 光が丘駅
  17:30〜18:30

  4月28日(木)
  西武池袋線 石神井公園駅
  17:30〜18:30

  5月2日(月)
  西武池袋線 大泉学園駅
  17:30〜18:30

  5月6日(金)
  都営大江戸線 光が丘駅
  17:30〜18:30

お預かりした募金は、中央共同募金会を通じて被災者の方々にお届けします。
皆さまの温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

(O)
被災地でのボランティアを思い立ったら[2016年04月25日(Mon)]
熊本の地震から10日以上が経ちました。
被災地のニュースを見聞きする度に、「何かしなければ」という気持ちになっていらっしゃる方も多いと思います。

ボランティア・地域福祉推進センターの窓口でも、被災地でのボランティア活動についてのお問い合わせや、ボランティア保険の加入をしにいらっしゃる方が増えてきました。
お話を伺うと、すぐ行くのではなく5月以降に…と考えていらっしゃる方が多いようです。

そんな中、災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)と、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)準備会から、ボランティアを考えている方へのメッセージが出されました。

「被災地でのボランティア活動を希望されている方々へ」
http://www.tvac.or.jp/download/5690d0cdf5.pdf

ボランティアが必要とされるのは、今だけではありません。
長い期間に渡って、様々なボランティアが必要とされてきます。

いつ、どのようなタイミングでボランティアに行くのか。
余震が続き、混乱する被災地のことを考えて、冷静な判断をお願いします。

(O)
熊本でボランティアの受け入れがはじまりました[2016年04月21日(Thu)]
熊本の地震発生から1週間が経ちました。

現地では、災害ボランティアセンターの開設が少しずつ始まりました。避難所の運営や救助物資の仕分け等、ボランティアの募集もされています。
これからボランティアセンターが開設される市町村もあるので、今後ますますたくさんのボランティアの力が必要になってくることと思います。

ただ、現時点では余震が続いていますし、交通状況も悪く、地元の方に限定して募集しているところもあります。
ボランティアを考えている方は、必ず新しい情報を見て行動してください。

熊本県内のボランティアセンターの情報は熊本県のホームページに掲載されています。

  平成28年熊本地震災害に伴うボランティアの募集について
  http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15404.html

また、熊本県社会福祉協議会ではボランティアをする方に対してのお願いを発信しています。
そちらも合わせて目を通していただけると、準備がスムーズだと思います。

  災害ボランティア情報(熊本県社会福祉協議会)
  災害ボランティア活動ガイドブック(熊本県社会福祉協議会)

最後に、準備が整い被災地にボランティアに行くことになった方へ。
万が一の事故やケガに備え、最寄りの社会福祉協議会でボランティア保険への加入をお願いします。練馬区での手続きは、練馬・光が丘・大泉・関町の各窓口で承っております。詳しくはこちらをご覧ください。

   ボランティア保険・行事保険

今後も、被災地支援について情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。

(O)
| 次へ