CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
練馬区社会福祉協議会 ボランティア・地域福祉推進センターは、ボランティア・市民活動情報誌「ぽけっと」を毎月発行しています。このブログではそこには書ききれない「ボラセン」の日常・裏側をお伝えします。
« 【重要】東北地方太平洋沖地震に関するボランティア・物資の送付について | Main | 今はつらいけれど… »
プロフィール

練馬ボラセンさんの画像
練馬ボラセン
プロフィール
ブログ
ブログ内検索
検索語句
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/neriura/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/neriura/index2_0.xml
現地に行かず、物資を送らず、今私たちにできること[2011年03月15日(Tue)]
今回の震災に関して、ボランティアに行きたいというご希望や、毛布やタオルを送りたいというご連絡をたくさんいただいています。
お話を伺うと、多くの方がテレビから目を離せずに、そこで避難所の方たちが寒そうにしていたり「○○が足りない」と言うのを聞いて、いてもたってもいられずにボラセンにご連絡くださるようです。

寒いと言っている人がいれば暖かいものを、お腹が空いたといっている人がいれば何か食べるものを、自分のできることとしてせめて送りたい…。
そう思われるお気持ちは自然だと思います。
そして連絡先をわざわざ調べてボラセンまでお電話いただくことに本当に感謝をしています。

ただ、現時点ではボランティアとして現地に行くことも、物資を送ることもお断りをしています
詳しくは昨日のブログをご覧いただきたいのですが、じゃぁ今何ができるの?ということを今日はお伝えしたいと思います。


【○○しないで、できること】

1)被災地の市町村や社会福祉協議会などに問合せの電話をしない
→多くの人が「ボランティアに行きたい」「必要なものは何かある?」と問合せをしているようです。残念なことに、それによって災害ボランティアセンター立ち上げの準備にとりかかれなかったり、被災者の人たちの求めていること(ニーズ)を聞きに出かけられないという状況が起こっています。

2)必要以上にモノを買わない
→スーパーやコンビニの棚ががらんとしている光景をご覧になっていませんか?それを見るとますます「やっぱり買っておかなくちゃ」と不安になって、必要以上に買い込んでしまう…。そんな悪循環が起き始めています。少なくとも東京は物資が十分に届く状況があります。

【こんなときだからこそ・・・】

1)よく食べ、よく寝て、よく笑う
→テレビから流れる映像を見続けて、元気をなくしていませんか?今回の震災は大変つらく直面するのが厳しい事態です。でも、こんなときだからこそきちんと食べて、寝て、誰かと話して、お互いに笑い合えることが自分の健康を守ってくれるのだと思います。

2)人にやさしく
→自分が元気でいられると、人にやさしくする余裕も生まれる気がします。被災地ではつらい状況にも関わらずそういった譲り合い、助け合いが行われているとか。東京に住んでいる私たちもそうありたいですね!

3)声をかけ合う
→練馬区もそうですが、節電や安全対策のため、多くの公共施設が閉館するなどの措置が取られています。いつもは誰かと話せるそんな場所に行けなくなってしまった高齢者や、子育て中の方など、もしかして外に出る、人と話す場面が極端に減っているかもしれません。知らない人同士でも、ちょっとした声のかけ合いをしてみませんか?

【耳にタコかもしれませんが・・・】

1)現地ですぐに使えてすぐに役立つプレゼントを贈る
→それが、寄付や募金です。お金のすばらしいところは、送るために道路を使わないばかりか送料もかからないこと。さらに、必要なくなって倉庫で眠る…ということもありません。
いくつか寄付先がまとまったサイトをご案内しますので、ご覧ください。

NPO/NGOの支援活動・募金受入情報(東京ボランティア・市民活動センターまとめ)

緊急支援活動をしている団体(イーココロ!まとめ)

災害支援基金への協力のお願い(日本財団まとめ)

ポイントなどでも寄付・募金ができるサイト(MSNまとめ)

2)もう少ししてから、献血する
→献血の呼びかけがあってから、多くの人が協力しているそうです。あまりに多すぎて、受入れ許容量を超えているとの情報も。血液には保存期間がありますので、もう少し時間が経ってからご協力いただけるとありがたいです。

3)東京の底力を見せる
→計画停電のはずが、何度も見送りになっています。これは“計画がずさん”なのではなく、私たちの節電の成果だということです。私はこのニュースを聞いて、東京やるな!と嬉しくなりました。ぜひ無理なくこの節電・節ガソリンを続けられたらと思います。

【まだ4日なんです】

1)情報を集める
→地震が起こってからもうずいぶん時間が経った気がしますが、まだ4日です。被害の状況がどれぐらいなのか、その把握すらままならないのが現状です。これまでに挙げてきたことを含め、一過性ではないサポートが必要になります。情報を集めながら、日常の生活をきちんと送りながら、それでも関心を持ち続けられたらと思います。

2)気持ちと力をためる
→今後、ボランティアの力が必要になる場面が出てくると思います。そのいざ!というときのために気持ちと力を一緒にためませんか?ボラセンとしてできることは他にないのかな…と私たちも考えています。でも今は必要なことを進めながら、充電しています。


みなさんの「なんとかしたい!」という気持ちを本当に嬉しく思っています。
ぜひこんな形でお力を貸していただけたらと思います。
よろしくお願いします。


(じ)




この記事のURL
http://blog.canpan.info/neriura/archive/379
コメントする
コメント
それを明確にするためのありがとう!私はこのトピックについて検索しています。私はここでそれを発見したことをうれしく思います。常に良い仕事を維持し、常に最上位に向かって目指してください!
Posted by:Shoulder Workout  at 2012年02月16日(Thu) 09:56

青森母ちゃんさま

コメントありがとうございます。
青森も被害が少なかったとはいえ、大変だったんですね。
震災から3か月が過ぎた今も、この記事が青森母ちゃんさまのお役に立てたことをとてもうれしく思っています。
返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。

Posted by:しもつき  at 2011年06月14日(Tue) 14:46

感動しました。っていうより、タメになりました。早速、実行してみようと思いました。私は青森に住んでいるのでぎりぎり被害は少なかったのですが、地面が割れたり、食糧がなかったりして大変です。でも、被災地の方達のほうがもっと大変なんだと改めて実感しましたクジラ
Posted by:青森母ちゃん  at 2011年06月06日(Mon) 21:14

oceanさま

コメントありがとうございます。
ブログも拝見しました。
oceanさんのところから、また元気になる方が増えそうですね。
私たちのブログがそのお手伝いをできたのだとしたら、
こんなに嬉しいことはありません。

笑っていいのかな?おいしいご飯食べていいのかな?
そんなついつい感じてしまう悲しい気持ちを

「被災者の人が早くこうやっておいしいご飯が食べられるように、
今は自分が元気になる!」

…こんな風に変えていけたらいいなぁと思っています。
どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月19日(Sat) 21:24

belleさま

コメントありがとうございます。
“プロ”として働いている私たちも、自分の気持ちを
どう整理していいかわからなくなるときがあります。
それぐらいに今回の震災は大きなものだと思います。
でも、このブログの記事を書き、こうしてみなさんから
たくさんコメントをいただくことで、私自身が何度も何度も
気持ちを整理でき、前を向いてがんばろうと思えました。

みなさんはお礼を言ってくださるのですが、
私が一番お礼を言いたい気持ちです。
ブログでのご紹介、ありがとうございます。
どうぞよろしくお願いします。

また私もがんばります。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月19日(Sat) 21:19

はらまきさま

コメントありがとうございます。
あせる気持ち、悲しい気持ち、本当にそうですよね。
私もそんな気持ちを感じながら、でも周りの人が
前向きにがんばっている様子を見てまた元気をもらいながら、
日々がんばっています。

これからの長いであろう復興期を考えると、私たちまで
今無理して倒れてしまっては、被災者の人たちをお手伝いできなく
なってしまうかもしれません。
だから、今元気でいることは、きっと被災者の方たちのためにも
なるんだと信じています。

ミクシィでのご紹介、嬉しいです。
ぜひよろしくお願いします。
ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月19日(Sat) 21:14

地震以後、非被災者でありながら日を追って気が沈み、こちらの記事に出会って救われた思いがしました。
今回のことでいろいろと思い悩んでいましたが、前へ進めそうです。

私のブログでも紹介させていただきたいと思います。
Posted by:ocean  at 2011年03月19日(Sat) 18:24

自分も無力さにうちひしがれ、ボランティアに!!と思っていた1人です。
普段ボランティアに携わることの少ない者にとって、
「プロ」の方の意見はとても貴重ですし、はやる気持ちを落ち着かせることもできました。

私もブログに載せたいです。
少しでも多くの方に知ってもらいたいと思います。
Posted by:belle  at 2011年03月19日(Sat) 16:56

震災の報道を見ていると、何かできないだろうかとあせる気持ちになったり、何もできないと悲しい気持ちになったりします。
こちらの記事を読むと、言葉が素直に入ってきて、落ち着いた気持ちになります。
何もできないとで落ち込むことはないんですね。そのことによって、もしかしたら被災地にためになっていることもあるんですね!!

私もミクシィの日記でこちらの記事を紹介させてもらってもいいでしょうか。
多くの人に読んでもらいたいです。
Posted by:はらまき  at 2011年03月19日(Sat) 09:54

tamawaさま

コメントありがとうございます。
練馬にお住まいでいらっしゃるんですねー。
活動先としてさいたまから身近な練馬をお考えいただけたこと、
とっても嬉しいです。
ブログへのご紹介もありがとうございます。

今は災害関連の記事が多くなっていますが、日頃は
身近な練馬のことをお伝えしています。
よかったらまた遊びにきてくださいませ。
ありがとうございました!
Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月18日(Fri) 19:02

てけさま

コメントありがとうございます。
ブログも拝見しました。
本当に多くの方が「何もできない自分」という悲しい気持ちで
自分を責めたり、つらい気持ちになったりしているんだなと感じました。
そんなときに少しでもこの記事がお役に立てたならう本当に嬉しいです。

どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月18日(Fri) 14:11

さいたまアリーナにボランティアに行こうか迷っていましたが、
この記事を読み
自分の庭先でできることをやろうと考えを変えました。

ブログに紹介させていただきますね。

練馬区大泉町在住者
Posted by:tamawa  at 2011年03月18日(Fri) 10:24

感動しました
ブログで紹介させていただきました
Posted by:てけ  at 2011年03月17日(Thu) 20:24

kiyochanさま

コメントありがとうございます。
冷静でいたいと思いながらも、毎日のように続く余震や
空になったスーパーの棚を見ると、不安でつい…という
状況なんだろうなと思います。
でも、勇気を持って自分から必要最低限のものしか
買わないことで、何かが変わっていったらいいなと思っています。

ご紹介ありがとうございます。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 19:04

HIROKOさま

コメントありがとうございます。
今回の震災では、海外にお住まいの方も大変つらい
思いをされていますよね。
このブログやツイッターでも何名もの方からそんなお声を聞きました。

自分のできることのあまりの小ささに暗い気持ちになって
しまいがちですが、その分のエネルギーを前向きに使えるように
私もがんばっていきたいと思っています。

ご紹介ありがとうございました。
またどうぞよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 19:02

paopaoroomさま

コメントありがとうございます。
ご紹介いただけて嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 18:59

たかやさま

被災地からのコメントでしょうか?
ありがとうございます。
きっと大変な中、こうした前向きなコメントをいただいて
私もますます勇気とがんばろうという気持ちをもらいました。

みなさんのところに一番いい形で、でももちろんなるべく早く
物やお金や気持ちが届くように、私たちはそのときにできる
最大限のことを進めていきます。

今日のように寒い日はさらに厳しいと思いますが、
お体に気をつけてお過ごしください。
一刻も早い復興を祈りながら、活動を続けていきます。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 18:58

TTTさま

コメントをありがとうございます。
集めている物資は、たいてい現地の求めに応じたものです。
スキーウェアは体の大きさによってぴったり来る人が限られるでしょうし、
毛布なら体の下に敷いたり暖を取ったり、様々な使い方ができるのではと思います。
その他の物資も、こちらがいいと思う物というよりは、やはり
現地で必要とされるもの、ということが基本だと考えています。

私たちのブログは災害に関する情報を専門的に発信しているところでは
ありませんので、TTTさんがご指摘くださったことは、また別の団体や詳しい方が
やってくださっていると思っています。

私たちはこうしてコメント欄でご質問をいただいてもきちんと答えられるという情報や、
私たちが専門とする内容についてお伝えしていきたいと考えています。
ご理解いただけたら嬉しいです。


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 18:27

ナチュラルさま

コメントをありがとうございます。
ブログでのご紹介、ぜひお願いします。
組織名とブログ名を入れていただけると嬉しいです。

ご協力どうもありがとうございます。
またよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 18:21

thomas31さま

コメントをありがとうございます。
そうやって言ってくださったこと、また、周りの方に
伝えてくださっていることが本当に嬉しいです。

今後もお力を貸してください。
よろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 18:20

Kiccaさま

海外からこのブログにたどり着いてくださってありがとうございます。
遠くにいるからこそのつらさというのがあると思います。

少しでもお気持ちが楽になったのならこれほど嬉しいことはありません。
ご紹介もありがとうございました。


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 18:19

砂月さま

遅くなりましたがコメントをありがとうございます。
余震は本当に怖いですよね。
早く落ち着くといいのですが。。

ブログでのご紹介もありがとうございます。
こうして多くの方にご覧いただけてとても嬉しいです。
またお力を貸してください。
よろしくお願いします。


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 18:17

買占めが報じられる一方、被災地での物資や燃料不足がまだ続いていて、私たちも冷静な対応が大事なことだと思います。

ブログ、ミクシィでシェアさせてください。よろしくお願いいたします。
Posted by:kiyochan  at 2011年03月17日(Thu) 16:40

とても参考になりました。
海外生活で、募金以外になにも出来ず、悪いニュース記事を読み続け、暗い気分になっていましたが、こんな時だからこそ、の部分に納得。ブログにリンクを貼らせていただきました。ありがとうございました。
Posted by:HIROKO  at 2011年03月17日(Thu) 14:43

同意です。
リンクで使わせて頂きます。
Posted by:paopaoroom  at 2011年03月17日(Thu) 12:56

ありがとうございます。
みんな何かしたいという気持ちのベクトルが、同じ方向を向けばすごい力になると思います!
ライフラインが来ていない状況下の被災地で生活していましたが、反射式ストーブの熱でご飯を土鍋で炊いて近所の弱者に配っている人がいました。私も協力したくて生活用水を運んだりしています。現地でも助け合いの輪が広がりつつありますよ!
今は電気が通ったので、一斉炊き出しをしておにぎり1000個、津波被害の大きい石巻地区へ届けようという計画を進めています!
Posted by:たかや  at 2011年03月17日(Thu) 02:35

毛布はやっぱりスキーウェアなどよりも便利なのでしょうか?
フードつきコートとか毛糸の帽子とかバイク用(?)ヘルメットとか・・・

送る送らないではなく、現地で発掘すべき物とか、大規模に送ってる団体へのリンクとか、何かそういう豆知識的なものは何か無いでしょうか

 あと燃料不足とか水問題とかあるようなので太陽炉系の豆知識とか何か。
Posted by:TTT  at 2011年03月17日(Thu) 01:42

役立つ考え方・情報をありがとうございました。
2日前から昼間テレビは消しています。身近にできることをしていきたいと思います。

ぜひ、ブログで紹介させていただきたいです。
よろしくお願い申し上げます。
Posted by:ナチュラル  at 2011年03月17日(Thu) 00:01

はじめまして。
とても分かりやすく記事を書かれていて、
ぜひ私のブログにリンクを貼らせてください。

私の読者は少ないですが、
少しでも多くの人の目に
とまって欲しい内容だと思います。
Posted by:thomas31  at 2011年03月16日(Wed) 23:49

Twitterから来ました海外在住者です。
日に日に広がる被災状況と何も出来ない自分に落ち込んでいました。
練馬ボラセンさんのブログに救われた気分で、同じ気持ちのの方へと思い、ブログで紹介させていただきました。

どうもありがとうございました。
Posted by:Kicca  at 2011年03月16日(Wed) 22:45

関東圏から少し外れてますが、日々余震にドキドキしながら生活してます。
少しでも何かの役に立てればと思い、私のブログの方で記事紹介させて頂きたいと思います。
Posted by:砂月  at 2011年03月16日(Wed) 19:01

あもんさま

コメントありがとうございます。
たぶん、ブログの調子が悪かったんですよね?
お手間おかけしました。
にもかかわらず、コメント残してくださってありがとうございます。

ホームページでのご紹介も嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。
あんなに長い文章で「簡潔」と言っていただくとどきどきしてしまいますが、
そう感じていただけたならよかったです。

ありがとうございました。


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 18:16

Lotusさま

コメントならびにブログでのご紹介をありがとうございます。
おっしゃる通り、災害時は本当に刻一刻と状況が変わっていきます。
私たちが書いたおとといの記事も、すでに古くなりつつあります。

私たちだけでは十分カバーはできませんが、できる範囲で
お伝えしていきたいと思います。
Lotusさんも、ぜひご協力ください。
どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 18:11

とても参考になりました。
簡潔に教えていただき、ありがとうございます。
私のホームページでも紹介させていただきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
Posted by:あもん  at 2011年03月16日(Wed) 16:56

とてもためになるアドバイスをありがとうございました。

私のホームページでもご紹介させていただきたく思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by:あもん  at 2011年03月16日(Wed) 16:55

私も同感です。
大変参考になりましたので、私の個人ブログでもシェアさせてください。
よろしくお願いします。

また、日々状況が変化していると思いますので、
新たな情報、新たな協力の形など、出てきましたらぜひUPしてください。
Posted by:Lotus  at 2011年03月16日(Wed) 16:44

イトヤンさま

コメントありがとうございます。
大きな地震を経験された方たちは、特に「いてもたってもいられず」
というお気持ちだろうと思います。
そんなイトヤンさんに参考になると言っていただけて嬉しいです。
ありがとうございます。

また、情報もありがとうございます。
徐々にこうした救援物資の募集も始まっているようです。
ただ、どこも極めて募集時間が短かったり、郵送ではなく持参に限定していたり
という状況が見られます。
それは、そうしないと現地のニーズに合わなくなってしまうからだろうと考えています。

その条件の中でお力を貸していただけるのは大変ありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 15:16

YUUさま

励みになるコメントをありがとうございます。
心が引き裂かれる…そんな状態で待っているのはつらいですよね。
でも、そのお力をお借りするときがきっとくると思っています。
今、そうして日常の生活の中で募金などしていただけることは
本当にありがたいです。

今するべきことを冷静に行うのはつらいときもありますが、
でも私もがんばりたいと思います。
どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 15:00

輪島市民です
地震経験者の私達が今何か出来る事
と考えていたところ大変参考になりありがとうございます
石川県金沢市、隣の福井県も救援物資の窓口開設しました
嬉しいかぎりです
これで送れます

石川県の情報はこちら
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000001103160001

福井県の情報はこちら

http://www.pref.fukui.jp/doc/tihuku/gienbussi.html
Posted by:イトヤン  at 2011年03月16日(Wed) 14:56

shimanekoさま

コメントありがとうございます。
東京の底力、日本の底力。
いいですね。
私は今回の災害で本当にこのすごさを感じました。
こうしてこのブログに来てくださる方たちのお声をきいているだけでも
ものすごい力だなぁと実感します。

そんなたくさんのお力をお借りして、長期にわたるであろう
復興をお手伝いしていけたらと思います。
ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 14:48

あさこさま

初めまして、こんにちは。
コメントありがとうございます。
また、ブログでご紹介いただけるとのこと、嬉しいです。
私たちのブログ名と組織名を合わせてご紹介いただけますと
大変ありがたいです。

ご協力ありがとうございます。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 14:46

ごしまさま

コメントおよび情報提供をありがとうございます。
原発のことも本当に心配ですよね。
外国ではこの原発関連のニュースが中心を占めているとも聞いています。

ただ、私たちボラセンもこの問題に関して専門的なわけではないので
ごしまさんのように、詳しい方に教えていただくというのがいいと思っています。
そして、詳しい方から情報を発信いただけるのが、なにより
安心だとも思っています。

私たちも勉強をしていきたいと思っていますが、私たちから発信するとなると
こうしてご質問やご意見をいただいたときにある程度お答えできる
情報でなければと考えています。

ご理解いただけると幸いです。
また、大切な情報をありがとうございました。
Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 14:44

merryさま

コメントありがとうございます。
“軽度の被災地”という感覚、“不謹慎”という言葉。。。
まじめだからこそと思うのですが、そうやって眉間にしわを寄せて
みんなが暗い気持ちになるのではなくて、明るい気持ちで
前を向いてみんなで励ましながらがんばれたらいいなと思っています。

ブログでご紹介くださるとのこと、ありがとうございます。
こちらこそありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 12:05

マドロッペさま

コメントとfacebookでのご紹介をありがとうございます。
たくさんの方が「できること」を探してくださっているのを感じて
本当に嬉しいです。

ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 12:00

まなみさま

コメントと情報をありがとうございます。
現在は東北・福島までは緊急車両しか行けないことと、ガソリンを現地で
補給するのは絶対に控えたいこと、また道路が復旧する頃になるまで待った場合に
必要なものが変わってくるのではないか、という懸念などを感じています。
ですので私たちがその情報を積極的にお伝えするということはしていませんが、
いい方法で必要なときに現地に物資が届けばと思っています。

空き部屋の件ですが、それは今後動きがあるかもしれません。
三宅島の噴火のときにも、東京で多くの方が
避難生活を送られました。
ただ、それが行われるのかどうか、動き始めるまでにも
まず現地での救助などが落ち着いてからのことになるのではないかと思っています。

「私たちにできること」をたくさん考え、行動してくださって
ありがとうございます。
またよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 11:32

ふみこさま

コメントありがとうございます。
心が落ち着くと言っていただけて、とても嬉しいです。

被災地にお友だちがいらっしゃるとのこと、ご心配ですね。
このブログをご紹介いただけるのはとても嬉しいです。
ただ、もしかして携帯電話からうまく読み込めないかもしれません。
そうだったらごめんなさい。

お気遣いもありがとうございました。
お友達のご無事と早い復興を祈っています。


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 11:13

フジヒロさま

コメントありがとうございます。
涙もろく…なりますよね。
私もテレビを見たり、ツイッターを見て何度も泣いていました。
でもそのうち元気がでたり、思わず笑顔になれるようなツイートも出てきて、
やっぱりこれが大事だなぁと思いました。

そんな気持ちを少しでもお伝えできていたら嬉しいです。
どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 11:10

ともさま

コメントありがとうございます。
力を蓄えていただけるとのこと。
とっても心強いです。ありがとうございます。

目の前のことから始めて、それが被災地にも必要なときに
うまく届くといいですよね。
ぜひそのときはお力を貸してください。
ありがとうございました!


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 11:06

makiさま

知人の方に伝えてくださってるんですね。
ありがとうございます。
そういうみなさんのお力が今の被災地をさらに混乱させず、
本当に必要なときに助けの人が向かうことにつながるのだと思います。

ご協力本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 10:53

びろさま

コメントありがとうございます。
「悶々としていた」というその感じ、とってもよくわかります。
もどかしかったり悔しかったり、でも何かしたいとは思っているという
その気持ちが被災地にうまく届くといいなと思っています。

同僚の方にまず謝る…すてきです。
私も「人にやさしく」本当に気をつけます。

嬉しいコメントありがとうございました!
Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 10:50

ぶんさま

コメントありがとうございます。
ぶんさんのように「一人で被災」されている方は決して少数ではなく、
ものすごくたくさんいらっしゃると思います。
それが、ブログやツイッターに寄せられるコメントで
本当にわかりました。

私自身もこの記事を書きながら、あせりそうになる自分をおさえ、
暗くなりがちな自分を励まし、あたふたしそうな自分に深呼吸させ…
ということをした気がします。

ぶんさんからこうしたコメントをいただけて、
また私が励まされました。
どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 10:40

先週末から家族皆で心が引き裂かれる思いで過ごしています。
私は埼玉に住んでいますが、今すぐにでも現地に駆け付けたい、絶対に不足しているであろうマンパワーの力になりたいと夫と毎日話しています。でもやはり今できることは、義援金お送り、節電し、ちょっとの不便でも落ち着いて過ごすということだという結論になります。
そしてこちらのサイトにたどり着き、私たちと同じように感じている人が多いことに励まされました。
少しのお金でも沢山の人が集まれば大きな額になります。それが医療関係や救助、物資を運ぶことなどを支えるのですから、一人でも多くの人が募金してくれることを願います。
食料の過剰買い占めなどもってのほか!冷静に考えれば今するべきことが見えてくるはずですよね。
これから募金にいってきます。
Posted by:YUU  at 2011年03月16日(Wed) 10:37

ぽんたさま

コメントありがとうございます。
計画停電のこと、私もツイッターで見て「そうなのか!」と
ものすごく感動したんです。
なので、その感動をお伝えできて、こうして一緒に共有できて
さらに嬉しくなりました。

ぜひこれからもお力貸していただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 10:18

ひどりさま

コメントありがとうございます。
ネット上で音声配信ですか!すごいですね。
そういうことも「今私たちにできること」なんだよなぁと思っています。
このブログをご紹介いただけるのも大変嬉しいです。
ぜひよろしくお願いします。

ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 10:14

はじめまして。
いま私達にできること、大変参考になります。
リンクを貼らせていただき
記事を転載させていただきますので
よろしくお願いします。

東京の底力
日本の底力

今こそ思いきり発揮して
この未曽有の国難を
皆で乗り越えましょう。
Posted by:shimaneko  at 2011年03月16日(Wed) 10:04

coo73さま

私たちの記事の補足もしていただいてありがとうございます!
そうなんですよね。
せっかくご準備いただいても届けられる方法がないのが現状で、
そうすると今集め始めたものは届く頃には余っている…という
ことが大いに考えられると思っています。
記事には詳しく書けなかったので、ここで補足いただき助かりました。

ありがとうございました。


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 09:56

ともみさま

コメントありがとうございます。
テレビを見ていると、なんだか自分たちも笑ってはいけないような…
そんな気分になってしまうことがあると思うんですけど、
でもそれはいいことではないなぁと思って書きました。
共感していただけてとても嬉しいです。

ぜひ一緒に体力をためましょう。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 09:46

Amiさま

コメントとブログでのご紹介、どうもありがとうございます。
一過性ではなく真摯に、と言っていただけると本当に嬉しいです。
私たちも継続して、でも無理をしすぎずにがんばっていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 09:35

初めましてこんにちは。
すみません!
あまりに内容がいいので少しでも広めたく、自分のブログに貼らせていただきました。
もし差支えがあるようでしたお申し付けください。
Posted by:あさこ  at 2011年03月16日(Wed) 09:18

福島原発周辺、他で被災した人を受け入れる場所を準備することも必要だと思います。
微量でも放射能を体内に取り込むことは、乳幼児・妊婦にとって影響が大きいです。
白血病など小児ガンの子どもを減らすためにも、
東北以外の地域で、被災者を滞在させることができる場所を準備する必要があると思われませんか?

あと、放射能汚染についての正しい情報が政府から情報公開されているとは思えません。
そういった情報を集めることも必要だと思います。


原発内の燃料棒が冷めるのに3ヶ月要するようです。


テレビで流されている情報は、かなりコントロールされていると思います。

アースデイ東京からの大震災についての緊急記者発表
テレビでの原発事故の説明は良く分らないですが、
これが分りやすいです。

http://www.earthday-tokyo.org/2011/news/2011/03/3141400ustream.html

Posted by:ごしま  at 2011年03月16日(Wed) 03:14

Twitterから来ました。
こんな言い方はなんですが軽度の被災地にいます。
被災地ではない友達が被災者の方に申し訳なく思うあまりか、
誰かに言われたのかも知れませんが、自分の事をを不謹慎だと・・・。
私は被災者ではない地域の方は、普通に生活して普通に仕事して
日本を支えていただく事が大切だと思います。

練馬ポラセンさんのblog、とても気持ちが落ち着きました。
私のblogで紹介させていただきたいと思います。
ありがとうございました m(_ _)m
Posted by:merry  at 2011年03月16日(Wed) 03:11

ありがとうございました。
探していた答えがこちらでみつかりました。
facebookでシェアさせていただきたいと思います。
Posted by:マドロッペ  at 2011年03月16日(Wed) 02:07

ツイッターから来ました。
個人で物資を送ることは辞めたほうが良いですが自民党が物資も引き受けしています。http://www.jimin.jp/index.html 内容は限られますが、うちに余っている粉ミルクとおむつ、カイロがあるので送る予定です。 東京で出来ること。。。例えば、空き部屋を貸し出すとかは出来ないものなのでしょうか?やはり、東京までの足が難しいのでしょうか。 もし無神経な書き込みであったらすいません。
Posted by:まなみ  at 2011年03月16日(Wed) 00:08

読ませていただきとても心が落ち着きました。貴重な情報の数々 ありがとうございます!
被災地にいるお友達のみんなにも読んでもらいたいので、勝手ながら個人のblogですが紹介させていただきたいと思います。問題なければお返事はなしで聞き流していただければありがたいです。
どうぞご無理はなさらないよう がんばってください。
Posted by:ふみこ  at 2011年03月15日(Tue) 23:47

Twitterから来ました。
私もテレビをずっと見ているせいか、とても涙もろくなっていて、自分が精神的に健康でなくなっていることに気づきました。
これでは被災された方の力になれませんね!!
まず自分のできるやるべきことを、前向きにこなします!!
ありがとうございました!
Posted by:フジヒロ  at 2011年03月15日(Tue) 23:29

Twitterから来ました。
私も何かやれることを地震の日からずっと探していました。
今できること、まず目の前のことを協力していきたいと思いました。

少し落ち着いたころが、力の発揮時ですね。
それまで、たくさん力を蓄えておきます!
Posted by:とも  at 2011年03月15日(Tue) 22:13

私も同様の事を知人に話していました。
ボランティアが本当に必要になってくるのは報道やニュースが落ち着いてきた頃…
ありがとうございます。
Posted by:maki  at 2011年03月15日(Tue) 21:39

Twitterからきました。

被災地の方に何か出来ること、考えたり調べたりして悶々としてました。

改めて今は何ができるか確認できました。

でも、今日残念ながら同僚に優しくする事ができませんでした。。

人にやさしく、しなければいけませんね!

明日、謝ろうと思います♪

まずは、そこから始めます!
ありがとうございました!
Posted by:びろ  at 2011年03月15日(Tue) 20:37

ありがとうございます。
TVばかり見て、落ち込んで、一人で勝手に被災していました。

笑顔をなくしている自分が情けなくて、泣けました。

泣いたらすっきりして、明日からまたがんばるんだって思いました。

今できること、しっかり力をためて、通常通りに生活をすること。笑うこと。

自分が壊れては人は救えない。

弱い私に、大事なことを教えてくれてありがとう。
Posted by:ぶん  at 2011年03月15日(Tue) 20:33

ついったーから来ました(●´∀`●)

とても参考になりました!
特に計画停電のことは、きちんと計画していないのでは、なく、私たちの節電の努力が実っているということを聞いて、とても嬉しくなりました!


書いてあったことを参考にこれからも頑張って行こうと思います(`・ω・´)
Posted by:ぽんた  at 2011年03月15日(Tue) 20:14

初めまして。ツイッター経由でブログを配信しました。
とても分かりやすく、何がイイのかダメなのかが「スッ」と頭に入ってきました。
私はこれから震災に関しての明るい話題を少しずつ集め、ネット上で音声配信をしようとしています。
是非、このブログを紹介させてください。
よろしくお願いします。
Posted by:ひどり  at 2011年03月15日(Tue) 20:08

Twitterから来ました

おっしゃる通りだと思います
阪神大震災の際も特に衣類は
有りすぎて大変なことになって
いたようですし

現状 東日本高速道路のサイトを
見ても現状ルートは緊急車両と
許可された車両以外はNGですし
個人で物資を調達したからと
言って確実にしかも救助の邪魔にならずに運べるとは到底
思えません。

練馬ポラセンさんの
ブログ大変良い記事を拝見させて頂きました

ブログで紹介させて頂きます!
Posted by:coo73  at 2011年03月15日(Tue) 20:07

すごく参考になるブログですね。
(*^。^*)
「こんな時だからこそ、よく笑い、よく寝て、よく食べる」という言葉に共感しました!
確かにテレビで流される映像はあまりにもつらい現実で受け入れがたいものがあります。
気がおかしくなりそうです。

でも!体力を溜めておかなければ
ボランティア要請があった時に
動けないですものね。

東京で、できることをやって
被災者を支援していきたいと思います。
Posted by:ともみ  at 2011年03月15日(Tue) 19:59

とても分かりやすくてココロに届く言葉をありがとうございます。
ブログで紹介ができれば、と思うのですがよろしいでしょうか?

私も一過性ではなく、できる目の前のことに真摯に取り組んでいこうと思います!
Posted by:Ami  at 2011年03月15日(Tue) 19:54

おおしたさま

コメントありがとうございます。
考える機会と言っていただけて嬉しいです。
私もこの記事を書きながら自分の考えを一度整理できました。
みなさんにもたくさん声をかけていただいて、書いてよかったぁと思いました。

tweetもありがとうございます。
ぜひよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 18:41

言われてみれば当たり前のこと。改めて考える機会を与えていただきありがとうございます。Tweet刺せてもらいますね!
Posted by:おおした  at 2011年03月15日(Tue) 18:25

seihiroさま

すごく嬉しいコメントをありがとうございます。
一人ひとりの小さな力が、停電すら回避したと聞いて私も本当に
泣きそうになりました。
そしてますますがんばろうと思えました。

2日間ご寄付いただいて、しかも「復興まで」と言っていただけると、
ボラセンで働く身としては本当に嬉しいです。
ご親戚がご無事でよかったですね。
きっとたくさんの方がどなたかを心配して眠れぬ夜を過ごして、
だからこそ「自分にできること」と声をかけてくださるのだと
思っています。

そのお気持ちをムダにせず、でも相手の方に負担にもせず、
一番いい形でおつなぎできたらと思います。
旅行もいいですよね!
いろいろな方法でお力を貸していただけることに
心から感謝します。

どうもありがとうございました。




Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 18:16

みかりさま

昨日の記事も読んでくださったんですね。
どちらもブログの1記事としては反則じゃないか?と
思うぐらい長い文章ですのに、ありがとうございます。
ブログでもご紹介いただいて、嬉しいです。

テレビを見ていると、どうしてもあせってしまいますよね。
私もそうなので、お寄せいただくご相談は人ごととは思えないのです。
なので余計に少しでも納得していただけるご説明が
できたらいいなぁと思っています。

今日の記事には書きませんでしたが、ブログやツイッターで
情報の発信にご協力いただくことも、とっても大きな
「今私たちにできること」だと思っています。
本当にありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 18:06

小島さま

コメントありがとうございます。
今確認しましたら、HPにご掲載いただいたみたいですね。
リンクを貼っていただいていること、出典を書いていただいているので
こちらとしては問題ありません。
むしろ、たくさんの方にご紹介いただけるのはありがたいです。

そちらは大丈夫ですか?
練馬から少しでもお手伝いができればと思います。
どうぞお体にお気をつけください。
ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 17:45

ありがとうございました。「東京の底力」に泣けました。頑張ります。小さな節電が大きなパワーになりますように。
そして「ボランティアしたい」という気持ちを今だけのものにせず、復興するまで、復興してからも持ち続けたいと思います。
寄付は昨日、今日としました。
私の親戚一家が三陸で眠れない夜を過ごしました。奇跡的に助かって本当に嬉しかったです。東北旅行も東北再建の力になりますよね。状況が許すようになったらぜひ行ってきたいと思います。頑張れ、日本!ですね!
Posted by:seihiro  at 2011年03月15日(Tue) 17:44

Twitterからやってきました。
前日の記事とともに、とてもわかりやすく説明してくださってありがとうございます。
焦りばかりきて、大事なことがわからなくなっていました。

たくさんの方に知ってもらいたいと思い、
トラックバックさせていただきました。
Posted by:みかり  at 2011年03月15日(Tue) 17:42

Mitsuru Mizutaniさま

嬉しいコメントをありがとうございます。
今後も少しでもみなさんのお役に立てるような
記事を書けるようにがんばりたいと思います。

ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 17:35

はなさま

コメント、ならびにご指摘をありがとうございます。
また、すでに現地で活動をされたとのこと。ありがとうございます。

確かに今日ぐらいから複数の場所で災害ボランティアセンターが
立ち上がり、ボランティアの募集が始まりました。
昨日書いた記事ですら、もう古くなるというこれが災害時の
状況なのだと思っています。

はなさんは、被災地の近くにお住まいでいらっしゃいますか?
現在募集されている多くのボランティアは、対象を近隣地域に絞っています。
私たち東京の練馬にあるボラセンとしては、現段階では
ボランティア募集の範囲からは遠いかなと考えています。
もう少し状況が落ち着きまして、ボランティア募集の対象が
広がりましたら、このブログでもそのようなご案内をしていきたいと思います。

多くの方が「現地に行きたい」と思ってくださっている今、
遠い地域にいてもできることをまとめてみました。
また今後、現地の状況や情報を収集しながら発信していきます。

どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 17:33

twitterから辿りつきました。
おっしゃるとおりの災害現場なのです。まだまだ、現状の確認をしなければ、その後の救援活動は考えられないのが現状の様に感じられます。
申し訳ありませんが!転載させていたでけませんでしょうか?
宜しくお願いしますm(__)m
Posted by:小島 文博  at 2011年03月15日(Tue) 17:21

こちらの記事を読ませて頂き
とても参考になりました。
有り難うございます。
Posted by:Mitsuru Mizutani  at 2011年03月15日(Tue) 17:19

被災地の市町村や社会福祉協議会に問い合わせをすることは間違いなく止めるべきですが、
自分がもし非被災地に居るのなら、その非被災地の市町村や社会福祉協議会のボランティア活動に参加することは提案に加えても良いのではないでしょうか?
非被災地での、復興支援活動のボランティアは人手を求めています。今日、私は活動に参加させて頂きましたが、明日も行こうと思っています。
Posted by:はな  at 2011年03月15日(Tue) 17:01