CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
練馬区社会福祉協議会 ボランティア・地域福祉推進センターは、ボランティア・市民活動情報誌「ぽけっと」を毎月発行しています。このブログではそこには書ききれない「ボラセン」の日常・裏側をお伝えします。
« 大地震! | Main | 現地に行かず、物資を送らず、今私たちにできること »
プロフィール

練馬ボラセンさんの画像
練馬ボラセン
プロフィール
ブログ
ブログ内検索
検索語句
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/neriura/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/neriura/index2_0.xml
【重要】東北地方太平洋沖地震に関するボランティア・物資の送付について[2011年03月14日(Mon)]
3月11日午後、大変大きな地震がありました。
練馬ボラセンももちろん例外ではなく、私は訓練以外で初めて机の下に頭を隠しました。
その後の状況はみなさんもテレビなどでご覧の通りです。
こんなとき、私たちはつい何もできないと自分を責めてしまいがちです。
そして、何か自分にできることはないだろうか?とたくさんの人が考えています。


練馬ボラセンや練馬区にも、すでに「ボランティアに行きたい」「古着を寄付したい」「水や電池を送りたい」などのお問い合わせが寄せられています。
そのお気持ち、本当にありがたく思います。
ですが、私たちはボラセンとしてまず2つのことをお願いします。

1 現地でのボランティアは3月14日現在、一切求められていません。
  現地に行かないでください。

2 個人での物資の送付は、現在も今後も一切求められていません。
  現地に物資を送らないでください。



理由をご説明します。

1 どうして「現地に行かないで」なのか?

現在もまだ大きな規模の余震が続いており、津波が起こる可能性も非常に高くあります。
被害の大きかった地域ではそもそも現地に入れないところも少なくありません。
ほかにも、いくつか理由があります。

1)現地はライフラインの復旧も進んでおらず、食料やトイレなどの状況も十分ではありません。本来なら被災者の方たちが利用できるはずのものを、ボランティアが使ってしまうと、被災者の支援のはずが逆の事態になってしまいます。

2)現地に向かう公共交通も、動いていないところがまだ多くあります。もし、ボランティアに行きたい人が多く車で現地に向かうと、本来必要な支援物資を届けるはずの車が渋滞で動けなくなります。ますます現地に物資が届かなくなってしまうのです。

3)ボランティアが活動するためには、どこで何が求められており(ニーズ)、誰がそこに行くのかを調整する「災害ボランティアセンター」の立ち上げが不可欠です。現在、その立ち上げが進められていますが、ニーズを確認できるような状況にもなく、ボランティアの募集にはまだ数日かかることが予測されています。

4)特に1)の理由により、ボランティアの募集が始まったとしても、宿泊先や交通費、食事、トイレなどの準備をすべて自分で行える範囲に住んでいる人が活動者として求められることが多いです。災害ボランティアセンター立ち上げ後、どんな人をどれだけ募集するかという情報が必ず出ますので、それに添った行動が求められます。

これだけの災害ですから、復興までには長い時間がかかります。
そのときにはボランティアの力が求められるときも必ずあるはずです。
今はとにかく現地に出向かず、情報の収集に努めてください。



2 どうして「個人で物資を送らないで」なのか?

被災地の様子がテレビで流れ「○○が足りない」と聞くと、それを何とかして送りたい、助けたいと思われる方も多いと思います。
しかし、これまでの経験を踏まえて、今は以下のような理由で企業などからの大口の提供に限った寄付の受付となっています。

1)ダンボールに詰められた物資は、仕分けが必要になります。そのまま現地で配ることができないために、送られた多くの物資を仕分けしきれず長い期間倉庫に積まれたままの状態が続いたということがありました。

2)避難所で全員に行き渡るようにしたり、必要な人に届けていくためには少量ではなく、大量の物資が必要です。現在は「足りない」情報が氾濫していますが、今週中には多くの物資が現地に到着すると考えられます。

3)必要な物資は時間とともに変化します。現在必要だと報道されているものは、その時点で企業や行政間の協定を通じて大量に送付が始まります。必要なくなったものが大量に送られ続けないためには、大口での調整が必要です。

4)現在、ゆうパックなども東北地方への荷物輸送を停止しています。高速道路なども止まり、道路は緊急車両のみ走行が許されている状況ですので、行政や企業が特別に準備した輸送手段以外、現地に送る方法もありません。

輸送手段や、送るまでのタイムラグ(時間差)、現地の経済支援ということを考えても、現地で必要なものは現地で調達してもらうことが一番よい方法です。被災者本人に渡る「義捐金」への協力とともに、現地で支援活動を行うNPOなどに対する「支援金」の協力をすることも大変大きな支援になります。


現地の状況は刻々と変わります。
しかし、現地への問合せはさらに現場を混乱させてしまいます。
以下にご紹介する2つのホームページでは最新の情報が次々に報告されますので、まずはこちらをご覧ください。
支援金の寄付先などのご相談がありましたら、練馬ボラセン(3994-0208)までご連絡ください。

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

東京ボランティア・市民活動センター 東北地方太平洋沖地震のボランティア活動


みなさんの「何とかしたい」という気持ちをいい形で現地に届けるためにも、ぜひ今は「ぐっとこらえて」お待ちください。
ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。



(じ)

この記事のURL
http://blog.canpan.info/neriura/archive/378
コメントする
コメント
高橋さま

とても貴重なコメントをありがとうございます。
ホームページも拝見しました。
非常にたくさんのことに配慮され、今回の活動を行ってこられたことがよくわかりました。
ありがとうございます。

高橋さんのおっしゃる通り、「すべてがダメ」とは私どもも考えておりません。
現に、災害支援に慣れているNPOや団体、また企業などは
自分たちの力で災害発生後すぐに現地に向かったと思います。
それはすばらしいことだと思っています。

今回のこのブログでお伝えしたかったのは、例えば避難所での支援活動や個人のお宅での
片付けなどそういったボランティア活動はまだできる状況ではないので、
現地に行かないでください、ということでした。
また、現地に個人で物資を「送る」ことも難しいことをお伝えしたいと思いました。

個人で物資を現地に「運ぶ」ためには、クリアしなくてはならない
いくつかのポイントがあると思っています。
特に物資を渡す先が決まっているということも、今回高橋さんの活動が非常に無駄なく
意味あるものになった大きな要因ではないかと感じています。

通行証のことも昨日参加した会議で話題になっていました。
実際に空いている道をご覧になれば「これならどうして!」と思いますよね。
わかりませんが、“ちょうどいい”通行量にするということが
非常に難しかったのではないかと思いました。
阪神大震災のときに多くの意欲ある個人の方が被災地に殺到し、
緊急車両も何も通れなくなってしまったという経験があります。
だからといって今回の対応が完璧だったとは言えないと思うのですが、今回の経験を活かして、
今後どういった方法を取るのがいいのか考えていかなければならないのだろうと感じています。

私たちはボランティアセンターとして「何かしたい、でも何をしたらいいのか
わからない」そう思ってらっしゃる方にこの段階での状況をお伝えしたいと思いました。
今後は必ず多くの人の力が必要になると思っていますので、
そのときにはまたそうした発信をしていくつもりです。

今回、高橋さんのご報告を拝見して私も勉強になりました。
そして、今後もボランティアセンターとしてできる限りの発信を続けていけたらと思いました。
長くなってしまい恐縮ですが、お忙しい中コメントくださったことに感謝します。
ありがとうございました。
Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月20日(Sun) 18:03

児童養護施設支援の会 代表の高橋です。

「行かないで」
というのは、一律に正しくはありません。行政が行っているのは間違いではありません。しかし、支援物資が届くのには日数がかかります。
それまでの間は逆に、小回りの利く民間の力が必要です。

私は15日に被災地に(気仙沼)まで、発電機、燃料、食料、医薬品、果物、ワンセグテレビ、等を届けました。

遠くにいる人は皆、
「行くと迷惑になる」と言います。
その結果どうだったかは、私が見てきました。
15日の時点で、何の支援物資も届かず、現地の被災者も、現地の警察官も、私たちが来てくれた事をみんなありがとうと喜んでくれました。「やっとご飯が炊ける」と、泣いていました。町に支援の車も補給車もいませんでした。
私の行った翌日になって、ようやく自衛隊の食料が少し届きました。
しかしそれは、「避難所」にだけ届けられます。避難所にはみんなが入れるわけではないです。避難所にいない人は、自分で取りに行くしかありません。そしてその足となる車のガソリンも無いのです。
私が選んだ道は、4号線を北上し、一関から東へ向かいました。
報道では
「道路は寸断」となっていますが、この道はなんともなく、被災地まで障害は何もありませんでした。
障害を撤去した跡もありません。
道は繋がっていたのです。

確かに寸断された道は多くあります。
ですがメディアによって報道は平均化され、いつしか
「現地には道が無い」
となってしまいました。

詳しくは私のHPを見てください。

きちんと自己完結を守れば、支援活動は早くから行われるべきなのです。
自己完結できず、結果被災地に迷惑をかける「支援者」は確かにいます。
だからと言って、「全てが駄目だ」
と、結論を平均化することが、私は一番怖いです。
その間に救える命が、救えなくなります。

Posted by:高橋  at 2011年03月19日(Sat) 22:45

truthさま

コメントと情報提供をありがとうございます。
全然気分害さないです。
私たちは、記事を書く時点でわかる最大限の情報を確認し、
発信しています。
でも不十分なこともあるでしょうし、状況は変わっていきます。
ですから、みなさんからこうして教えていただけることは
本当にありがたいことです。

教えていただいたサイトも昨日見ていました。
ここで書かれているその状況でうまくいったということは確かな事実で、
被災地に物資が届いたことはよかったと思います。
ただ、それをみんなが同じようにやっても大丈夫か?という
ところは、少し検討が必要だと思っています。

そんなことを踏まえて、今日も記事を書いてみました。
もしご覧いただければ嬉しいです。

どうもありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 19:15

いばらぎみなみさま

コメントありがとうございます。
空気読まないなんてことは全然ないです。
いろいろ教えていただけるのはありがたいです。

今日の記事にも書いたのですが、災害時は本当に状況が
常に変わっていきます。
私が書いたこの記事も、すでに古くなってしまいました。

個人に物資の提供を求める場合も、いくつか条件が
あるのではないかと思います。
募集する範囲や持込のみなど、そういった条件に当てはまって、
ご協力いただけそうでしたらぜひよろしくお願いします。

今後さらに募集の範囲が広がっていくと思います。
少しでも現地にものが届けばいいと思っているのは私たちも同じです。
ただ、タイミングと内容なのだと考えています。

ご指摘ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月17日(Thu) 19:11

気分を害したらすみません。
よかったら読んで頂けないかと思って投稿しました。
http://blog.livedoor.jp/koki_uchiyama/archives/1281312.html
Posted by:truth  at 2011年03月17日(Thu) 11:28

昨日あたりから、みかけるんですが、個人へのお願いじゃないでしょうか??
なんか折角いい話のとこに
空気読まなくてすいません。スルー
してくださってもいいです。

tako_city_offi 茨城県潮来市(公式)災害
物資提供のお願いです。 現在、潮来市内では物資が不足しており、次の物資を無償提供していただける方は市役所までご連絡ください。・ブルーシート・懐中電灯・乾電池・トイレットペーパー・ティッシュペーパー・保存食・ガソリン用携行缶・水用ポリタンク 連絡先 市役所 0299-63-1111

urayasu_koho 千葉県浦安市
浦安市では、上下水道に大きなダメージを受けたところがあり、トイレの問題が深刻になっています。便袋が必要です。全国の皆さんのご支援をお願いします。問い合わせ 財政課 zaisei@city.urayasu.lg.jp
Posted by:いばらぎみなみ  at 2011年03月17日(Thu) 00:20

稲垣潤一さま

コメントありがとうございました。
記事を書いたものです。
そう言っていただけてとても嬉しいです。

コメントを残してくださってありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 09:19

たぬきさま

コメントありがとうございました。
確かに、ボランティアするんだから迷惑がられるよりは感謝されたいですよね。

ただ私たちはボランティアって現地に行くことだけとは思っていないんです。
被災地を思って節電したり、寄付をすることもちゃんとした
「ボランティア」だと思っています。
そう考えると本当にいろんな目的の人がいて、関わり方もあるのかなぁと感じています。

被災者の方のやり場のない気持ちをお聞きしたり、ときには
きつく声をかけられることも実際にあると思います。
ただ、逆に言うと専門家がすべての人のカウンセリングをするのは
難しいとも思います。

何も言わなくても、ただそばにいてくれる人がいることが
気持ちをなだめてくれる…そんなこともあると思います。
そうしたボランティアが被災者の方たちと一緒に悲しみ、
つらい気持ちを共有し、でも徐々に一緒に笑っていけるようになる。
そんなことがこれまでの震災でもあったと聞いています。

そのボランティアの持つ力が最大限生かされるように、今は私たちも
ぐっとこらえて待ちたいと思っています。

お返事になっていなかったらすみません。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月16日(Wed) 09:02

こんばんわ。
被災地への物資輸送のことを知りたくて
調べてみたらこの記事をみつけました。
ボランティアのことなども、わかりやすかったです。

書かれたかた、ありがとうございました。
Posted by:稲垣潤一  at 2011年03月15日(Tue) 23:35

ボランティアの人間には「助けたい」というよりは「感謝されたい」という感情のほうが強いはず。だけど、福祉をやる以上、利用者あるいは被災者から辛く当たられることもあるだろう。故に今行くより、被災者のカウンセリングが終了してからのほうがいいというわけか。
Posted by:たぬき  at 2011年03月15日(Tue) 19:25

しまりすさま

コメントありがとうございます。
同感と言っていただけて嬉しいです。
何しろ災害時は状況が刻々と変わりますので、
またボランティアの助けが必要になることも出てくると思います。
そのときのために、今はじっと動かず力をためられたらなと思っています。

ありがとうございました。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 18:19

長谷川さま

コメントありがとうございます。
ガソリン不足、深刻ですよね。
昨日・今日と私は自転車通勤をしているのですが、
その途中でガソリンスタンドはどこも行列をしていました。

そのことも書きたくて、今日の記事にほんの少し
「節電・節ガソリン」という言葉を入れました。
ほかにも、現地のものを買おうとか、落ち着いたら旅行に行こう、とか
書きたいことはいくつも思い浮かんだのですが、すでにかなり
長い文章となってしまっていたのであきらめました。

今後の状況に合わせて、またお伝えできることもあると思います。
ただ、いつもはアクセスが1日で50件前後のこぢんまりとしたブログです。
その部分で、長谷川さんのご期待に添えないことが
ありそうで申し訳ないですが、私たちとしてできる限りのことを
今後も続けていきたいと思っています。

どうもありがとうございました。


Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 18:01

まったく同感です。

今、私たちができることは、無駄にうごかずにいることだと思います。

Posted by:しまりす  at 2011年03月15日(Tue) 18:00

ガソリン不足を解消するため、

車の利用を控えるように

呼び掛けていただけないでしょうか?


ガソリン不足は電力より深刻な問題となってます。
Posted by:長谷川智  at 2011年03月15日(Tue) 17:31

なおこさま

コメントありがとうございます。
そして、嬉しいお言葉、本当にこの記事を書いてよかったと思います。

「気持ちが東北に向かう」ということ、すごくうなずきながら読みました。
私自身もこういう記事を書きながら自分を冷静にしようとしています。
今後、必ず何かできるときがあると思ってがんばっています。

でも、なおこさんからこうしたコメントをいただいて、
「今後」じゃなく「今」できることをやれているのかなと嬉しくなりました。
ありがとうございました。



Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 17:25

ACCSさま

コメントありがとうございます。
現地に行かず、物資を送るのではない方法でできることが
たくさんあるんじゃないかな、と思って今日の記事を書きました。

今、これだけテレビの報道が集中していると、「今すぐやりたい!」と
思われるのも無理はないと思います。
逆に、そういうことが全くないとしたら、やはり寂しく感じるとも思います。
自分が直接知っている相手ではなくても、心配して何かしたい!と
思う気持ちが、相手にとって一番いい形で届くように、
ボラセンとして少しでもお手伝いができたらと考えています。

ACCSさんもぜひ今後お力を貸してください。
どうもありがとうございました。
Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 17:10

クリニックでパートで働いているのですが 地震の影響で通勤の足の確保が難しい為自宅待機になりました診療時間 患者さんの数を制限し近隣に住んでいるスタッフで遣り繰りしているそうです
この時間を誰かの為に使いたい と 気持ちは東北に向かっていましたが 冷静な判断が必要だと気付かされました ありがとう
Posted by:なおこ  at 2011年03月15日(Tue) 16:06

要は役に立ちたいなら何もするなってことですね。素人がいても足を引っ張るだけ。ボランティアが求められるのは世間の注目も熱も冷めた震災後1ヶ月くらいからでしょう。なにせ復興には何年もかかりますから。一時の熱に浮かされてヒロイック願望でボランティア、ボランティアといってる人たちにそんな根気があるとも思えない
Posted by:ACCS  at 2011年03月15日(Tue) 14:40

こばやしさま

初めまして。
コメントと、そういったお気持ちをありがとうございます。
テレビを見ていると、いてもたってもいられなくなりますよね。

ホームステイというお申し出ですが、阪神大震災や三宅島噴火のときにも
そういうお声があったそうです。
ただ、知らない方のおうちにお世話になる、ということへの
ためらいが大きかったのか、それほどご希望としては出なかったそうです。
可能性がないということはないと思うのですが、
今まではそういう状況だったようです。

ただ、もし可能だとしてもそこまでいくにはこれから数ヶ月は
かかるかなと思っています。
現在の緊急時期を越え、復興期に入ったときに
そうしたお申し出を現地のボランティアセンターにお伝えいただけますか?
そうしたためにも、これから数か月にわたって関心を持ち続けて
いただければ本当にありがたいと思います。

お問い合わせありがとうございました。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 12:14

小枝さま

初めまして。大変嬉しいコメントをありがとうございます。
ボラセンのスタッフでこれまでの経験や現地の状況を踏まえて書きました。
リンクもありがとうございます。
出典を明記してくださっていますので大丈夫です。

多くの方に見ていただけたら嬉しいので、ご協力本当に感謝です。
こういうたくさんのつながりで、少しでも被災地の方たちを応援したいですね。
ありがとうございました!

Posted by:練馬ボラセン じ  at 2011年03月15日(Tue) 12:05

こんにちは

テレビの映像を見るたびに、何か私たちにもできることは無いかと考えています。(もちろん停電、節電には協力していますし、移動も車に乗らず、自転車に変えました)

まだ先の話になるかもしれませんが、被災者の方たちのホームステイの受け入れというボランティアは必要になりませんか?仮設住宅ができるまで、少しでもお役に立てればと考えています。

こちらも、停電等で十分な生活はできませんが、薬やミルクの心配をしながら過ごしている方や、透析等の必要な方にとっては、避難所よりもましかと思います。
Posted by:こばやしあゆみ  at 2011年03月15日(Tue) 10:50

初めてお邪魔いたします。

今回の大震災にあたり、Twitterからブログを拝見させて頂いて、とても読みやすく、私が言いたいことが端的にまとめられていたので、公式リツイートをさせてもらいました。
ずっと書きたかったことが、自分の書いた文章よりも素晴らしというのが情けない限りですが、私のブログに来て下さる方にこちらのページを読んで頂きたくてリンクをさせて頂きました。
一応規約は読みましたが、抵触するようであればリンクは削除いたします。

ただ、本当に素晴らしい文章だったので自分のためにも置いておきたく思っております。
よろしくお願いいたします。
Posted by:小枝  at 2011年03月15日(Tue) 03:51