CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク
プロフィール

ねりま景観まちづくりさんの画像
ねりま景観まちづくり
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/nerima_keikan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nerima_keikan/index2_0.xml
このサイトは、区民の皆さんとともにすすめる、練馬区の景観まちづくりの情報提供・交換の場です。区内で起こっている様々な景観まちづくりのうごきを皆さんに日々、お伝えしていきます!
ねりまの景観まちづくりのホームページが開設されました [2016年11月01日(Tue)]

ねりまの景観まちづくりのホームページが開設されました!!
練馬区内のとっておきの風景の検索ができたり、景観に関する情報がもりだくさんです。
ぜひ、ご覧ください♪

ねりまの景観まちづくりのホームページ
keikanHP01_161101.jpg
春日町はるさん花壇の植替え作業をします! [2015年11月16日(Mon)]

春日町町会会館前にある春日町みんなの花壇「はるさん花壇」も
1 才になりました。今回も、みなさんで冬につよいお花、春を楽しむお花を
みんなで植付します。
これまで参加を逃していた方、そんな花壇があったのを知らなかった方、
ぜひご参加ください!!「わたしの植えた花*」を眺めて歩くと、
植物の成長を感じられて、お散歩もよりいっそう楽しいですよ〜。
お一人1 つの苗からでも、ぜひご参加ください♪

※この苗は、公益財団法人東京都公園協会「花壇・庭づくり活動支援事業」の材料支給助成を受けています。

kadanndukuri_tirasi_11gatu.jpg

kadanndukuri_tirasi_11gatu.pdf
とっておきの風景(地域景観資源)の15回目の公表が行われました [2015年10月01日(Thu)]

9月25日付けで28件の練馬のとっておきの風景(練馬区地域景観資源)が追加公表されました。(練馬区による発表はこちら)
区民の皆さまのご協力のもと、たくさんのご応募をいただけましたことを深く御礼申し上げます。

これまでに登録された景観資源の内訳は
たてもの部門 174件
みどり部門  417件
まちかど部門 115件
風景部門   156件
合計   862件   となりました。

登録状況グラフ.jpg

年々、多くの方々にご協力をいただきながら登録件数が増えてきています。
皆さまのお住まいの地域内で、登録されている風景を巡りながら歩くことで、まちの宝物を再発見したり、まちなみの特徴に気づくきっかけを得ることができるかもしれません。

★ひとつひとつの「とっておきの風景」に関する
写真や推薦のメッセージは、こちらの特設サイトをご覧ください。
「とっておきの風景おしえてください!(練馬区地域景観資源登録)」

地域別や部門別に検索することもできますので、活用してみてくださいね。

平成27年度景観まちづくり講座@「お宅の塀ぎわ10cmからできるみどりの景観アイディア」が開催されました! [2015年09月08日(Tue)]

平成27年度9月5日(土)に平成27年度景観まちづくり講座@「お宅の塀ぎわ10cmからできるみどりの景観アイディア」が開催され、26名の方が参加されました。
今日の講師は、景観なちなみ協定の専門家派遣でもお世話になっている木村智子さん(コミュニティガーデンコーディネーター)です。
こちらがプログラムです。

当日プログラム(配布用次第).pdf

講座の中では、ご自宅の庭を想像していただきながら実際に道沿いの景観を考えるワークショップを行いました。
「実際は、高木の管理が大変なんだけど…」
といいながらもやっぱり景観としてはあるといいなと、株立ちの樹を配置!
いきなりお庭でできないことも、紙上では好きなように植えてみることができます。

ワークショップ.jpg

客観的に我が家を見ることで、「植物何にしよう」のストーリーがうまく運ぶ事前の準備(じつはこの準備がとても大切なそう!)・庭がステキにみえるコツがよく分かります。

講師の木村さんからは、景観っていうとまちなみを考えないといけないような気がしてしまうけれど、「まずは、自分の庭のことだけ考えてください!」
そんなみんなの塀ぎわをつなげると…

まちなみ.JPG

花とみどりのにぎやかな散歩したくなるまちなみができあがりました。
みなさんの塀ぎわ、とても工夫されていて、じっくりみなさんのお庭について
聞きたかったですね。

その後、区内外の事例や景観まちなみ協定の制度、練馬区の生垣・沿道緑化助成の制度などをご紹介。今後の塀ぎわづくりの参考になったでしょうか!

大泉町の景観まちなみ協定地域で楽しい「みんなの花壇」が登場しました! [2015年06月18日(Thu)]

お花見防犯パトロールや100件以上に及ぶプランターを町中の玄関前に設置した大泉北泉町会の「花咲く小路づくり」(練馬区景観まちなみ協定)に、新たな拠点が生まれました!

2015年6月7日(日)、大泉町のなかよし児童遊園(練馬区大泉町3-38-49)にて専門家の木村智子さん(NPO法人GreenWorks)をお呼びしてのガーデニング講座が行われました。
景観まちなみ協定地域への専門家派遣の一環です。
参加者22名、「大きなスコップとバケツをできるだけ用意しましょう。」とみなさんへの呼びかけから始まった花壇づくり。さすがは、普段の防犯活動ネットワークづくりができている北泉町会さん。中心的存在でもある花の会、山下さんの呼びかけでバケツもこんなに集まり、早速みなさんで協力して水が入りました!!

mizu.jpg

そして岩本会長から、花咲く小路づくりについて「ご自宅のお庭でも活かせるように、みなさんで楽しくやりましょう。」と和やか雰囲気で講座のはじまりの合図。一番要となる土づくりのミニ講座からはじまり、ふかふかのお花のすまいができました。
その後骨格となる花を先に並べ、つぎにみなさんで3つずつ苗を持って、デザインしました。こちらが植付の様子。みんなで力を合わせるとあっという間です。

uetuke.jpg

講座は、土づくりやお花の並べ方、管理について、どうしてこうするのかをお花の気持ちになって分かりやすく説明してくださいました。

kusatori.jpg

花壇がきれいになると…まわりもきれいにしたくなっちゃいますね。
これも、お花のパワー!

「色とりどりの、季節が感じられる花があるといいね。」
「香りある植物があるといろいろ楽しめるね。」
「公園でお花を見ながらひと休みしたいわ。」
そんな第1回ガーデニング講座の意見が大活躍して、ハーブのラベンダーやローズマリー、セージが植えたり、秋の七草オミナエシまで植えました。これから、地域のお庭として楽しませてくれそうです。帰り際には、こんな楽しみ方もありますよ、とかわいい花束を作ってくれた木村さんは、小さな頃からご自宅のお花屋さんでお手伝いをしていたそうです。
これからも管理作業ででたローズマリーで、リース作りなども楽しめます。

kimurasennsei.jpg

ここで培った技術やネットワークは、参加者みなさんのご自宅にへと拡がっていきそう。今後が楽しみですね。

第1日曜日が大泉町なかよし児童遊園花壇(練馬区大泉町3-38-49)の作業日です!
(練馬区の住民による「花壇管理委員会」としてこの管理を行っています。)
気になる方は、ぜひご参加くださいね。
6月の春日町はるさん花壇 [2015年06月18日(Thu)]

6月のはるさん花壇(練馬区春日町3-3-2 春日町町会会館向い)の様子です。
毎月第3水曜日が作業日、6月の作業は…

草取り、キンセンカの種取、ラベンダー摘み、ミントやレモンバームの切り戻し、そして剪定したお花や枝でミニ花束を作りました。この時期は、我々人間も、湿気で髪の毛をスッキリしたくなる時期ですね。町会会館の帰りに声をかけていただいた方々に花束プレゼント。笑顔がうれしいです。

harusan27.6gatu.jpg

アガパンサス
テッポウユリ
アカンサスモリス
リシマキア・キリアータ
ピンクアナベル
コクリュウも花を咲かせています。

「通りがかりの方が楽しめるように、名札をつけましょう♪」と山下さんが、アイスのスプーンをサッと出しました。これが名札にいいそうです!

そして、冬春に咲かせていたキンセンカのこぼれ種で芽がでてきて、大喜び。
「豊島園どおり沿いのプランターに、分けましょう。」
やっぱりこぼれ種ででてきたヒマワリは、もうすぐつぼみを持ちそうです。

一年草は、みなさんの持ち寄りも増えてきました。

ちなみに4月の花壇はこちら…
harusan27.4gatu1.jpg


harusan27.4gatu2.jpg
↑みんなの力を合わせて看板もとりつけました!

4月の花壇と比べてすっかり色も姿形も変わりました。植物の成長は感動的です。身近に植物の成長や移り変わりを楽しめるはるさん花壇。子どもと一緒に、犬のお散歩途中に、ウォーキングのコースをかえて、ぜひ楽しんでください!!
第3水曜日ガーデナーも大募集です!
練馬のとっておきの風景(地域景観資源)の14回目の公表が行われました [2015年05月20日(Wed)]

5月20日付けで26件の練馬のとっておきの風景(練馬区地域景観資源)が追加公表されました。(練馬区による発表はこちら)
区民の皆さまのご協力のもと、たくさんのご応募をいただけましたことを深く御礼申し上げます。

これまでに登録された景観資源の内訳は
たてもの部門 168件
みどり部門  404件
まちかど部門 112件
風景部門   150件
合計    834件   となりました。

image01.png

この登録制度が始まってから5年目をむかえて、
登録された景観資源は800件を超えました。

★ひとつひとつの「とっておきの風景」に関する
写真や推薦のメッセージは、こちらの特設サイトをご覧ください。
「とっておきの風景おしえてください!(練馬区地域景観資源登録)」

今年の3月からは、こうした魅力ある「とっておきの風景」を知っていただくため、登録プレートを作成し、各登録場所に掲示しています。
image02.JPGimage03.png

プレートを見かけたら、そこからの風景をあじわい、皆さんで景観について語るきっかけにしてみてください。
江古田の千川通りを花いっぱいにしよう!とまちなみ協定が締結されました! [2014年12月07日(Sun)]

江古田の千川通りにおしゃれな花とハーブの香るワインボックスの寄せ植えが並びました!
これは、練馬区旭丘1丁目の、「花で人と道をつなぐ千川通りの景観づくり」協定参加者のみなさんで企画した景観づくりです。

asahigaoka 2014-12-07-2.jpg

協定は、「千川通り沿いの商店街のまちなみを、桜並木と合わせ、沿道の住宅や商店街の軒先を花でつなぎ、一体感あるまちなみづくりを通して、地域の顔がつながるコミュニティを醸成しよう」とはじまったもの。パン屋さん(Vieill)の大山さんの声掛けで、酒屋さん(アサヒヤワインセラー)、自転車屋さん(サイクルショップマルキン)、それに隣に並んだ住宅のみなさんが集まって5軒のみなさんで締結されました。元気を分けていただけるような活動力とセンスの良さが光ります。早速、寄せ植えづくりの勉強会が12月7日に行われました。

asahigaoka 2014-12-07-3.jpg

寄せ植え当日、いい香りのするパン屋さん(Vieil)からわいわいとにぎやかな声。子どもから大人まで机に集い、ブルーシートを引いて作業を行っています。

asahigaoka 2014-12-07-1.jpg

「景観まちなみ協定」の支援の一つである専門家派遣を活用いただき、
先生は、近くの花屋さん「ネコ・カブリーノ(necoqavreeno)」の下田さん
が、素敵な植物を取り揃えてくださいました。
見たことのないめずらしいおしゃれなハーブやビオラなどのお花でいっぱい。
ワインボックスにさわやかなみどりが生えています。
「ハーブは、店内やご自宅でも活用できるものですよ」とうれしい一言。


今後の大事な管理については2月頃様子をみながらアドバイスをいただき、
5月頃に植替え作業をする予定です。


大山さんの声掛けからはじまった「千川通りにみんなが楽しめる素敵な花のラインをつくろう!」構想、今後も楽しみですね。
春日町のはるさん花壇ができあがりました! [2014年11月13日(Thu)]

2014年11月13日、春日町はるさん花壇の植栽作業を行いました。
協定のみなさん、それに興味をもっていただいた地域の方に参加いただき、色とりどりのお花や葉っぱに負けないくらいにぎやかな楽しい作業日になりました。

1 syou.jpg

できあがったはるさん花壇がこちら。通りがかりの方も、声をかけてくださいました。
植物を自宅から分けてくださるかた、細やかな植え付けを手際よくしてくださる方、そしてこれまでの土台をつくってこられた協定の方みなさまに大感謝です。

harusankadan.jpg

ポイントは管理がしやすいよう計画された2段構えの植栽です。
カラーリーフを使った植栽で花がなくても、さみしくない…?!
早速、「看板作り」をしよう!とのアイディアが持ち上がりました。
ローズマリーにラベンダー、ミントやレモンバーム、セージ等のハーブもあり、今後の活用も楽しみですね。

作業日は毎月第3木曜日。(1月はお休みです)興味のある方は、練馬まちづくりセンターまでご連絡お待ちしています!

※この苗代等の費用は、公益財団法人東京都公園協会「花壇・庭づくり活動支援事業」の助成を受けています。
お花をみんなで楽しめる空間 ~春日町コミュニティ花壇づくり 発動!~  [2014年11月06日(Thu)]

地域のみんなで楽しめる花壇があったら...そんな思いのある方に知っていただきたい情報です♪
春日町3丁目のとある植え込みには、ゴミ収集場所の後ろということもあり、ゴミが捨てられ、どうしたものかと悩んでいたそうです。生えていた樹木も元気のない状態・・・。そこで「春日町、話し花咲くまちなみづくり協定」(練馬区景観まちなみ協定)の有志の方が集まり、はじまったのが「はるさん花壇」づくりプロジェクト。
コミュニティの育まれる花壇にしよう!というアイディアから、

141106_inomata3.jpg

『「みんなの花壇」、言葉はいい響きだけど、実際管理が大変なんだよね。
お水やりの水はどうしよう。とか
夏場の草むしり、次へと生えてくるよねーとか
お花の季節が終わってしまうと、一斉に植えかえもできるかな。』
さまざま課題がある中で
・参加者の地道な作業(一部樹木撤去・土づくり・掃除・水揚げ・看板取付)
・町会のご協力(チラシ配布や水のご協力)
・専門家の講座 「管理簡単・ローコストでもきれいな花壇(なんてあるの?と言われそうですが...ありました!)」のコツ
・東京都都市緑化基金「花壇・庭づくり活動支援事業」助成決定
など、みなさんの力が集まって、
11月13日(木)、いよいよ植栽ワークショップが開催されることになりました!

harusannews.jpg

個人のお庭が少なくなっている今、地域共有の庭があると、いろんないいことが起こります。
通りが美しくなるだけでなく、植物を通じた会話や楽しみ(ハーブでお茶や料理を楽しんだり・訪れる生き物を楽しんだり・クラフトを楽しんだり!)

141106_inomata2.jpg

近所でこんな花壇づくりはいかがですか?
| 次へ