CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Neeth株式会社さんの画像
最新記事
最新コメント
華澄
皆様はじめましてです。 (04/10)
くろいし、中途半端に居なくなるお知らせ (10/25) さかい
男女の無駄な時間 (06/28) いしい
くろいしの車が、もう5日も動きません (03/08) 近藤
時にはトマト以外で (09/15) ー・
時にはトマト以外で (09/09) 近藤
ミニトマトの品種 (09/02) ブラックチェリー
ミニトマトの品種 (09/01) フェア担当:北川
インターン・フェアの目玉は2つ! (06/08) fujicopudding
インターン・フェアの目玉は2つ! (06/05)
http://blog.canpan.info/neeth/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/neeth/index2_0.xml
お世話になりましたA♪くろいし [2011年12月30日(Fri)]
乾杯neethの一年は私で締めくくってやるぜ!と想いブログ当番外に書いています。くろいしです。

これぞプロ根性じゃないかと自画自賛ハート

被せて書かないで下さいね・・・柴田さん。

と、今日は一日自宅の大掃除を終え、アサヒスーパードライ500缶は現在8本目です。

一年間、neethというと着実に新しいステージに登りそれぞれが真剣に取り組んでいたように感じます。

個人的に私は、日常学生に“楽しいと想う事は?”とか“仕事に楽しさは必要”と話すのに反して

“ひたすら迷い、本質、質の一年”で正直、楽しいとゆう余裕はかませなかったなと。

ただ一つ、自分なりの壁は下から支えてもらってやっと、超えられた一年かなと

感謝、嬉しく想っています。

声というハンデは、私も健常の時には想像もしなかったように

非常に大きく、怖くて仕方なかった数年でした。

話す相手の表情が、言葉にしなくても「声が出しずらそうね」という表情になるのが

本当に辛くて、それは仕事でももちろん自身の負担にしか想えませんでした。

どうして今年から、私が大勢の前で話す時冒頭

「ごめんなさいね。喉にハンデを持ってまして。聞こえなかったら言って下さいね」と

言えるようになったのか。

石井はもう何年も、いくら私が伝えたくて声にならない時も、一度も同情した顔は創りません。

柴田は「すいません。もう一回言って下さい」と言ってくれます。

ゆいちゃんは、静かにゆっくり聴いてくれます。

ハンデを理解してくれている学生たちは、口の動きや手の動きで無意識に感じ取ってくれます。

沢山の人達の無意識かもしれない優しさで

私は、ちゃんと自分で冒頭に隠さず一言加えられるようになりました。

一年を振返ると、この一歩は私にとって衝撃的な瞬間です。

neethとneethに関わってくださる皆さんが創ってくれた

私のステージです。

ちゃんと恩返しが出来るように、着実に来年も生きていこうと想います。

Posted by Neethすたっふ at 23:13 | くろいし日記 | この記事のURL | コメント(0)
お世話になりました@♪くろいし [2011年12月30日(Fri)]
今日はくろいしブログ当番の日ではありません。

でも、去年も私でneethのブログは締めくくったので、今年も書いてやるぜ。へへへ。

やっぱ、一年の締めくくりが“高野忘備録”って 笑

今日は、一日自宅の大掃除でした(書いてやるぜ。と言ったものの、面白い事も書けず)

朝、一階の母から

@あなたの家はどこですか?

A服は何着あるのですか?

B体は何体ですか?

と、9時に内線が来ました。

日頃、学生に散々問い掛けをしている身。素直に答えます。

@ここです

Aわかりません

Bえ??????

・・・余りに、問いの目的がわからなかったので1階に出向きます。

目的は単純明快でした。「あなたね、体は一つなのに、何で私の1階のクローゼットまで占領して一体何着揃える気?!怒」

・・・確かに。

早速、ホーマックに組み立て式の何とかハンガーを買いに行き、“簡単組立て”をうたっている商品のくせに

私に組立てで1時間40分も取らせ、せっせと一階、二階の洋服の整理を始めました。

そして母が怒る理由がわかりました。

全く同じ服が何着かあります。

おまけに色違いもあります。

挙句の果てに、買った袋から出していないものもあるじゃないですか。。。

よし!この機会にと、捨てる服の選定を始めました。

着る。着る。肌触りが悪いから捨てる。非常に面白いセンスだから捨てる。何だこれ?捨てる。


そして今回の選定で初めてわかったこと。

・・・入らないから泣く泣く捨てる・・・

二年間で太った7キロの代償が今後も続きそうで怖いです。。。

Aへ続く。
Posted by Neethすたっふ at 22:34 | くろいし日記 | この記事のURL | コメント(0)
高野備忘録 その28 [2011年12月28日(Wed)]
こんにちは。
高野備忘録のお時間がやってまいりました。
28回目です。

奇しくも日付と一緒になっています。

12月28日ということで、私にとって初の経験が多く、
戸惑う事も多かった2011年も終わろうとしています。

振り返ってみるといろいろなことがあったように思います。
仕事の進め方からして不手際が多く、
関係者の方にはいろいろご迷惑をおかけしてしまったことと思います。

この場を借りてお詫び申し上げますとともに、
来年も変わらぬ御愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、今回は年内最後ということで、
難しい話はやめておくことにしておこうと思います。

私のシリーズ「備忘録」という割には、
私がその日考えていたことを書き留めるのではなく、
思いつくままに書いていたように感じています。
振り返ってみますと、

夏至・冬至の事ですとか、
Googleを用いた通貨換算の話や、
フェルミ推定(っぽいもの)の話や、
輸出入の商品代に関係する指数とか、
コンピュータに関係する2進法のことですとか、
デルタ・イプシロン論法(に似た何か)や、
級数の話をさせていただいてきました。

…こうしてみるとひどくまとまりがないですね。
ごった煮といった表現が一番適切でしょう。

とはいえ、相応の反応もあったようですので、
これはこれでよかったのかなと思っています。

他に考えていた内容としては、

恐怖の統計マジック、消えた住宅の謎、ですとか、
山本常朝「葉隠」の人には言えない秘密、とか、
新渡戸さんがミタ、武士道のそれってどうよ、とか
みんなつながっていたい、トポロジーってなんなの、とか、
カサノバもびっくり、リスク×インパクト=一定の法則とか

みたいなちょっと文系チックなものを考えてもいました。

諸般の事情で廃案にしたものも多いのですが…。
文書にすると使いにくい、ということは往々にしてあります。

読んでみて、それなりになるほど、
とならないとさすがに投稿するのはためらわれますよね。

それでは、今年はここまでで。
良いお年を。

ごきげんよう。


Posted by Neethすたっふ at 11:52 | 高野忘備録 | この記事のURL | コメント(0)
【お知らせ】年末年始休業のご案内 [2011年12月28日(Wed)]

誠に勝手ながら、弊社では2011年12月29日(木)より2012年1月3日(水)まで、年末年始休業とさせていただきます。期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。

来年も本年同様、お客様にご満足いただける商品とサービスの提供を目指し、社員一同より一層努力して参ります。今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
Posted by Neethすたっふ at 11:16 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
1/3も伝わらない。 [2011年12月27日(Tue)]
こんにちは
綾です。

昨日は弊社の忘年会がありました。

neethのスタッフはもちろん、関連会社の方々や
日頃様々な場面でお世話になっている方々にもお越し頂き、
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。


ところで、その忘年会の前に社内ではスタッフ向けに
プレスリリース講座なるものが開かれておりました。

内容にはあまり触れませんが、
どんな書き方をすればプレスリリースが記者の目に留まるか、
発行者が工夫すべきポイントや、留意点など色々とためになることを
教えていただきました。

以前、このブログでも触れたことがありますが、
僕は広報・プロモーション担当という仕事柄、
web上でリリースする原稿などの校閲を担当することが多いので、
講座でのお話を聞きながら「なるほど!」「そうだよなぁ...」
というように共感することも多く、改めて、

「相手に伝わるように書く・話す」

という心がけがとても重要だなと感じさせられました。




以前、TVでジャーナリストの池上彰氏が言っていた、

「小学生くらいのこどもでも理解できる言葉・表現で伝える」

というようなことにも通じると思うんですが、自己満足に陥らず、
専門的で一般には意味の分かりにくい言葉を
できるだけ平易な言葉に置き換えて伝えるということは、
できそうでなかなかできないんですよねー。


ついつい小難しい専門用語に頼ってしまうのは、
共通の認識を持っている人同士だと意思疎通が楽ということもありますが、
その言葉の指す内容に本質的な理解が不足していて、
簡単な言葉に置き換えられないからということも
往々にしてあるのではないかなと感じます。

伝える方も伝えられる方もストレスを感じなくて済むように勉強したりできれば
1番いいと思いますが、プレスリリースやパンフレット、DMのような文書は
対面で双方向的なやりとりができないので、伝える側の心配りに
全てがかかってるといってもいいかも知れません。


なんだか、どんどんマジメな内容になってきてどうこの文章を
締めていいのか分からなくなってきました^^;


プレスリリースや仕事に限ったことじゃありませんが、
自分達のことをもっとわかってもらうためには、
相手のことを考えたやり方を選んでいかなくてはなーと

考えさせられた綾でした。



Posted by Neethすたっふ at 15:39 | アヤログ | この記事のURL | コメント(0)
12月なのに柿! [2011年12月26日(Mon)]
九州からお歳暮で柿が届きました。

冨有柿という品種です!



雪がふぶいて、寒い12月でも九州では柿が採れるんですね。

びっくりです。


甘くてさっぱりしていて、とてもおいしい柿でした。
ごちそうさまでした!!
Posted by Neethすたっふ at 19:13 | きたがわどんの成長日記 | この記事のURL | コメント(0)
neeth忘年会は26日です!! [2011年12月22日(Thu)]
忘年会。。。なんて良い響きなんでしょうか。

誰が名づけたのでしょうね。本当にセンスのある方です。

その年1年間を忘れた挙句、お酒まで飲んで、美味しいものを食べられるなんて

何て素晴らしい“会”でしょう。

おはようございます。くろいしです。

昨年の忘年会は、なつこさんがサンタ、りきがトナカイ、私が母校の制服だったので

今年は何がいいかなぁと真剣に考えています

石井から「段取りをきちんとせい」と指令が出ていますが

指令は柴田に出ているので

私は一人静かに何を着ようかワクワクしながら考えることにします。

でもちゃんと石井は私にも釘を刺しています

「お前は、がはがは笑うな」と日常から言われます。

とても面白いと、がはがは笑ってしまいます。

あはは。でも、はっはっはでもなく、がはがは。

自分でも何で、がはがは言っちゃうんだろうと不思議ですが

せっかく一年を忘れた翌日に、また叱られたくないので

がはがは言わないように笑う練習もしておこうと思います。

Posted by Neethすたっふ at 08:57 | くろいし日記 | この記事のURL | コメント(0)
震災地から復興を考える [2011年12月21日(Wed)]

ここは宮城県名取市。
日本の復興をするぜよ。
みたいな感じで1泊2日の仙台出張がスタート。


産業再生をテーマに、6次産業のモデルとして雇用と持続可能な環づくりを行うプロジェクトが始まっている。
http://michinokushigoto.jp/archives/43

この写真は、津波に流された家の柱など。
使えるもの使うスピードと使えないものを使えるものにして、再生を計る。

6人のプロデューサーが集まり始まった当プロジェクト。
そのリーダーとして活躍するのは実は僕が大学の時にお世話になった恩師もあります。


市内の視察。

放射能の被害が強い地域は、ゴミの撤去がされずにまだまだ山のまま残っている。


この地で我々が考えるべきことは、残された命をどう生かすか、
何を大切に生きるべきかを考えること。

過去の人や文化、伝統を大切に、畏敬の念をもつこと。
それをしっかりと次の世代に繋いでいくこと。
その中で、これから始まる新しい希望のある未来を切り開こうではないでしょうか!
Posted by Neethすたっふ at 23:25 | 柴田が選ぶ今日のイチオシ企業 | この記事のURL | コメント(0)
高野備忘録 その27 [2011年12月20日(Tue)]
こんにちは。

もう間もなく30回目を迎える、
高野備忘録のお時間がやってまいりました。

このところ朝の冷え込みがひどく、
耐寒防御について考えないといけないかなと考え始めています。

しばしば頭寒足熱、なんて言われるのですが、
私の冬季装備だと頭熱足寒になってしまうんですよね…。
特に足に感じる冷気が毎朝恐ろしいものになっています。
薄手素材なので夏はいいのですが、厳冬期は厳しいものがあります。
要検討です。

さて、前回は調和級数のお話をさせていただきました。

私は足していく数字が小さくなるんだし、
そんなに大きくならないと考えるのが自然だろうと思っていたのです。

…が、思えば、0より大きい数字を足しているんだし、
どこまでも大きくなると考えるのが自然なのかと、
投稿した後で考えていました。

そこで、今回は、その幻想をちょいとかち割ってみようかなと思います。

前回の調和級数とちょっと似ていますが、

1/2+1/4+1/8+… = 0.5+0.25+0.125+…というのを考えてみましょう。

これを飽きるまで、際限なく足し算していったらどうなっていくのか。
少し考えてみましょう。

これも足し算の結果は、

1/2=0.5
1/2+1/4=0.75
1/2+1/4+1/8=0.875
1/2+1/4+1/8+1/16=0.9375

…と順当に大きくなっていきます。
なんだ、間を持たせておいてそれはないだろう。

という向きもあるかもしれませんが、
もう少し考えてみましょう。

上の結果、何か気がつくことはないでしょうか。

そう。

1-1/2=0.5
1-1/4=0.75
1-1/8=0.875

一番後ろの(最後に足した)数字を引くと、足し算の結果になっています。
ということは、1-X の形になるわけで、
1を超えなさそうだということが分かります。

今度はどんなに足し算しても、1より大きくなることはないのです。
0より大きい数字を足しているにも関わらずです。

不思議ですよね。
無事に幻想をかち割ることはできたでしょうか。
できたのなら幸いです。

前回のと何が違うのか、を知りたい人は収束とか、
発散とかその辺の単語で調べてみるといいかと思います。

それでは今回はこのあたりで。

ごきげんよう。
Posted by Neethすたっふ at 13:47 | 高野忘備録 | この記事のURL | コメント(0)
クリスマスは永遠に。 [2011年12月19日(Mon)]
こんにちは。


前回のブログはなかなかに中身のない内容だったと言われた綾です。


それにしても金正日死去のニュースはびっくりでしたね。

今年は震災だったり、世界各地の政変や著名人が亡くなるなど、
大きなニュースに事欠かない1年だなという印象です。



そんな今年もあと残すところ2週間。
週末は3連休でクリスマス!
皆さんはどんな週末を過ごす予定でしょうか?


予定がある人にとってはこの上なく嬉しい、
そうじゃない人にとってはこの上なく悩ましい週末になりそうですね。



僕はダントツで後者の立場なので、
もはや忘年会でクリスマスのことは忘れて
来年の準備に入っていこうと思っています笑


社内も今年の締めと来年の準備に追われるように
「ザ・師走」といような慌ただしい雰囲気になっていますし、
僕自身もやらねばならないことだらけなので、


今年は「Forget Christmas」をスローガンに
この一週間を過ごしてやろうかなと思っています。


そのかわり来年が楽しくなるように。


別に、強がりなんかじゃないですよ??^^;
Posted by Neethすたっふ at 18:55 | アヤログ | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ