CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月»
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

Neeth株式会社さんの画像
最新記事
最新コメント
華澄
皆様はじめましてです。 (04/10)
くろいし、中途半端に居なくなるお知らせ (10/25) さかい
男女の無駄な時間 (06/28) いしい
くろいしの車が、もう5日も動きません (03/08) 近藤
時にはトマト以外で (09/15) ー・
時にはトマト以外で (09/09) 近藤
ミニトマトの品種 (09/02) ブラックチェリー
ミニトマトの品種 (09/01) フェア担当:北川
インターン・フェアの目玉は2つ! (06/08) fujicopudding
インターン・フェアの目玉は2つ! (06/05)
http://blog.canpan.info/neeth/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/neeth/index2_0.xml
7月23日の羊ケ丘 [2011年07月29日(Fri)]
こんにちは。近藤です。
確か7回目の更新となりますでしょうか。

さて、札幌にお住まいの方なら札幌ドームの位置は大体わかると思います。
観光で札幌にいらっしゃった方であれば、有名なクラーク像があります、
羊が丘展望台の場所と言えば何となく想像出来ると思います。

札幌市街地の南東部に広がる一面の緑、羊ケ丘ですね。

あの広大な丘陵地帯は、無駄に広がっている訳ではなく、
れっきとした研究機関、北海道農業研究センターの研究施設だそうです。
http://www.cryo.affrc.go.jp/

先日7月23日土曜日、この研究センターが一般公開され、
およそ1,000名の方々がこの研究所での成果やイベントに参加されたそうです。

私も自転車で行ってまいりました。
ジャガイモシストセンチュウの感染経路やそれを利用した防除機構の発表、
パン用小麦についての江別での研究成果など、
普段は触れる機会のない、実に面白い発表を見てきました。

もちろん、堅苦しい研究成果の発表だけではなく、
片栗粉と水を重量比にして1.8対1程の割合で混ぜるとどうなるか(不可思議なスライム状)、
DNAを台所にあるもので見てみる実験、など、
とても楽しそうなイベントもあります。

そんな中、一番面白かったのは「水菜の食味試験」でしょうか。


■左側のパネルには調査の必要性、右側には評価基準

有機栽培と慣行栽培でそれぞれ生産された水菜を食し、
香りや味、食感、有機っぽさ、苦味、風味などの項目より判断し、
最終的には美味しさを評価します。


■出てきた水菜

たかが水菜、されど水菜です。
苦味が強い物、水菜の甘みが強調された物、
出された物によって、非常に違いが大きかったです。

最終的に、どれが有機なのか慣行なのかの答え合わせがありましたが、
当てるのは非常に難しかったです。
色んな方の回答を集計したものについてもなかなか難しかったようです。

今回の食味試験も、データとして利用されるようです。
これからの農業を考える上でも、非常に面白いイベントでした。

さて、この一般公開はお昼頃からだったのですが、
早朝から近藤は別の施設の見学にも行っていました。
これについては、次回の更新に取っておこうと思います。

それでは。
Posted by Neethすたっふ at 19:34 | 今日の近藤 | この記事のURL | コメント(0)
【8月8日】地域イノベータープログラム説明会in北海道☆開催! [2011年07月29日(Fri)]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆地域に移り住み、期間限定で新たなビジネスの創出に挑む◆

<< 地域イノベータープログラム 説明会in北海道>>
http://community_innovators.etic.or.jp/

地域の変革と再生を実現する未来の地域プロデューサーを募集します!

主催:ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト
運営:合資会社Neeth
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「いつか地域で仕事をしよう」
一度そう考えたことがある方にとって、3月11日に発生した未曾有の大震災は
一つの転機になったのではないでしょうか。

大震災が発生するずっとずっと前から、
地域では様々な問題が起こっていました。コミュニティの崩壊、加速する
少子高齢化、産業の縮小、人口の流出・・・。

今、そうした問題が東北だけでなく、日本の各地で起こっています。

そんな状況下で、あなたは地域や地元とどのように関わっていきますか?

地域との関わり方を考えたとき、
あなたはいつ、自分の思いを行動に移しますか?

「いつか地域で仕事をしよう」の“いつか”は、今まさに目の前にあります。

地域イノベータープログラムは、20代・30代の若手社会人が
地域に移り住み、期間限定で地域の新規事業に挑む、
実践型地域プロデューサー育成プログラムです。

今回は、地域の変革と再生を実現する未来の地域プロデューサー
を募集します!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●説明会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<説明会in北海道のご案内>>
プログラムの参加に興味がある方・具体的に検討されている方を対象に事前
説明会を開催します。

◆開催日時
・2011年8月8日(月) 20 :00〜21:00

◆会場
合資会社Neeth
(札幌市中央区北1条西7丁目1-15 あおいビル8F)

◆説明会の内容
・プログラムの概要説明
・北海道のプロジェクト詳細説明
・質疑応答

◆説明会の申込み
下記のフォーマットにご記入の上、
次のアドレスにメールを送信してください。

【送信先】nip@neeth.biz
【件 名】「地域イノベータープログラム説明会」参加希望

-----------------------参加申し込みフォーマット-------------------
・ご氏名:
・ご所属:
・携帯電話:
・携帯アドレス:
・PCアドレス:
------------------------- ココマデ ------------------------------

※本フォームで頂戴する個人情報につきましては、当該イベントの出席
処理、また出欠の確認のため利用させて頂きます。なお、ご本人の
個人情報を、ご本人の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・
提供することは、一切ございません(法令等により開示を求められた場合を除く)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●地域イノベータープログラムの特徴
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
───────────────────────────────────
◆日本トップレベルの地域変革・地域再生の現場が新たな挑戦の舞台です。
───────────────────────────────────
日本の中でも既に実績のある有数の地域変革の現場だけをが厳選。
地域に根付き、地域の信頼を獲得している起業家・プロデューサーのもとで、
期間限定の新規事業リーダーとして新たなビジネスの創出に挑みます。

───────────────────────────────────
◆地域での新規事業創出経験を通じて地域プロデューサーとしての能力を磨く
───────────────────────────────────
地域で新たなビジネスの創出に挑む過程で、
1)地域に深く入り込むことでしか見えてこない地域が生まれ変わるために
必要な本質的で構造的な課題の理解、地域に眠るリソース・新たな
ビジネスチャンスの理解
2)不確実な状況下で自らプロジェクトをマネジメントし、地域のリソース
を巻き込みながら地域の課題解決・新たな価値創造をビジネスに変えて
いく力(社会性と事業性・経済性を両立させていく力)を獲得できる
チャンスです。

───────────────────────────────────
◆志を同じくする地域プロデューサーを目指す同世代の仲間と切磋琢磨
───────────────────────────────────
本プログラムは、これから地域を変えていくために人生を賭けていきたいと
本気で考える同世代が全国各地の変革の現場に挑んでいきます。期間中に東京
で行われる集合研修では、各変革の現場で奮闘する仲間が集結。挑戦する同志
だからこそ、お互いで学ぶことも多いはず。ぜひ、プログラム終了後も、
よきライバルとして地域の変革をリードしあってもらいたいと思っています。

───────────────────────────────────
◆プログラム終了後の地域での起業、地域変革に向けたキャリアをサポート
───────────────────────────────────
9年間で120名の若手起業家を支援してきた創業支援ノウハウ・ネットワーク、
全国20地域の地域プロデューサーとの強力なネットワークを駆使して、
プログラム終了後の地域での起業や転職など、みなさんの地域変革に向けた
キャリア・ステップをバックアップします。

───────────────────────────────────
◆2012年3月まで期間中の生活資金をサポート!
───────────────────────────────────
プログラム開始から、2012年3月までは月額10万円の活動支援金が支給され
ます。また、ほとんどの団体では住居等が無償もしくは格安で用意されて
います。また3月以降、団体に残り継続して事業創出に挑む場合、正社員・
契約社員としての登用などの可能性もあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●挑戦できるプロジェクト
〜全国トップクラスの地域変革の現場で新ビジネスの創出に挑む!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北は北海道から南は沖縄まで、全国から地域の未来を創る挑戦の現場を厳選。
今回は、主に北海道で募集している2つのプロジェクトをご紹介いたします!
ぜひ、あなたの力で事業を成功に導いて下さい!

◆森との共生社会をデザイン!
森林ツーリズムで地域と人が繋がる仕組みを創出する
NPO法人森の生活(北海道下川町)
http://community_innovators.etic.or.jp/project/morino_seikatsu

◆観光プロデューサーとして「日本最北の」のフードコートを立ち上げる!
株式会社まちづくり稚内(北海道稚内市)
http://community_innovators.etic.or.jp/project/wakkanai

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●参加資格
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<参加資格>>
以下の4つの条件を全て満たす必要があります。

◆近い将来、地域の課題解決の担い手になりたいという意思を持っている
───────────────────────────────────
プログラムが修了した後は、起業や転職など、地域再生や地域の課題解決
に関わる仕事をしていきたいと具体的に考えている方が対象となります。

◆20代・30代の若手社会人である(一部、学生の参加も可能です)
───────────────────────────────────
プログラムの内容が若い世代にフォーカスしたものになっておりますので、
年齢制限を設けさせていただいております。具体的には、2012年4月1日時点
で23歳以上39歳以下の方が対象となります。また学生の場合でも、地域で
ビジネスの創出をできるだけの一定以上の経験を有し、休学をできる方は
参加可能です。

◆現場での課題解決に資する経験やスキルを備えている
───────────────────────────────────
期間限定の新規事業リーダーとしてコミットして頂くため社会人経験2年
以上の実務経験を有している方、もしくはそれに準ずる経験をお持ちの方を
想定しています。

◆平日週5日、NPO・企業の現場に専念できる
───────────────────────────────────
平日週5日、現場の社員・経営者と同じように業務に注力できることが条件
になります。原則的には現地に住み込みで専念することになります。また、
土・日に関しても地域の活動に積極的に参加することも地域の信頼を得てい
くためには必要になります。
Posted by Neethすたっふ at 17:30 | インターン | この記事のURL | コメント(0)
素敵な留学生 [2011年07月28日(Thu)]
こんにちは、柴田です。

先日、体組織計を買いました。

基礎代謝1680、体脂肪率10%、体内年齢18歳!
まだまだ大丈夫そうです。。。


さて、本日は、企業ではなく、一人の学生についてご紹介します。

ある中国人の学生がいます。

現在、中国の大学院生でもある彼は、将来日本で働きたいという
想いで大学を休学して日本の企業で学ぶために日本に来ています。

彼は、中国の企業ではたらくことに可能性は感じないと話します。
大企業ならまだしも、中小企業では将来はない、と断言します。

大企業はというと一流の大学を卒業しなければ到底入れないよう
です。

そこで彼は日本に注目し、日本の中小企業は中国とは違う!という
想いをもって実際にアクションを起こしていることに関心をしました。

グローバルに考えると日本は本当に成長できる環境はいくらでもあると
感じます。性質上、日本人はとても勤勉です。意欲があれば挑戦できる
環境がたくさんあると思っています。

この夏、彼は日本でインターンシップにより大きな挑戦をします。
彼の成長を見ることを楽しみに、僕は彼を全力で応援したいと思います。
Posted by Neethすたっふ at 00:04 | 柴田が選ぶ今日のイチオシ企業 | この記事のURL | コメント(0)
高野備忘録 その10 [2011年07月27日(Wed)]
こんにちは。
おなじみ高野備忘録のお時間がやってまいりました。

早いもので私のコーナーも10回目を迎える運びとなりました。
7日に1度の更新なので、始めてから10週間が過ぎたことになります。

時間の経つのは早いものですね。
うかうかしていたら期末になっていそうです。

さて、スタッフの綾はよくテレビを見ているようですが、
わたしは逆にほとんど見ていません。

昔東京にいたころは週に1時間程度…だった記憶があります。
自身のキャリアのための資格の勉強や、人脈作りで忙しかったのです。


と言いたいところですが、夜帰ってきてみる気力はなかった、のが現実です…。
そんなわけで今でも見る習慣がほとんどないのですが、
実家なので帰ると時報代わりにTVがついていることはあります。

最近、サマージャンボとかロト6とかの宝くじのCMをよく目にするので、
今回はこれに絡めたお話を一つ。

6面体さいころの各面(1から6)に対して、以下の通り当選金を設定します。

-100, -30, 0, 100, 150, 450

つまり1個サイコロを振って"3"が出れば当選金は"0"、"5"なら"+150"ということです。
この賭けに参加する参加費用として一振り"100"が必要としましょう。

あなたはこの賭けに乗りますか?

パッと見、おいしそうに見えない事もないです。
半分の確率で+-0以上にはなる計算…にみえますよね。

その推論が妥当かどうか、
さいころがインチキでないことを祈り、計算をしてみましょう。
この推論を確かめる良いツールがありました。
中学校のころに習った「期待値」を思い出してみましょう。

さいころがインチキでないなら、どの目の出る確率も0.166(6分の1)です。

(-100*0.166)+(-30*0.166)+(0*0.166)+(100*0.166)+(150*0.166)+(450*0.166)

= 95 < 100

この賭けをすると平均して毎回"-5"の利益が出ることになるわけです。
繰り返せば繰り返すほどお財布はさみしくなっていくようです。

一攫千金! とはなかなかいかなさそうですね…。
通常提供されているこの手の商品は残念なことに、
負の期待値が得られるようになっています。

ではこれを応用してこんな問題を考えてみましょう。

同じく6面体のさいころに対して次の通り「倍率」を設定します。
-5, -1, 0, +1, +3, +10

これは、掛け金を1,000とし、さいころが"4"を出せば払い戻しが1,000ということです。

このとき手持ちの掛け金として"10,000"がある場合、

期待収益を最大化するには1度にいくら賭ければいいでしょうか?
賭けは、最大1,000回参加できるものとします(見送りも構いません)。

この問題に興味を持ってしまった人は…次回にヒントのようなものを。

それでは、また次回。
Posted by Neethすたっふ at 08:51 | 高野忘備録 | この記事のURL | コメント(0)
デジタルとアナログの狭間。 [2011年07月26日(Tue)]
こんにちは。
アナログ時代からきました、綾です。


先週日曜から震災被害の大きかった東北3県を除いて、
地上波テレビはデジタル放送へ完全移行しましたね。

我が家は地デジ対応していなかったので、
今は完全にテレビが見れない状態になりましたが、
この3日くらいで色々なことに気がつきました。


まず、「アナログ」という言葉を何となく雰囲気で使っていたんだなということ。

最初に書いた「アナログ時代」とかもそうなんですが、
皆さんは「アナログ」って言葉の意味、ちゃんと説明できますか?
「時計でいうと、時間を数字で表示するのがデジタルで、針で表示するのがアナログで...」
というような方が実は多いんじゃないでしょうか??
本当はこういうことらしいですよう。
なんか日本語にするとめちゃくちゃややこしいですね。


また、自宅で朝起きて出かける準備をしているときや、夜自宅に帰って来たとき、
僕は必ずと言っていいほどテレビをつける癖があったことがわかりました。
見たい番組があってもなくても、です。
昨夜帰宅したときに、見られないとわかっているテレビのスイッチをつけていたので
間違いありません(笑)



僕の部屋には壁掛け時計や置き時計の類いが一切ないので、
ウィークデーは朝出かけるまで、夜は寝るまでの時間を情報収集しながら
音声や表示・番組の放送時間などで確認するためにテレビをつけるということが
いつのまにが習慣化していたみたいです。

時にはその習慣が自分の貴重な時間を食いつぶしていたり、
自分に新たな興味や知識を与えてくれたりと一長一短なところはあったと思うのですが、
無意識のうちに身に付いていた習慣によって、特に考えもせずに
消費している時間があったかと思うとちょっとだけおそろしくなりました。


皆さんも普段はPCやスマートフォン(携帯電話)などの
様々なデジタル機器を使って仕事・生活をしていると思いますが、
今回の地デジ化を機に少し自分の生活(生き方)を見直してみるというのはどうでしょうか?

ちなみに僕はテレビを使わない(使えない)生活を始めて、
少しだけ自分のために物事を考える時間や本を読む時間、ご飯を作る時間etc.
日々の自分を形作っていくための時間を前より作るようになりました。
たまに大通公園で何も考えずに夕涼みしたりもします。^^



今までテレビに奪われていた時間を
時間が経っても失われない、普遍的な知識・思考やスキルを養う時間に
振替えてみるというのもいいんじゃないかなと思います。

では
Posted by Neethすたっふ at 15:59 | アヤログ | この記事のURL | コメント(0)
ドリ農部に参加してきました♪ [2011年07月25日(Mon)]
きたがわですチューリップ

7月23日(土)

インターンOGのりょうちゃんと一緒に
ドリ農部に参加してきました笑顔

やったのは

・落花生の草むしり
・桜島大根の種まき

ピンクのつなぎがかわいいハート

お昼休みは、お弁当を持ち寄って青空の下ランチ♪

自家栽培のラディッシュで作ったピクルス♪
ラタトゥユ♪
いなりずし♪
ナスの胡麻和え♪
など、手間をかけたおいしい料理が出揃う中・・・

私とりょうちゃんは、まさかのコンビニパン&SOY JOY困った


ドリ農部にコンビニパンを持ってきた人は、はじめてだわっ!!


と部長に驚かれ、あきれられました。

たまたま、前日が飲み会だったんです!!
という、りょうちゃんの訴えもむなしく、私達・・
料理の出来ない子達のイメージが定着しました・・・・・

実際は、そんなことないです。たぶん


和気あいあいと子供から大人まで一緒に農作業
すごく楽しかったです音符


ニーズでも、この夏農作業ツアーの企画が進行中です!
詳細が決まり次第、こちらにアップしていきますね。

ドリ農部についてはコチラでチェックしてください♪
Posted by Neethすたっふ at 18:09 | きたがわどんの成長日記 | この記事のURL | コメント(0)
neethって検索すると・・・ [2011年07月22日(Fri)]
最近500円玉貯金が20万を超えました。くろいしです。

たまにズルして一万円札を入れているので、少し後ろめたいです。

ななちゃんの高校入学資金に、あと9回頑張ります!!

週明け、網走へと行って来ました〜っ♪

オホーツクでは一足先に実践型インターンがスタートし、基礎研修の様子です。



↑アイスブレイク、皆でわいわい楽しんでました(笑)


仕事柄、プロジェクターでパソコン画面を写すことが多いのですが

「neeth」と検索しようとして、カナ文字になっている場合

「ねえ」と出てしまいます。

そこまではいいのですが

なぜか、通常便利な予測変換の一番上に

「姉ちゃんとしようよ」と出てきます。

なぜでしょう・・・いくら私でも、この類のサイトは見ません(笑)

多くの人の前で、その予測変換が出るのが恥ずかしくて、アルファベット表記に気を使う毎日です。

ちなみに、先週、会社で同じことを皆に訴えたところ

他人事の扱いを受けましたので

そのまま検索ボタンを押してやったら

そういう仕様になってるらしく、ネットが全員使用出来なくなりました。。。

ほうら。当事者意識は大事だなぁと想いました。
Posted by Neethすたっふ at 09:18 | くろいし日記 | この記事のURL | コメント(0)
農業経済学という分野 [2011年07月21日(Thu)]
こんにちは。近藤です。
第6回目の更新になります。

最近、農業に係る業務の一端を担わせて頂ける様になりまして、
周囲のスタッフより「溌剌としている!」とよく言われるようになりました。

もちろん、料理や農産物、食糧といったものに関係する事もありますが、
今まで自分が学んできた知識を活かせるというのは、とても喜ばしい事です。

この場をお借りして、自分が在学中に学んだ農業経済学という分野について、
少しばかりのご紹介をしたいと思います。

端的に述べれば、農業に関する経済的な分析を行う分野であり、
面倒くさく言えば農業に関する様々な社会事象を定量的に分析する、経済学の1分野と言えます。
よく新聞などで目にする、食糧自給率、就農など農産物に関係があるものを対象としている分野ですね。


そんな農業経済学を大まかに分けると、以下のようになります。

  • 農家の経営を分析する農業経営学

  • その農家から消費者を繋ぐ流通を科学する農業市場学

  • 国による生産から消費までのサポートを分析する農業政策学


等に分かれます。

もちろん、大学によって名称は変わりますし、もっと別の視点から農業経済を見ると、
協同組合学や農村の開発経済学等といった分野も派生します。
最近では、環境や森林といった分野や、食糧という広い視点にたった分野もあるそうです。

さて、ざっと書いてみましたが、農業経済について何となくイメージが持たれたでしょうか?

農家の経営があって、農産物を流通させる機能があって、それを食べる消費者がいる。

そんな流れを、経済という面から分析するのが、農業経済学なんだな、というイメージを、
持っていただければ幸いに思います。
Posted by Neethすたっふ at 18:36 | 今日の近藤 | この記事のURL | コメント(0)
ザワドットコムさん面接 [2011年07月20日(Wed)]
こんばんは、最近ジムに通い始めました、しばたです!

今日は、4名の学生を連れて岩見沢のZAWA.comさんへ訪問してきました。

面接をしていただいたのは、統括マネージャーの佐藤さま。

インターンへエントリーした学生の志望動機で特に印象的だったのが、
「何をするかではなく、誰とするか」という問に対して、佐藤さんとシゴトが
したい!という学生がほとんどでした。

それだけ、インターンシップフェアでお話いただいた際に佐藤さんの人柄が
学生に伝わったのだと感じました。

学生の中には、北広島から岩見沢通います!と意気込む学生もおり、
インターンシップに対する意識の高さを感じることができた一日でした!

帰りは、4人の学生を連れて、地元ラーメン屋「冬馬」にいきました☆
全員で合格できれば嬉しいです。。。
Posted by Neethすたっふ at 21:05 | 柴田が選ぶ今日のイチオシ企業 | この記事のURL | コメント(0)
北海道の『ゆうちゃん』といえば... [2011年07月20日(Wed)]
こんにちは。
キャプテン翼では翼より小次郎派でした、綾です。

月曜日には女子サッカー日本代表「なでしこJAPAN」がワールドカップを制覇して
大きな話題になりましたが、努力や想いが結実する瞬間というのは
たとえ自分のことでなくとも嬉しいものですね。

ちょうど夏の甲子園の予選も各都道府県で行われているところですが、
そこに関わっている人の数だけドラマがあるんですよねー。

さて、既にこのブログでもお伝えしていますが、
「地域仕事づくりチャレンジ大賞ー北海道ブロック予選」が
先週金曜日に札幌エルプラザで行われました。

今回は3組のプレゼンテーションが行われた訳ですが、その中から
株式会社ベンチャーガレージでインターンをした札幌学院大・佐々木雄一くんが
見事、北海道ブロック代表に選ばれ、9月に行われる本戦への出場を決めました!

僕もインターンの事前研修などでちょっとだけ関わらせていただいた
昨夏のインターンですが、その中からこうやってまた新たなチャレンジをしていく
学生さんがいてくれて嬉しい限りです。

しかも僕の母校の後輩が北海道ブロックの代表となればなおさらです。

北海道の代表として全国の舞台に立つわけですから、ちょっと前なら駒大苫小牧のマーくん、
今で言えば北海道日ハムの佑ちゃんみたいなものですよ。

*そういえば佐々木くんも「雄ちゃん」でしたね。
(ちなみに僕も「裕ちゃん」ですが...どうでもいいですね笑)

ぜひぜひ、雄ちゃんには本戦に向けて頑張ってもらって、なでしこJAPANのように
感動と勇気を周りの人に与えて欲しいなと思います。

「地域仕事づくりチャレンジ大賞ー北海道ブロック予選」の様子は
こちらこちらから見ることができます。
チャレンジし続ける若者の勇姿を一目見てみて下さい^^

Posted by Neethすたっふ at 14:35 | アヤログ | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ