CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«あなたもステキな保育士さんに!〜笑顔になれるお仕事です〜 | Main | 小学生としゅわしゅわ体験!!»
幻のもち米アラキモチを一緒に栽培しませんか! [2019年08月29日(Thu)]
みなさんこんにちはわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
今回は、ナツボラ記者さんが書いてくれた記事でするんるん

高校3年生の女の子かわいい
初めての場所で、初めて会う人へのインタビューやったけど、
積極的にお話を聞いてくれましたexclamation

   ↓↓↓

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ナツボラ記者をさせて頂きました、高知南高校の細川風輝です。

今回私は、ナツボラガイドの11ページ一番下に掲載されている場所に行ってきました!

IMG_3471.JPG

そこでは耕作放棄地を再生して、「アラキモチ」という吾川郡いの町成山地区に昔から伝わる在来種の香りモチ米が栽培されていました目

IMG_3477.JPG


その場所でお会いしたのは、「アラキモチを再生する会」のメンバーである植田さんと伊藤さんです。会長の植田さんを筆頭にメンバー5人とボランティアの方たちで「アラキモチ」をもっと多くの人に知ってもらうこと、そして過疎化が進んできた地域を「アラキモチ」を広めることで活性化させることを目標に活動されています!


IMG_3464.JPG
(会長の植田さん)


IMG_3460.JPG
(メンバーの伊藤さん)


そして、ボランティアでお手伝いに来ていた高校3年生の男の子にインタビューをしました!進路に関連していたこともあり、ナツボラに参加をしたそうです。ボランティアを体験する前と後では大変さを直に感じたことで気持ちの変化があり、これからの進路にも活かすことが出来る経験が出来て良かったと素晴らしい感想を頂きました!その他にも自然がとてもキレイで、メンバーの方々は、とても優しいと素敵な感想も聞けました!

IMG_3496.JPG


ボランティアを募集した、「アラキモチを再生する会」の方は、若い人にも「アラキモチ」の存在を知ってもらうこと、そして過疎地域の景観を守ることに力を注いでいきたいと仰っていました。


IMG_3463.JPG


私も直にボランティアのお手伝いをする中で高知県の過疎化問題について改めて考えさせられる機会ができて、「アラキモチ」という今まで知らなかったものを知ることができました。

この記事で「アラキモチ」を知っていただけるきっかけになれば幸いですにこにこ


ひらめき申込み・お問い合わせはコチラ
内 容 ● アラキモチの栽培、その他の作物の栽培に参加していただき、
    農村の耕作放棄地拡大の現状を知ってもらいます。
場 所 ● いの町小野(この)地区の農地(吾川郡いの町小野)
期 間 ● 期間中(7/20〜8/31) 9:00〜12:0
0締 切 ● 活動日の3日前
条 件 ● 高校生以上、作業のできる服装、長靴、手袋、飲料水持参
    ボランティア保険は各自で加入
その他 ● ナツボラ期間以外も受入可
申 込 ● 090-1003-3419 Toyotoyo1500_1123@yahoo.co.jp
    アラキモチを再生する会 (担当:事務局長 伊藤)


IMG_3491.JPG
Posted by なっちゃん at 09:58 | 訪問 | この記事のURL