CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【3月15日】野菜炒め うずらの卵フライ 味噌汁 玄米ご飯 [2019年03月15日(Fri)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、野菜炒め、うずらの卵フライ、味噌汁、
玄米ご飯でした。

野菜炒め.jpg

野菜炒めは、いろいろな野菜を食べれるので、野菜に含まれている
栄養を豊富に取れます。

キャベツには、ビタミンUとビタミンCが豊富に含まれていて、
人参にはβカロテンが豊富です。
また、豚肉にもビタミンB1が含まれ疲労回復や夏バテ解消、
乳酸の除去などの効果があります。

今日も大きなテーブルで、栄養素が一杯の野菜炒めを
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

調理.jpg

午後のプログラムは、生活機能訓練SST(地域生活の困りごと)でした。

生活するうえでの困りごとを、お互いの経験を踏まえて話すことで、
改善のヒントになったり、参考になるような話し合いを実施しています。

今日は、職場での困りごとなどを話し合いました。
障害者2名で働いているとこに応援ということで1名補充されたのですが
4月から応援がなくなるということで、仕事が増えた分を2名で分担
しなければならないし、どのような段取りで1日のスケジュールを決めるか、
困っているということでした。

困りごとがストレスにならないように職場・上司と話合うとよい
という意見でした。

薬の副作用で、アカシジアが発症して困っているという意見もありました。
症状としては、「じっと座っていたり、横になっていたりできず、
動きたくなる」という症状があるときには、すぐに医師に相談することが
大事という意見でした。

利用者の方が、いりごまを提供してくれました。
色々な料理に使えるそうです。

いりごま.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント