CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【7月12日】八宝菜 ところてん [2019年07月12日(Fri)]
【支え合う支援センターかふぇらてFBより転載】

今日の食育のメニューは、八宝菜、ところてん、ご飯でした。

八宝菜.jpg

八宝菜は、好きな野菜や魚介類を入れることが出来るので、
とても栄養バランスの良い食べ物です。

ビタミンB12が多く含まれていて、赤血球や核酸の生成に関わって
いたり、エネルギー代謝に関与してたりします。

ビタミンDも含まれていて、カルシウムの吸収、生成に必要な栄養素で
骨粗鬆症に効果があります。

今日も大きなテーブルで、栄養バランスの良い八宝菜を、
皆で美味しくいただくことができたことに感謝です。

調理.jpg

午後のプログラムは、スクラッチアート(大人の本格的な絵画)でした。

スクラッチアートは、誰でもなぞって削るだけでカラフルな美しい絵を
描くことができ、無心で削って描くかわいい模様や動物の絵に
心がやすらぎ癒されるスクラッチアートです。

作品を制作している時は、日頃の悩みやストレスを忘れるぐらい
集中してしまうので、気分転換には効果的なプログラムです。

今日は、スクラッチアートの苦手な方達が来られたので、
自主プログラムをやってもらいました。

ある方は、英語を独自に学ばれているので自主学習されたり、
お互い必要な情報の交換をされたりしながら過ごされていました。

かふぇらては、地域での生き辛さを解消するために、それぞれが
持っている情報を交換して生きやすくするのも目的にしています。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。

飲み物.jpg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント