CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
chabin
お久しぶりです (06/16) tu-ta
今年もNたまが開催されます!! (11/07) tu-ta
今年もNたまが開催されます!! (11/07) K、H
【報告】チャリティ バレンタイン コンサート (06/15) うぐいす・いろ
体験出勤 (04/28)
最新トラックバック
【スタツア紹介】マゴソスクールを支える会スタディツアー[2017年06月21日(Wed)]
こんにちは。事務局です。
今回は、マゴソスクールを支える会のスタディツアーの紹介です。

マゴソスクールを支える会は、ケニアのキベラスラムにある子どもたちの駆け込み寺・マゴソスクールの支援を行っています。
------------------------

早川千晶さん同行 ケニアスタディツアー10日間
〜ナイロビキベラスラム・マサイ文化体験キャンプ〜


africa_studytour.jpg

Chiaki-and-Children-600x450.jpg

◆主催団体
マゴソスクールを支える会
http://magoso.jp/

◆行き先
ケニア

◆日程
2017年7月29日〜8月7日

◆内容
現代社会と伝統文化。葛藤の中でもたくましく生き、笑顔あふれる人々。広大な草原。地平線の果てまで続く大地と空。息づく自然、動物たち。
普通の旅行では見えてこないケニア本来の姿を、アフリカを知り尽くした早川千晶がご案内します。

【現地での主な活動・訪問地(予定)】
・世界最大級のスラム街であるキベラスラムの見学
・キベラスラムの小学校のマゴソスクールの見学と交流
・現代でも伝統生活を送るマサイの暮らしの体験
・マサイマラ国立公園でのサファリ体験
・日本人が運営しているNGOもしくは象の孤児院などの見学

◆参加費
398,000円

◆対象
小学生からシニアまで幅広い人が参加されています。

◆定員
12名(最小催行5名)

◆申込み締切
2017年6月23日(金)

◆申込み先
(株)たびせん・つなぐ
東京都知事登録旅行業第3-6101号
担当者:中嶋千尋
TEL:03-5577-6300
FAX:03-5577-6310
MAIL:info@tabisen-tsunagu.com
-----------------------

興味のある方、是非お問合せくださいね!
Posted by 名古屋NGOセンター at 11:00 | 紹介いろいろ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【スタツア紹介】日本国際飢餓対策機構(JIFH)スタディツアー[2017年06月20日(Tue)]
こんにちは。事務局です。
今回は、日本国際飢餓対策機構(JIFH)のスタディツアーの紹介です。

JIFHは、世界で貧困・飢餓と闘いながら懸命に生きようとする人々のために、「ハンガー・ゼロ」(飢餓のない社会)運動を推進し、問題解決に向けた取り組みをニジェールやスーダンなどの国々で地元の支援組織とともに進めています。

------------------------

あなたの常識がひっくり返る「宝探し」旅
サマーキャンプinボリビア


ボリビア3.jpg

ボリビアキャンプ2.jpg

◆主催団体
一般財団法人 日本国際飢餓対策機構(JIFH)
http://www.jifh.org/

◆行き先
ボリビア

◆日程
2017年8月14日〜8月26日

◆内容
「世界のこんなところに日本人」で紹介されたJIFH海外派遣スタッフ小西小百合(ボリビア駐在10年)が案内する、ボリビア体験スタディツアー。JIFHのパートナー団体・国際飢餓対策機構(FH)ボリビアが、子ども達を取り囲む環境を改善するために衛生指導、栄養改善プログラム、子どもを通学させることができない貧困家庭へのサポートを行っているトロトロ郡リオカイネ地区を訪問します。
村をよくするために奮闘するお父さんやお母さん、教育を受けることによって将来に希望を見出した子どもたち、観光では足を踏み入れることのない地。不便だけど思わず笑顔があふれだす出会いを通して、「わたし」と「ボリビア」を発見する、「宝探し」の旅です!!

【現地での主な活動・訪問地(予定)】
・支援学校での子どもたちとの交流、家庭訪問
・ FHボリビアと地域の人々が取り組むプロジェクトの視察
・地元の名所、洞窟ツアーや恐竜足跡ツアー

◆参加費
350,000円
※往復航空チケット代を含む

◆対象
1.日本国際飢餓対策機構会員(会員でない方は申込時に入会)
2.高校生(単位制含む)以上の方で健康な方 

◆定員
12名

◆申込み締切
2017年6月21日(水)

◆問合せ・申込み先
一般財団法人 日本国際飢餓対策機構(JIFH)
担当者:東京事務所 サマーキャンプ事務局
TEL: 03-3518-0781 FAX:03-3518-0782
MAIL: jifhtokyo@jifh.org
-----------------------

興味のある方、是非お問合せくださいね!
Posted by 名古屋NGOセンター at 16:00 | 紹介いろいろ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【スタツア紹介】南遊の会スタディツアー[2017年06月20日(Tue)]
続きまして、南遊の会のスタディーツアーの紹介です。

南遊の会は、ベトナム南部のホーチミン市カンザー県でマングローブ植林を行っている名古屋に拠点を置くNGO組織です。

------------------------

ベトナムマングローブ植林スタディツアー

新3.jpg

新.jpg

◆主催団体
南遊の会
http://www.namdu.jp/

◆行き先
ベトナム

◆日程
2017年8月18日〜8月28日

◆内容
ベトナム人学生と寝食を共にしながら協働で植林活動を行います。このツアーは、植林活動を通して環境保護の重要性を学ぶとともに、現地学生との共同生活による国際交流を目的としています。ツアー実施前には、3回の研修会を行い、現地での活動の目的や意義を共有するなど、充分なサポート体制を整えています。

【現地での主な活動・訪問地(予定)】
・植林活動地:ホーチミン市郊外のカンザー地区
・植林地でのニッパヤシの下刈り作業や放棄塩田での植林作業を体験します。
・植林活動のみならず、エビ養殖池の見学や、ベトナム戦争について学ぶため戦争証跡博物館も見学します。
・参加するベトナム人学生のほとんどはホーチミン市にあるホンバン国際大学で日本語を学ぶ学生たちです。

◆参加費
学生:180,000円
社会人:200,000円

◆対象
高校生以上
※ただし、未成年の方は保護者の同意を要します

◆定員
35名

◆申込み締切
2017年 6月15日(木)

◆問合せ・申込み先
南遊の会
担当者:藤本 潔
TEL:052-838-5820
MAIL:info@namdu.jp

------------------------

興味のある方、是非お問合せくださいね!
Posted by 名古屋NGOセンター at 14:49 | 紹介いろいろ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【スタツア紹介】Women For Women Nepal(WFWN)スタディツアー[2017年06月20日(Tue)]
こんにちは。事務局です。
6/3(土)に、ここでもお知らせしたイベント「NGO海外ボランティア・スタディツアー合同説明会」を無事終了しました。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

当日参加できなかったけど興味はある、という方のために、出展団体のツアー内容をご紹介します。

1団体ずつ紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
(※定員に達したなどで募集が締め切られていた場合はご容赦ください。)

今回は、Women For Women Nepal(WFWN)のスタディーツアーの紹介です。

Women For Women Nepalは、ネパールの女性たちが作る商品の開発とプロモションするマーケティングチームです。ネパールの女性たちをエンパワし、自立できるように我々のスタッフは技術訓練と市場づくり及び研究をしています。

------------------------

参加者の希望に応じたスタディを創るネパールツアー

IMG_2945.JPG

IMG_2715.JPG

◆主催団体
Women For Women Nepal(WFWN)
http://womenforwomennepal.blogspot.jp/

◆行き先
ネパール(首都カトマンドゥ)

◆日程
2017年8月6日〜17日(11日間)

◆内容
ツアリーダーはネパール出身で大学講師。ネパールの社会文化を橋渡しするスタディツアーを春と夏に開催。特徴は、決まりきったコースではなく、参加者の希望する分野で見学及び交流のチャンスをコーディネート。現地で自分のスキルを活かし、日本文化を紹介しよう。ネットワークを広げ、帰国後も、自分の将来につなげよう。

【現地での主な活動・訪問地(予定)】
・当団体主催の第3回目ネパール人と日本人画家の美術展示及び交流会(8月12日開会式)
・フェアトレード商品を作っている女性起業家たちの工場や店舗を訪問
・2015年の地震後再建設完成と未完成の世界遺産を訪問


◆参加費
学生:185,000円
社会人:200,000円
※飛行機代、食事代、宿泊代、移動費、入場料を含む
※旅行保険、ビザ代、自宅から空港までの交通費は別途
※参加費はゆうちょ銀行振り込み

◆対象
学生、社会人 年齢18歳以上

◆定員
20名

◆申込み締切
2017年 6月15日(木)

◆問合せ・申込み先
Women For Women Nepal
担当者:Astha Tuladhar(アスタ・トゥラダール)
TEL:090-6645-2325
MAIL:worldfordreamers@gmail.com

------------------------

興味のある方、是非お問合せくださいね!
Posted by 名古屋NGOセンター at 14:26 | 紹介いろいろ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Mさんへの、とあるプレゼント[2017年06月13日(Tue)]
こんにちは。事務局S井です。

Mさんが2年間のリフレッシュ休みに入ってしまい、寂しいやら、
忙しいやら、とんでもなく大混乱の事務所(いや、私が混乱してる
だけか?)です、、、、もうやだ〜(悲しい顔)

Mさんがお休みに入る前に、しばらく会えなくなるので、、、
と皆さまからMさん宛に差し入れやら貢物?が各方面から
届きました。人徳ですねえプレゼント

そのうちの一つ、とある加盟団体のスタッフからのプレゼントを
受け取り、しばらく固まっているMさん、、あせあせ(飛び散る汗)
もんさま.jpg

よくよく手にあるプレゼントを見てみると、、、、、
良太&耕平バッチ.jpg

なんと某加盟団体、S泉T井のスタッフ、T中K平さんとK合R太さんの
オリジナル缶バッチ!ぴかぴか(新しい)
自分を缶バッチにするあたりが、凡人の私の想像の域を超えていてさすがです。
世界に一つだけのプレゼントですね!

しかし、Mさんは考えたあげく、「もったいないので、みなさんで
楽しんでください」・・・というような気持ちだったのでしょう。
(憶測ですが)猫
身代わりとして、この世界に一つだけのプレゼントを泣く泣く(?)
置いていきました。

いまは、名古屋NGOセンターの事務所の隠しアイテムとして、
有効に楽しませて頂いていますリゾート
今のところ発見できた人はいません。
時々、隠し場所を変えますので、見つけた人は
お知らせくださいイベント

このように寂しさと忙しさを紛らわせている S井
Posted by 名古屋NGOセンター at 12:15 | 徒然日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Nたま2017参加者の募集をしています〜^^[2017年05月25日(Thu)]
スタッフたぐちです。

ご存知の方も多いと思いますが、ぼくの隣りの席で一緒に活動していた方がお休みに入ってしまいましたT_Tこのブログは当番制になっているので、今までブログをいつも止めてくれていた方がいないので、これからこのブログの更新頻度もあがるかもしれません。乞うご期待。

さて、名古屋NGOセンターの看板事業である「NGOスタッフになりたい人ためのコミュニティカレッジ2017(Nたま)」のお知らせです!今年も参加者の募集を開始しました。詳細は「こちら」」からご確認下さい。

今年から新たに「岐阜県垂井町」にフィールドワークに行きます。フィールドワークのコーディネートは泉京・垂井のみなさまがやってくれてます。地域で開催される祭りやフェアトレードタウン向けた取り組みを伺う予定です。

Nたまでは数多くの講師の方からお話を伺いますが、スタッフとしてぼくと西川侑里さんが全研修に同行する予定です。西川さんは大学生なのですが、名古屋NGOセンターで2016年5月〜2018年3月までインターンシップでNたま研修を担当しています。昨年のNたま研修では、1人1人の研修生と丁寧に関係をつくっていました。笑顔がステキで近くにいるとホッとする存在です。世間では癒し系というのでしょうか。そのお陰もあって、Nたま14期生は2月に修了したばかりですが、3月、4月、5月、6月と毎月継続して集まりが続いています。

関心をもった方は、14期生の体験談も聞くことのできる、無料説明会に是非お越しください。

写真は昨年の説明会でのNたまプチ体験ワークショップです。
18879890_1332669553469506_441372935907099404_o.jpg

18839576_1332669543469507_6029918065796901422_o.jpg
Posted by 名古屋NGOセンター at 15:07 | 事業報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【参加者募集!】海外ボランティア・スタディツアー合同説明会[2017年05月24日(Wed)]
こんにちは。事務局です。
5月もあと少しになりました。じわじわと蒸し暑くなってきましたね。
もうすぐ夏がやってきます。そろそろ夏休みの計画を立てたりし始める頃でしょうか。

そこで、夏の旅行にスタディーツアーはいかが?

「スタディーツアー」とは、NGOが支援する国(主に開発途上国)に、1週間から長いツアーで1か月ほど滞在し、現地でのボランティア活動、訪問先の人々との交流や体験学習を目的として行う旅行です。

来月6/3(土)、ツアーを主催するNGOが集まり、合同で説明会を開催します。
http://nangoc.org/information/63-2017.php

出展団体の行き先は、タイ、ベトナム、中国、ネパール、インドネシア、フィリピン、ボリビア、ケニア、
企画されている内容は、現地の人・子どもたちとの交流はデフォルトで、少数民族の子ども達のための学生寮に滞在、トイレの建設作業、現地家庭にホームステイ、スラム街見学と子ども達との交流、農村指導者養成スクール1日体験などなど!

ここには書ききれない、たくさんの経験と出会いが現地で待っています。
夏休みは急でも、秋、冬、この先、どこかに行けたらいいな、自分に何ができるか探してみたいなと思ったら、どうぞ気軽に説明会へ遊びに来てください。
お問い合わせ、お申し込みをお待ちしてます。

■申込みフォーム
http://nangoc.org/information/63-2017.php#applyform


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
NGO 海外ボランティア ・スタディツアー合同説明会2017
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時:2017年6月3日(土)13:00〜17:00
 第1部(13:00〜14:00) 第2部(14:00〜17:00)

場所:名古屋国際センター 5階 第1会議室
http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/aramashi/nicaccess

対象:海外ボランティア、スタディツアーに興味のある方
    ※はじめての方も歓迎です。

参加費:500円(名古屋NGOセンター賛助会員Bの方は無料)

■詳細ページ
http://nangoc.org/information/63-2017.php

■申込方法
以下フォームに入力、送信いただくか、同じ内容を、メール、FAX、電話のいずれかにて
名古屋NGOセンター宛にお送りください。
http://nangoc.org/information/63-2017.php#applyform

■お問い合せ
認定NPO法人 名古屋NGOセンター
TEL/FAX:052-228-8109 (電話受付 火〜土 13:00〜17:00)
MAIL:info@nangoc.org
WEB:http://nangoc.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Posted by 名古屋NGOセンター at 14:23 | ngo | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
初めまして!〜新インターンの自己紹介〜[2016年11月25日(Fri)]
皆さん初めまして!11月からインターンをさせて頂いております堀江愛里です。
ニックネームはあいりんです。Nたま12期生ですかわいい
初投稿ということで、まずは私の自己紹介をしたいと思います。


●趣味●
御朱印あつめ/家庭菜園/おススメされた本を読むこと/一人カフェ

御朱印ってご存知ですか?
お寺や神社でお参りをした後に書いてもらえるサインのようなものです。

14910581_545622028959929_5433202976805441127_n.jpg

お参りの証になるので、スタンプラリー(この言い方でいいのかな?笑)のように寺社を巡るのがとても楽しいです♪
じつは最近若者の間でも流行っているらしく「御朱印ガール」なる言葉もあるようで…わたしも例にもれず流行りに乗っています笑


●将来の夢●
国際協力の仕事に関わって「誰もが自分の可能性にチャレンジできる公平な世界」をつくること!

実は私、今年の10月までカンボジアで日本語教師をしていました。
将来NGOの職員になりたくて、そのための経験をつもうと思って訪れたカンボジア。
楽しいことも山ほどありましたが、一方で厳しい現実も見ました。
「日本語を勉強したい。」と思っても、家庭の事情で辞めていってしまう子供たちがいました。
私は自分のやりたいことを追ってここまで来たけれど…彼らはそれができるような環境だろうか?
そんな不公平を感じて日本に帰ってきました。

14045971_517441041778028_3991967428220128549_n.jpg

NGOセンターでのインターンのお仕事は、私が目指す世界の実現にも
大いに関わってくると思います。

なので、3月末までの短い期間になりますが、たくさんの方と関わって
精いっぱい努めたいと思います!晴れ

皆様、これからよろしくお願いいたします。

堀江愛里

Posted by 名古屋NGOセンター at 14:16 | 自己紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この場を借りて・・・[2016年10月07日(Fri)]
みなさんおひさしぶりです。
インターンのりりーです。
何を書こう・・・・と悩んで、
ブログ当番をさぼり続けていました。すみませんたらーっ(汗)

6月からNGOセンターでインターンを始めて4ヵ月と少し経ったわけですが、
ここ最近、NGOセンターのきらきらした魅力に引き寄せられるようにして
足を運んでお仕事をしています。

そこで今日はこの場を借りて、
私が思う名古屋NGOセンタ―のスタッフさんの魅力について書いてみたいと思いまするんるん

さりげない気遣いと少年のような自由さが素敵な田口さん。

特徴的な笑い方でいつもわたしを幸せな気分にさせてくれる村山さん。

炸裂トークでいつも明るい雰囲気を作ってくれる坂井さん。

にじみ出る母性と優しさであたたかい気持ちにさせてくれる門田さん。

同い年なのにすごくしっかりしててとっても優しいインターン仲間のしおりちゃん。


たまにNGOセンターに顔を出してくださる人たちや、
Nたまや他のNGOさんのイベントで出会う人たち、
高山研修で一気に仲が深まったNたま14期生も、本当に素敵な人たちばかりです黒ハート

みなさんが共通して根底に抱いている「社会をよくしたい」という想いが、
このような魅力的な雰囲気を作り出しているのでしょうか。

こんなに素敵な人たちに囲まれた環境にいると、
いつも「がんばろう」って思います。
モチベーションの上昇が止まりません。笑

これからもなんらかの形でこの世界に関わっていきたいなあ、
いや、関わらせてください!

と思っております。はい笑

普段はなかなか言えないみなさまへの感謝と愛情を、
ブログを通して伝えさせていただきました。

名古屋NGOセンター、
ほんとに素敵なところです。

それではこの辺で失礼しますぴかぴか(新しい)

Posted by 名古屋NGOセンター at 16:08 | インターンブログ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
懐かしいアルバムを少し紹介します〜[2016年06月16日(Thu)]
こんにちは。久しぶりの登場、スタッフのS井でするんるん

アルバムを見ていると懐かしくて、あれこれ思い出すことって
ありませんか?ブログの新しいネタが思いつかなくて、
過去の写真を見ていたら、懐かしい写真がチョコチョコと出てきました。

もちろん、デジカメが出始める前のものはほとんど残ってませんので
この十数年間のものばかりになりますが・・・たらーっ(汗)

まず2006年ごろ。名駅南の雑居ビル(築40年)から、
本陣の小学校跡地に引っ越す直前の写真です。
雑然としてますね〜。(いまも?)
その前は、築100年の長屋で、雨漏りがして、バケツが5つあっても
足りないぐらい、ネズミにいろんなものをかじられている北区の
古く楽しい事務所でした。

いろんな団体さんがビル内にひしめき合って活動していました。
この頃から同居?していたボラみみさんは現在も同じ建物にいます。
引越し前の事務所.JPG

そして引っ越し先の本陣小学校(ほのか小学校)跡地には6年ほど
入居していました。

暗い画像ですみませんが・・・。当時のインターンさんと一緒に。
P5315961.JPG

小学校の校舎そのもので、卒業生が書いた想い出の黒板は消せずに
ずっと残していました。この校舎を離れる時も、消せませんでした。
DSCN0049.JPG

そして4年前に引っ越してきた、栄の名古屋YWCAビル!
もっとも都会で、築年数も最新です。私たちにはもったいないぐらい
新しい場所で、まだ十分馴染め切れずにソワソワしています。
こちらは、いまの事務所です。
P3199130.JPG
ちなみに、ステファニさん(初代理事長)が執筆していた会報の文書を
みんなで読み込んでいるところです。楽しかったですよ〜。

時には過去の写真を見てみると、いまを振り返るきっかけになりますね。
またときどき、過去の写真を紹介したいと思います〜。
(覚えていれば・・)

S井


Posted by 名古屋NGOセンター at 16:30 | 紹介いろいろ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール

特定非営利活動法人 名古屋NGOセンターさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nangoc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nangoc/index2_0.xml