CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
chabin
お久しぶりです (06/16) tu-ta
今年もNたまが開催されます!! (11/07) tu-ta
今年もNたまが開催されます!! (11/07) K、H
【報告】チャリティ バレンタイン コンサート (06/15) うぐいす・いろ
体験出勤 (04/28)
最新トラックバック
Nたま終了式が行われました![2015年03月26日(Thu)]

みなさま、ご無沙汰しておりました。
事務局せっちゃんです。

ESD以来の投稿になります。お元気にされていたでしょうか?

実はわたしたち2014年度のインターンも3月で終わり。
9ヶ月の間、本当にたくさんの経験をさせていただきました。
時には時間に追われ、時には睡魔に襲われましたが(笑)
とても良い経験をさせていただきました!

さて今日は、同じように3月で半年にわたる、
NGOをはじめたい、働きたい方への連続研修講座「Nたま」の終了式の様子お伝えします!


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・
P3148860.JPG
3月14日。
とてもいい天気で、気持ちよいこの日。
市役所の近く、ウィルあいちにて「Nたま」終了式がありました。

会場にはNGOの関係者、Nたま卒業生が集まりました。
ぎりぎりまで準備に余念のない、第12期Nたま生たち。

開始時刻5分間になって、みんなやってきました。
みな緊張と不安の表情を浮かべています。

研修を振り返るムービー。
半年の間にたくさんの研修がありました。時には忙しい中合間をぬって参加しました。

そして個人発表。一人ずつ自分のNたまを通して学んだこと、感じたことを5分で話します。



「Nたまには、参加費に相当する価値はあったのか・・・」




「なんとなく生きている自分を変えたかった・・・」



Nたまをはじめるにあたっての動機を振り返って、
みなが何かを感じているようでした。

そして自主企画発表。
3グループがそれぞれ「子どもの貧困」をテーマにし、考えた自主企画を発表しました。

あるグループは、関係作りのため、相手先まで出向き話を聞きにいき、
また同じ大学のツテを使って活動の輪を広げていました。

どれも「問題意識」から、自分たちが「何」をできるか必死に考え、
「アクション」に移す。
講座を通して学んだことを実践していました。


僕が印象的だったのは、
全員が、「自分に何ができるか」という視点を持っていることでした。

自分の仕事、学校、勉強、環境を考え、
何か自分にできるか、本気で考えていました。


このNたま研修を通して、
かけがえのない人間関係、考えかた、情熱を得ることができたのではないかと思います。

第12期Nたま生のみなさん、本当にお疲れ様でした。

来年度もNたまはあります。
もし迷っているようなら、ぜひ説明会に参加してみてください!


以上せっちゃんでした。
本当にありがとうございました。



Posted by 名古屋NGOセンター at 18:17 | 事業報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
インターンプログラム バングラデシュ編[2015年03月26日(Thu)]
こんにちは、インターンの白井でするんるん

もう3月ですね。海外研修2ヵ月が過ぎてしまいました…もうやだ〜(悲しい顔)

めげずに、インド編に続き、海外研修のバングラデシュ編をお送りしま〜するんるん
(ごめんなさい、長い文章になりますので、さらっと見てくださいあせあせ(飛び散る汗)

12月31日、インドのムンバイ国際空港で新年を迎えました。HAPPY NEW YEARぴかぴか(新しい)exclamation×2
ただ、空港内には入ることができず、新年早々空港近くの公園で野宿しましたもうやだ〜(悲しい顔)一年たくましく生きていけそうです手(チョキ)

1月1日昼頃、バングラデシュのダッカに到着ひらめき
IMG_5752.JPG
到着早々、国内はホルタルで空港は大混雑ったらーっ(汗)出国手続きに2時間半かかりました…ふらふら
ホルタルとはバングラデシュのゼネラル・ストライキのことで、政治的活動のひとつです。商店や学校は閉まり、タクシーやバスなどはストップ、時には道路が封鎖されたりも…。

ホームステイ先に荷物を置いて、乗り物は使えないので歩いて近所のマーケットへかわいい
IMG_5754.JPG
マーケットは活気があってテンションあがりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今回、バングラデシュ訪問の理由は、インドで学んだファシリテーションを加盟団体の活動地で実践することexclamationというわけで、バングラデシュの人々を支える会(V.A.B.W)バングラデシュ保育園の会(BNSAの会)の2つの加盟団体の活動地にお邪魔させて頂きました!

まずは、バングラデシュの人々を支える会(V.A.B.W)の活動地マダリプル県のシブチョール地区の島に行ってきました。V.A.B.Wは、1998年に発足。以前まで女性自立支援と教育支援の2つの事業を行っていましたが、現在は貧困地域に根差した学校として島に学校を開校し、運営しています。
かわいいHPはコチラかわいい⇒ http://www.geocities.jp/vabw_for_bangladesh/

首都の中心部からシブチョールの島まで、中心部から車・フェリー・小舟で4〜5時間もかかります。
IMG_5783.JPG
こんなフェリーにのって、やっとシブチョールの島に到着ダッシュ(走り出すさま)

IMG_5847.JPG
学校のにはずら〜〜っと子どもたちが手(グー)
到着してすぐに、学校の先生たちにインタビューexclamation
学校の人数、村と周辺の村の世帯数、出席簿の有無、井戸とトイレの建設について…
など、事実質問を使って質問をしていきました。


支援を受けていた女性にもインタビューさせて頂きましたわーい(嬉しい顔)
IMG_5869.JPG
女性には1日の生活の様子やマーケットまでの距離や時間、買い物の内容などをインタビューさせて頂きました。


そして、バングラデシュ保育園の会(BNSAの会)の活動地ダッカのシャモニ地区にある アイ・キッズ・ガーデンにお邪魔させて頂きました!

バングラデシュ保育園の会(BNSA)は、1996年7月に前身の団体「バングラデシュ保育園を建てる会」が発足。現在は、ダッカのシャモニ地区で低所得者対象の保育園を行っています。

去年の海外研修でもこの保育園でボランティアをさせて頂きました。
かわいい去年のブログはコチラかわいいhttp://blog.canpan.info/nangoc/archive/152

10899756_1520964044835964_2121520450_n.jpg
今回も子どもたちと遊んでわーい(嬉しい顔)

こちらの園長先生にインタビューるんるん
IMG_5941.JPG
保育園の運営、子どもたちの人数や給食について聞かせて頂きました。

日本ではあまり報道されていませんが、1月から今でも、ほぼ毎日ホルタルが続いていますたらーっ(汗)バスや車が燃え、暴動に巻き込まれ、亡くなる方もいらっしゃいますもうやだ〜(悲しい顔)早く情勢が良くなってくれるといいな。。。。

ぴかぴか(新しい)番外編ぴかぴか(新しい)
たまたま私の滞在の間に友人の結婚パーティーがあり、お呼ばれしましたわーい(嬉しい顔)
バングラデシュでは4回〜6回くらい結婚パーティーを行います(式や披露宴も含む)
新郎のマムンさんはLet’s Do …Foundationという任意NGO団体を立ち上げ、普段はお仕事をされながら代表として活動しています。
かわいい去年伺わせて頂いた時のブログはコチラかわいいhttp://blog.canpan.info/nangoc/archive/158

IMG_5920.JPG
おーめーでーとーexclamation×2マムンexclamation×2


最後に…ひらめき
インターンをしていた2年間で2回も海外に行く機会を頂き、本当に学びになりましたわーい(嬉しい顔)2回の海外研修で、本や周りの人から聞いていた「よくある支援」を目の当たりにしました。そして、文化や宗教の違い、現地NGOの考え方・社会的立場の違い、日本のNGOや日本人の立場、ODAの使い方、JICAの現地事業など、、、、、
本当にいろんなことに触れ、考えを深めることができました。

海外研修や2年のインターンの中で、たくさんの人にお会いし、支えて頂き本当に感謝しています。インターン2年目では、様々な事業に関わらせて頂きました。辛いこともたくさんありましたが、とても成長できた2年間だと思います。
NGOセンター事務局のみなさんには本当に感謝しています。ありがとうございますグッド(上向き矢印)

今まで関わったみなさん、本当に本当にありがとうございました。
でも、これで最後ではないと思っていますわーい(嬉しい顔)
IMG_3613.JPG
またみなさんと乾杯する日を楽しみにしていますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
最後まで見て頂き、ありがとうございましたひらめき
Posted by 名古屋NGOセンター at 15:35 | インターンプログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
つくえの上のものたち[2015年03月20日(Fri)]
みなさま

こんにちは。たぐちです。
あっという間に2014年度末がやってきましたね。

スタッフのみんなは、報告書や決算や来年度の活動の企画で
忙しそうです。かく言う私もおなじような状況です(T_T)

昨日、10年以上まえにバイト先の先輩にもらった「なまけたろう」を事務所に持ってきて、にぎって、手のツボを押さえていた所、他のスタッフの机の上にも「なまけたろう」がいることに気づきました!

DSC_0178.JPG
親子で撮影「なまけたろう」。
「なまけたろう」は握っていると気持ちいいやつなんです〜。

DSC_0180.JPG
ちなみにわたしの机の上の癒しグッズ。

この中のワンピースの「黄ざる」と「ロビン」は、数年前に購入しました。(知らない方すいません。。。)
購入した際に、隣のスタッフMさんから
「それを購入することにどんな意味があるんですか?」
と、聞かれ、何にも答えれなかったことを思い出しました。苦笑

他の子たちは、みなさまからのいただきものです

田口
Posted by 名古屋NGOセンター at 16:25 | 徒然日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NANGOC Wi-Fiをはじめてみました[2015年03月13日(Fri)]
みなさまお久しぶりです。

事務局ボランティアの廣井です。
(久しぶりの登場。 ふだんは、島根県立大学に通っているので東海地方にはいません。)

実家のある岐阜に帰省してきており、頻繁に名古屋NGOセンターに現れています。
(3/18には岐阜を出発し島根(浜田)に戻っていきます。)

帰ってきている時に、センタースタッフと来館者のみなさまの「利便性向上」を狙い、無線LANの機器を交換しました。 それに伴い、「NANGOC Wi-Fi」事業を開始しました。

センターにお越しの際はぜひご利用ください!!
IMG_6805.JPG
10845765_770593936343740_6403762989862169055_o.jpg
Posted by 名古屋NGOセンター at 19:19 | 紹介いろいろ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Nたま研修[2015年03月13日(Fri)]
 みなさま、こんにちは
 インターンのりーちゃんです。

 初投稿でするんるん


 私は,名古屋NGOセンタ―の事業の一つであるNGOスタッフを育てるための研修、通称Nたまの生徒ということで、その様子・・・、特に自主企画について紹介したいと思いますexclamation

 今年は、始めてNたま生に自主企画のテーマが与えられました。
 「子どもの貧困」です。

 NGOで「子どもの貧困」?と思うかもしれません。
 ・・・私も思いましたあせあせ(飛び散る汗)

 しかし、世界は一つ。
 どんな問題も密接に関わっていたり、共通点があったりします・・・。

 「子どもの貧困」について、深く考え、必要なことやできることを考えるのはとてもいい機会になりました。

 現役生は、企画を実行するグループ分け(今回は3グループ)からアイデア出し、プロセスの構築、フィールドワークや企画のブラッシュアップにいたるまで、とても熱心に取り組んでいますパンチ

 講師の方々やNGOセンター職員さん、貧困問題の解決に取り組む団体の方々、Nたま卒業生など、たくさんの方が関わってくださり、とても良い経験となっています。

 実際に実行するのはとても難しいのですが、エネルギーがあふれた方達と一つのことに取り組むのはとても素敵な経験になっていますぴかぴか(新しい)

 他にも、Nたま研修には「NGO活動とはなにか」という全6回の講座や合宿などがありますexclamation

 興味を持った方はこちらをごらんくださいexclamation×2
http://www.nangoc.org/information/ngo2014.php
(今年度のものです。)
(来年度も開講されます!)


 以上っ
 失礼しますダッシュ(走り出すさま)


Posted by 名古屋NGOセンター at 15:15 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
インターンプログラム海外研修 インド編[2015年02月03日(Tue)]
こんにちは、インターンの白井です。

いつのまにか2月!!びっくりですがく〜(落胆した顔)

少し時間が経ってしまいましたが、12月22日から1月6日までの間、NGOインターンプログラム( http://www.joca.or.jp/activites/ngo-intern/h26/h26_katsudo/ )の海外研修としてインド&バングラデシュに行ってきましたかわいい

今回の海外研修の内容をインド編・バングラデシュ編に分けて紹介していきたいと思います。

インドでは当団体の加盟団体認定NPO法人ムラのミライ(旧:ソムニード)の活動地である南インドのアーンド・プラデシュ州ビシャカパトナムに行ってきました!

研修に参加する前に読んだ本がこちらとこちら

P2037591.JPG
『途上国の人々の話し方‐国際協力メタファシリテーションの手法』
(著)和田信明、中田豊一
みずのわ出版 2010年出版

P2037589.JPG
『南国港町おばちゃん信金‐「支援」って何?”おまけ組”の共生コミュニティの創り方』
(著)原康子
信評論 2014年出版

援助や支援は、援助する側の勝手な「思い込み」で事実が変わってしまうことがあります。そんな「思い込み」ではなく、しっかり「事実」を聞き出す質問。それが、事実質問です。

簡単そうでと〜〜〜〜っても難しいこの事実質問の研修をフィールドで実践してきましたるんるん

街の中やお家の中、いろんなものに目を向け、気付く力をつける。
まずはひたすら観察exclamation×2まさに24時間研修ですあせあせ(飛び散る汗)

IMG_5675.JPG
まずは、パタパトナムの地元のマーケットと
IMG_5682.JPG
マーケットの近くにあるヒンドゥー寺院に行きました。

そのまち歩きをする中で、気になったものを一つ選び、そこから30個の事実質問を考えてみたり
IMG_5674.JPG
私が選んだのは服屋さんの入り口に吊るされていたこの人形です。

「これは何ですか?」「何で出来ているんですか?」「いつから吊るしてあるんですか?」
「その前は…」 ・・・・
R0044522.JPG
これが本当に難しい。。。。参加者で共有してフィードバックを頂きましたひらめき

IMG_5695.JPG
研修所から1時半程車を走らせたところにある、山岳少数民族のブータラグダ村に24時間ホームステイもしてきました。

IMG_5687.JPG
英語が通じない場所で、できることは、身振り手振りで気持ちを伝えることだけ。
ムラのミライと村の方々の信頼関係…すごいっexclamation×2

IMG_5700.JPG
村の女の子たちが歩いて30分のマーケットに行ったり、脱穀のお手伝いをしました。


後半からは、ムラのミライが支援している3つの村でフィールドワークをしました。
ここで使うのも「事実質問」exclamation×2

10303300_1405937873032012_1246472375862293063_n.jpg
「これは何ですか?」「だれがつくったんですか?」「いつ作ったんですか?」「これをつくる前はココには何がありましたか?」・・・・などなど

IMG_5716.JPG


フィールドワークから戻ってきたら、振り返り。 それが3日間続く…

IMG_5722.JPG
私がホームステイしたブータラグダ村ではシードバンク(種子の貯蓄)についてインタビューを行いました。こちらが貯蔵庫グッド(上向き矢印)




コミュニティで事実を聞き出す難しさを痛感しました。まだやっと一歩踏み出したばかり。
心に残った言葉は
最後に前川さんが話してくれた、「Who are you?」 あなたは一体誰なんだ? 
という言葉。
自分がインドに住む村人だったら、、、いきなり外国人がムラに来たら、「えっ?誰この人?」となりますよね。

まずは相手のことを考えること。そして自分の立場を自分自身が理解すること。
丁寧に自己紹介を行い、質問してもいいか許可を取る。
セルフエスティームを挙げて、相手が話しやすい場をつくる。

IMG_5715.JPG
今回受け入れて頂いたムラのミライの前川さん(写真左)とラマラジュさん(写真中央)。

R0044807.JPG
そして、同じタイミングで研修を受けたムラのミライ関西事務所でインターンをしているあやさん(写真左)。
予想をはるかに超える発言を連発してくれ、つねに笑いが絶えませんでしたわーい(嬉しい顔)


ムラのミライでは2月末にファシリテーター研修があります!
気になった方はぜひ参加してみてください。


かわいいバングラデシュ編はつづくかわいい
Posted by 名古屋NGOセンター at 15:58 | インターンプログラム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
松山出張に行ってきました[2014年12月16日(Tue)]
こんにちは、スタッフMです。
ブログを長い間とめている犯人です・・。すみません。

その間、松山出張に行ってまいりました。
今回は、「NGO相談員連絡会議」に参加することが目的です。

NGO相談員制度、みなさんご存知かと思いますが、「NGOってどんなことしているの?」という基礎的な質問から、「NGOで働きたい」「NGOを立ち上げるにはどうしたら・・」「運営でこんなことで困っている」などなど、国際協力やNGOに関するさまざまな相談にお応えする制度です。
詳しくはこちらをご覧ください。


さてさて、今回は、NGO相談員の四国ブロックを担当している「えひめグローバルネットワーク」が会議のホストとして、様々な準備をしてくださいました。
会議運営から、2次会?での手料理の準備まで・・・至れり尽くせりの準備に感動いたしました。

そして、さらに感動したのが、えひめグローバルネットワークの事務所訪問です!!
こちらが事務所の写真
DSC_03591.jpg

フェアトレードカフェとして、以前は食事も提供されていたそうです。
今回、改装されて、通りに面した部屋に新たにフェアトレードショップコーナー、奥にコーヒーが飲めるカフェ兼事務所となっておりました。

そして、窓から見える景色がこちら
DSC_03691.jpg

空き地は、近隣の小学生のESDの場として、菜の花を植える活動をされているそうです。
(I黒ハートESDの文字、見えますか)

そして、ロケーションは松山城や道後温泉まで5分程度!
こんな素敵な事務所で仕事できるなんてうらやましい・・・(あ、でも仕事したくなくなっちゃうかもしれませんね。)

事務所でもおいしいコーヒーやお菓子も頂きまして、本当にありがとうございました。

もし、松山に行かれる機会のある方は、フェアトレードショップに立ち寄られてはいかがでしょうか。
えひめグローバルネットワークHPこちら




Posted by 名古屋NGOセンター at 18:19 | 事業報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ボリビアからの来客[2014年12月11日(Thu)]
こんにちは、職員Yです。
今日は雨のなか、ボリビアから来客があったので、みなさんにご報告します。

「DIFAR(ディファル)」のスタッフのサバさんと瀧本里子さんが、ボリビアでのプロジェクトの報告に来てくださいました。

このプロジェクト、2014年度東海地域NGO活動助成金の支援事業の一つです。
プロジェクト名は、「ボリビア多民族国・バジェグランデ市におけるペットボトルを再利用したエコロジートイレ、シャワー室建設を通してのリサイクル啓発活動」。

ペットボトルとビンを再利用したトイレの建設が終了したとのこと。
環境教育の一環として、バジェグランデの子どもたちと一緒にトイレを建設したそうです。
その様子は、DIFARのwebサイトからご覧いただけます。
↓↓↓
http://difar.jp/?p=638

サバさんは、今回の来日がはじめての海外。
4週間の日本滞在がほぼ終わり、週明けにボリビアに帰るそうです。

今日はこのあと名古屋駅のあたりで、2才になる娘さんにお土産を買って帰るとか。
よいお土産が見つかるといいですね。

サバさんと瀧本里子さん。
とっても素敵なお二人でした〜。
↓↓↓
PC116751.JPG
Posted by 名古屋NGOセンター at 14:54 | 事業報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2014ステファニ・レナト賞表彰式&ワールド・コラボ・フェスタ[2014年11月21日(Fri)]

みなさん、こんにちは

事務局インターン せっちゃんです。お久しぶりです。

今週急激に寒くなってきましたね。。。
僕は風邪気味で、声がぜんぜん出てません。皆様もお大事に!


さて本日は更新遅くなってしまったのですが、3本立て。

TOPICS

@ワールド・コラボ・フェスタ
A第11回ステファニ・レナト賞 表彰式
BESDユネスコ世界会議 併催イベント


@ワールド・コラボ・フェスタ


ワールド・コラボ・フェスタは毎年この時期に栄・オアシス21で開催されている国際協力を知れるイベント。

東海地方のNGOをはじめ、国際協力に取り組んでいる団体がブースを出していて、いろんな団体と出会えるそんなイベントです。

わたしたち名古屋NGOセンターは、
「国際協力に興味はあるんだけど、どうしたらいいかわからない・・・」
「貧困問題に興味あるんだけど、それに取り組むNGOを紹介してほしい!」
などの疑問をお持ちの方などの相談に乗る「NGO相談会」をしました。

当日たくさんの方が足を運んでくださって、ご相談いただきありがとうございました。

名古屋NGOセンターでは、そんな疑問をお持ちの方にとっておきのイベントがあります。
12月6日(土)JICA中部なごや地球広場にて、「国際協力カレッジ」開催します!

参加費無料・先着70名なので、興味ある方はお早めにお申込を!

詳しくはこちらで!


Aステファニ・レナト賞 表彰式

同じ会場のメインステージで、名古屋NGOセンターはステージ出展しました。

それが、ステファニ・レナト賞!!
じゃじゃーん。
2014ステファニ賞記事(中日)s.jpg

中日新聞に取り上げてもらいました!!

ステファニ・レナト賞は、名古屋NGOセンターの初代理事であったステファニさんの精神を受けつぎ、社会的弱者の立場に立って人間の尊厳を守った個人・団体に送られる賞です。


今年で11回目。本当ならば基金がそこをつき、去年で終了することになっていましたが、寄付者の皆様の善意により今年も開催することができました。
本当にありがとうございます。

今年は、在日フィリピン人の支援に取り組んでおられた
フィリピン移住者センター(FMC)石原バージさんが受賞されました!!!

おめでとうございました!!

当日たくさんの人が応援に詰めかけ、大いに盛り上がりました。
たくさんのご応募ありがとうございました!


BESDユネスコ世界会議併催イベント!


11月10〜13日愛知県・名古屋市でESDユネスコ世界会議が開催されました!
名古屋NGOセンターは、本会議と同じ名古屋国際会議場でイベントを開催しました!



PB126198.JPG


「ESDファシリテーターに関心ある人集まれ!〜国際協力NGOのニーズを知って活動を広げよう〜」
と名づけられたこのイベント。

まず今年夏に全国のNGOに行った「ESDへの取り組みのアンケート」、直接尋ねて実態とニーズを見つける「ヒアリング」を報告

東京、福岡、岡山、岐阜、愛知と遠いところまでお疲れ様でした。


そしてその後はNIED・国際理解教育センターの伊沢令子さんをファシリテーターとして、参加者がグループに分かれ、「国際協力NGOがESDを取り組むにあたって、必要なもの、阻むもの」を話し合いました。

当日は28名もの方が来られ、会場は大盛り上がり。

実はこのイベント続きがあるんです。
2月にまたセミナーやります。
情報は近日公開。乞うご期待!!


以上せっちゃんでした!


Posted by 名古屋NGOセンター at 18:26 | ngo | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
wood job な連休[2014年11月05日(Wed)]

こんにちは、インターンのたまです。

先日の三連休、わたしは山籠りしてました。(笑)


実は…、
加盟団体のオイスカさん(http://oisca-chubu.org/)による
「フォレスターズ・スクール」に参加しておりました。

このスクールは、毎年開催されていまして(今年で第4回でした)、
森林保全・育成をテーマに、知り、考え、実践する青年育成・人材育成のプログラムです。
http://oisca-chubu.org/event/20141101.pdf

中部電力や豊田市役所の方々など豪華な講師さん達による講座の数々、
NIED・国際理解教育センターの平野さんによるワークショップ、
間伐体験など魅力満載な内容でした。
DSC_0227.JPG
↑これは薪割り機です。おどろき〜!


やはり何と言っても、間伐体験が印象的でした!!
チェーンソーめっちゃ楽しい〜♪
↑こんなこと書いたら変な人に思われてしまいそうですが…(笑)
切り口を綺麗に切るのは意外と難しかったです。
それと、木には伐り方があることを初めて知りました。
DSC_0222.JPG
↑伐採された木たち


地球規模でみると、森林は減少していて、
木は切るよりも植えよう、植林など様々な取り組みがなされていますが、
日本では、森林はあまり減っていないということを講師の方がおっしゃっていて、
とても驚きました。

日本には豊かな森林があるのに、海外からたくさんの木を輸入していること、
また、森の手入れをしないと、わたしたちの住んでいるところにも影響が起こること
など多くのことを学びました。



来年も開催されるので、
興味あるかたはぜひご参加を!!


以上です。
読んでいただき、ありがとうございました。
Posted by 名古屋NGOセンター at 15:43 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人 名古屋NGOセンターさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nangoc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nangoc/index2_0.xml