CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«苗場福祉会 入職式と新入職員研修 | Main | まほろばの里川治「内覧会」»
特別養護老人ホーム「まほろばの里川治」竣工式 [2012年04月26日(Thu)]

4月25日吉日。新潟県十日町市の特別養護老人ホーム「まほろばの里川治」の竣工式が執り行われました。

20120425_111556_IMG_2896_R.jpg

幸い晴天に恵まれ、こちらではちょうど桜が咲き始めるという絶好のお祝い日和となりました。
湖山グループの各法人の皆様を始め、たくさんの方々からお祝のお花や品々を頂戴し、更にあでやかに彩られました。
本当にありがとうございました。

ここ十日町市は絹織物の産地。事業部長や各所長も着物でお客様のお出迎えです。

jotei.jpg

また、施設の中にも着物が展示されています。
そんな中で厳かに神事が執り行われました。
kangei-2.jpg

その後冒頭の写真でご紹介したとおり、テープカットが行われました。

そして、感動的な竣工式。それは湖山泰成代表のご挨拶から始まりました。
「皆さん、一人1冊本を持ち寄って下さい。この施設にはたくさんの本棚が設けてあります。図書館か、古本屋か、立ち読み屋か…。この施設は単なる介護施設ではなく、『教育』の場にしたい。地域の子供たちや若者たちが集う、地域の大切な交流の場としたい…。」と。

湖山代表は一冊の本をお持ちになりました。それは山口瞳氏のエッセイ「行きつけの店」。
ご挨拶の中でその一節を朗読され、感極まられる場面もあり、湖山代表のこの施設にかける熱い思いとビジョンに心を打たれました。
湖山代表からは、山口瞳氏のサインの入った貴重な一冊をご贈呈いただきました。
daihyou.jpg


続いて、小松部長よりこれまでの経過報告。地震や水害、大雪と多くの災害を乗り越え、予定通り今日の日を迎えることが出来たことへの感激が伝わってきました。

そして、新潟県議会議長 村松二郎様、十日町市長 関口芳史様、十日町地域振興局 健康福祉部長 高橋稔様より、心のこもったご祝辞をいただきました。
更に、工事に携わって下さった株式会社セブン設計事務所様、大和ハウス工業株式会社様、株式会社北越エンジニアリング様へ感謝状の贈呈をさせていただきました。

そしてこれは珍しいと思うのですが、施設鍵の贈呈を大和ハウス様よりまほろばの里新入職員関沙織さんへ贈呈されるという一幕もありました。

式の締めにはセブン設計事務所 新城代表取締役社長より謝辞をいただきました。
aisatu-2.jpg

祝賀会では、最初にお祝い事には欠かせないという赤倉神楽が奉納され、新潟県議会議員 尾身孝昭様より乾杯のご発声をいただきました。

その後、若いアーティストたち「空鼠(そらねずみ)」の皆様によるプレゼンテーションで、越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭に合わせ、2ヶ月間このまほろばの里に自分たちで家を作って住み、地域の人たちと交流するという発表がありました。

また、八箇太鼓心響会様による和太鼓演奏に合わせ、(有)妻有工房かわきた様による蕎麦打ち実演もあり、打ち立ての蕎麦がふるまわれ、皆様舌鼓を打っていらっしゃいました。
atraction.jpg

kandan3.jpg

20120425_135308_IMG_3402_R.jpg

そして、まほろばの里職員有志がよさこいソーランを披露し、総勢約60名の職員のご紹介、羽鳥施設長のご挨拶と続きました。

手締めは、十日町市議会副議長 庭野正義様より音頭をお取りいただき、三三七拍子で締めていただきました。

島田部長より閉会のご挨拶があり、大いに感動的な竣工式及び祝賀会がお開きとなりました。
sime.jpg

お忙しい中ご参列くださった皆々様、そしてお祝いの品々をお贈り下さった全国の湖山グループの皆々様、本当にありがとうございました。

たくさんの人々の深い思いのこめられた、素晴らしい竣工式が出来ました。
そしてその思いをしっかり受け止めて、まほろばの里川治は、5月1日オープンします。

20120425_141655_IMG_3471_R.jpg


(2012年4月25日 社会福祉法人苗場福祉会 総務 岡村昌幸)




◆撮影日時:平成24年4月25日(水) 撮影:岡村昌幸(一部を除く)

◆撮影場所:新潟県十日町市 特別養護老人ホーム「まほろばの里川治」

◆記事掲載年月日:平成24年4月26日(木)17時20分


Posted by naebafukushikai at 17:23 | ニュース | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント