CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、岩手県、宮城県。千葉県には、東北3県から多くの人たちが避難し、暮らしています。千葉を第二の故郷に感じてもらえたら…そんな思いで進めている支援事業をご紹介します。 
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
「縁joy・東北」2017を開催しました! [2017年12月18日(Mon)]
「縁joy・東北」2017を開催しました!

平成29年12月2日(土)に、今年はイオンモール幕張新都心 
グランドスクエアに会場を移して開催しました。
天候にも恵まれ、参加者約650名(内、スタッフ関係者150名)と、
足を止めてご覧になる親子づれなど、
昨年よりたくさんの方にご来場いただきました。

会場全体2P1070151.JPG

ステージでは、福島県復興キャラクター「キビタン」と
千葉県内の被災地支援団体から生まれたキャラクターの「ガッキーくん」、
千葉県キャラクター「チーバくん」が登場してスタートし、
場の雰囲気を盛り上げました。

つづいて、船橋市のばか面笑福おどりや、横洲かおるさんの歌など
多彩なステージで楽しませてくださいました。

P1070071.JPG
今年の被災地の郷土芸能披露は、福島県浪江町、双葉町からの他に、
千葉県の被災地である旭市飯岡の団体にも参加いただきました。

せんだんP1070153.JPG八雲会P1070093.JPG

また、千葉県に暮らす被災者が、得意な分野で出店され、
体験・販売をし、イベントでの販売に向けて作品作りに励み、
被災者同士や支援者と交流をしました。
出店団体1P1070115.JPG

千葉大学ボランティア活動支援学生スタッフの皆さんには、
起き上がり小法師絵付け体験のワークショップ、
千葉商科大学人間科学部の学生の皆さんには、
被災者と商品開発したソーセージやハンバーグを
キッチンカーで販売をしていただき、イベントを通して、
若い世代と一緒に「震災を忘れない」を伝える機会になりました。

小法師P1070102.JPG
商科大2P1070122.JPG

オープンスペースならではの、ステージでの太鼓やお囃子の音が、
心にも響き、感動して涙したスタッフもいましたが、
会場の皆さんの心にはどのように響いたでしょうか。

今年は、会場の都合で、被災地の状況を伝えるパネル展示が
できませんでしたが、イベントを通して、
被災や避難された方に思いを寄せてくださる時間が
共有できていたなら、とても嬉しく思います。
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 11:23
情報紙「縁joy」2017年12月号が発行されました。 [2017年12月10日(Sun)]
情報紙「縁joy」12月号が発行されました。
東北と千葉の出逢いが広がりますように・・・
情報紙「縁joy」(エ ン ジョ イ)は、福島県ふるさとふくしま交流・相談事業として
東日本大震災で被災し、千葉県内で暮らす皆様の不安や悲しみが少しでも軽減されるよう
そして、被災者に対しての理解が広まることを願って作成・発行しています。

福島県から千葉県へ避難されている方の数 : 2,359名
(H29,10/12現在)

◆避難されている方のためのバス旅行

この春、福島県浪江町、富岡町で相次ぎ避難指示が解除されました。(一部地域を除く)
被災地の現状を見て帰還された方のお話を聴き、これからの暮らしについて考えるバス旅です。

日時:平成30年1月19日(金)〜20日(土)

対象 : 東日本大震災で避難されている方20名
参加費 : 5000円/一人
スケジュール(予定)
19日 7:30千葉駅前出発→9:30流山おおたかの森駅 
      →(昼食:バスの中で)13:00→ コース@ または コースA
      → 17:00 宿

20日 9:00出発→富岡町内視察(交流センター学びの森見学など)
    →昼食 浪江町内視察(避難先から浪江町に帰還された方との交流、町内視察)
    →14:20帰路→18:00流山おおたかの森→20:00千葉駅前着
                  
・19日のコースを選んでください。
コース@ 「東京電力福島第一原子力発電所視察」 
      TV等でもなかなか情報が入らない。
      実際に自分の目で確かめたい。今、原発はどうなっているの?という声にお応えして
   
コースA 「馬に触れる ホースセラピー」 (南相馬市) 
      震災以前のように野馬追の馬を育てているお宅を訪問

次項有参加の申し込み =電話043-303-1688=
お電話で申し込んでください。
お名前、電話番号、現在お住まいの住所、被災元の市町村、19日の希望コースをお知らせください。
実施団体名:認定特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
団体住所:千葉市美浜区真砂5-21-12  担当:風間・鍋嶋

◆ふくしま避難者交流会

日時:平成29年12月23日(土)14時〜17時
(会場は13時より開放いたします ご歓談などにご利用ください)
会場:東京国際フォーラム ホールD5 (5階)     
(住所:東京都千代田区丸の内3-5-1)
(JR有楽町駅徒歩1分、JR東京駅徒歩5分)
主催:福島県   共催:公益財団法人さわやか福祉財団、東京都
次項有お問い合わせ先
 福島県 避難地域復興局 避難者支援課(担当:齋藤、十日市)
 〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16(本庁舎5階) 電話:024-523-4157
*詳細は下記pdfファイルの紙面をご覧ください。

◆県内各地の支援団体の12、1月の盛りだくさんの情報を中面で掲載しています。
 詳しくは紙面をご覧ください。どちらの団体も、お越しを心よりお待ちしています。

紙面は下記ファイルをダウンロードしてください。
12月表裏.pdf
12月中面.pdf

Posted by 縁joy東北プロジェクト at 17:49
情報紙「縁joy」11月号が発行されました。 [2017年11月06日(Mon)]
情報紙「縁joy」11月号が発行されました。
東北と千葉の出逢いが広がりますように・・・
情報紙「縁joy」(エ ン ジョ イ)は、福島県ふるさとふくしま交流・相談事業として
東日本大震災で被災し、千葉県内で暮らす皆様の不安や悲しみが少しでも軽減されるよう
そして、被災者に対しての理解が広まることを願って作成・発行しています。

福島県から千葉県へ避難されている方の数 : 2,356名
(H29,9/14現在)

東日本大震災被災者支援・東北復興応援イベント
「縁joy・東北」2017

平成29年12月2日(土)
開催時間 10:00〜15:00
開催場所 イオンモール幕張新都心
グランドスクエア
住所:千葉市美浜区豊砂1-1
主催:「縁joy・東北」2017実行委員会
次項有事務局・お問合せ:認定特定非営利活動法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ 
 Eメール:npo-club@par.odn.ne.jp 電話043-303-1688  担当:風間・鍋嶋
当日の連絡先080-5418-7286(福島相談:風間)

・お待ちしています。県内各地の支援団体の11月の情報を中面で掲載しています。

11月表裏.pdf
11月中面.pdf
Posted by 縁joy東北プロジェクト at 15:21
| 次へ
プロフィール

縁joy東北プロジェクトさんの画像
縁joy東北プロジェクト
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/nabe/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nabe/index2_0.xml