CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、岩手県、宮城県。千葉県には、東北3県から多くの人たちが避難し、暮らしています。千葉を第二の故郷に感じてもらえたら…そんな思いで進めている支援事業をご紹介します。 
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
「LOVE!福島!!」が開催されます! [2017年03月06日(Mon)]
3月26日(日)「LOVE!福島!!」が開催されます!


NPOクラブも協力している千葉と福島を繋ぎ、想い感じる交流イベントです。

1 パネルディスカッション  10:30〜12:00
 パネラー5人
➀千代田信一さん(双葉町から避難)住所:千葉市中央区
電話:090-9422-0593

  A小林将男さん(飯舘村から避難) 住所:山武市板中新田
          電話:090-9038-1118

  B亀田和弘さん(浪江町から避難、浪江町復興支援員千葉県駐在)
          住所:佐倉市
          電話:支援員080-6294-5961

  C山崎さん(千葉市民、写真家、福島県内被災地に30回ほど訪問・撮影、写真集作成)

  D千葉大学生(福島県支援活動参加者)

2 大懇親会 12:00〜13:30
  ※野菜麺200食無料配布、福島県物産販売会、福島千葉コラボプリン販売、
小林牧場の牛肉販売(ソーセージ試食あり)
 ➀浪江DVD15分
 A地元団体(ヘルマンハープ演奏)15分
 B千代田信一さん(民謡)15分
 Cキビタンショー30分

3 書道パフォーマンス 13:30〜14:00位
 千葉県立袖ケ浦高校生いよる福島県へのメッセージ

会場&お問合せ:鎌取コミニュティセンター
住所: 〒266-0031 千葉県千葉市緑区おゆみ野3丁目15−2
電話:043-292-6131

Posted by なべちゃん at 14:27
情報誌「縁joy」H29年3月号を発行しました。 [2017年03月01日(Wed)]
情報誌「縁joy」3月号を発行しました。

情報紙「縁joy」は、福島県ふるさとふくしま交流・相談支援事業として
東日本大震災で被災し、千葉県内で暮らす皆様の不安や悲しみが少しでも軽減されるよう
そして、被災者に対しての理解が広まることを願って作成・発行しています。

[主な記事]

★待っています。 −団体紹介−
  千葉市:千葉市社会福祉協議会ボランティアセンター 所長 吉田政宏さん
吉田800IMGP3991.jpg


   
★3月の企画情報 県内団体主催の交流サロン、相談対応、交流企画

★こころと体の小ネタ  −こころと体の小ネタ 第22便− さんがつ

★電話相談「ほっとライン しゃくなげ・ちば」 毎月第一日曜日 13:00~17:00
  電話 043ー376ー3638 (社)千葉県臨床心理士会

ままカフェ@千葉商科大学=親子で遊びにきませんか? ママ・パパだけの参加も大歓迎!
 日  時:平成29年3月4日(土)・5日(日)  11時から15時まで開催
会  場:千葉商科大学 本館7階   最寄り駅:JR市川駅、京成国府台駅
参加費:無料
・ママがほっと一息お休みできる、お子様には楽しく遊べるスペースをご用意しています。
・個別相談ができます。(予約不要)
・避難先での悩み(住宅・賠償・就職その他)、子育ての悩み、何でもご相談ください。
・相談中、スタッフがお子様を見守ります。
お問い合わせ
主催:千葉商科大学 人間社会学部 TEL:047-371-2178
共催:ふくしま子ども支援センター(NPO法人ビーンズふくしま)

希望の牧場〜ふくしま〜 写真展と講演
原発事故が起きた時、多くの牧場主は、国が定めた被ばくした牛や豚の殺処分に泣く泣く応じました。
餓死させるのは忍びないと牛舎から放たれた牛や豚を「牛屋は牛を見殺しにできねえ」と立ち入り禁止内の牧場にとどまり、汚染された牧草を食べさせ動物たちの命をつなぎ続けている、牛飼い・吉澤さんの話を聞きます。原発事故による、もう一つの事実を知ることで、震災をもう一度思い起こしたいと思います。
日 時:2017年3月18日(土)   写真展示:13:00〜17:30
講 演:@13:30〜15:00 A15:30〜17:00(申込時にどちらかを指定してください)
会 場:千葉市生涯学習センター小ホール(JR千葉駅「中央改札口」を降り、千葉公園口から徒歩8分)
定 員:各回70人(受付先着順)   入場料:1回500円   講 師:吉澤 正巳さん
申込み・連絡先  わかば「お茶っこ」しよう会  電話1(プッシュホン)080-6501-7113
            メールochako@outlook.jp 締切り3/15キャンセルの時は必ず前日までに要連絡

『松戸・東北交流プロジェクト』の古宮さんより お引越しをお考えの避難者の皆様へ 
引越し料金割引の情報

ある避難者と引越し事業社との出会いと、その方たちのご尽力により、
引越し料金を割り引いて頂けることになりました。
ご希望の方は直接、下記にお問い合わせください。

お問い合わせ先
アリさんマークの引越社 
柏支店
電話1(プッシュホン)0120-722-626
担当 店長 広 様

詳しくは紙面をごらんください↓↓↓

3月表裏最終.pdf

3月中面最終.pdf

Posted by なべちゃん at 11:14
〜実際の電話相談の現場から〜「被災者支援のこれからを考える」 情報交換会を開催しました。 [2017年01月30日(Mon)]
〜実際の電話相談の現場から〜「被災者支援のこれからを考える」
講演&情報交換会を開催しました。


愛媛県の避難者を支援する団体「NPO法人えひめ311」を立ち上げて、避難者支援・交流会など企画・実施しながら、「よりそいホットライン」の電話相談にも関わっている澤上幸子さんのお話をうかがいました。

P1260398.JPG

四国各地への避難の状況です(以下、写真が見づらくて、すみません)
P1260401.JPG

避難されている方々が望んでおられるのは・・・
P1260402.JPG

P1260403.JPG

支援する側として大切にしていることをお話しいただきました。
P1260404.JPG

電話相談「よりそいホットライン」に関するお話で、東日本大震災直後は男性からの自殺に関する相談が多かったが、月日が経ち女性からのそういった相談が増えているというお話がありました。
ずっと言葉にできないまま、耐えていた女性の様子が想像されます。やはり忘れてはならないことであり、寄り添っていくことが必要なんだと 改めて強く感じました。

当事者でもあり、支援する側でもある澤上さんのお話を伺うことができたのは、たいへん貴重な経験でした。今後も県内の支援団体の方々とともに、情報交換会を続けていきたいと思います。
Posted by なべちゃん at 11:02
| 次へ
プロフィール

なべちゃんさんの画像
なべちゃん
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/nabe/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nabe/index2_0.xml