CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«持続可能な未来のために〜知ろう、使おうSDGs レポート | Main | 夏のフードドライブで寄贈食品を受け付けています»
「読みこなそう、使ってみよう〜データ&リサーチ」 [2019年07月31日(Wed)]

NPOプレゼント講座の3回目は、自分たちの取り組んでいる社会課題の「根拠」「説得力」を持たせるための、データ活用についての講座です。

市民活動の現場から提言をしたり、課題の論拠を明らかにするには、様々なデータや情報を集め、比べ、整理し、提示する技術が必要になってきます。

・データや情報は、どこから、誰から、どんなものを集めればいい?
・データや情報を引用する時に、注意すべき点は?
・欲しい情報を、データからどのように読み取ればいいか?
・アンケートなど自分で調べてデータを得る時のポイント、注意点は?

ニーズの背景にある課題をとらえ、科学的に分析する「社会調査」の手法や視点を学ぶ入門編です。

日時 2019年9月7日(土)13:30〜16:30
場所 浜松市男女共同参画・文化芸術活動推進センター あいホール(浜松市中区幸3-3-1)
講師 笹原恵さん(静岡大学情報学部 教授)
対象 市民活動団体・NPOの関係者、一般市民
参加費 資料代 500円
定員 30名
申込 以下のリンクのフォームから必要事項を入力してください。
qr_code.png(date).png

主催:(公財)静岡県労働者福祉基金協会
企画運営:(認特)浜松NPOネットワークセンター(N-Pocket)
後援:静岡県・静岡県労働金庫・一般社団法人 静岡県労働者福祉協議会

※台風、集中豪雨が想定されるなど、やむを得ない理由により中止する場合があります。あらかじめご了承おきください。開始・終了時刻が変更になる場合もありますので、最新情報は上記までお問い合わせください。

例えば多文化共生では、様々な数字を出して施策提言がされてきました。
在住外国人の高校進学率は、文科省の学校基本調査から中学校の外国人生徒数とその3年後の高校の外国人生徒数を比較した”高校生存率”を、高校進学率と近似するものとして使っています。
その数値から、「日本人の高校進学率が98%の時代に、在住外国人は約60%と低いので、高校進学に関する支援が必要」と、説得力を持って言うことができます。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント