CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«砂田麻美監督、来館! | Main | 「けいおん!」アンコール上映★»
世界メランコリック選手権 [2012年02月15日(Wed)]
明日、地球が無くなるとしたら・・・何をしますか?
私は何をするか考えているうちに最期を迎えてしまいそうです。
どうも、芋色眼鏡めがねです。


宮崎キネマ館の兄弟(だと勝手に思っているんですけど・・・)会社、
みやざきアートセンターにて、4月21日から5月27日まで、

「エヴァンゲリオン展」が開催されます。
(いよっ!やるね!ニクイねこのー!!)


そんなのとっくに知ってら〜という皆様。

このイベントは本当に待ち焦がれている人の多いイベント。

そんなエヴァ展、本日チラシが届きました。



あちらこちらで今日はうぉおおお!という雄叫びが聞こえてきたチラシであります。
現在キネマ館でも配布中。

いったい誰がメランコリってて、誰が正気の世界なのか。
いまだ判然としないまま、何も解決しないまま。
そんな、マイ・ベスト・メランコリック・アニメーションとして、芋色の中に君臨するエヴァ。

メランコリック=憂鬱。

だがしかし、メランコリックといえば、うちだって負けていません。

「メランコリア」

(c)2011 Zentropa Entertainments ApS27

自分の結婚式を、気分で台無しにした花嫁ジャスティン。
彼女にはもともと精神的に危うい部分があった。
傍らには彼女を庇護する姉夫婦。
そんな中、地球に向かっていると噂される惑星「メランコリア」の存在が発表される。

鬱々としていたジャスティンは世界の滅亡を感じ取ると、急に心が軽くなる。
一方で子どもを守ろうと恐慌状態に陥る、冷静だった姉。
当たらないと高をくくっていた姉の夫は―――



ってかキルスティン・ダンスト、顔こえぇ!!

鬱々とした演技は見事であります。



ただの天体ショーだと思っていた惑星が、地球にぶつかると確信した時。


その恐怖はちょっと想像しがたいほどのものだと思います。


そんな様子を上手く表現したのは姉役シャルロット・ゲンズブール。

「アンチ・クライスト」から、芋色としては、
フォン・トリアー監督の人、というイメージが強く付いております。


前半30分で、
「虫の居どころが悪い、いけ好かない女の結婚ぶち壊し話」・・・

・・・んだコイツむかつくな!


と観るのをやめちゃいやです・・・




誰に共感するか?


いざとなったら、自分はどのタイプに一番近いか。


それがテーマではないかもしれませんが、
心構えが出来ていても出来ていなくても、終わりというのはやってくるようです。


そんな「メランコリア」
3月17日から30日まで、2週間の上映。

ぜひ、お見逃しのないよう。
コメントする
コメント