CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「指輪をはめたい」 | Main | キネマ館のクリスマス»
もてる男はつらいよ [2011年12月19日(Mon)]
今日は良い匂いがするね、と言われて喜んでます、芋色眼鏡めがねです。
それ、さっき食べたどん兵衛のニオイじゃないよね?


さて、昨日「指輪をはめたい」について記載し、
もてる男の幸せな悩みについて考察(?)いたしました。


しかし、平成のモテ男が山田孝之や森山未来であれば、
昭和のモテ男だって黙っちゃあいません。


そう。



寅次郎アニキであります。




宮崎キネマ館では、毎年お正月の恒例イベントとして
「男はつらいよ」の上映を行っております。

今年は、長期間にわたりお客様にアンケートにご回答いただき、
「寅さんで1番見たい作品はどれ?」という問いから、作品を選出いたしました。

以下がその結果。


1位:寅次郎夕焼け小焼け

2位:寅次郎相合い傘

3位:寅次郎ハイビスカスの花

4位:浪花の恋の寅次郎




この4作を順繰りに、12月31日から1月6日まで、1週間毎日上映いたします。


寅さんって決してイケメンではないのに、何故かモテる。

an an 風に言うと(あくまでイメージ)オスの臭いを発してる、的なカンジ?
(とは言え、肉食ではございませんですね)




気持ちの良い予定調和と、美しいマドンナたち。
(今回は上から太地喜和子、浅丘ルリ子、浅丘ルリ子、松坂慶子です)

全国各地の美しい風景。

相変わらずの柴又の人たち。

飛び出す名言。



今年2011年を表す漢字は「絆」だったそうですが、
まさに家族の絆を感じさせてくれる、不朽のシリーズであります。



そんな寅さん、お得な前売り券を発売中です。
1枚1,000円で2作品、もしくはお2人でご覧いただけるチケット。
(つまり2作以上、もしくはお連れでいらっしゃる場合は500円で観られるという)


12月30日までの発売となっておりますので、是非お買い求めください。


ちなみに、当日券は800円となっております。


まだ寅さん観たことな〜い、という若者の皆さんも、
ぜひ、この機会に劇場でご覧になってみてはいかがでしょう?笑顔電球
コメントする
コメント