CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

石橋 園子さんの画像
石橋 園子
プロフィール
ブログ
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
みるて(myrtle)
和名:銀梅花、別名:ミルトス・マートル

 地中海沿岸原産のミルテという小さな木があります。
 常緑で香気を放ち、初夏に白い可憐な花を咲かせ、秋に黒紫色の実をつけます。
 愛、不死、純潔を象徴するので花嫁のブーケにも使われ、祝福の木ともいわれています。
 葉は料理に、実は食用になり、古来、人々に愛でられてきました。


 このブログには石橋園子の育児・育自をつづります。
 生活の中で感じたこと、考えたこと
 自家製天然酵母パン作り(時々パンの会を開催)
 家庭菜園
 ベビーダンス インストラクターの活動など
 
 
 *日本ベビーダンス協会:「赤ちゃんとコミュニケーションをとるダンス」で母子(父子)育児支援をする団体です。

  
  
こどもが形作るパン [2017年09月18日(Mon)]

私が子どもの頃、雨の日のお昼ご飯は
自分で作ったパンでした

理由は“遊びながら、ご飯が作れる”

久しぶりに子どもとパンを作りました
(生地は用意しておきました)

R8060695.jpg

8歳娘作:あんこロール

R8060693.jpg

6歳息子作:パンダパン?

R8060691.jpg

4歳息子作:まるまる(まだきれいにまるめるのは難しいですが、がんばってまるめました)

パンの中身は・・・
冷蔵庫や保存瓶の中にあった色々なものを入れています
なんでも良いのです

ピザ風になったり、おやき風になったり、餃子風になったり
形も様々なのが面白い

生地は粉をつけすぎると硬くなります・・・
でも、自分が作り
焼きたてであたたかいと
とっても美味しいのです^^

サラダと焼きたてパンでランチるんるん




いちじくジャム [2017年08月17日(Thu)]

いちじくが旬です
私の住む地域はいちじく農家さんもたくさんいます

いちじくのジャムを作りました
R8060651.jpg

【材料】
いちじく   鍋にいっぱい
氷砂糖    いちじくの半量程度(お好みで加減)

【作り方】
1.いちじくを洗いながら、軸を切る
2.水に半日浸す
3.3回湯でこぼす(アクの状態をみながら加減)
4.お湯をしっかりながしてから、氷砂糖を入れて煮詰める
  とろみが出て来たら完成

「梅ジャム」や「すももジャム」など食べれる皮のあるものは
上記の方法で作っています
すっきりした甘さと自然な色を活かしたいときは
氷砂糖を使っています

かき氷にかけると贅沢かき氷になります^^
ミニトマト と プラ板 [2017年08月15日(Tue)]

ミニトマトが旬です
今年は有機種子(固定種)を4月初めに蒔き
7月中旬から収穫しています

ミニトマトの種を蒔いたのですが、
一本だけ中トマト?が実ります

R8060632.jpg


この種を収穫して来年蒔いたら、
また中トマトができるのか?
挑戦してみたいと思っています

【プラ板】
子ども達はプラ板でキーホルダーや指輪をつくるのが
ちょこっとブーム
R8060627.jpg

あおむしの指輪
R8060630.jpg

ひまわり
R8060629.jpg

かぶとむし

ひまわりは私のカバンにつけています
子どもの絵を身近に感じられるアイテムです

名付けて「もぐら」とうもろこし [2017年08月06日(Sun)]

小さなトウモロコシを収穫しました。
肥料も日光も不足していたのですね・・・

R8060636.jpg
(6歳の息子が持っています)

6歳と4歳の息子はこのトウモロコシを
「もぐら」と名付け
大切にしています

R8060638.jpg


といっても、粒は食べました
(とても甘かったです)
その残りの状態を白い紙に包んで
飾っています

小さくて不完全なものとはとらえず、
それをそのまま大切なものとして受け入れる力
その力は強い弱いではなく
大きい小さいではく
温かいと表現したい


もも酵母 と 子どもの好きな事〜そうめん流しにて〜 [2017年07月20日(Thu)]

近所に「もも」直売店があります。
5〜6個で600円 おまけがつくことも!?
その「もも」で酵母を育てました。

R8060623.jpg


もも酵母を使ったパンは、少し酸味があるように思います。
でも2日常温に置いておくと、酸味がほぼなくなるのです。
天然酵母のパンは成熟するのも魅力ですね。

【子どもの好きな事〜そうめん流しにて〜】
竹を切り出し、そうめん流しをしました。
ついでに竹カップ、竹箸、竹皿を作り、竹づくし。
R8060625.jpg

4歳の次男は、お手伝いが大好き。
特に大人がすることをしたいのです。
大人へのあこがれ。
お手伝いが上手にできると
「もうおとな?」
「おとなになったでしょ〜」と笑顔^^

あこがれは成長の原動力です。

そうめん流しでもお手伝いをしてくれました。
下流に場所をとって、ザルに入ったそうめんを
上流に運んだり、
ミニトマトやブルーベリーも流してくれました。

そして、最後は・・・
6歳のお兄ちゃんと豪快にホースで水のかけ合い。
キャーキャー笑いながら遊んでいました。
これが一番好きなのだと思います^^

すももジャム と 子どもたちの好きなこと [2017年07月05日(Wed)]

子どもたちで収穫してくれた
「すもも」をジャムにしました。
R8060615.jpg

(写真はまだ種が入っている状態のジャム)

小学校1年生の息子は収集好き。
学校には息子の収集心をくすぐるものが沢山!
4月は”たんぽぽ”を袋一杯に。
5月は”たけのこ”(細い種類)を何本もかかえて。
6月は”すもも”を袋一杯に。
7月は毎日のように学校の畑で作って収穫した”きゅうり”を
持って帰って来てくれます。
食べたいという基本的欲求から収集していると思われます・・・

小学校2年生の娘は読書が大好き。
食事より読書
お風呂より読書
着替えるより読書
寝るより読書
宿題より読書
遊ぶより読書(のときもある)
トイレで読書
日常生活に支障が出るレベルです・・・
そしてつい怒ってしまう・・・と娘に
「怒ったらダメ。怒るからいけないの。」と諭される。

親野智可等さんの著書「子どもを伸ばす親の力」には
”読書こそが子どもを伸ばす”の章に
・語彙が増え、読解力、表現力、思考力が伸びる
・一生涯にわたって成長できる
とありました。

あ、私がもっと読書をすべきかも・・・

年中の次男の好きな事は・・・長くなったので、
次回書く事にします^^

暑い日が続きますね。



梅ジャム と お膝で宿題 [2017年06月20日(Tue)]

梅ジャムを作りました。
今年は梅の収穫量が少なかったのですが、
梅一粒一粒が大きく
アクが少なかったように思います

R8060613.jpg


【お膝で宿題】
「おかあさんはぼくのことをみてくれない(怒り)」
「ぼくのことすぐおこる(怒り)」
「おかあさんはぼくのことすきじゃないんだ(怒り)」
 と言う小1の息子
話を聴くと
「がっこうでがんばっているから、ぼくつかれているの」
とのこと
家では甘えていいこと、
全てのことはできないが、
おかあさんに何をしてほしいか言ってほしいことを伝えると
「おかあさんのおひざにすわってしゅくだいをしたいの」
「ぎゅっとしてほしいの」

かわいいなあと思いつつ
4歳の下の息子に手をかけすぎていたと反省

私のお膝で宿題をし、ぎゅっと抱きしめています
心なしか4歳の息子とのけんかも
私への怒りも少なくなったように思います

そうと思えば
小学2年の娘から
「さいきん、おかあさんとねていない(怒り)」
と言われました

3人の子どもたちにかかわるバランスに日々苦戦しています(苦笑)




 
 
 
ワイルドベリーの酵母 と 宿泊学習 [2017年06月01日(Thu)]

今年もワイルドベリーが豊作でした
昨年より甘くなったように思います

酵母をつくりました
R8060605.jpg

蓋を開けると・・・気泡が瓶の底から沸き上がります
R8060606.jpg

パンを焼きました
R8060607.jpg

ほんのりワイルドベリーの香りと色です

【宿泊学習】
光風台三育小学校は全校生徒で宿泊学習に行きます
1年生の息子はちょっとだけ「ふあん」でママにべったり
でも、出かける朝に自ら
「おねえちゃんが一緒だからだいじょうぶ」と言いました

行動は縦割り班(ファミリー別という)で、
上級生がしっかりサポートしてくれます

帰ってくると
「おにいちゃんたちと楽しかった!」
と満足した表情で宿泊学習の出来事など話をしてくれました
自信になったようです

私はほっとしたような寂しいような・・・
家族の中で私が一番「不安」だったのかもしれませんね

下の写真はビーチコーミングで集めた貝やシーグラスです
R8060603.jpg

人の出会いと
経験が成長させてくれるのだと思います

「自立しているからこそ
多くの人々と本当に出会うことができ、
ともに生きることが可能になる」
(樋口恵子 評論家、東京家政大学名誉教授 1932〜)
粉と水で育てた天然酵母パン と 小学1年生かるたをつくる [2017年06月01日(Thu)]

自家製天然酵母を育てて6年以上になりました
以前読んだ本に粉と水で酵母を育てると書いてある事を思い出し
粉と水だけで酵母を育てています

素材の味が引き立つパンが焼けました
粉の味がよくわかります
R8060573.jpg

R8060574.jpg


【小学1年生かるたをつくる】
小学1年生の息子は国語の時間に「かるた」をつくった!
と見せてくれました。皆で何回か遊びました!
(文章をつくる練習だそうです)

まずは虫シリーズ
R8060586.jpgR8060598.jpgR8060589.jpgR8060587.jpg
「む」むしがとぶ
「は」はさみむしはかっこいい
「か」かぶとむしがとんでいる
「こ」こがねむしおかねもち

今ほしいものシリーズ
R8060590.jpgR8060584.jpg
「は」はむすたあがいる
「に」にわとりとひよこどっちもかわいい

虫と図鑑が大好きな気持ちが表れている
息子らしい絵と文章だなあと思います
夏にはどんな日記を書くのか楽しみです
みかんの花 と 子どもの種蒔き [2017年05月18日(Thu)]

みかんの花が咲きましたかわいい
昨年、房総十字園みかん狩り園で購入した苗です
購入した時には5つ実がついていました

R8060569.jpg


今年はいくつ実がなるでしょう?

【子どもの種蒔き】
ゴールデンウィークに耕した小さな畑に
子ども達はそれぞれの思いを胸に種蒔き、苗植えをしました

7歳長女は、秘密の花園をつくりたいと
「ワイルドフラワー(カラフルガーデン)」
(様々な花が次々と咲く)種を蒔きました

6歳長男は、クリスマスプレゼントにハムスターを希望
ハムスターの餌になるよう「ひまわり」の種を蒔きました
それから大好きな「とうもろこし」の種も蒔きました

4歳次男は、サラダが大好きなので
「ミニトマト」の種を蒔き、「きゅうり」の苗を植えました

3人の蒔いた種、苗は順調に育っています
花や収穫が楽しみです
| 次へ