CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
greengreen
日々感じたことを書いていきたいと思います。
« 花・植物 | Main | 二戸市シビックセンター »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
あめふり
出来上がり! (03/17) tsubaki
二戸の手仕事展 (11/19) takaya tomoka
二戸の手仕事展 (11/18) mutsumi
ステキなブローチ (01/12) あめふり
雪見猫 (12/28) あめふり
夏小物 (06/21) あめふり
春待つ心 (03/09) okin_
花心 (01/04) tsubaki
今年初の編み物 (01/31) 親方
今年初の編み物 (01/31)
最新トラックバック
月別アーカイブ
2016.3.11[2016年03月11日(Fri)]

2016.3.11  14.:46

あの日と同じ場所にいます


3月11日[2013年03月11日(Mon)]

2011.3.11

2013年3月11日 14時46分

2年前の3月11日 14時46分 あの日と同じ場所にいます
二戸から野田村、普代村へU[2011年11月28日(Mon)]

二戸から野田村、普代村へU



生きるということ

15.5mの防潮堤 命を繋ぐもの

2011.3.11 あの日止まったままの列車

普代駅で震災写真展



二戸から野田、普代方面へT[2011年11月26日(Sat)]

今日は、野田村、普代村へ出かけます

今朝の二戸は雪・雪・雪

さて沿岸方面はどんなお天気でしょうか

二戸スポセン出発 気温2℃

折爪トンネルを抜けてもやはりそこは雪景色

野田村はキレイナ青空

役場から 海岸方面を見ると本当に何も無い状態


8ヶ月経った今も瓦礫の片付け、生活環境の整備など

まだまだ時間のかかる中

少しでも早い日常へ向かう希望の笑顔

その笑顔に誘われ まるきんさんへ

みんなで純生ロールケーキを買わせていただきました




その後、えぼし荘にて 野田塩作りの体験



およそ20gの塩完成です  つづく・・・


4月11日[2011年04月11日(Mon)]
 
 祈り


希望のチカラ[2011年04月07日(Thu)]

今日も暖かな一日でした ホッとします

夕方のTVニュースで

気仙沼の避難所で 小学生が発行している

「ファイト新聞」のことを取り上げていました

どうして作ろうと思ったのという問いに子どもたちは

 ・みんなさみしいかなって思い作りました

 ・本当の新聞は暗い話ばかりなので明るい話で新聞を作りました

 ・みんなが笑顔になるような記事を書いてます

 ・温かくハッピーなニュースを書いていきたい  等など


避難所で生活する人たちに元気を与えています

子どもたちの考えや行動そして思いが

きっと未来へ繋ぐ希望の光、そしてチカラとなることでしょう

いろんな場所でたくさんの小さな力、思いが

いっぱいいっぱい溢れています


春です[2011年04月03日(Sun)]
春の日差しにココロも暖かくなるといいですね


猪瀬直樹さんのツイッターでみた

「希望のえんぴつ」プロジェクトの記事について

宮城県女川町の子どもたちに文房具をということで

特定非営利活動法人 愛伝舎が立ち上げたプロジェクト

みんなの力で、子どもたちに、未来を描くため

「希望のえんぴつ」を贈ろう というものです

岩手県陸前高田市の華蔵寺さんでも

子どもたちの文房具ヘルプのようです


これって他の学校や子どもたちは?どうしてるの?

必要な時に、必要な所へ、必要な物が届くこと

とくに新学期を迎える教育関係には

周りからも話を聞いてみようと思います


今日の私[2011年03月26日(Sat)]
3月26日
今日は、ほんとなら盛岡市民文化ホールで
めざましクラシックスin盛岡 に行くはずでした
とても楽しみにしてたんですけど中止になり残念です
でもきっといつか会える日がくることと思います
大震災後、各種イベント、コンサート等が
自粛、中止となっています
みんながみんな自粛しなければならないのか
どうか・・・ ですね


gooニュースで
 「サバイバーギルティー」に注意 という記事が

地震発生後、毎日のようにテレビから流れる映像
おそらく全国民が毎日のようにテレビの前で
ニュースに耳を傾けご覧になったことでしょう
このショッキングな映像を繰り返し見過ぎると陥る
「サバイバーギルティー」 (助かったものが罪悪感を感じる事)
これは、芸能人 品川祐さんのお姉さんの
Harumiさんのブログに書かれていたものだそうです
私もブログ読ませていただきました
被災しなかった人たちがサバイバーギルティーにならないために
 自分の家族や仕事を大事にしましょう
 自分たちの生活を今まで通り送ること 等々
が大切であるということでした
少し気持ちが楽になりました


コンサート中止で私たち 女の子 ×4人
せっかくなのでお昼を一緒に
もちろん話題は 地震・原発・政治
そしてこの中のTさんのお嬢さんは
今回二戸で地すべり被害にあった方です
そのことも含め私たちにできることは何かなど
久しぶりに話しました
話せる友人 (お姉さま方) がいることは
いつも助けられます、シアワセなことです


3月20日[2011年03月20日(Sun)]
二戸市の救援物資を受付を行っている

カシオペアメッセなにゃーとへ

わずかながらのタオルと毛布を

みなさんのひとりひとりの小さなできる事が

少し大きくなり

今、必要としている人たちに思いとともに

届きますように


被災、卒業、母の思い[2011年03月19日(Sat)]
2011年3月11日 あれから一週間が経ちました

毎日、時が刻まれ日々が過ぎゆくなか

3月18日 被災地である宮古市の小学校の卒業の様子

校長先生が、

  ちゃんと卒業式をしてあげられず申し訳ありません と

そして ひとりのお母さんが、

  ランドセルをしょって6年間めんどうを看てくれ

  ありがとうございました

  何もお礼をしないでいくのも気が引けるので

  地震のとき 子供たちを避難させてくれ

  無事に親元へ返してくれてありがとうございました

  この子供たちは、この経験で負けない強い子供たちになるはずです

  感謝しています

というような内容でお礼を述べていました

胸がしめつけられる思いです

今日、3月18日はここ二戸市でも小学校の卒業式が行なわれました

それぞれにいろんな思いを抱いての平成23年3月18日

みなさんの輝く未来に幸多かれとお祈りいたします


| 次へ
プロフィール

tsubakiさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/mygreen/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mygreen/index2_0.xml