CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
バングラデシュへミャンマー系の先住民族を訪ねる 第3回 マハムニ母子寮へ立ち寄る [2016年12月28日(Wed)]

ネーカウンラー(お元気ですか)。MFCGボランティア会員の鈴木一登と申します。普段は栃木県の回復期リハビリテーション病院で作業療法士として働いています。

週替わりでMFCGとミャンマーにまつわる話題を書き綴っている当ブログですが、私は数回にわけてチッタゴン丘陵(ミャンマー系の少数民族が暮らすバングラデシュ東部の丘陵地帯)を訪れた話を書いています。

「バングラデシュへミャンマー系の先住民族を訪ねる 第2回」の内容

       ※

マハムニ母子寮の門をくぐると、さまざまな年齢の子どもたちが20人くらい走り回っているのが見えました。子どもたちの向こう側には、コンクリートでできた二階建ての古びた建物が見えました。

子どもたちのほうへ向かって歩いていくと、彼らはすぐに私に気づき、ボール遊びをやめて駆け寄ってきました。ベンガル人の子もいればモンゴロイド系の子もいました。

bangladesh0143.jpg

そして私を見るなり、みんなが両手をあわせ次々に「こんにちは!」「こんにちは!」と日本語でいいました。私も急いで「こんにちは!」「こんにちは!」とあいさつを返していると、二階建ての建物からベンガル人の男が出てきました。

私はまず彼に自己紹介をしてから、マハムニへ来た理由などを説明しました。彼は喜んでマハムニ母子寮のあちこちを案内してくれて、子どもたちの日々の暮らしについて教えてくれました。

マハムニ母子寮は、もともとはバングラデシュがパキスタンから独立する際の戦争で寡婦となった女性とその子どもたちを救済するために、ワタナベ・テンジョウさんという日本人のお坊さんが1976年に設立した施設とのこと(イスラム教国であるバングラデシュでは、寡婦となった女性がひとりで子どもを育てることはとても難しいそうです)

現在では100人以上の子どもたちがここで暮らしており、みな親がいない孤児であり、ここで暮らしながら近所の学校に通っているとのこと。子ども達の生活費や学費は、日本の仏教関係者からの寄付金でまかなわれているとのことでした。

bangladesh0121.jpg

bangladesh0123.jpg

bangladesh0452.jpg

bangladesh0145.jpg

bangladesh0464.jpg

住職の部屋の壁には、ふたりのお坊さんの写真がありました。ひとりは赤い袈裟(ミャンマーのお坊さんが着ている袈裟)を着ており、もうひとりは黄色い袈裟(タイのお坊さんが着ている袈裟)を着ていました。黄色い袈裟を着たお坊さんの写真の額縁には、まだ新しい白黒の帯が掛けられており、その人(福井さん)が最近亡くなったことを示していました。

bangladesh0130.jpg

そして(2008年)現在は日本人の管理者がいないため、ベンガル人である彼が住職に替わってマハムニ母子寮を管理しているが、日本の仏教界とのコネクションが希薄になってしまったため、寄付金が集まりにくく運営にも苦労しているということも教えてくれました。

赤い袈裟を着ているお坊さんがマハムニ母子寮を設立した渡辺天城(テンジョウ)さんというかたでした。中庭にはテンジョウさんの石像があり簡単な略歴も記されていました。

マハムニ母子寮をくまなく案内してもらっているうちに、陽が傾いてきていました。小さい子どもたちはまだ庭で遊んでいましたが、すこし年長の女の子たちはチャパティを焼いたりゆで卵をゆでたりして夕ご飯のしたくをはじめていました。

その男性はここで一緒にごはんを食べて、泊まっていったらいいと提案してくれましたが、宿に荷物をぜんぶ置いてきていたこともあり、後ろ髪をひかれる思いでマハムニをあとにしました。

bangladesh0150.jpg

再びパハルトリまで歩き、通りかかったバスに乗ってすっかり暗くなったチッタゴンの喧噪の中に帰ってくると、半日前にマハムニで過ごしていた時間が夢のように感じられました。

私が次に向かったのは、マハムニ母子寮の存在を教えてくれた謎のベンガル語ペラペラ男がひと足先に向かっているバンドルボンです。バンドルボンはミャンマー人の親戚ともいえるマルマ族が多く住む村として知られています。

 次の回へ続きます。





---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Posted by 鈴木 at 23:39
ヤンゴンでNGOイベントに参加しました! [2016年12月21日(Wed)]


こんにちは、Keikoです。12月11日、ヤンゴンのビジネスビルで初めて開かれた日本のNGOが集まるイベントに、現地スタッフ全員(名知・医師・準助産師・ドライバー)が参加しました。

15492234_10209953041015811_7640043159579825870_n.jpg

参加目的は、ミャンマーのたくさんの方にMFCGの活動を知っていただくこともありますが、それ以上に現地スタッフに他のNGOの活動を知り、自分たちの活動の意義を考え、意識を高めてもらうことでした。というのも、普段、現地スタッフたちは活動拠点であるミャウンミャから出ることはほとんどなく、自分たちの活動の重要性や特徴を客観的に考えることも人に伝えることもないからです。
そこで、事前に下記のような課題を出し、他の団体について勉強してもらいました。

15621952_10209953040255792_4544873659393582398_n.jpg

課題 1) ミャンマーでの他のNGOの活動を知る
 ・NGOの名前
 ・どんな活動?
 ・どこで?
課題 2) 他のNGOと良い関係を作る
課題 3) 自分の人生やMFCGのプログラムに刺激を与えるような良い事柄を得る

そして当日…他の6つの団体が行っている難民支援やフェアトレード支援などの活動内容を初めて知り、活動期間の長さなどにもびっくり。自分たちのブースでは、MFCGならではの血圧測定や体重測定を行ったり、パンフレットを配って自分たちの活動を来場者に説明。開催場所が日系企業が多く入っているビルのため日本人の来場者も多く、そういう方たちには自分たちは読めない日本語のミタアース通信(MFCGの会員さん向け定期刊行物)を渡しました。また、歯ブラシと石鹸を来場者に見せ、村の生活の説明もしました。
こうした彼らの努力のおかげで寄付金も集まり、とてもありがたく有意義なイベント参加となりました。

15542134_10209953040935809_683898678744209177_n.jpg

更に、この体験を深めるため、ミャウンミャに戻るとすぐにミーティング。
印象的だったことや学んだこと、意見などを洗い出し、自分たちの今後の活動にどう役立てるかを話し合いました。なかでもキーワードとなったのが「Unity(一致団結)」。日頃忙しくて、チームワークであることをついつい忘れてしまいがちななか、活動の基本を体感できたことはとても大きな収穫でした。

15492184_10209953040895808_7204211675108903448_n.jpg

15622451_10209953040815806_2225986935281642508_n.jpg

2017年はMFCG創設から5年の節目。これからも、時折立ち止まり、自分たちの活動を改めて考えながら、安定的で継続的な支援を目指していこうと思っております。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 戸村 at 07:20
ミャンマーの人との出会い(1) [2016年12月13日(Tue)]

ブログメンバー/理事の亀山です。

ミャンマー祭りが終わり2週間が過ぎ、気付けば今年もあと半月です。
今回のミャンマー祭りで私は昨年に続き「日本・ミャンマー交流写真展」で写真を40点、展示していました。
祭り期間中、ほぼ写真展会場に居たのですがその「ミャンマーのどこに惹かれますか?」と聞かれたことが何度かありました。
私は「ミャンマーに暮らす人たちとの出会いです」と答えていました。

20161214-002.jpg

展示していた中の1枚がこの写真で、このようなコメントを添えていました。
「彼女に初めて会ったときは確か7才、写真集「Thanaka」に写っている。今は17才で高校生、身長が私とあまり変わらない。将来は歌手になりたいと話していた。彼女の生い立ちを聞くと複雑だが、5歳から仏像彫りの一家に身を寄せて暮らしている。」

彼女と出会ったのは2006年末、シャン州のインレー湖でガイドさんと一緒にレチェ村を歩いていたときでした。インレー湖で暮らす人たちの多くは漁業か農業に従事していますが、この村は様々な職人が集まっている村だと聞いていました。ボードのエンジンを修理する工場、寺院の装飾を作る工房、そして仏像彫りの職人の家がありました。

仏像彫りの様子が面白くてしばらく見ていたら女の子がじっと此方を見ていました。なんとなく私の持っていたカメラに興味がありそうだったのでカメラを構えて何枚か撮るとニコニコしながらどこかに行ってしまいました。少し経つと両手に男の子を連れてまた現れました。

20161214-001.jpg

彼女の名前はPhyu Hinn Thwe、当時は7歳でした。ここの仏像屋さんに居るのでここの娘さんと思っていたのですが後にそうではない事がわかりました。彼女が4歳の頃両親が事故か何かで亡くなってしまい、親戚のところを転々としてここに連れて来られたそうです。ここには7人くらいの人が集まって暮らしています。「7人くらい」と曖昧に書いたのは訪れる度に変わっているように思えるため正確にわからないためです。
ここには大体毎回立ち寄って話をしたり写真を撮ってきて10年が経ち彼女も17歳になっていました。前回彼女に会ったのが2014年夏だったのですが背が伸びていたのが1番驚きました。多分15センチくらい伸びたように見えます。

他にも何箇所か毎寄るところはあるのですがこの仏像屋さんと彼女たちを通してミャンマーの光と陰、慎ましい幸せと厳しい現実を知ることになりました。ここも私がMFCGを支援しているきっかけの大きなひとつです。

仏像屋さんのことは主人を始めいろいろあるのでまた別の機会にまた書きたいと思います。

ミャンマーファミリークリニックと菜園の会では来年2月にMFCGが活動している村を訪れるスタディツアーを開催します。現在募集中ですので詳しくはこちらをご覧ください。

また、MFCGでは1月21日に寄付の問題を提起し話題の映画「ポバティ・インク〜あなたの寄付の不都合な真実〜」上映会を開催します。詳しくは間も無くMFCGのホームページやこちらでもご案内いたします。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 亀山 at 19:34
大盛況のミャンマー祭り2016(その2)& MFCGスタディーツアー [2016年12月07日(Wed)]

こんにちは! ブログチームの今日子です。

盛況だった増上寺でのミャンマー祭りからあっと言う間に10日が過ぎ、その間、代表の名知仁子は名古屋、大阪、奈良、東京で講演をさせていただき、昨日、ミャンマーの現場へと戻っていきました。
足を運んで講話に耳を傾けてくださった方々、ご寄付をいただいた方々ありがとうございました。

ミャンマー祭りの話に戻りますが、私は、昨年に続きブースでお手伝いさせていただきました。
前回のブログでご紹介したとおり、今年はミャンマーの暮らしに関するクイズをきっかけに、みなさんとお話しながらMFCGの活動を知ってもらうことを目標にしました。(前回のブログ→大盛況のミャンマー祭り2016(その1)

IMG_20161126_160742.jpg

初日午後の短い時間のお手伝いだけでしたが、MFCGのブースをわざわざ探して来てくれた来場者の方で、「テレビ(2015年6月放送)で名知さんを見て」という方が少なくなく、放送を心にとめて訪ねてくださったこと、そしてTVの影響力に改めて感心しました。
(テレビ東京「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」→東南アジア・ミャンマーの秘境の村で、貧しい人達の命を救う日本人女性医師
MFCGの活動を伝えるという意味では、テレビ同様、このMFCGのブログも発信の場であるので、これからもきちんと活動の内容や成果をお伝えしていきたいと考えました。

また、自身の乳ガンなど大病を乗り越えて、無医村での医療活動にあたる名知に感銘を受けて、という方なども多く、支援のお言葉やご寄付をいただきました。

ミャンマー祭りなので、当然といえば当然のことですが、多くのミャンマー人の方もブースを訪ねてくださり、名知やスタッフに激励の言葉をかけてくれました。
中には、さっと立ち寄って募金をしてくれる方も。

どこかでMFCGを知ったのですか?」とうかがうと、「テレビで」「知り合いからミャンマーの貧しい村を助けてくれていると聞いた」と答えてくれました。
ご寄付をありがとうございます」とお礼を伝えると、
私たちこそ“ありがとうございます”です。私たちに代わって、貧しい人達を助けてくれて本当に感謝しています」と返ってきて、ミャンマーの人の優しい心持ち触れた思いがし、ますます頑張ろう!という気持ちになりました。

さて、MFCGのブース以外では、日本・ミャンマー交流写真展併設企画 「亀山仁&兵頭千夏 二人展」をのぞきました。

MFCGの理事で、写真家としても活躍する亀山仁が昨年に引き続き、ミャンマーの風景や人物をモノクロの写真で紹介していました。

IMG_20161126_162107.jpg
トレードマーク(?)のシャンバッグを肩にかけて立つ亀山仁

写真には、風景や人に関する2、3行のエピソードが添えられてあり、多くの人が1つひとつ立ち止まって読んでいるのが印象的でした。
昨年よりも多くの人が訪れてくれ、写真集を求めてくれる人も多く嬉しいと、亀山。

日本・ミャンマー交流写真展では、日本とミャンマーからの応募写真のなかから、ミャンマー大使や、安倍昭恵首相夫人、協賛スポンサーそしてミャンマー祭り実行委員長に選ばれた受賞写真などが並んでいました。

IMG_20161126_161110.jpg
日本・ミャンマー交流写真展で受賞した写真の数々

IMG_20161126_161642.jpg
安倍昭恵賞首相夫人ご自身が撮られたステキな写真も展示されていました。

「昨年より応募写真のレベルが高くなって、常連だった方の写真が選ばれなかったり、とずいぶん変わったよ」と亀山。
ミャンマーに行かれる方はぜひミャンマー祭りでの写真展を目指して、シャッターを切ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに2017年2月5日(日)〜2月12日(日)の期間で、私たちが活動をする無医村に同行し、皆様のご理解を深めていただくスタディツアーを開催します。日時が合えば、ぜひ参加してみませんか。詳細はこちら→名知仁子と行く無医村スタディツアー参加者募集中!

10985593_10204913231143714_3698283583798766041_n.jpg
MFCGの活動の中心であるミャンマーの農村では、実際に名知とともに、村を訪ね、人々と交流する機会もたっぷりあります。

MFCGでは、常時ボランティアスタッフを募集しています!
ミャンマー祭りのブースでのお手伝いや、都内でのミャンマー人のための無料診療などのお手伝いも募集しています。われこそはと思う方は、ぜひお気軽にご連絡ください。お待ちしております!


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 伊藤 at 22:06