CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
ミャンマー料理レストラン「マリカ」さんに聞くAミャンマーのこと、日本のこと [2016年08月29日(Mon)]

ブログチームのKeikoです。前回の「ミャンマー料理って?」に続き、今回も高田馬場にあるミャンマー料理レストラン「マリカ」のご主人デビットさんと奥様のロイセンさんをフィーチャー。MFCGのイベント「ミャンマー料理を楽しむ会」を縁の下の力持ちで支えてくださっています。

この日はミャンマーから帰国中の代表の名知(右側で嬉しそうに笑っております)も参加し、デビットさん(一番奥の白いシャツ)とロイセンさん(お隣の素敵な笑顔)のお料理をみんなで美味しくいただきました。

14088571_10153360551279649_107173789920705299_n 2.jpg

デビットさんとMFCGの出会いは7年ほど前。名知が都内でミャンマーの方たち向けの無料健康相談会を開催した時、人づてにその計画を聞いたデビットさんがお店に来るミャンマーの方たちに告知してくださったのがきっかけです。また、ミャンマーでの本格的な活動を控えた名知を見て「先生が現地の食事で困らないように」とメニューにない料理を名知に食べさせ、応援してくださいました。

そんなデビットさんが日本に来たのはバブルが終わる1990年代前半。着いてすぐ、電車が数分ごとに走っていることにびっくり。そして、ミャンマーの若者の間で大人気だった菊池桃子さん(女優か歌手かも分からないけれど、皆、学生寮の部屋に彼女のポスターを貼っていたそうです)をテレビCMで見て「やっぱりきれい」と感動。更に、ミャンマーで見ていた日本人俳優「ヘンリー・サナダ」の映画をレンタルビデオ屋で探したけれど見つからずがっかり。「ヘンリー」は海外版で日本では「真田広之」だと、のちに判明。

一方、日本に来る前のデビットさんはヤンゴンの大学に通う前途有望な学生でした。当時、地方からヤンゴンの大学に進学できるのは成績優秀な若者ほんの一握り。デビットさんと同じ北部カチン州出身の同級生は120人中わずか3人だったそうです。
しかし、社会主義政権下の閉鎖的経済政策等による経済の低迷。インフレ抑制を狙った高額紙幣の廃止。そして1988年、学生を中心とした民主化運動が全国に広がり、それを鎮圧した国軍がクーデターで政権を掌握。その変化をヤンゴンで目の当たりにしてきたデビットさんは、公務員になる目標を180度変え、ミャンマーを出る決意をしました。その後、紆余曲折を経て日本で難民申請、2008年に「マリカ」を開業しました。

デビットさんのミャンマーおすすめポイントは国内各地にある寺院はもちろんですが、それ以上に故郷カチン州の大自然。未だ幻と言われる標高5800メートル超のカカボラジ山を有し、山間を2本の川が流れています。店名「マリカ」はこのうちの1本の川の名前。そしてこの2本が合流するとミャンマーの中心を南北に流れる大河エーヤワディー川となります。
(写真はバガンを流れるエーヤワディー川)

14125479_10210456840688208_4161483463312876537_o.jpg

ただ、デビットさんが最近のミャンマーで非常に残念だと感じていることがあります。それは、経済が成長するにつれ他人を思いやる心が薄れていること。かつて道路脇の木陰には必ずや水が置いてあったそうです。それは、暑いなかを歩く他の人を気遣って「どうぞご自由にお飲みください」という心。しかし何年か前に久しぶりに母国に帰ったとき、「自分だけで後のことは関係ない」という態度が見え隠れしたと言います。

また、130を超える民族が暮らすミャンマーだからこそ、その違いを大切にして欲しいと願っています。デビットさんが子供の頃は共通言語であるビルマ語だけではなく、カチンの言葉も大切に次世代へと引き継がれていたそうです。

これからますます変貌を遂げるであろうミャンマー。デビットさんが思い描く10年後は、それぞれの文化や習慣を互いに尊重しあいながら、かつミャンマーというひとつの国のもとでみんなが成長していく姿。そのために日本にいる自分に何ができるのか、常にそれを考え行動しています。

インタビューの最後にデビットさんにMFCGに期待することも尋ねてみました。すると「現在南西部を中心にしている活動拠点を北部にも広げて欲しい。MFCGが行っている医療を必要としている地域はまだまだある。そのために私も名知さんを応援する」と。とてもありがたいお言葉です。しかしこれは同時に私たちへの訓辞でもあると受け止めています。

10月1日にまた「ミャンマー料理を楽しむ会」を開催します。デビットさんご夫妻のお料理をどうぞ食べにいらしてください。


☆オリエンタルキッチン マリカ:JR高田馬場駅より徒歩5分/東西線高田馬場駅より徒歩1分
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13099070/



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への参加方法(寄付または会員)はこちらです。
http://mfcg.or.jp/donation/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページはこちらです。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 戸村 at 07:48
ミャンマー中西部における地震について [2016年08月26日(Fri)]

いつもMFCGミタァース便りをご覧いただきありがとうございます。

更新およびご連絡が遅くなり申し訳ございませんが、ミャンマー中西部で発生した地震につきまして、在ミャンマー日本大使館からの地震情報が発表されましたので、共有させていただきます。
亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被害が最小限となり、一日でも早く現地の人々の暮らしが元どおりに戻ることを願っております。

=====================================
【緊急:在ミャンマー日本大使館からの地震情報】
★ We pray for all on Myanmar ★
在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ ★(緊急一斉メール)★
**********************************
在留邦人の皆様へ
旅行中の皆様へ   平成28年8月24日在ミャンマー日本国大使館
     ミャンマー中西部における地震について
※ 本お知らせは,御家族や勤務先,知人の方等とも広く共有してください。
 ミャンマー情報省の発表によれば,24日(水)午後5時5分頃,ミャンマー中西部で地震が発生し,家屋,学校,パゴタなどが倒壊又は損壊する被害が出ています。特に,マンダレー地域バガンではパゴタ94基に被害が出ている模様です。震源地はマグウェ地域チャウ(Chauk)地区の西約20キロで,マグニチュードは6.8,震源の深さはおよそ84キロです。
 また,報道等によれば,マグウェ地域に於いて死者が複数出ている由です。
 22時現在,邦人の方の被害は報告されておりませんが,お近くで怪我をされた方などがいらっしゃれば,大使館までご一報いただきますようお願いいたします。
 引き続き,地震が発生することも想定されますので,邦人の皆様におかれましては,倒壊のおそれのある建物には絶対近づかないようにしてください。特に雨が強く降った後など,地盤が緩んでいる場所ではダメージを受けた建物の倒壊・損壊が起こりやすくなりますので,十分ご注意ください。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への参加方法(寄付または会員)はこちらです。
http://mfcg.or.jp/donation/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページはこちらです。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 伊藤 at 23:04
ミャンマー料理レストラン「マリカ」さんに聞く@ミャンマー料理って? [2016年08月24日(Wed)]

新たにブログチームに加わったKeikoです。宜しくお願い致します。
初投稿のテーマは高田馬場にあるミャンマー料理レストラン「マリカ」のご主人デビットさんと奥様のロイセンさん。お二人はMFCGが隔月で開催している「ミャンマー料理を楽しむ会」をおいしい料理と優しい笑顔でいつも支えてくださっています。

取材に伺ったこの日はちょうど息子さんがいらしていたので3人でパチリ。数ヶ月前にミャンマーから日本語を勉強するために引っ越してきたばかりだそうです。

IMG_3386.JPG

そんなデビットさんに聞きたいことが山ほど!!ということで、第1回「ミャンマー料理って?」、第2回「デビットさんたちが見るミャンマーと日本」と題してブログ2回シリーズでお伝えします。

さて、ミャンマー料理ですが…実は私たちもよく分かっておりません。ミャンマーでは様々な民族がそれぞれの文化を大切にしながら暮らしています。そのため料理も多種多様。

そこでまず、デビットさんの出身地、ミャンマー北部カチン州の代表的な料理「カチンガーオウン」から紹介。「ガー」が魚で「オウン」が蒸し焼き。

1 IMG_3377.JPG

中国とインドと国境を接するカチン州では、隣国の影響を受けているのか、山椒や八角、ターメリックやパクチーなどの香辛料を多く使うそうで、この料理の決め手も絶妙なスパイスの調合。魚をバナナの葉で包んで蒸し焼きにしています。米文化の北部ではご飯にぴったりの家庭料理。本来は竹筒の中に入れて蒸し焼きにするそうで、身体を温める効果があると言われています。

お次は、豚バラを皮付きでパリッと焼いた「ウエッナンターキン」。この「パリッと食感」がミャンマー人にはたまらないそうです。

2 IMG_3382.JPG

本来は生後3ヶ月ほどの豚を丸ごと土の中に埋めてその上で炭火をおこし蒸し焼きにするそうです。この「豚を食す」というのもキリスト教徒が多い北部ならではで、仏教徒が多い南部では豚肉を食べない人も多いそうです。

また、注目して欲しいのが写真左下のソース。ミャンマー全土ではチリソースがメインですが、カチン風は酸味があってパクチーと胡麻がたっぷり。豚肉のジューシーさと良く合います。
貴重な子豚ゆえ結婚式など特別な時に振る舞われるのですが、親戚ご近所、あまりにみんなが大好きであっと言う間になくなってしまうため、家族でこっそり食べるのだとか…。

さてここからは紙面の都合もあり、全国的に食べられている料理を駆け足で紹介。
こちらは「ラペットゥ」。

3 IMG_3373.JPG

半年くらい発酵させたミャンマーのお茶を干しえびやトマト、5〜6種類の豆とあえたサラダ。家庭料理でもありますが、冠婚葬祭の時は食材が別々に並べられ各自まぜながら、しかもデザートのように料理の最後に食べるそうです。私もヤンゴンで食べて大好きになった料理です。

こちらは空芯菜を炒めた「カズンユウエッジョー」。

4 IMG_3383.JPG

今では大きなホテルでも出される料理ですが、もともとはあまり裕福ではない人たちが野生の空芯菜を摘んで売るか食べるかしていたそうです。

こちらはミャンマー風チキンカレー「チェッターペーヒン」(左)と牛肉の柔らか煮込み「アメーダーナッ」(右)。

5 IMG_3389.JPG

「チェッターペーヒン」はふんだんに使われたひよこ豆が鉄分を多く含むということで、軍人は毎朝食べるそう。「アメーダーナッ」は牛肉がお箸で簡単にくずれるほどの柔らかさがポイント。前者の「ヒン」と後者の「ナッ」、実はお肉の煮込み具合の固さを表したもので、その違いをぜひご自身の口でご確認ください!

地域性を大切にしたミャンマー料理。まだまだご紹介したいのですが、ひとまず今回はここまで…。冒頭に述べた通り、次回はデビットさんに日本で驚いたこと、ミャンマーの未来に期待することなどをうかがいます。

☆オリエンタルキッチン マリカ:JR高田馬場駅より徒歩5分/東西線高田馬場駅より徒歩1分
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13099070/



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への参加方法(寄付または会員)はこちらです。
http://mfcg.or.jp/donation/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページはこちらです。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 戸村 at 08:33
現地で緊急洪水支援をはじめました [2016年08月21日(Sun)]


ブログチーム/理事の亀山です。
先週ミャンマーから帰国したばかりですが、現在、ミャンマーで洪水被害が発生しています。私がヤンゴンに居たときはエヤワディー川流域、で洪水が発生し学生さんたちがさまざまな場所で募金箱を持って支援を募っていました。
その時私が名知と会って聞いたときはMFCG活動地、ミャウンミャ地域は大丈夫ですが周辺にある川の近い標高の低い村などでは水没している家があり、エヤワディー管区の中心都市パテイン(日本の県庁所在地のような都市です)あたりも大雨が降ると水浸しになっていたと話していました。

ところがここ数日で一気に洪水被害が広がっており、MFCGは地元のユースCYA(Compassionate Youth Association、ミャウンミャの若者有志が集まり、病院の前に寄付所を開設したり、患者の搬送、献血の募集などを行っている団体だそうです)と共に緊急支援を始めました。お米、油、塩、雨水を貯めるバケツ、石けんやお産キットなどです。
日本では報道は無いですし、ミャンマー国内でも詳しい状況が分からない中、住む家を無くし食べるものをおぼつかない被災地に支援を始めました。今後詳しい状況など分かり次第、こちらなどで報告していきます。

20160821-01.jpg

20160821-02.jpg

20160821-03.jpg

20160821-04.jpg

20160821-05.jpg

昨年も雨季に洪水被害がミャンマー全土で発生し日本でも報道されていました。ミャンマーでは治水事業がまだまだ立ち後れています。そのため毎年の様の洪水が繰り返されています。ミャウンミャのある南部デルタ地域は肥沃な土壌である一方、このような災害に度々襲われています。
元々雨季の水位上昇を考えて高床にしている家が多いのですが、それを超える水位上昇が頻発しているようです。
MFCGの事務所のあるミャウンミャの街は川から比較的坂を登るので大丈夫ですがまだまだ10月のなかごろまでは雨季が続くので心配です。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への参加方法(寄付または会員)はこちらです。
http://mfcg.or.jp/donation/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページはこちらです。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 亀山 at 22:13
ヤンゴンの若者に人気のJunction Squareへ [2016年08月16日(Tue)]


ブログメンバー/理事の亀山です。
8/5から8/14まで約2年ぶりにミャンマーへ行って来ました。ミャンマーと言ってもMFCGの活動しているミャウンミャでは無くインレー湖とヤンゴンに滞在してきました。私自身、2005年から9回目のミャンマーで元々インレー湖に写真撮影に通っていました。インレー湖で撮影した写真で写真展を開催したり、写真集を出版したりと写真作家活動をしているため今回は次回写真展(2017年12月)に向けての撮影が目的でした。ミャウンミャへは別の機会で行こうと計画中です。
そんな中、今回はヤンゴンの若者に人気の場所、Junction Square Shopping Centerへ行って来ました。
私は撮影を続けているインレー湖やMFCG活動地ミャウンミャは都市部では無いですが、今のミャンマーを知るためにこのような場所を見ておくのも意味があると考えました。
ダウンタウンからタクシーに乗り若い運転手さんに行き先を告げると、なんとも楽しそうに車をスタートさせ、こちらも期待が高まりました。タクシーを降りてまず目に入ってきたのがKFCの文字。牛肉をほとんどたべないミャンマーの人たちにも鶏肉メインでヤンゴンでも人気のお店だそうです。

20160816-001.jpg

店舗のメインエントランスには巨大広告や電光掲示板などバンコクやシンガポール、香港のショッピングモールを変わらない雰囲気でした。

20160816-003.jpg

エントランスを入ると高い吹き抜けにエスカレータと派手な装飾、程よい空調や無難なBGMが流れ完全に今風の世界が広がっていました。

20160816-004.jpg

建物の1階にはCity Martが入り輸入品中心の高価な品揃えででした。エスカレータで上がると専門店が建ち並び、奥には和食、洋食中華、ビルマ料理の並ぶレストラン街がありました。

若い客層は7割くらいロンジーでは無くジーパンや短めのスカートなどでタナカを顔に塗っている人もあまり見かけませんでした。店内を歩き回る人の手にはスマートフォンとヘッドホン、ベンチで休む友達連れと数人組も話をするより各々スマホの画面に夢中の様子でした。

そしてバーゲン品らしき売り場の店員さんたちも接客は緩めでスマホの画面に。

20160816-005.jpg


ヤンゴンの街中はもとより、インレー湖の市場でも若者だけで無く中年層もスマートフォンが普及し始めているのを沢山目にしました。聞けば安いモデルで6000円程度、一般的な売れ筋で15,000円~20,000円くらいはするそうです。彼らの収入から考えると安くは無いですが、手が出ないほどでも無く、便利で楽しさを知れば手放せなくなるのはどの国でも同じようです。

数年前までミャンマーでは加入電話はほとんど普及すること無く、電話といえば街中の店頭にあった貸し電話でした。私も何度かヤンゴンからインレー湖へかけた記憶があります。そしていわゆる携帯電話も高価でごく一部の人たちしか持っていませんでした(聞いた話ですが$5,000くらいだったそうです)。PCのインターネットもネットカフェが一般的でした。
そのような状況が一変し一気にスマートフォンが普及し始めています。

今回の撮影で私は何人かに今のミャンマーが良くなるために何が必要かという質問をしてきました。その中である村のリーダーの男性が「知識」、「何が最善か判断する知識が必要」と答えてくれたのが印象深かったです。スマートフォンはその知識を得るに有効な手段にもなるはずです。軍事政権から民政移管と過渡期にあるミャンマー、次に訪れるのがとてもたのしみです。
ミャンマーに古き良きアジアの世界を求める観光客が居るのも事実だろうと思いますが、私はそこに暮らす彼らの望む方向に変わっていくことを願いつつ、撮影を続けて行きたいと改めて思いました。

ヤンゴン滞在最終日、ミャウンミャからMFCGカーで来た名知と合流し、私は初めてMFCGカーに乗ることが出来ました。てっきりバスで来るのだと思っていたのですが、ちょうど車の保険の更新などあり車で来たそうです。ただヤンゴンの渋滞は聞いていたとおりで動かないときは本当に動きませんでした。20~30分の距離でも1時間以上かかってしまうのは日常茶飯事だそうです。
車も人も多く、賑やかなヤンゴン、いろいろと課題問題は山ほどあると思いますが大きな可能性を持っていると実感出来ました。

最後の写真はJunction Square の反対側、ここにも大きな建物がいくつも建設中でした。名知が活動報告などで口にする「変わる都市部と取り残される農村部」のフレーズが頭に浮かんできます。

20160816-002.jpg



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への参加方法(寄付または会員)はこちらです。
http://mfcg.or.jp/donation/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページはこちらです。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 亀山 at 22:38
ウェッター チンが食べたい! [2016年08月11日(Thu)]

ネーカウンラー?(おげんきですか?) MFCGボランティア会員の鈴木一登と申します。ふだんは栃木県の病院で作業療法士として働いています。

今日は私が大好きなシャン料理のことを書きます。

栃木県はミャンマーとは縁遠く、ふだんの生活でミャンマー人に接することがありません。栃木県にはミャンマー人はほとんど住んでいないと聞きます。ミャンマー人がいないので栃木県にはミャンマー料理屋さんもありません。しかし、むしょうにミャンマー料理が食べたくなることがあります。そんなとき、栃木にいるとどうしようもないので、東京へ出かけるついでにミャンマー料理屋へ行くことにしています。

ひとくちにミャンマー料理といっても、広いミャンマーです。そして他民族国家であるミャンマーの料理は民族ごとに多彩であり、たとえばチン族のチン料理だったり、ビルマ族のビルマ料理だったり、カチン族のカチン料理だったり、シャン族のシャン料理だったりするわけです。

私はミャンマー料理のなかで、シャン族のシャン料理が特に好きです。シャン料理は中華料理に似ていると言われます。たとえばタウンジー(シャン州の州都)のシャン料理屋さんに昼時に行くと、おおきなバットに炒めものを中心としたさまざまのおかずが入っています。バットに炒めたおかずがたくさん並んでいる感じが中国の食堂に似ている感じもします。

2009myanmar_00484.jpg

2009myanmar_00483.jpg

2009myanmar_00486.jpg

写真 タウンジーのシャン料理屋さん

シャン料理のなかでも、とくに好きなのが「ウェッター チン」という豚肉の料理です。「ウェッター」は「すっぱい」、「チン」は「豚肉」という意味です。つまり「すっぱい豚肉」です。どうやら豚肉を発酵させているようですが、くわしい作り方は知りません。そして名前のわりにすっぱい感じはありません。わかりやすい例でいえば粗挽きソーセージみたいな感じの食べ物です。

IMG_0981.jpg

写真 高田馬場ノンインレーで食べられるウェッター チン

発酵食品であるウェッターチンは、午前中から昼くらいまでしか食べられないと聞いています。夕方になると発酵がすすんでしまい「めっちゃすっぱい豚肉」になってしまうそうです。

ウェッターチンを探して街を歩いたことがあります。上述したタウンジーのシャン料理屋さんにはウェッターチンは置いていませんでした。市場に行けば見つかるかも!? と巨大なタウンジーの市場の食堂エリアを歩いてみたらそれっぽい食べ物を見つけました。

2009myanmar_00495.jpg

写真 タウンジー市場の食堂エリア

私は日本でしかウェッターチンを食べたことがなかったので、上の写真のようにピンク色っぽい感じの食べ物を想像していたのですが、出てきたのは葉っぱにくるまれたもので、葉っぱを開けると黒ずんだ挽肉のだんごのようなものが入っていました。葉っぱに包んで発酵させたことは想像できたのですが、黒っぽい見た目からなんだかあまりフレッシュな感じはしません。

2009myanmar_00494.jpg

写真 タウンジーの市場で食べたウェッター チン?

お昼すぎに見つけたので、もしかしたら発酵がすすんで黒っぽくなっちゃったのかな? とも思いました。めっちゃすっぱかったらどうしよう……。

お店の人が「豚の腸を揚げたものを砕いてまぜて食べるとおいしいよ! 100チャット」というので、それも買ってまぜこんでみて、半信半疑のまま食べてみました……。

あれ!? う〜〜〜ん……、やっぱり……、私が食べたかったノンインレーのウェッターチンとはかなり違う……。でもこれが現地の味なのかな? そうなのかもしれないけど、あんまりおいしくないな……。ウェッターチンさがしは楽しかったけど、味は残念な思い出でした。

最近になって、私が食べたのはウェッター チンではなく、似て非なるインダー族(だったか)の料理であることを、ミニコミ誌『バダウ』編集長の落合清司さんから教わりました。どうりで味がぜんぜん違うわけだ!

またミャンマーへ行って、今度こそ現地のウェッター・チンを探したいです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への参加方法(寄付または会員)はこちらです。
http://mfcg.or.jp/donation/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページはこちらです。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 鈴木 at 23:11
クラウドファンディングでご協力いただいてパンフレットが完成しました [2016年08月01日(Mon)]

こんにちは。
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)をご支援いただき、ありがとうございます。
ブログチームの長沢です。

今回は、皆さんのご支援のおかげで昨年末に達成することができた、クラウドファンディングのその後をお伝えします。

これまでMFCGは、こういう目的をもって、こういう活動をしている団体です、と説明できるパンフレットがありませんでした。より多くの方々に、MFCGのことをわかりやすく知っていただこう!ということで、昨年末にクラウドファンディングに挑戦し、目標額を達成することができました。(詳しくはこちら・・・http://blog.canpan.info/myanmarclinic/daily/201512/25

その後半年以上かけて、MFCGのパンフレットを作ることができました!
改めまして、ご支援いただいた皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!
29462.jpg

21886.jpg

パンフレットには、乳幼児の死因(1位 肺炎、2位 下痢症)、病院が近くにあれば、または薬が手に入りさえすれば救われるはずの命が多いこと、MFCGのミッション、MFCGの3つの活動(移動クリニック、保健衛生指導、家庭菜園支援)がグラフや写真を交えて記載されており、わかりやすくまとまっていると思います。
イベントなどでお配りすると思いますので、ぜひ、お手にとられて読んでくださいね。

このパンフレットをつくったのはボランティアの女性で、彼女は、年2回作成・配布しているミタァース通信(MFCGの活動紙)の制作を、長い間担当しています。
今回、彼女がパンフレットの構成から文章から、ほとんど作ったそうなのです(!)が、名知はミャンマーにいることも多いため、日本とミャンマーでメールでやり取りをせざるを得ないのです。しかも電波状況が不安定なミャンマーですから、尚のこと時間がかかり、細かな文章表現についても、名知と粘り強〜く作成したそうです。

少し話はそれますが、、、
彼女のことは名知などから何度か聞いたことはありましたが、お話をしたのは先日の社会貢献者授賞式(詳しくは・・・http://blog.canpan.info/myanmarclinic/archive/114)が初めてでした。以前から途上国への関心があり、青年海外協力隊として途上国に派遣された経験があるそうです。普段は本業を別にもっている運営パートナーやボランティアの皆さん。何かのイベントや定例会議で一緒にならない限り会えないので、MFCGを支えている仲間と話ができ嬉しかったです。

さて、このパンフレットには、MFCGのミッション、目指すものが大きく書いてあります。

MFCGはミャンマーの無医村に医療・菜園を通じ保健衛生・栄養などを学ぶ機会を提供します。
そして彼ら自身が生活環境の課題を解決し命を育む未来を描ける社会の実現をサポートします。

今年の2月から名知、事務局、運営パートナーたちで作り上げたミッションです。

名知は現在ミャンマーで活動中です。ミッションに向けて、家庭菜園の支援活動や、移動クリニック用の車両の修理・点検など、暑い中あちこち駆け回って一生懸命活動しています!

mocchi5-9.jpg

引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への参加方法(寄付または会員)はこちらです。
http://mfcg.or.jp/donation/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページはこちらです。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 長沢 at 21:19