CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
長い時間 [2015年03月19日(Thu)]

ブログメンバーの亀山です。
昨年12月に名知と共にミャウンミャを初めて訪れましたが私自身は2005年からミャンマーへ行ってます。ほぼ年に1回くらいのペースでシャン州のインレー湖に行ってました。そんな中2007年Le Chay Villageの仏像彫り職人さんと出会いました。ガイドさんに通訳を頼み聞いたところではここで200年前から仏像彫りをしている家だということ。製作途中の仏像を見せて貰うと日本のと比べると厳かと言うより親しみやすい感じの印象でした。
20150319-001.jpg

20150319-002.jpg
彼の名前は"U Tun Aye"氏、2014年で67歳ということで写真は2007年当時で60歳。2011年に軽い脳梗塞を患い手先の自由が効かなくなり最近は仏像彫りを若手に譲っているのですが、昨年8月に訪れたときは病気療養中で布団から起き上がることも出来ませんでした。

そのようなコトもあり今回は少し気が重い訪問でした。もしかしてもう会えないかもしれないと覚悟していました。近くでボートを降り家に着くといつもの元気な女性が笑顔で手を振ってくれました。そしてまぁ上がってくれという仕草に従い2階へ上がりました。8月に撮った写真ともう少し前に来たとき撮った写真を渡すと懐かしそうに見ていました。今回はガイドさんが居ないため意思疎通はかなり厳しいと思っていたのですがボートマンも一緒に合流し彼が少し通訳してくれてなんとか伝わりました。そして一番気になっていたオヤジさんのコトを聞くと今は回復して1階に居ると言われ階下へ。彼は少し奥に入ったところで椅子に座り外を見ていた。そして私の姿に気付くと自由の効く右手を差し出してきた。脳梗塞の後遺症で左半身が不自由になってしまったことは知っていましたが数年ぶりにオヤジさんを撮影し終えると女性は私が先ほど渡した写真をオヤジさんに見せていました。すると初めて笑顔を見せて懐かしそうに何度も写真を観ていました。この笑顔を観れて私も一安心して嬉しくなりました。
ミャンマーへ行き始めて10年、長い時間のなかで出会いもあれば別れもありまましたが次にここを訪れた時も元気な彼に会いたいと思っています。
20150319-003.jpg


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の団体ホームページをご覧ください。
http://mfcg.or.jp/
また、ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)のfacebook公式ページ もご覧ください。
http://www.facebook.com/mfcg.or.jp/
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)の参加方法(寄付または会員)はこちらのページをご覧ください(団体ホームページ内)。
http://mfcg.or.jp/participation-method/
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Posted by 亀山 at 21:52
この記事のURL
http://blog.canpan.info/myanmarclinic/archive/37
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1073163
 
コメントする
コメント