CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

banner_img
1500円のご支援でマラリアにかかった子ども10人分を治療する薬が買えます。

【お知らせ】
テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」に 代表名知の現地の活動紹介されました
放送局:テレビ東京
番組名:「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」
日時: 2015年6月15日(月)
詳しくは こちらです
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
最新記事
プロフィール

NPO法人ミャンマー ファミリー・クリニックと菜園の会さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
団体紹介を通して気付いたMFCGの魅力 [2017年09月26日(Tue)]
こんにちは。

ボランティアスタッフをしております大学1年生の猶井咲喜です。

8月19日にMedical Future Fesという医大生を対象とした大きなイベントがありました。そこでMFCGは医療系団体の一つとして、ブースを設け団体紹介をする機会がありました。

21942129_671412663055060_721845928_n.jpg
私はこのイベントにボランティアスタッフとして、チラシ配りや呼び込みをするつもりで参加しました。しかし、当日のボランティアスタッフが2人しかいなかったこともあり急遽私も団体紹介のプレゼンをすることになってしまったのです。ちゃんとMFCGのことを伝えられるか心配でしたが、いざ話し始めてみると不思議なことに団体紹介がとてもしやすかったのです。

21979256_671412639721729_327557218_n.jpg

私はこの「団体紹介がしやすい」というところにMFCGの魅力が隠されているのではないかと思うのです。

普段、大学で国際関係の勉強をしている私は、様々な団体や企業が「国際協力」をアピールの為に利用したり、目に見える成果を求めるあまりその土地の文化や自然を破壊し、さらには現地に住む人々の能力や自信までをも奪ってしまう事例があることに強い問題意識を持っていました。

MFCGは、ミャンマーに暮らす人々がすでに持っている力を引き出すことを優先し、いづれはMFCGが必要なくなる未来を見据えて活動しています。

私は現地の人の目線を大切にしているMFCGに共感したからこそ自信を持って自分の言葉で団体紹介をすることができたのだと思います。

MFCGの目標は「いつかMFCGが必要なくなること」。

だから、活動は医療に偏らず、衛生、栄養、農業、家の構造的なことまで多岐にわたります。

しかし、私は団体紹介をしながら自慢げに「こんなことも、あんなこともしています。すごいでしょ。」という気持ちにはなりません。

それは、MFCGの全ての活動が「人々の自立的な生活」という一つの目標へ向かって関連している為です。MFCGが行っている活動の中でどれひとつとして無駄なことはないのです。

つまり、MFCGの活動は根本的な問題の解決を追及しているためストーリー性があり、話しやすく、話を聞いている人々もうなずいてくれるのです。

MFCGの団体紹介のしやすさには、

・私自身がMFCGの想いに自信を持てること
・MFCGの活動にはストーリー性があり1つの目標に向かっていること

というMFCGの魅力が隠されているようです。

これからもMFCGの力になれたら嬉しいです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)への寄付・支援をお願いします→ MFCGの活動に寄付をする
MFCG 団体ホームページはこちら→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
MFCG facebook にも「いいね!」をお願いします→ ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG)facebook公式ページ
--------------------------------------------------------------------------------------------------
Posted by 伊藤 at 08:56
この記事のURL
http://blog.canpan.info/myanmarclinic/archive/177
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1305415
 
コメントする
コメント