CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 歌う ということ | Main | モフラン★ムジカ★2016第1弾 »
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
向井 登子
ムジカ★information (06/18) すずかけの実
モフラン☆ムジカIN東久留米 (12/15) ELU
★取材★ (07/26) 上田
B・B・モフラン&ムジカトゥッティ12月vol.1 (12/12) 小野 めいこ
B・B・モフラン・ムジカトゥッティ仙台7月vol.2 (07/29) gyoshin
交易の新たなカタチ (07/07) wakayama
街のなかのアフリカ 大学のなかのアフリカ (06/06) 緑水亭若女将 高橋知子
音楽とは? (12/18) たたら安慈恵羅
B・B・モフラン香川ツアーv0l.3 (10/19) 花楓
B・B・モフラン香川ツアーv0l.3 (10/18)
最新トラックバック
モフラン★ムジカ★2016★新たな旅路[2016年01月03日(Sun)]

http://www.ongakunotomo.co.jp/web_content/onryo_hiroba/index.html

るんるんぴかぴか(新しい)るんるん
音楽之友社
音楽療法の広場 に
1月11日の告知記事
掲載されています。

かつて 【The ミュージックセラピー】という雑誌も発刊
2008年の記事に
左ページ:ムジカトゥッティ
右ページ:モフラン氏

出会いの前に
誌上で出会っていた! ということも。

この国では
音楽を哲学と洞察できていないので
音楽療法の発展も なかなか…

1997年から
あらゆる国内講師のチェックを。

人智学視点から 哲学的洞察
ノードフ・ロビンズ音楽療法から
音楽的洞察を

京都、神戸、東京…
あの頃、2年に一度
NYからクライブ・ロビンズも来日

初めてお目にかかったのは
2000年の秋田 
四国から秋田へ 飛んだのだった…

以来、カオル・ロビンズとの交流
クライブからも本を送られた。

クライブがポールと作ったプレイソングを
主催したセミナーで仲間と演奏
その映像もNYに送った

”懐かしい、ポールとの日々を思い出す” と
言ってくださった

クライブとカオルに捧げる曲を献呈
”曲を贈られるって、こんなにうれしいことなのね!” と
カオルは言ってくださった

修士を取った2010.3.17
洗足学園大学でのクライブの講座に出席

私を見つけると
”やあーーー”と 声かけてくださった。
”修士取りました”

”おーーやったね、あとで話そう!”

日本語であるが、修論お渡しした。

もう、お目にかかる機会は ないかもしれない  と
覚悟しつつ…

クライブが亡くなられたことを知ったのは
2012.7.29
山形音楽療法研究会に呼ばれた時


遠いNYのクライブ、カオルに励まされながら
研鑽を積んだ日々

スネアドラムを使いながら
即興のセッションを構築した
ポール・ノードフとクライブ・ロビンズ

今、アフリカンドラムを用いながら
モフラン氏と
さらに創造的なプログラムを構築する日々

ライアーも弾いてきた
今は、カリンバも。

kalimba-1.jpg

音楽の旅路は はてしない

この記事のURL
http://blog.canpan.info/musicatutti/archive/770
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1150017
 
コメントする
コメント
プロフィール

たたら康恵さんの画像
たたら康恵
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/musicatutti/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/musicatutti/index2_0.xml