CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Music Dialogue 便り
« 2016年09月 | Main | 2016年11月 »
プロフィール

Music Dialogueさんの画像
検索
検索語句
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index2_0.xml
南麻布セントレホール アンサンブルシリーズ Vol.4[2016年10月25日(Tue)]

Music Dialogueによるセントレホールでのコンサートは、演奏者とお客様をステージで分けないため、息遣いが感じられるほどの至近距離で室内楽が楽しめると大好評。「クラシック音楽がこんなに生き生きと感じられたのは初めて」「演奏者と同じ空気感を肌で感じられるのが他には代えがたい魅力」と有り難い言葉を頂戴しております。

シリーズ第4回目のコンサートの前には、前回大反響をいただいた実況解説付きの公開リハーサルも開催します。指揮者としても世界的に活躍する大山平一郎シェフが、どのように美味しい音楽を調理してゆくのか、普段は公開しない「シェフ大山の秘密の音楽厨房」を皆さまに実況解説付きでご披露します。

今回取り上げる作品は、ドイツ音楽を代表する2つのピアノ四重奏曲。18世紀に活躍したモーツァルトと、19世紀に活躍したシューマンが、ピアノ四重奏曲(ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)のために残した作品が何故、数百年以上も愛され続ける傑作であるのか。公開リハーサルと本番を通して、シェフ大山が皆さまに分かりやすく紐解いていきます。
出演するのは大山の他、今後の日本を背負って立つような期待の若手ばかり。時代や世代を超えた音楽の旅に是非あなたも身をゆだねてみませんか?


【Music Dialogue 南麻布セントレホール アンサンブルシリーズ Vol.4】
〔日時〕2016年12月6日(火)19:00開演(18:30開場)
〔会場〕南麻布セントレホール 日比谷線広尾駅より徒歩6分
〔出演〕岩崎洵奈(ピアノ)
    藤田尚子(ヴァイオリン)
    大山平一郎(ヴィオラ)
    加藤文枝(チェロ)
〔曲目〕モーツァルト…ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K493
    シューマン……ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
〔料金〕一般4,000円 学生2,000円(お飲み物付) 当日精算
〔お申し込み〕https://goo.gl/lccH8Y
〔共催〕一般社団法人Music Dialogue
    サポートミュージックソサィエティ(SMS)
〔助成〕一般社団法人私的録音補償金管理協会(sarah)
〔お問合せ〕
 メール:info@music-dialogue.org
 お電話:03-5791-3070(SMS)

【公開リハーサル:「字幕で解説 〜音楽作りの現場から〜」】
音楽をより深く知り、味わうには音楽がつくられていく過程を間近で見るのが一番の近道です。リハーサルの内容がよくわかる実況解説をプロジェクターに投影しながら、室内楽の奥深い世界にご案内します!今回は素敵な旧園田高弘邸(吉村順三による設計)での開催になります。

〔日時〕2016年12月4日(日)13:00-14:30(開場:12:45)
〔会場〕旧園田邸(最寄り駅:自由が丘)
    (吉村順三による設計・登録有形文化財)
     ※場所の詳細はお申込み後にお送りいたします。
〔解説〕金子 鈴太郎(チェリスト)
    小室 敬幸(作曲家)ほか 
〔料金〕一般500円(当日精算)
    ※一般の方で6日の本公演にもお越しくださる場合は、
    コンサートの入場料を4,000円から3,500円に割引いたします。
〔お申し込み〕https://goo.gl/lccH8Y
       ※6日のコンサートと同時申込が可能です。




〜演奏者プロフィール〜

岩崎洵奈(ピアノ)
東京藝術大学卒業。ウィーン国立音楽大学大学院にてJ.イラチェック氏に師事。2010年第16回ショパン国際ピアノコンクールにおいてディプロマ賞受賞。審査終了後、審査員のマルタ・アルゲリッチ氏より賞賛を受ける。欧州、中東各地のリサイタルに出演。CHANEL Pygmalion Daysアーティスト。2015年CDデビュー。

藤田尚子(ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽部を卒業。武生国際音楽祭・ヴィオラスペース出演。桐朋学園大学オケ・8音楽大学合同オケ・小澤征爾音楽塾オケにて小澤征爾氏ら指揮のもとコンサートミストレスを務める。第1・2回アトリオン国際室内楽アカデミー修了。2015年より東京フィルハーモニー交響楽団委託契約団員を務める。

大山平一郎(ヴィオラ)
英国のギルドホール音楽学校を卒業。1979年にLAフィルの首席ヴィオラ奏者に任命さ れた後、同楽団の副指揮者に任命 される。現在、サンタバーバラ室内管弦楽団音楽監督、CHANEL Pygmalion Days 室内楽シリーズアーティスティック・ディレクター、Music Dialogue 代表。

加藤文枝(チェロ)
東京芸術大学、同大学大学院卒業。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞、三菱地所賞受賞。パリ市立音楽院を卒業。第8回ビバホールチェロコンクール第1位。第7・8回東京音楽コンクール弦楽部門第2位。FLAME国際コンクール第3位。平成23年度京都市藝術文化特別奨励者。ロームミュージックファンデーション奨学生。CHANEL Pygmalion Days アーティスト。