CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Music Dialogue 便り
« 2015年05月 | Main | 2015年07月 »
プロフィール

Music Dialogueさんの画像
検索
検索語句
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index2_0.xml
「アンサンブルシリーズ vol 2」リハーサル風景[2015年06月30日(Tue)]

今日は午後から7月1日のオール・メンデルスゾーンプログラムのためのリハーサルでした。

まずはメンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第3番から。大山さん以外は全員初めて弾く曲です。

初回のリハーサルのためメンバー同士、「初めまして」というところからが始まり、一緒に音楽を作っていきます。1回目のリハーサルは丹念に細かいところを1つずつすり合わせていく作業です。一緒に練習していくうちに、初めて会ったメンバーもうち解けていきます。みんな、とても楽しそうでよかった!

このメンデルスゾーンのカルテットは幸せなエネルギーに溢れていて、聴いているだけで、本当に充電されます。

storageemulated0DCIMCamera1435554376998.jpg


夜はメンデルスゾーン:ピアノ四重奏曲第2番。この曲も素晴らしいのに、ほとんど弾かれることがない曲です。

メンデルスゾーンがこの曲を書いたのはなんと14歳の時。「どうして14歳でこんな曲が可能なの?!」とみんなで盛り上がったり、「ここではメンデルスゾーンはやっぱりこういう心情だったんじゃないかなぁ」などと色々推測してみたり。

そういう風にゆっくりと思いを馳せたり、それを話し合いながら進めるのって、みんなが同じ方向にむいていくのにすごく必要だなぁと感じました。

storageemulated0DCIMCamera1435571770514.jpg

今回、コンサートにお申し込みいただいた方たちには初日のリハーサルから全て公開しています。今日は平日でしたが数名のお客様がいらしてくださったのですが、「こんな風にこまかく緻密に作っていくのですね」とか「演奏家たちがすごく楽しそうに、でも真剣に作曲家について話し合っているのを見るのが新鮮でした」、「本番では今日のリハーサルを思い出して笑ってしまうかも」など、本当にリハーサルでの音楽創りの過程を楽しんでくださっていました。

室内楽の本当の意味での面白さや楽しさを知るには、リハーサルで音楽創りの過程をみていただくのが一番だと実感しました。

Music Dialogueでは今後もこのような機会を提供し続けていきたいと思います。

7月1日 南麻布セントレホール アンサンブルシリーズ Vol.2[2015年06月07日(Sun)]
広尾にある南麻布セントレホールを本拠地にして、国内外の音楽家や将来性のある若手演奏家に演奏の機会を提供するとともに、音楽を愛する仲間を増やす運動をされているサポート ミュージック ソサィエティ(SMS)さんと共に共催している「南麻布セントレホール アンサンブルシリーズ」。このシリーズ第2弾を7月1日(水)に開催致します。

cenrehall_print2-01.pngcenrehall_print3-01.png

前回はブラームスを特集しましたが、今回はメンデルスゾーンの作品にフォーカスを当てます。

メンデルスゾーンというと、名前は知られていても、日本ではバッハやベートーヴェンの影に隠れ、軽視されがちなのが実情です。しかし、死後忘れ去られつつあったバッハを発掘して紹介につとめたりと、当時のドイツ音楽シーンで欠かすことの出来ないリーダーとして八面六臂の活躍をした音楽家でした。

加えて、あのモーツァルト以上の神童ぶりを発揮したことも忘れてはなりません。その神童ぶりは尋常ではなく、16歳の時に作曲した「弦楽八重奏曲」、17歳の時に作曲した「夏の夜の夢序曲」は、歴史に残る傑作として世界各地でいまも頻繁に演奏されているほどです。

今回取り上げるのは、それよりも若い、わずか14歳(!)で作曲したピアノ四重奏曲第二番。10代前半の少年が書いたとはにわかに信じがたい佳品です。

そしてもう1曲演奏する、作曲家として脂が乗り切った壮年期の傑作である弦楽四重奏曲第三番。ヴィオラ奏者でもあったメンデルスゾーンがベートーヴェンを通じて学んだ室内楽の真髄が聴ける傑作です。

演奏を聴いた後には、アフタートークとしてお酒を片手に、出演者を囲んで「ダイアローグ」。どんな、素朴な質問にも真剣に、時にはユーモアを交えながら出演者が気軽に答えます。クラシック音楽に感じがちな敷居を取っ払った気軽な場をお楽しみください。

室内楽というのは、「メンバーがどうやってアイディアや意見をお互いに伝え合いながら音楽作りをするのか」というプロセス自体がとても面白いので、是非お客様にもそこを見ていただきたいという強い思いがあったのですが、アーティストの協力もいただき、お申し込みいただいた方には1回目のリハーサルからご覧いただけるようにしましたので、是非これを機会に室内楽の楽しさを感じていただければと思います。

南麻布セントレホール アンサンブルシリーズ vol.2

 [演目・出演]
 ・メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第3番 ニ長調 Op.44-1
 ・メンデルスゾーン:ピアノ四重奏曲第2番 ヘ短調 Op. 2
  水谷晃(ヴァイオリン)、藤田尚子(ヴァイオリン)、
  大山平一郎(ヴィオラ)、加藤文枝(チェロ)、
  永野光太郎(ピアノ)

[日時] 2015年7月1日(水)19:00 開演 (18:30 開場)
 [会場] 南麻布セントレホール 日比谷線広尾駅より徒歩6分
    http://www.centre-hall.com/access.html
 [入場料] 当日精算
   6000円(お飲み物付き) 
   お二人以上でお申し込みの場合 5000円
   学生 2000円
 [お申込み] https://goo.gl/lyigg8
 [共催] 一般社団法人Music Dialogue
    サポートミュージックソサエティ(SMS)

7月1日にお申し込みされた方限定の公開リハーサル:
 6月29日 (月)  南麻布セントレホール
・14:00〜18:00…弦楽四重奏曲第3番
・18:30〜20:30…ピアノ四重奏曲第2番

 6月30日(火) 南麻布セントレホール
・10:00〜12:00…ピアノ四重奏曲第2番
・13:00〜16:00…弦楽四重奏曲第3番
   ※リハーサル中の入退室は自由です

【お問い合わせ】 
 メール: info@music-dialogue.org
 お電話: 03-5791-3070(サポートミュージックソサィエティ)