CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Music Dialogue 便り
« 2015年07月 | Main | 2015年09月 »
プロフィール

Music Dialogueさんの画像
検索
検索語句
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index2_0.xml
1950年代パリの色、パリの音:C「戦争と音楽1」[2015年08月25日(Tue)]
今夏は「戦後70年」ということもあり、改めて戦争について考える機会が多い年だったのではないでしょうか。
 
音楽家のなかにも、戦争に大きく人生を翻弄されてしまった人たちが沢山おります。とりわけ、ヨーロッパに住んでいたユダヤ人音楽家はナチスを避けて海外に亡命し、ヨーロッパから人材が流出しました。特に数多くのユダヤ人亡命を受け入れたアメリカでは戦後、優秀な音楽家がアメリカに滞在あるいは永住したのです。
 
今回のコンサートで演奏されるダリウス・ミヨーもユダヤ系だったため、亡命こそしなかったものの、戦中はアメリカに滞在し、ミルズ・カレッジで作曲の教鞭をとりました。

当時の弟子には、『雨にぬれても』などで知られるバート・バカラックや、『テイク・ファイヴ』が有名なジャズピアニスト デイヴ・ブルーベックなどもおり、クラシック音楽以外の人材も輩出していることは特筆に値します。ミヨーは、生徒のどんな個性でも潰すことなく伸ばした優秀な教師でもあったです。
 
そんな彼が、終戦の年に書いた『フランス組曲』という作品があります。各曲には、ナチスの軍に占領されていたフランス地方の名が付され、それぞれの地方の民謡を用いて作曲されているのです。楽しげな雰囲気で始まりながらも、随所にまだ戦禍冷めやらぬ様子も表れる音楽です。
 
晩年にはリウマチに苦しみながらも精力的に活動したミヨーは、自らの自伝に「幸せだった私の一生」というタイトルをつけています。どんな逆境にもめげずに、ポジティブに生涯を過ごしたミヨーの音楽を是非お聴きください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コンサート情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年9月5日(土)…美術と音楽の対話@世田谷美術館
「1950年代パリの色、パリの音 ― 日仏作曲家の室内楽作品から」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込方法:
 1. WEB申込みフォーム (https://pro.form-mailer.jp/fms/475ef6cc45982)
 2. お電話 03-3415-6011(世田谷美術館、10:00-18:00 月曜休館)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1部 演奏+トーク
【〜1950年代パリの音楽をめぐるダイアローグ〜】

時間:午後4時〜5時30分
会場:世田谷美術館 講堂

演目:
・矢代秋雄:弦楽四重奏曲(1955)より
・ダリウス・ミヨー:ヴィオラ・ソナタ第2番 Op. 244 (1944)より
・オリヴィエ・メシアン:『幼子イエスに注ぐ20の眼差し』(1944)より
・三善 晃:弦楽四重奏曲第3番『黒の星座』(1989/92)

出演:
枝並千花(ヴァイオリン)、藤田尚子(ヴァイオリン)、
大山平一郎(ヴィオラ)、金子鈴太郎(チェロ)、小林侑奈(ピアノ)

※プログラムおよび出演者は予告なく変更される可能性があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詳細はコチラ (http://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/list.html#pe00476)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━