CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Music Dialogue 便り
« 〔ショスタコーヴィチ作曲《弦楽四重奏曲第8番》(1960)について その1〕 | Main | 〔モーツァルトとクラリネット〕 »
プロフィール

Music Dialogueさんの画像
検索
検索語句
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/music-dialogue/index2_0.xml
〔ショスタコーヴィチ作曲《弦楽四重奏曲第8番》(1960)について その2〕[2016年02月14日(Sun)]
 作曲家ショスタコーヴィチが自分自身の思い出に捧げたという《弦楽四重奏曲第8番》。でも「自分自身の思い出に捧げる」とは、どういうことなのか? その秘密をとく鍵は、作品の冒頭でチェロが演奏する「4つの音からなる音型(※譜例の画像参照)」に隠されている。

dsch-01.png


 譜例の画像にもあるように、この4つの音(レ・ミ♭・ド・シ/DSCH)は、ロシア語のキリル文字をドイツ語のアルファベット転写したDmitri SCHostakowitschというスペルから抜き出したもの。こうした手法は「音名象徴」と呼ばれ、古くから用いられてきた作曲手法であるのだが(とりわけ知られているのは「BACH音型」であろう)、これが偶然ではなく確かに彼の名前に由来するものであることはショスタコーヴィチ本人が明言しているので間違いない。この彼自身を表す「DSCH音型」が変奏(変装)しながら、全5楽章にわたって登場する。これにより、この楽曲の主人公が自分自身であることを暗示しているのだ。

 加えて「DSCH音型」と共に、過去の様々な作品から「引用」された旋律などが登場するのも興味深い。例えば第1楽章では、ショスタコーヴィチが19歳の頃に作曲された「交響曲第1番(1926年初演)」の冒頭が引用されている。つまりは自分の若い頃、もっとはっきり言えばソビエト連邦の実権をヨシフ・スターリンが握り、大粛清をはじめる1930年代より前を暗示しているように思われる。ショスタコーヴィチはこうした方法をもちいて、「自分自身の思い出に捧げる」作品であることを暗示的に表現したのだ。

 そのような音楽であるから、実際に作品を聴くと人それぞれ異なる、様々なストーリーを頭のなかに思い描かれることになろう。例えば、第1楽章は「思索的な作曲者自身の自画像」、第2楽章は「大粛清による恐怖政治のはじまり」、第3楽章は「悪魔(スターリン)と踊る死の舞踏(ワルツ)」、第4楽章は「秘密警察(KGB)による粛清の静かなる恐怖」、第5楽章は「生き残るため、共産党に迎合」といったように。

 とはいえ繰り返しになるが、音楽が表現しているのはあくまでも暗示的な範囲にとどまっているため、ストーリーに答えがあるわけではない。でも、だからこそ自由に聴くことも出来るともいえるのだ。生前、作曲者自身は個人的内情を公にせずに、(ドイツでの東京大空襲にあたる)ドレスデン大空襲に触発された「ファシズムと戦争の犠牲者に捧げる」作品だと表向きには語っていたし、事実そのように聴くこともできる。
 
 2月27日、実際にこの作品を聴いてどのようなことを感じたのか。是非皆さまと演奏後のダイアローグで語れれば幸いである。


♪《弦楽四重奏曲第8番》ボロディン弦楽四重奏団による演奏(1987年10月録音)

 
 
-----
⇒ショスタコーヴィチ室内楽作品の最高峰《弦楽四重奏曲第8番》が聴けるコンサートはこちら!

【公演概要】
 Music Dialogue@東京国立近代美術館
 日時…2016年2月27日(土)15:00開演 (14:30開場)
 会場…東京国立近代美術館 講堂
    東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
    http://www.momat.go.jp/am/visit/
 出演…水谷晃(ヴァイオリン)、枝並千花(ヴァイオリン)、
    大山平一郎(ヴィオラ)、加藤文枝(チェロ)、吉田誠(クラリネット)
 曲目…ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番 ハ短調 Op. 110
    モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K581
 料金…一般 4,000円/学生 2,000円
 お申込み… https://pro.form-mailer.jp/fms/904c5e4691068
 お問い合わせ… info@music-dialogue.org
この記事のURL
http://blog.canpan.info/music-dialogue/archive/63
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1160160
 
コメントする
コメント