CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«事業概要(1) | Main | 事業概要(3)»
Select Your Language

プロフィール

特定非営利活動法人多文化共生リソースセンター東海さんの画像
多文化共生リソースセンター東海

Facebookページも宣伝
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
事業概要(2) [2008年10月06日(Mon)]

事業概要の続きです。
ひとつ目はモノ、ふたつ目は情報の収集→整理→提供・発信です。


電球ニーズマッチング事業
  (2009年度以降実施予定)

  現在、日本国内には約200校もの「外国人学校」があります。こうした学
 校のほとんどは、「学校教育法」第1章総則第1条に定められる“学校”(=
 いわゆる一条校)には当たらないことから、国や自治体からの経済的支援
 をうけられないことはもちろん、寄付金への課税や学割定期の発行不可な
 どの差別的な待遇もあり、学校運営や継続的な就学が非常に困難な状況
 にあります。

  また、未就学・不就学の子どもたちへの就学支援やプレスクール、学校に
 通う子どもたちの放課後学習支援などを行なう地域のボランティアグループ
 も同様に、教材や備品などの不足に頭を悩ませています。

  そこで、わたしたちはこうした学校運営や子どもたちの学習環境を少しで
 も改善するために、行政や企業、民間団体および個人等と連携し、必要な
 物資等の調達と提供
を行ないます。


電球多文化共生SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)事業
  (2009年度以降実施予定)

  現在、東海地域には外国人支援や多文化共生社会づくりに関するさまざ
 まな組織や団体がありますが、こうした人たちが日常的に情報交換をする
 場やツールはほとんどありません。

  長年活動を続けてきた人が独自に開拓していった人脈や情報のネットワ
 ークは、大勢の人々に共有されることもなく、次の世代に引き継がれること
 も難しいのが現状です。

  そこで、わたしたちはweb上で安心・安全かつ自由に情報交換や相談が
 できるSNSをIT企業と協働開発し、多文化共生に関する情報基地の設置
 と運営
に取り組みます。
     
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/385678

コメントする
コメント