CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Select Your Language

カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/mrc-t/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mrc-t/index2_0.xml
【報告】2月11日 外国人の子ども×発達障がい教材活用検討会  [2018年02月12日(Mon)]

平成29年度あいちモリコロ基金助成事業「第2回『外国人の子ども』×『発達障がい』教材活用検討会」を知立市文化センターで行いました。

前回、12月17日に続いての2回目の実施。
参加されたのは20名で、小学校の先生、地域の支援機関の方、外国人や発達障がいの支援関係者だけでなく、外国人の子どもには直接関わらない、NPO・団体の方にもご参加いただきました。

講師には、清長豊先生(NPO法人アジャスト代表理事・発達障がい支援専門員)と岡谷絵美先生(小牧市学校カウンセラー)をお迎えしました。

最初にお二人の先生から、今回のテーマである「課題分析」についてお話しいただきました。

清長先生からは、実際の事例をもとに、課題分析とは何かということを伝えていただきました。

発達障がいの子どもたちには、「耳」からの情報よりも、「視覚」の情報が優位で、解りやすいという子どもたちもいます。

視覚に解りやすいように工夫しているのに、授業に集中できないのはどうしてだろう・・・
丁寧に子どもの行動を見ていくと、実は姿勢が保持できていない、それで先生が伝えることも見えていない・・ということがわかったそうです。
「つまずき」は「教え方」ではなく、「子どもの姿勢」にあったということを発見し、子ども自身が姿勢を保つための工夫をするということをしたという事例を教えていただきました。

子どもの「できない、しない」に出会う時、やる気がないから・・根気がないから・・
とやみくもに精神論に答えを向けるのではなく、一つ一つの行動、学習課題を分解して、
つまずいているところを発見する。できるようにする手立てを考えるのが課題分析。



岡谷先生からは、課題分析を行う際の理論について少し触れていただきました。
応用行動分析(ABA)は、「行動の背後にある原因を分析することで、社会生活上の問題を
解決していこうという学問と実践」ということです。
大切なことは、
・日常ですぐに役立つもの
・集団の参加を助けるもの
・将来の自立に結びつくもの
・保護者や支援者が実行可能なもの

大きな目標ではなく、子どもがすぐにできること、スモールステップであること。
難しいことではなく、子どもの周りにいる保護者や支援者にもできることが大切・・・
その方法があることで、周りの人とも連携や関係が生まれていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講義のあとは、「課題分析」を行い「支援計画を考える」ワーク

「作文が書けない子」と「分数の足し算・引き算ができない子」についての
事例です。

そもそも「作文を書ける」とはどんな力が必要なんだろう?
「分数の足し算・引き算ができる」ということは何がわかっていないといけないんだろう?
と皆さんで話し合い。

その子がどんな風に育ってきたのか、どんな保護者なのか、どんなことが苦手で、どんなことが得意なのか・・そんな風に事例に焦点を当てると、ついつい「こうすればいいんじゃないか・・?」という方策に目が行きますが、まずは学習課題について考える時間をじっくりとりました。

作文と分数についての「課題分析」をして、では、この子にはどんなスモールステップ
で、取り組んでいくか?を皆さんで考えて発表しました。

とても印象的だったのは、「課題が違う」ということがあるということ。

「分数ができない」のは「分数がわからないから」だと思いがち。

発達障がい特性を持つ子どもの場合は、鉛筆を持って書くというところに課題が
あるということもある。
いつもこの課題が「正しい」という目から、「課題が違うこともある」という目を持ち
子どもの様子から手立てを見つける目を持つということが大切であることを感じました。

分数のグループには、日系ブラジル人でかつては、日本の学校で学ぶことの苦労も感じて
きた20代の女性も参加していました。
現在は多文化共生や地域の外国人の子どもたちの支援に取り組んでいる方です。

その方がブラジルで学ぶ内容や方法の違いをお話してくださいました。
外国にルーツを持つ子どもたちに教える時に、学習の内容が国ごとに違うということ
に、日本で生まれ、日本で育ってきた人は、なかなか気づかないのではないでしょうか。

こんな風に子どもたちがいつしか大人になり、支援者となり、当事者の声を伝え
支援の現場をよりよくしていく・・という状況が生まれていくといいなと思いました。

IMG_7505.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に講師のお二人からコメントをいただきました。
清長先生からは、子どもに残していきたいものは、
「自己肯定感」・・子どもにとってちょっと頑張ればできる課題をプレゼントする。できる場面をたくさんつくる。
「他者信頼感」・・教材は、子どもと一緒につくればいい。どんな教材がいいかなとアレコレ考えて提供するだけでなく、どうしたらいいかを一緒に考る。一緒に学びの機会をつくるということも信頼関係につながっていくのかなと思います。
 

岡谷先生からは、支援にはバリエーションがあること、子どもへの視点と課題への視点の両方持ちながら、それらを総合して支援を考えていくこと。
うまくいかない時は「課題があっていないのかも?」と考えてみること。
相手の能力が低いからだと決めてしまうのでもなく、また、支援者に能力がないと落ち込むのでもなく、もう一度課題を考えてみる。それでもやれないという時は、発達障がい特性や情緒的な課題も考えてみる。

今回のこの研修での学びを日々の子どもたちの支援の中で活かしていただき、皆さんの「困った」や「どうしたらいいのかな」が少しでもクリアーになるといいなと思います。


IMG_7482.jpg


【報告】12/17 「外国人の子ども」×「発達障がい」第1回 教材活用検討会 [2017年12月20日(Wed)]

平成29年度あいちモリコロ基金助成事業「第一回『外国人の子ども』×『発達障がい』教材活用検討会」があいちNPO交流プラザにて行われました。

昨年度、「外国にルーツがあり、発達が気になる子どもたちをどのように支援していくのか・・・?」
そのような問題意識を持った方々が集い、課題を共有するシンポジウムを実施しました。
今年度は、シンポジウムでの参加者のご意見を踏まえ、様々な立場、組織で支援に携わる方が集まり、学び合う場を設けていきたいと考えています。
その一つとして話題にのぼったのが支援に活用する教材について。
支援に取り組む方々から、「たくさんの教材があって、どれをどんな場面で使うといいかわからない・・」そんな声を受け、「教材」に焦点を当てた研修会を12月、2月、3月に実施します。

今回、12月17日の企画第1回目。キャンセル待ちが出るほどで迎え、関心の高さと学ぶ場が求められていることを感じました。

講師には、川崎直子先生と藤川純子先生をお迎えしました。
最初にお二人の先生から、外国にルーツがあり、発達障がいの子どもたちの支援の現状や実践、考え方についてお話しいただきました。

川崎先生からは、数年前から日本語教育の指導者の間で、子どもたちの発達の課題があるのではないか??という声が聞かれていたが、行政側もその実態の把握と対策が追いついていないという現状のお話しがあり、まさに今、支援が始まったばかりの問題ということを感じました。

日本語の習得の課題なのか、発達障がいなのか・・どちらかはっきり区別できないことも多く、原因を特定することが大切なのではなく、目の前の子どもにとって、どんな方法がいいのか、自然にやりたくなる、学びたくなる方法は何か・・と考え、実践していくこと。その子の強みを伸ばしていくことの大切さをお話いただきました。

藤川先生からは、外国人の集住地域で教員をされているというお立場ならではのお話をしていただきました。外国人の子どもたちで知的、発達障がいの子どもたちの支援について「教材」という視点からお話いただきました。子どもたちのアセスメント(実態を把握すること)をしっかりと行うこと、その子の障がい特性に合わせた支援を考えていくこと。そして、支援方法については、様々な人がチームになって、知恵を持ち寄って行っていくことの大切さを伝えていただきました。

講話のあとは、「知恵を持ち寄って支援を考える」ワークを行いました。
今回は「漢字が習得できない」「算数ができない」子どもの2つケースについて、支援計画を考えていただきました。
どんな情報を知ることが必要か?を考えることをもとにしてアセスメントの大切さを知るワーク、その子の困り感の背景にあるものは何か?を考えるワーク、最後に支援計画を考えていくワークと、3段階に分けて実施しました。

ワークを通して、支援の中で大切にしていること、工夫していること、困っていること・・
を共有できました!

IMG_6360.jpg


架空のケースではありましたが、皆さんそれぞれが、向き合っている現場にいる子どもたちとの関わりでの工夫、困っていることを持ち寄るような時間となりました。

今回のこのワークは初めての試み。そのため、時間もタイトなスケジュールでもっとじっくり皆さんと話し合い、考える時間を持ちたかった・・という声をたくさんいただきました。

支援に取り組む方々が持っている経験、知恵、情報が集まり、それぞれの現場での支援をより豊かなものにしていく。そこに携わる人たちを応援していく。そんな場を今後もつくっていきたいという思いを強くしました。

先生方、みなさんに持ってきていただいた教材もシェアしました。
(じっくり見る時間を取れずにすみません!)

IMG_6359.jpg



【ご紹介】人権啓発コースター設置協力店 その3 [2017年12月07日(Thu)]

豊橋市内のラストは、駅から東へ徒歩5分のところにある古民家をリフォームした素敵なイタリアンレストラン「garden dining Kado(かど)」さん。こちらは呑んでよし食べてよし、とにかく何でも美味しいんです!お一人様から団体様まで受け入れてくださる懐の深さも魅力。豊橋でご飯に迷ったら、迷わずこちらへどうぞ!車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

IMG_6111.jpg

IMG_6110.jpg

続きを読む・・・
【ご紹介】人権啓発コースター設置協力店 その2 [2017年12月06日(Wed)]

駅前商店街、ときわ通りを抜けてもう少し行くと、少し落ち着いたエリアで大人なお店が軒を連ねています。イケメン店長が笑顔で迎えてくださった、スモモバルさんは、一人でも気軽に入れる韓国料理のお店。チョンマルマシッソヨ〜!(本当に美味しいですよ〜!)駅前店と合わせて2店舗でコースターを使ってくださるとのこと。コマッスンニダ!(ありがとうございます!)揺れるハート揺れるハート揺れるハート

IMG_6103.jpg

IMG_6104.jpg



続きを読む・・・
【ご紹介】人権啓発コースター設置協力店 その1 [2017年12月06日(Wed)]

今年度、当団体は愛知県より委託を受け、外国人の人権をテーマにいくつかの事業を実施しています。その一つ、人権啓発イベントとして、「人権週間」である12月4日〜10日の間、豊橋市内の飲食店さんにご協力いただき、“人権啓発コースター”を配布しています。
お店で飲み物を注文していただくと、下のコースターといっしょに商品が提供されます(枚数制限あり)。こちらのコースターは、地元企業の豊橋合同印刷株式会社さんにデザイン・印刷していただきました。ありがとうございます!黒ハート

スクリーンショット 2017-12-06 14.31.54.png

人権啓発コースター


続きを読む・・・
衆院選2017キーワード [2017年10月10日(Tue)]

本日、10月10日が公示日となる第48回衆議院選挙に立候補した政党が、「移民」や「難民」、「外国人」など、当団体の活動に関連したキーワードについて、どう考えているのかを各党の政策集から抜き出してみました。(2017年10月12日更新

スクリーンショット 2017-10-12 12.23.35.png
続きを読む・・・
9才になりました! [2017年10月08日(Sun)]

おかげさまで
本日2017年10月8日をもちまして
当団体は設立9年目を迎えることができました。

この9年間、多文化共生分野のNPOとして
微力ながら事業を継続・展開してこられたのも
ひとえに当団体の活動を陰日向にと応援してくださる
皆様のおかげと心より感謝申し上げます。

国境を越えて移動する人々や
それを受け入れる日本社会の状況はもちろん
当団体スタッフ一人ひとりの生活環境も
設立当初とは大きく変化しています。

そうした中でも
常に柔軟な思考とブレない信念をもって
これからも多文化共生社会づくりに
貢献していきたいと思います。

来年度
10年の節目を迎えるにあたり
より多くの方々のご理解とご協力を賜りながら
この地域に必要とされる組織を目指して
精進してまいります。

今後とも
どうぞよろしくお願いいたします。


2017年10月8日
スタッフを代表して
代表理事 土井佳彦
【お知らせ】あいち地域日本語教育アドバイザー派遣2017 [2017年10月01日(Sun)]

今年度も、アドバイザー派遣事業を実施します。
詳しくはチラシをご覧の上、事務局までお問い合わせくださいませ。

2016(平成28)年度 事業報告書 [2017年08月03日(Thu)]

以下に「2016年度事業報告書」をアップします。
ご参考ください。

【イベント情報】8/6, 9/3、川遊び体験教室(通訳付き) [2017年07月06日(Thu)]

8月6日と9月3日に、多文化共生をめざした「パパとママのための川遊び体験教室」が開催されます。参加費無料で、通訳付きです。ぜひご参加ください!るんるん

7/17でこの募集は終了しました。ご応募ありがとうございました。


| 次へ