CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2007年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Clay Conner
不都合な真実 (12/17)
Alissa Wells
不都合な真実 (07/11)
つおし
木の上のおうち (03/02)
茂木映治
木の上のおうち (02/11)
つおし
3.9meetingを開催します♪ (01/23)
環☆
3.9meetingを開催します♪ (01/22)
つおし
ツリーハウスのある風景 (12/24)
☆みさこ☆
ツリーハウスのある風景 (12/21)
つおし
映画『赤貧洗うがごとき』 (12/20)
最新トラックバック
BDF (09/30)
内山ガーデン・アーボリタム@君津市 [2007年04月12日(Thu)]


4/11
千葉県君津市にあります、
内山緑地建設株式会社さんの
内山ガーデン・アーボリタームを見学に行きました。

今回は、ツリーハウスクリエイターの
小林崇さんご同行のもと、
見に行ってきたのですが…

この、ガーデン・アーボリターム素晴らしい!
首都圏近郊でこれだけ素晴らしい、造園場所があるとは!!

山桜の景観や、様々な植物が綺麗にガーデニングされています。
それが、急ではない山道にあるので
とても気持ちの良い、空間に感じました。

二つ素晴らしい木があったんです。
一つ目がこれです。




雄大で、素晴らしい木でした。
この木は、天に向かってすっと伸びているタイプの木でした。

そして、もう一つがこれ



この、コナラの木は逆に周りに大きく広がったかたちです。
ここでならばハンモックつるして
ゆったり寝ることが出来るんじゃないかな〜と
妄想していると…




小林さん、いてもたってもいられなくなり
登ってしまったようです。

この木は良いな〜って何度も言ってて
ツリーハウスクリエイター魂に火をつけてしまったようです。

ほかに、このガーデン・アーボリタムには素敵な
ガーデンがあります。




小川が流れ、素敵な屋根の小屋があって
ここでのティータイムはとても素敵なじかんになるだろうなーと
また妄想しちゃいました。

5月に、このガーデンをプロデュースした方が
イギリスロンドンにて、ガーデニングの発表会に出るらしいので
そちらのほうもおって、ブログで伝えられたらなと。
そんな、素敵な場所は
皆さんも見学可能ですのでぜひ行ってみては??
ツリーハウス@塩釜 [2007年03月26日(Mon)]


ツリーハウスブロガー
と、して一時期名を馳せた
つおしですが、久々にツリーハウス情報です!


宮城県塩釜市にある
ふれあいエスプ塩釜の方で、
また新たなツリーハウスプロジェクトが動いております。

塩釜出身のフォトグラファー平間至氏から寄贈される
とても温かみのあるツリーハウス。

今回も、手がけるのは
ツリーハウスクリエイターの小林崇氏。

毎回、地産地消と柔らかいデザインで
僕達を虜にするツリーハウスをクリエイティブする
小林さんですが、今回も小林スタイルが貫かれているようです。

今週末の30日には、完成予定だそうです。

ぜひ、お近くの方見学に行ってみては?

僕も行きたい!!
動く、ツリーハウス制作現場! [2007年01月29日(Mon)]
ツリーハウスの動画がようやくできました。 保育園や、児童館の皆さん そして動くツリーハウス制作現場をお楽しみの皆さんどうぞ!
小林さん情報 [2007年01月23日(Tue)]

小林崇さんのインタビューが掲載されています。

小林さんの生い立ちなどがわかる
とても興味深い内容になっていますので
皆さんもご覧になっては??

インタビュー記事
少し短いですが、
今日はここまでで。。

実は、電車を乗り過ごして
静和駅まで行ってしまいました。

ローカルネタですが、このきつさわかる人には分かるはず??
ツリーハウス・ミーツ・メディアージュ [2007年01月14日(Sun)]
あけましておめでとうございます。。
って、もう14日になってしまいましたね。
本年もつおしとつおしのエコナウ共々ヨロシクお願いします♪

ここまで、更新が遅れてしまい申し訳ないです。
今回以降は、なるべく更新しますので
お楽しみに(有言実行なるか??)

で、今回は東京お台場で開催されています
ツリーハウス・ミーツ・メディアージュの方の
オープニングイベントに行ってきたのでご紹介させていただきます♪


いかがですか?
今回のツリーハウスは今日から放映予定の
ネスカフェゴールドブレンド第2弾のものと
同じデザインをしています。


裏はちなみにこんな風になっております。
流木をつかったミノムシスタイルのツリーハウス。
これまた、こいつはどこかに飛んでいきそうですね。


そして、オープニングイベントが始まると
何が始まるの?と言う感じで続々と人が集まり
会場は動けない状況に。。


今回のイベントは、
小林崇さんと渡辺満里奈さんのトークセッション
FUTABAというピアノデュオによるライブが行なわれました。



ツリーハウス・ミーツ・メディアージュは
2月12日まで開催されていますので、
ぜひ足をお運びください。
詳細はこちらで!
X’masツリーハウス♪ [2006年12月24日(Sun)]

メリークリスマス♪
聖なる夜を、どうお過ごしでしょうか?

今回のお話は、
風の子保育園&はらっぱ児童館@
ツリーハウスのエピローグとなります。

クリスマス間近の
12月23日、
ビルダーさんからクリスマスプレゼントとして
贈られたものは…



そうです。
すべり台になります♪


このすべり台、
軽いアトラクションです。
かなりスピード感があって、
スキージャンプのごとく、子供達はどんどん飛び立ちます。


この日は、みんな集まっての完成式でもあったので
職員の皆さんや
父兄の皆さんの手料理や音楽でのお祭り♪

ツリーハウスには
カントリーや沖縄民謡がすごくあいまって
素晴らしい雰囲気の中、宴は催されました。


今回も、皆さんの笑顔をいただいてしまいました♪
もう、子供達も
僕が写真を撮る前の掛け声をわかってなのか
シャッター時には、
ごちそうさま〜と言い返してくれて。

ただ、それだけ仲良くなったみんなとも
今日でお別れなのかなと思うととても寂しい気持ちに。

そんな、気持ちを忘れさせてくれるくらい
完成式は楽しかったです。

園と館、両方の職員の皆さん
保護者の皆々さま

そして、僕を慕ってくれたカワイイ園と館の子供達に
この場を借りて感謝の言葉とさせていただきます。

本当にありがとうございました。


イルミネーション輝く、
クリスマスツリーハウス…

聖なる夜、
ハッピーな気持ちにさせてくれる彼は、
12月初旬には一杯だった木の葉を落葉させ
新たな顔を覗かせていた。


ツリーハウスのある風景 [2006年12月18日(Mon)]

更新、滞ってしまったことまずお詫びいたします。

そんなこんなで、ついに…

ついにツリーハウス完成いたしました!

園の中はもう人がごった返し
みんなツリーハウスにどんどん登っていきます。


園のみんなが作ってくれた
手すりも取り付け開始!

みんなの思いが、このツリーハウスの一部になり
このツリーハウスは、ここにしかないものなんだなと
とても思い出深いものになりますね。


最上階の風景は、皆さんぜひご自分の目で。

園の掟として、
園に訪れた方たちは、
ツリーハウスに登らなければいけないとか…

ま、それは冗談ですが
夕陽の風景は美しく、それは素晴らしいものですよ。
それは、また後日公開。


ツリーハウスは人が乗ってこそ、より良さが出ますね。

僕はこの笑顔をいただくのをずっと待ち焦がれていました。
これからもこんな風に
思い出の風景として
ツリーハウスが傍らにあるのは
とてもハッピーであったかいことの様に思いました。

そして…


今回、2週間ツリーハウスを制作してくれた
ビルダーの皆さんです。

2週間、
雨にも負けず、
寒さにも負けず、
環境の変化にも、
時には体調の良くない日もあったと思います。

風の強い中、木の上という不安定な場所で
ケガも恐れず
ビルダーの皆さんは
園のみんなの夢を作ってくれました。


そして僕は、その風景を一番間近で見て
そして感じることが出来ました。

ほとんど、何も手伝うこともせず
写真ばかり撮って、本当に申し訳ない限りでしたが
素晴らしい経験をさせていただきありがとうございました。

不器用な僕は、こんな風にブログで伝えることしか出来ませんが
少しでもこれを見てくれている方を
ワクワクさせることができたのならば幸いです。

本当にビルダーの皆さんお疲れ様でした。
改めてありがとうございました。











終わりかと思った皆さん

つおしのツリーハウスの風景はまだ続きますよ。

22日
23日と完成披露会ともうひとつ実はサプライズが待っています。

さらに、
ツリーハウスを追っかけて(仮)を来年予定しています。
それ以外でもつおしのエコナウは
身近な環境のおもしろイベントを伝えたいと思います。

ですので、今後もつおしのエコナウお楽しみに♪
ではでは〜
木の上のおうち [2006年12月14日(Thu)]

ついに、ついに木の上に!

今日は、ついにステージ4に壁板が
取り付けられました。
夢にまで見た風景に、一瞬。。
??家が、木の上にあるな〜
すごいな〜と、いった具合の雰囲気で見てしまいました。

柔らかな木目は、すごく木と一体化していました。


こちらが、全体図になります。
やはり、迫力が違いますね。

今までは、木とデッキだけだった分
ハウスのインパクトが無かったものの、
ハウスの入った瞬間、このインパクト。

道を散歩してる方も、
みんな今日はいつも以上の注目度でしたね。


そして、内装はこのようになっています。
上の八角形に見えるのが、屋根の支柱になっています。

窓も3つあり、
園を見渡す窓、
夕陽をのぞく窓、
みかも山を展望する窓といった特徴があります。

正直、この写真はステージ3から撮りました。

ステージ4に上るのは、まだ恐いんですよ。
それは、このブログを見た人だけの内緒ということで。
はしごがかかるのを、楽しみに待っているところです。


夕方近くになって、屋根の取り付けと
最後の壁板の取り付けを行なっているところです。

一瞬、雪?と錯覚しますが
実は、雨です。

宙に浮きながら、
雨も降り、木屑舞う中
ビルダーさんたちは、
ひとつひとつ、作業をこなしています。


ライトを照らしてみると
まったく雰囲気の変わったものになりました。

焚き火とツリーハウスはすごく画になりますね。
ツリーハウスの産声はもう少しのところまで
来ているようです。
秘密の展望台は鳥のトサカ? [2006年12月13日(Wed)]

現場に入った瞬間、
目に入ってきた風景です。

ステージ4の外観が骨組みとして
出来上がっていました。

さらに、この骨組みに

こういった感じで、壁板を付けていきます。
この壁板も、木の自然な形のままになっています。

なだらかな、曲線があったり
木目も様々。
本当に、木の一部と言う感じに見えます。

触ってみると、すごくツルツル、スベスベした感触があります。

この壁板を付け終ったあと、
再び、骨組みをばらして、最上階へと組み立てるそうです。


ステージ3から見る下の風景は不思議で
まるで、階段部分が
翼を広げた、鳥のように見えました。

鳥と同じ目線になれる、ツリーハウスは
ツリーハウス自身が、鳥にもなっていました。


毎日、僕らが暖をとれるのは
園の職員の皆さんの優しさで成り立っています。

園のお仕事だけでも忙しい最中、
ふと気付くと、
暖かいたき火が、ビルダーさんたちを元気にさせる。

心身共に暖まっています。
本当にありがとうございます♪


「すごい、つるつるだ〜♪」
と、はしゃぎまくる園のみんな。

最上階の、秘密の展望台は
子供達にとって、
たくさんの思い出とたくさんの風景を
作る特別な場所になることでしょう。

ついに登頂 [2006年12月13日(Wed)]

ブログ、滞ってしまい申し訳ないです。

では、本日もツリーハウス日記更新します!

今日は、風の子保育園のカモシカ組みのみんなが
ついにツリーハウスに登頂♪
キラキラと目を輝かせながら
ステージ2までの登頂を楽しんでいました。

脚立の前で並ぶ様子は
完成後の並ぶ様子を予期させるようで
みんな楽しみに待ってるんだなと感じさせてくれました。



おそらく、僕達の目線からは
ステージ2はさほど高くは感じませんが、
園児のみんなからはすごく高く感じたと思います。

ただ、そんなことはかんじないのか
ステージ2でも動き回り

ステージ1のデッキからも
跳んで、降りる元気さを見せる園児。
ツリーハウスの醍醐味を存分に楽しんでるようですね♪

実は、一番楽しそうにしてたのが、先生方。
ステージ3への登頂を聞いたり、
眺めを楽しんでいたり、好奇心は子供にも負けてない様子でした。


ステージ4に突如現れた、
この、ポッカリあいた穴。

さて、これがどうなっていくのかは
今後のお楽しみです。

ヒントはステージ3とステージ4のコラボレーション
といった表現が正しいかもしれません。


さて、あらたにこちらの作業ですが
板に細い楕円の穴を開けています。

実は、これ階段の段の部分になります。

ステージ1から、2に上がるときに使う階段なのですが
小さい子達も、ここには登ります。

そこでは、危険が伴うので
降りるときにこの階段の細い楕円部を
掴める様なかたちにしてあります。

はしごまで急ではなく
階段で、取っ手のある優しさは
本当に園児にとっては、安全のシンボルではないでしょうか。


僕の、ツリーハウスの画の中で
一番好きなものが、夕暮れ前の画です。

木々の葉に、夕陽が反射して
とても美しい風景になります。

そこで、働くビルダーさん達を
どんなスポットライトよりも、輝かせるのが
この夕陽だと僕は写真のファインダー越しに感じています。

この輝く様も、後数日で終わってしまいます。
ラストスパートに入った、
風の子保育園での、ツリーハウス制作。
また、明日以降の更新楽しみに待っていてください。
では!!
| 次へ
プロフィール

さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/motk1031/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motk1031/index2_0.xml