CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2007年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Clay Conner
不都合な真実 (12/17)
Alissa Wells
不都合な真実 (07/11)
つおし
木の上のおうち (03/02)
茂木映治
木の上のおうち (02/11)
つおし
3.9meetingを開催します♪ (01/23)
環☆
3.9meetingを開催します♪ (01/22)
つおし
ツリーハウスのある風景 (12/24)
☆みさこ☆
ツリーハウスのある風景 (12/21)
つおし
映画『赤貧洗うがごとき』 (12/20)
最新トラックバック
BDF (09/30)
渡良瀬遊水地&あき津亭エコツアー [2007年01月30日(Tue)]

1/27(土)
渡良瀬遊水地とあき津亭にて
エコツーリズムネットワークリボーン主催のエコツアーが行なわれました。


今回ももちろん、天ぷら油バスによるツアーとなっています。

最初に、渡良瀬遊水地では
オオタカ保護基金遠藤孝一さんの
分かりやすい説明による野鳥観察が行なわれました。


特に、トビが多く飛んでいて
連なって飛ぶ姿にはとても感動しました。
参加者の皆さんも、双眼鏡に最初は戸惑っていましたが
だんだん慣れてくると
野鳥を追うのにもなれて、夢中で双眼鏡を覗いていました。


お昼になると、あき津亭の方に移動して
やまずめぐる著者の町田さんによる
手作りけんちんうどんが振舞われました!

渡良瀬遊水地で冷え切った体も
このうどんでポカポカになっている様子でした。
野菜たっぷりのこのけんちんうどんは
とても野菜の甘みが出ていてそれは美味しかったです。


そして、今回はなかなか体験できない
薪割りと綿くりを体験していただきました。

特に参加者の皆さんが、はまっていたのが
薪割り
なかなか、割れず皆さん悪戦苦闘でした。

そこに出てくるのが町田さんでして
節を見、町田さんはスパッと割ってしまうのです。
それを見た参加者は拍手と同時に
あの美しさを自分で体験したいのか
何度も挑戦していました。

もちろん、綿くりも皆さんいつものように夢中で
クルクルと綿繰り機と戯れているようでした。


冬ならではなのツアーはいかがだったでしょうか?
滑空する野鳥を追う皆さんの双眼鏡の嵐に
鳥たちは俺は追えないだろうと自由気ままに飛んでいました。

また、野菜たっぷりのけんちんうどんと
割るのにそうとうてこずる薪割り。
もちろん薪は、冬の風物詩薪ストーブの材料になっています。

最後に一言、
今回のツアーで筋肉痛になった人がたくさんいるのでは?
双眼鏡を持ち、薪割りをし腕は上がらないのでは?
でも、それが今回の旅のお土産と思い出になっているとではないでしょうか。
興味を持たれた方は、ぜひ今度のツアーにご参加ください♪
プロフィール

さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/motk1031/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motk1031/index2_0.xml