CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
であう・つながる・もちよる・ささえる

~様々な支援団体や支援者のつながりが
   社会を支える力になりますように~

« 東三河地区セッション | Main | おしらせとごあいさつ »

プロフィール

草の根ささえあいP×起業支援ネットさんの画像
草の根ささえあいP×起業支援ネット
プロフィール
ブログ
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新コメント
http://blog.canpan.info/motiyori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motiyori/index2_0.xml
タグクラウド
(西三河)第3回「困りごとから連携の方法を探る」ワークショップ[2012年11月17日(Sat)]
10/27(土)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」西三河地区の第三回セッションが刈谷市産業振興センターにて開催されました。

最終回のテーマは【プロジェクト立ち上げワークショップ】〜つながりの力を活かして課題を解決する〜です。第1回第2回のワークショップで取り組んできた「もちより」を地域へ「もちだす」こと、そして「西三河地区のアクション」へとステップを進めていくことを、参加者の皆さんと探っていきました。

入り口では恒例の会場調査を。
”困りごとに対して提供できる支援”というテーマで、「支援していること」を赤シール、「つながりたい分野」を黄色シールで貼っていきました。

IMG_5554.JPG

「仕事」と「社会参加」にぜひつながりたいシールが多かったです。また、同じ枠の中にいくつか、「支援している人」と「つながりたい人」シールが貼られていました。ワークショップを通じたほんとの出会いに、これからの連携への可能性がみえるようです。

まずは1・2回目の様子をスライドをまじえながら、今までのワークショップの振り返りました。

次にアイスブレイク。
何をやったかというと・・・。

IMG_5535.JPG

写真をご覧になって、ええ〜何したの?と思われるでしょうか。説明するのは難しいのですが(笑)、皆さんと輪になって、いろんなもの(人形、パソコン、豆腐?!、赤ちゃん?!←写真にあり)をリレーするというものです。実は、相手と視線を合わせる、タイミングをはかる、周りの動きをみながら移動するなど、コミュニケーションを大切にしよう〜という想いが込められたワークなのでした。

IMG_5539.JPG
皆さん笑顔で参加してくださいました!

次にいよいよ、本編へ。
今回は、「できることもちよりミーティング」
皆さんのできることやアイディアを持ち寄って、実際の支援につなげようというものです。
前半後半、計2回実施しました。

まず前半です。テーマは、
「あなたやあなたの支援団体が、現在解決に困っていて、ここにいるみなさんと解決したいケース」についてです。3名の方に発表していただきました。
IMG_5547.JPG

IMG_5552.JPG

それぞれの話を聞き、1番話し合いたいテーマに分かれて、それぞれ皆さんでミーティングを行いました。
テーマは、
*単身・ホームレスの方の生活保護受給が決まるまでの、着替えや小遣い、コミュニケーションの課題について。
*養育能力が乏しい家庭の子が次世代に連鎖しないようにする支援について。
*本来の診療に力を入れられない現状について(自助グループの立ち上げや他の課題はどうかについて)

参加者の皆さんは、それぞれ専門が違うので、確かに現状のシェアには時間がかかります。でも、だからこそ、意外な質問が出たり、そういうアプローチもあるのね〜なんていう気付きもあったようです。
例えば、最初のテーマでは、単身者や高齢者、精神疾患をお持ちの方の未受診という共通項や、物資のストックというシステム作りというアプローチがみえてきました。これだ!というひらめくような解決策を求めるのではなく、解決につながる小さなつながりや一歩をさぐる。そんな場でもあったようです。

IMG_5562.JPG

IMG_5555.JPG

次に、後半です。テーマは、
「前半の話し合いをふまえ、地域が次のステップに進むためにここで皆さんと話し合いたいこと」
出していただいた、具体的なテーマは、
*ニーズはあるが、公的なお金が付かないものに対して、どう対応していくか(医療通訳)
*自分の団体が持っている技術などをどう地域に発信還元していくか
*地域で眠っている資源(古い民家や庭など)と、利用したいと思う人をどうつなげるか

IMG_5592.JPG

例えば、最初のテーマでは、
アイディアとして、困りごと窓口を作り、それぞれの相談に対するアプローチをとる⇒⇒⇒解決へのサポート/社協や役所への相談へつなぐ/統計化して世間に訴える、というものが出ていました。課題はここなんじゃないかなあ、うちの団体ではこんなことを取り入れているよ、という皆さんの意見に、「へえそうなんですね、じゃあまずは、私達はこれに取り組んでみようかな」という発言。次のアクションへの糸口となったようでした。


IMG_5608.JPG
前半後半とも、ミーティング後に、皆さんと共有しました。

最後に、
「話し合いを振り返って、あなたにとっての次の一歩」を1人1人発表しました。いろんな一歩がありましたが、それは皆さんの胸の中に・・。記念写真、皆さんすてきな笑顔ですね。

IMG_5639-2.JPG

回を追うごとに、お1人お1人の取り組みや想いを伺う機会も増え、つながりも強まっていったセッションも今回が最終回です。ご参加くださった皆さま、ご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

セッションは終了いたしましたが、
今後は「支援立ち上げプロジェクト」を進めてまいります。地域の課題に対して皆さんと取り組んだり、県内他地域の皆さんと合同の勉強会を設けたり、(12月21日に生活支援戦略勉強会開催いたします)支援者が相談しやすい場づくりも企画中。当事者の皆さんに届く活動につなげていきたいと思っております。

西三河地区のみなさま、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(草の根ささえあいプロジェクト 大森)





Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 08:36 | 西三河地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

(西三河地区)第2回「深く知り合い・広く共有する」ワークショップ[2012年10月06日(Sat)]
9/30(日)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」西三河地区の第二回セッションが、刈谷市総合文化センターアイリスにて開催されました。

台風17号.jpg

折りしも台風17号の三河地方上陸で、開催が危ぶまれる中、開始時刻にはまだ暴風警報が発令されていなかったため、
半ば強引に決行しました。
そんな悪天候にも関わらず、たくさんの皆さまにおいで頂き、本当にありがとうございました。

まずは恒例の入口での会場調査。

IMG_5069.JPG

第2回会場調査.JPG

内容はこちら→http://blog.canpan.info/motiyori/archive/11

他会場と比べると、病院関係や行政からご参加頂いている方が多いので、
「病気」「申請・手続き」に緑シール(実際に支援をしている)が多く見られます。

そして、草の根ささえあいプロジェクトの渡辺からご挨拶とお礼をさせて頂いた後、

IMG_5071.JPG

アイスブレーク。
本日のお題は、名古屋・尾張地区、東三河地区に引き続き、
「生まれてから今までで、あなたが人から支援をされて、一番うれしかったエピソードを話して下さい」でした。

IMG_5074.JPG

いつも人を支援している人達が、自分が支援された経験を話すことは、新鮮に感じられた、というお声を頂きました。

一気に場が和んだところで、いよいよメインワークスタート。
日頃、参加者のみなさんが解決に取り組まれている支援のテーマごとに、
「仕事」「社会参加」「住居・居宅」「訪問・同行」の4つのグループに分かれて頂き、
グループインタビューです。

IMG_5084.JPG

順番に一人ずつ、2分程度の簡単な自己紹介をした後に、グループの方からインタビューを受けるのですが、
このワーク、ある簡単なルールを設けてあります。

そのルールとは、
1.批判をしない。
2.質問はひとり1回1問のみ。

質問する、それに答える、次の人が質問する、また答える、といった具合に繰り返します。
それを時間の限り、二巡三巡と。
単純なインタビューのようですが、他人から次々と質問をされてそれに答えるうちに、
自分で自覚して行っている支援だけではなく、
無意識のうちにやっているけど、他人から見ると「おっ!」と思われるような支援方法や技が飛び出してくる、という仕掛けです。

これは、PCAGIPという手法にヒントを得て、今回のワークショップに導入したものです。
(PCAGIPについてはこちらの成田有子さんのブログをご覧下さい。http://blog.canpan.info/yukonarita/archive/358

インタビューの後は、聞き取った内容の中から、他のグループの人にも紹介したいと思った支援方法を黄色い付箋に記入し、貼り出していきます。

黄色付箋が出揃ったら、聞かれなかったけど、こんなこともできるぞ!という技を、インタビュイーの方から
ピンクの付箋に書いてご披露頂くという具合です。
中には、黄色にもなく、ご本人からも出なかった内容が、他の方から紹介される、という場面もありました。
刈谷地区の連携の強さを感じられる一幕でした。

IMG_5087.JPG

大いに盛り上がって笑いが耐えないグループあり、ほっこりとした雰囲気で終始和やかなグループあり、
真剣な表情で聞き入るグループあり。
全員のインタビューが終わる頃には、一面に付箋の張られた様が圧巻でした。

このワークが終わると今度は、情報交換カフェ。
これまでのグループをバラバラにして、お茶を飲みながら、グループインタビューの時間で、印象に残った事などを自由に話し合って頂きました。

IMG_5088.JPG

IMG_5089.JPG

そして全体での自由タイム。

全部のグループインタビューの模造紙を見て廻り、、、
気になる方、仲間になりたい方を見つけて、、

IMG_5097.JPG

つながる。。

IMG_5095.JPG

つながる。。。

IMG_5102.JPG

最後はメッセージタイム。

今日参加されている方々に向けて、自由にメッセージを発信して頂きました。

IMG_5113.JPG

IMG_5115.JPG

IMG_5104.JPG

「普段の現場では知り合えないような方々と知り合えた」
「様々な支援現場で、外から見えない工夫や努力があることがわかった」
という感想や
「○月○日イベントをやるので、是非来て下さい!」
なんていう宣伝まで。

まだまだ拡がりを予感させるメッセージを頂きました。

今回の参加者の中には、私達草の根ささえあいプロジェクトのメンバーであるカイパパさんが混じっていたのですが、ブログにこんな記事を書いているので、是非ご覧になってみて下さい。

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fkaipapa.livedoor.biz%2Farchives%2F52429794.html&h=9AQFH_VTgAQHVJ1DY9J0XZGsEVlix90oeS1cojZxBYASjlw&enc=AZP8hSDTS9XYW1DkoYIlDBfbxYReztBx726OTSnllSqiT4IfIG3yI0RdX6E0M0vH-iZn5UDoL8tfnGjknBxbS-0y&s=1



次回は、これまでのワークショップでつちかったあらたなネットワークや信頼関係をもとに実際に、地域で「支援チーム」を立ち上げ、より良い支援を提供していくためにはどうしたらよいか?を考えます。

刈谷会場にお越しいただきました皆さん本当にありがとうございました。

次回第三回(10月27日開催)もどうぞよろしくお願いいたします!






続きを読む...

Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 17:54 | 西三河地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

(西三河)第1回「出会い・発見」ワークショップ[2012年09月02日(Sun)]
8/26(日)に、
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」
西三河地区の第一回セッションが
刈谷駅市総合文化センター アイリスで開催されました。

今回も、地域で活躍されている
たくさんの方にご参加いただきました。

1会場調査.jpg

西三河地区セッションでは、
市役所の職員さんなど、多くの行政関係の方や
病院の医師の方や職員の方にもお越しいただけたことが
印象的でした。

同じ地域でも、これだけの様々な方が
一堂に会する機会はあまりないので、もっとお互いを
よく知る時間がほしい!という他地域の参加者の方の
お声をふまえ、今回は自己紹介タイムを多くとりました。

『あなたの仕事を食べ物に例えると何ですか?』
というお題で、皆さんの普段のお仕事を紹介して
いただきました。

2.1食べ物にたとえる.JPG

2食べ物にたとえる.jpg

主に対人支援のお仕事をされている方が
ほとんどなのですが、そのとらえ方は十人十色。
「ごはん」「パン」などの主食系
「寄せ鍋」「サラダ」など食材いろいろ系
「福神漬け」などの脇役系など、楽しく印象に残る
自己紹介で会場の緊張も解けました。

2.2たべもの.JPG

2.3たべもの.JPG

その後は他会場と同じく
「できること」を出し合うワークショップ
です。
今回も本当にいろいろな視点から
さまざまな『支援』をもちよることができました。

3.1ふせん書き.JPG

3.2ふせん書き.JPG

3.3ふせんはり.JPG

3.4ふせんはり.JPG

また、今回はワークショップの最後に
全員ですべての事例を見て回り

『これは、ナイスな支援!』
『こんなことができるなんて、すてき!』

と、膝を打った支援に
それぞれがシールを貼って「投票」し、
多くの票を集めたふせんを出された方にインタビューして
お考えをお聞きするという試みもしてみました。

4.3WS.JPG

5ベストふせん賞.jpg

参加いただいた方からは

『その人中心の全方位的な支援の可能性を実感しました。』

『主訴とは別の部分でも、支援の方法がいろいろあること、それが相談者の力になりそうなこと…大変勉強になりました。』

『専門家の人が多く、支援の輪が広がり、大変良かった』

などの感想をいただきました。

この気づきや経験、つながりを
リアルな支援の場でも生かす、その実現に向けて
「できることもちよりワークショップ&支援チーム立ち上げプロジェクト」は
Facebookやメーリングリストを使って
ワークショップで出会った皆さんとの交流の機会を保ちつつ
各会場での第2回のセッションにすすみます。

(草の根ささえあいプロジェクト 石黒)

Posted by 草の根ささえあいP×起業支援ネット at 15:37 | 西三河地区セッション | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)