CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月 »
不登校経験者の方とお話[2019年06月30日(Sun)]

季節がらか、いろいろメディアでとりだたされているからか

最近、不登校経験者の方から
ちょくちょくご連絡をいただきます。

又は、偶然お会いしたり…。
元気になられた皆さんと
お話するのは嬉しいですし、正直勉強にもなります。DSC_0035.JPG


話の流れで、何度かこの話題になるのですが(^-^;

『しんどいとき、何て言われたり何をしてもらったらホッとした?

というわけで。
早速、お話を記載させていただきます。


『テストの日でも他のどんなときでも、学校へ行けと言わず
とりあえず。風呂にだけははいれと言われ、毎朝同じ時間に起こされた(笑)』

今、起きる習慣が社会人になって
かなり役立っているそうです。


『別に何も 言わなかったし、普通にしててくれた。
気がついたら、端から部屋が少しずつ片付けられていた。
悪いなぁと思ったのとこれ以上は、見られたくなかったから
自分で片付けたら、メチャクチャ喜ばれた。』


『どんなときでも、ご飯をきっちり用意してくれて、
食べるとき、きちんと温めてくれた。』


『学校や勉強の話題を全くしなくなった。
気にしてくれていて、気が楽になった。
テレビもあまりつけなくなり、FMが流れてい。お陰で唱和歌謡曲にも詳しくなった。』



次回に続く
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
抱っこ[2019年06月29日(Sat)]

子どもさんは、しんどいと
夜泣きをしたり赤ちゃん返りをしたり、食欲もなくなり、鬱になったりします。
保護者の方も驚きますし、ショックを受けるでしょう。ギリギリで何とか慣れかけたところで十連休があり…子どもさんの状況に動揺される保護者の方は
とても、多いです…。

そんなときは、普通に抱っこしてあげてくださったら良いかなぁと思います。

子どもさんは、落ち着くようです。
夜泣きをしたら、そっと抱っこしてあげてくださいにこにこthIQFRGPBZ.jpg

もう、小学校高学年だしとか高校生だしとか
気にしないで。
保護者の方が触れ
『大丈夫、大丈夫』といってくれるだけで、ホッとするそうです。

人の温かみに、傷ついた心が癒されるんだと。

思いますにこにこ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
ショックな事があった後[2019年06月28日(Fri)]

先日、臨床心理士の先生と

ちょっとお話させていただいた際

統計学上ショックな事があった際
だいたい2週間くらいは不安定になるそうです。

ショックなこととは、例えば
『いじめていた人の出会ったとき』
『学校に行こうと思ったが、震えて行けず自分の状態を改めて知ったとき』
『第三者から、嫌がらせを受けたとき』など、様々です。

そのショックを受けた後はfgu.jpg
ひたすら
様子を見るしかないようです。

その臨床心理士の先生からお話をうかがって覚悟し
子どもさんに対峙すると
子どもさんも、比較的安定するようです。

勉強は、何時からでも出来ます!
無理をして
慌てても、子どもさんの心は、後退するだけです!

ショックなことがあったら
とりあえず、2週間はだまって見守ってあげてくださいねにこにこ
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもの気持ち | この記事のURL
保護者のかたの気分転換[2019年06月27日(Thu)]

しんどい子どもさんと
対峙していると、保護者のかたの心労ははかり知れません。

言葉の端々にまで気を使い
それでも、重箱の隅をつつくかの如く言葉のあげあしをとる子どもさんもいれば

一言も話さず、仮想の空間に現実逃避
(ネットなど2次元に対して)

最近、お母さんがたから
『子どもは大切ですが…もう、私が限界です。』というお話を沢山伺います。
特に、10連休以降本当にいまだに多いです。

そこで、色んなお母さんがたのストレス解消方法をご紹介します!fgj.jpg

・独りカラオケ
・友人と飲み会乾杯
・ジグソーパズル
・ひたすら片付け
・寝る

子どもさんの様子を見ているということは、保護者の方も起きているということ。
24時間、子どもさんに神経を使い
くたくたになる保護者の方、気付かず追い詰められている場合が多く
知らず知らず精神を蝕まれている方も多々あります。

ネグレストになる保護者の方もありますし

反対に、あちこちのフォーラム等に子どもさんのために
勇気をだして必死に行かれたり。

『マザーリーフ』でご紹介させていただいたフォーラムにも、
不安そうに問い合わせ下さるかたが沢山おられます。

そんなときは、私の知る限り丁寧に説明させていただきますので
先ずは、保護者の方が余裕をもって、気分転換し

どうぞ、焦らず無理をしないでくださいね顔1(うれしいカオ)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 親の気持ち | この記事のURL
後天性「内斜視」[2019年06月26日(Wed)]

若者を中心に、片方の眼の視線が内側に寄ったまま戻らなくなる
後天性「内斜視」が増えている
 先週(2019年6月)静岡県浜松市で開かれた学会では
その原因にスマホの長時間使用があると指摘する研究結果が発表された。

日本弱視斜視学会などが全国の眼科医369人を対象にした
アンケート調査では
2018年の1年間に「内斜視の若者を診察した」という回答は42%。
このうち「スマホなどの使用が関連していると思われる症例」は77%にも上った。

眼科専門医院の海谷忠良院長は
「内斜がひどければひどいほど、二重の像が離れて見える。
頭も混乱して両目で見ることが不可能になり、片目の生活になってしまいます。
人と顔を合わせたくなくなり、外にも行きたくなくなる。
精神的にもウツ状態になることもある」と指摘する。

内斜視の治療には、見え方を補正するプリズム眼鏡の使用
内直筋を緩めるボトックス注射
内直筋の位置を変える手術などがあるが
まずはスマホ使用方法を見直すことが賢明だ。
海谷医師は30分間スマホを使ったら、10分間目を休ませる「3010法則」をすすめる。



周りを見たら
皆が、スマホに夢中。
遊んでいても、マクドに居てもdpj.jpg
電車でも、歩いていても

スマホを離さない人が居たり

顔を見て話している人たちが少ないことに、驚きます。

低年齢になればなるほど
その傾向は、多いかもしれません。

便利ではあると思いますが・・・

スマホの弊害は、精神状態だけでなく
身体機能にも、悪影響を及ぼす場合があるということを
知っていただけたらと思います。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 雑記 | この記事のURL
あの頃の想い 後編[2019年06月25日(Tue)]

一度無理になったら
もう、出たくなくなった。

でなくて良いから
風呂にも入らず、食欲もなくなってきて
ひたすら寝ていたくなった。

今思えば、何故そう感じたり無理をしていたのかわからない。

何故、もっと気楽に考えられなかったんだろう。

プライドが高かったからかもしれない。

お母さんと子どもさんはそんな当時のお話しをfgh.jpg
沢山沢山したそうです。

沢山の困難を乗り越えた家族は仲が良く
お母さんと子どもさん二人で、買い物や
居酒屋さんへ行ったり
年に一度の家族旅行等
適度に良い距離感で、楽しく過ごしているそうです。

勿論、私とも仲良く親子とも年齢を越えた
良い友人です(^^)

今回、『最近、ニュースで不登校やら引きこもりの問題ばかりしてるから
皆さんしんどいんじゃないの?』と連絡くれた友人。

ありがとう(^^)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
あの頃の想い[2019年06月24日(Mon)]

お久しぶりの連絡・・・。
以前、不登校だった子どもさん。今は、社会人として活躍されています。

そんな方が、最近お母さんである私の友人にあの頃の心境をお話してくれたそうです。

小学生の時から
リーダーでどちらかと言えば全てに自信があった。cvhf.gif
友人も自然に回りに集まり、毎日が充実してた。

中学校に入り
当初は、勉強や部活動に必死になって頑張り
自分のリーダーとしてのポジションを守っていた。

ところが、何処かで息切れしている自分がいた。

そんなとき、インフルエンザで数日休んだ。

数日後、学校に行くと
皆の雰囲気が違って見えた。

そして突然
もう無理なんだなぁと思った。



次回に続く

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
何にもない世界へ。[2019年06月23日(Sun)]

皆がせかせかと急いでいる。
何も、欲しいものもないから。
食欲もないから
じっと何も考えず
何もせず
ぼ〜っと生きたい。

ずっと頑張り続けなきゃいけない。何時までもずっと。

何のために学校に行かなきゃいけないのかわからないけど、働かないと迷惑かけるから。
働くためには、学校に行かないと働けないから。

ずっと止まれない。
何もない世界に行きたい…



ある子どもさんが、お話した内容です。


不登校やいきしぶりの子どもたちは、先の先まで考えてしんどくなってしまうんだと。
以前、臨床心理士の先生が話されていました。
ちょっと先を見ているだけでいいのになぁ。
未来は、いくらでも直ぐに変えれるから。
そう、思いました。

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもの気持ち | この記事のURL
お散歩[2019年06月22日(Sat)]

あるご家族のお話しです。

先日、行き渋りになり疲れた子どもさんを連れて
保護者の方が、子どもさんの大好きな史跡めぐりに行かれました。

平日好天の日。
人が少ないそうです。
美しいアジサイを見つつ、郡山城跡のさかさ地蔵
DSC_0070.JPG
DSC_0067.JPG
DSC_0068.JPGDSC_0069.JPG

幻の天守閣をじっくり見て
笑顔の帰宅となったそうです。

どうせ、時間があるならこういうのも良いなぁと

お話を伺い、思った母でした。
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 体験談 | この記事のURL
身体症状[2019年06月21日(Fri)]
子どもさんがしんどくなり
限界に近づくと
身体症状が出ることが
よくあります。

学校に行こうとしたら
下痢や、腹痛、食欲不振、不眠等色々です。
手を洗い続ける、生理での異常出血、
自傷行為、発疹などもあります。

身体症状が出たら、なるべく早く原因を取り除いてください。

学校が原因なら、一端距離をおく。

人が原因なら、会わせないようにする。bhj.jpg

第一は、子どもさんの命
子どもさんの精神状態の安定です。

どんなときでも、子どもさんの笑顔を大切にウインク
守りましょうきらきら
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml