CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年07月 | Main | 2018年09月 »
子どもたちがもし悩んだら・・・ (新聞記事より)[2018年08月31日(Fri)]
 「夏休みが終わって学校に行きたくない」「精神的に追い詰められている」……。子どもの自殺やいじめを防ぐため、自治体が始めたSNSを使った相談に、こんな声が続々と寄せられている。悩みを抱える子どもたちに寄り添う新たな手段として効果が見えてきた一方、相談のノウハウや緊急対応などでは自治体の手探りが続く
 ■「今の子どもは電話をかける文化がない」
 8月下旬の午後6時過ぎ、東京都内のビルの一室。相談員のパソコン画面に、高校生からの相談が書き込まれた。
 「学校の先生が厳しいです。精神的に追い詰められている感じがする」
 吹き出しを見た相談員が、キーボードをたたく。
 「苦しいという気持ちが伝わってくるよ。親に相談はできるのかな」
 「親にはまだ言えていない。でも、どうやって言えばいいと思いますか」
 「明日学校しんどい、とか、軽い言い方から始めてみたらいいと思うよ」
 相談員は「友人に話すことは抵抗があるみたいだから、まずは親に話してみてと勧めるのがいいかな」などと、時に同僚と相談しながら返事を送る。
 「今日は話してくれてありがとう。また吐き出しに来てくれたらいいからね」。相談が終わったのは開始から1時間半後。吹き出しは20往復、40回を超えていた。
 この日はほかに「グループで仲間はずれにされている。夏休みが終わって学校に行きたくない」といった相談も。開始30分ほどしてから「夕飯だと家族に呼ばれた」と、途中でやりとりが終わるケースもあった。
 相談業務を担うのは相談サービス会社「ダイヤル・サービス」(東京)。新潟県など複数の自治体から事業を受託し、無料通信アプリ「LINE」と連携したシステムを通じて、臨床心理士などの資格を持つ20〜60代が相談にのっている。
 新潟県は4月から相談事業を始め、徐々に対象を広げて7月中旬からは中高生12万人が利用できるようになった。対象者の2%弱が登録し、7月までに受け付けた相談は約500件。同時期に受けた電話相談の2・5倍に上る。内容は友人関係や恋愛、部活動、親との関係など幅広い。
 SNS相談にいち早く取り組む長野県。昨年9月の2週間、LINEを使った相談を初めて実施し、547件の相談にのった。1年間に子どもから寄せられた電話相談259件の2倍超に上る数字だ。担当者は「今の子どもは電話をかける文化がない。匿名で相談できることも件数が大きく増えた理由だろう」とみる。
 臨床心理士で京都大学学生総合支援センターの杉原保史教授は「若者にとって、友達にも言えない自分の暗い部分のはけ口の一つがSNS。そこに相談の扉を開いたのはとても大きな意味がある」と評価する。
 ■文字だけ・匿名、緊急時どうする
 相談の裾野が広がる一方、SNSならではの課題もある。20代の女性相談員は文字だけでの相談は難しい、と感じている。例えば「ありがとうございます」という言葉でも、そのまま感謝の意味なのか、投げやりになった発言なのかが、わかりにくいという。「一言、二言から気持ちを読み取ることは簡単ではなく、神経を使う」
 杉原教授はSNS相談について、「表情や声色から相談者の思いを推測できる対面や電話でのカウンセリングとは大きく違う技術や知識が必要で、まだ試行錯誤の状況にある」と話す。
 もう一つの課題は「緊急時の対応」だ。朝日新聞がSNS相談について67自治体に聞いたアンケートでも、10自治体が課題にあげた。
 5月末から公立小中高生を対象にSNS相談を始めた福島県では、相談するときに小中高のいずれかを選び、大まかな県内の地域を登録してもらう。県教委の担当者は「具体的な学校名まで聞き出すことは難しく、いじめなどが起きている場合、直接介入することは簡単ではない」と話す。
 新潟県の場合、相談者から「消えたい」といった言葉が発せられるなど、命の危機が懸念される時は、委託先から県にすぐ連絡してもらうことになっている。県は必要に応じて警察などと連携して対応する。今までにこうした事態はないが、深夜に対応を相談する電話が何度かあったという。

 ■支援体制に差、二の足踏む自治体も
 朝日新聞のアンケートで、SNS相談に取り組むとした34自治体の相談期間をみると、約8割が夏休みかその前後を含めていた。夏休み明けは子どもたちの自殺が増える傾向にあり、この時期に発せられる「SOS」に対応するためだ。
 自殺総合対策推進センターによると、1973年〜2015年の高校生までの自殺者数は9月1日が最も多い。06年からの直近10年ではピークは8月下旬で、9月上旬が続く。夏休み明けの前倒しが進んだ影響があるという。
 こうした状況に加え、昨年秋には、神奈川県座間市で10〜20代の男女9人の遺体が見つかる事件が発生。「死にたい」などの自殺願望をツイッターに投稿した高校生らが犠牲になっていたことが明らかになった。
 このため、文部科学省は17年度の補正予算から子ども向けのSNS相談をする自治体への補助を開始。厚生労働省も自殺対策強化月間の3月、自殺対策などに取り組む13団体に委託し、SNS相談事業を行った。4月からも引き続き、6団体が事業を担っている。
 NPO法人「ライフリンク」は、厚労省の事業に参加した13団体の一つだ。3月の1カ月間に、一般社団法人「社会的包摂サポートセンター」と協力してLINEで受け付けた相談は1138件。このうち、20代までが5割を超えた。
 「何の楽しみもなく、生きている意味がわからない」。記事掲載に応じた中学生の少女はこんな相談を寄せた。母子家庭で、きょうだいの面倒もみなくてはならず、家にも学校にも居場所がない。「SNSでできるなら」と相談したという。
 「消えたい」といった言葉もあったが、相談員が思いをよく聞いた上で自らの学生時代などについて伝えていくと、徐々に将来の目標を語るなど変化が見えたという。居場所がない子にとって、夏休みは特につらい時期。少女とは夏休み中も週1度、30分ほどやりとりを続けている。
 ライフリンクの清水康之代表は「SNSは文字のやり取りが残ることで、相談者の了解を得た上で関係機関との連携がしやすくなる」とみる一方、「市町村単位で実施するには非効率的で、都道府県単位でも支援体制などに差がある」と指摘する。
 実際、朝日新聞のアンケートでも自治体によって温度差が見えた。15自治体は「現状で予定はない」と回答。「文科省の補助がいつなくなるのか不安」(浜松市)「相談員に高い技量が求められる」(島根県)など、予算や態勢不備のため二の足を踏む姿勢が目立った。相談を実施する自治体の中でも、全学校を対象とするところもあれば、数校のモデル校で試行的に始めるところもある。

 ■厚労省、指針策定へ
 また、文科省と厚労省がそれぞれの立場でSNS相談を進める一方、具体的な相談の手順や問題解決に向けた連携などを定めた統一的なガイドラインはない。「まずはやってみようという段階」(文科省)だからだ。厚労省は「私たちも民間団体も手探り。成果と課題を分析していきたい」。文科省の取り組みも踏まえ、来年3月末までにガイドラインを示す方針だ。
 清水代表は「SNSは実務的な支援につなげる補助階段。社会全体でSNS相談のインフラを早急に構築し、誰もが支援にたどり着ける環境を整えなければならない」と話す。(円山史、土居新平)


又、街の止まり木・多様な学びプロジェクトというものもあります。

https://www.tayounamanabi.com/spotLPJBC.png

一度、見てくださいね(^^)/

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 雑記 | この記事のURL
2学期直前[2018年08月30日(Thu)]

今、まさに子どもたちのストレスはピークです。
例え親が、『もう学校は、休んでいいから』と思っていても
子どもたちは
『行かないといけないんだ!』と自分を追い込みます。
出来る状況なら
『学校に行かなくていいから。今は、休憩しないといけないから。』と言ってあげてください。

それも出来ない・・・一番しんどい時期
全て拒絶して、籠ってしまっている場合
『産まれてきてくれて嬉しいこと。大切だということ。今、学校に行って無理しないでほしいということ。』を
メモで良いので見せて伝えてあげてください。

暴力的になって引きこもっている場合でも
不安が強くなると、家族のところに顔を出す場合があります。
そんな時は、『学校は、忘れて今はゆっくりして!』と言ってあげてください。
親の一言は、子どもに強く響きます。
誰の言葉よりも響きます。

ある、臨床心理士の先生が話しておられました。
長い人生、たった2~3年5年6年って一瞬でしょ(^^)
焦らずに生きなきゃ。
中学生や高校生で人生決まっている子なんてjjkk.jpg
ほとんどいないよぉ(^^)
お母さんも、中学生や高校生で仕事とか
決まってなかったでしょ(^^)


そりゃそうだ。
ゆっくり行こう!(^^)/


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 不登校 | この記事のURL
子どもは体力右矢印2親は下矢印2[2018年08月29日(Wed)]
子どもは、これから力も強くなり
どんどん成長して親にも
立派な言葉を言います!国語力も増すのですね(-_-;)

しかし、親は
体力も弱ってゆき、何かしらの病気にもなったりthfdfd.jpg
怪我をしたら治りも遅いし
老眼にもなります(+_+)

ちなみに、母も唯一良かった視力があだとなり
只今老眼まっしぐらです(-_-;)

2と3・5と6がわからず…
とりあえず、パソコンとガラケーの表示を大きくしました。
近々老眼鏡を買いに行ってきますあせあせ(飛び散る汗)
いつぞやのブログ
マザーリーフがマザールーフになっていたのもそのためです(>_<)

そんな中、子どもの全力の訴えを聞かねばなりません(+_+)
どう考えても、無理があります。
どうか、皆様
ご自愛ください。

こんな状態でちょっと気づいたこと。
自分が弱ったと感じたら
ちょっと優しくなれます。
旦那さんも、年齢的にもお仕事もしんどいんだろなぁとか
先生方も、こんな若々しい子どもたち大勢相手に大変だろうなぁとか。
昔、保育園の先生方を見て
『こんな小さな元気いっぱいの子どもたち相手に大変だろうなぁ・・・』
と、思ったりしたことを思い出しました。
大人もみんなで
子どもたちと向き合いましょ!

抱え込んでも、体力的にも
負けてしまいますあせあせ(飛び散る汗)

みんなでぼちぼちゆっくり生きましょ(^^)/




Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
子どもの様子で・・・[2018年08月28日(Tue)]

子どもの様子で
担任の先生のお話が出たり
学校の様子を気にする言葉が出てきたら…

遠慮せず、学校に先生に相談なさってください。ouv.jpg

家族だけでは、心のケアも限界があります。

わが家の場合は
たまたま不登校経験者の方のお話を
直接、子が伺えるという貴重な機会が何度かあり

子どもを心の底から
思ってくださる先生方と出会えたからこそ
一歩一歩踏み出せたのだと思います。

兄妹の担任の先生まで、良くしてくださいました。
どうか、担任の先生もですが
教頭先生・校長先生・学校教育課の先生・主任の先生・教育研究所の先生
どなたでも
ご自身とあう先生を、探して下さい。


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
トラブルが原因での不登校[2018年08月27日(Mon)]

昔は、自分のクラスの子が
自分たちのせいで、不登校になったら
責任を感じたり、良心の呵責に苛まれるというth.jpg
事が多くあり
後悔や、反省があったそうです。
先生方も、子どもたちに話してくださり
落ち着くことも比較的多くありました。

しかし、今はハブル(ある子を無視する等の意味)
という問題を先生が話しあってくださり
その場は落ち着いてもラインなどで相談しあい
自分たちを正当化し、不登校になってしまった子が
悪いかのようにされることは多々あるとききます。

大人でも、ラインの使用は難しく
当たり前のようにハブルということはあるようです。
俗に言う
『ライングループである人をハブイて別で持つ』ということ等です。
大人でもこの状況です。子どもは特にもっと大変です!

見守るしかない・・・んですが

色々な方からご連絡をいただきお話を伺うと

生きにくい世の中を感じずにはいられない今日この頃です(+_+)






Posted by hahaちゃん at 00:00 | 不登校 | この記事のURL
潔癖になる[2018年08月26日(Sun)]

ストレスがたまると潔癖になる。
手をずっと洗ったり
必要以上に掃除をしたり・・・。
そんなお話をよく伺います。

実は、母もそうなんですあせあせ(飛び散る汗)
ストレスがたまるとそこら中掃除をします。lkjb.jpg

特に、トイレは1日に何度も。

掃除をするところがなくなると、子どもの部屋を1日中掃除したり・・・
それは、昔からで。
高校からの友人は笑いながら
『あの病的な潔癖はまだやってんのかい?』と集まりでたまに言われます(笑)
それで、心のバランスをとっているような気がします。

安定すると、少しの汚れは気にならなくなります。
今は、ある程度お年になり(笑)
潔癖になると、気をつけるように・・・
自分でコントロール出来るようになりました。

潔癖になられた子どもさんのその時の想いを知っていただければと思い
ちょっと、記載してみました。

因みに…今は医師
『ホコリでは死なん!』と言われて
意識してほどほどにしています(^^)


Posted by hahaちゃん at 00:00 | 雑記 | この記事のURL
選択は子ども[2018年08月25日(Sat)]
カウンセラーの先生にアドバイスいただいたお話です。
どんなに切羽詰まっても
子どもから相談されない限り絶対に
『結論を言わない。意見を言わない。』


例えば、子どもさんが
『高校を辞める』と言います。th646INXG3.jpg
保護者の方はショックです!
『頑張ってみれば?』とか
『通信に行ってみれば』とかいうと子どもは
『親が言ったから行っただけ!』になるそうです。

反対に、子どもさんから
『どんな選択肢がある?』と聞かれたら
『こんなことやあんなこともあるけど、せっかくだから自分で検索してみたら?

という感じだそうです。

ストレスは、いっぱいになります(親は)
う~苦労してほしくないから
自分の経験から言いたいけれど・・・
我慢我慢
と、母も自分に言い聞かせ続ける日々です"(-""-)"

Posted by hahaちゃん at 00:00 | 不登校 | この記事のURL
新学期に向けて[2018年08月24日(Fri)]
不登校の子どもにとって
学校に行く子どもたちの姿を見るのは
本当に苦痛だそうです。

あるお母さんの体験です。

8月の25日を過ぎたあたりから
おどもの様子がどんどん暗くなります。
お母さんはある決断をします。

8月30日から旅行に行かれました。NVGHJK.jpg
帰宅は、9月2日。
思いっきり遊んだそうです(^^)

『安くてびっくり空いててよかったわよ~♪』
でも、子どもさんの表情は
やわらかくなったそうです。

不安な日を、楽しい日にする!
発想の転換ですね!
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
勉強道具[2018年08月23日(Thu)]
子どもが苦しんでいるから
勉強道具を隠すというお話をよく伺います。

実は、机や見える場所に積んでいる方がよいようです。

子どもは、目の端で実は見ていて
焦って、こっそりプリントや教科書を見てみたりするようです。1.png

わが家も、何も言わなかったので
勝手に焦って…
それでも、悩み始めてから1年ほどかかって
やっと塾に行きたいと言い行きだしました。
勿論、その間は意地でも勉強の話は言いませんでした。

今は、自分で管理するしかないと
やってるのかなぁ?
聴かないのでわかりませんがあせあせ(飛び散る汗)

子どもの人生、変わってやることはできない。
子どもは、自分の人生を逃げてはいけない。目を背けてはいけない。
失敗し、後悔し、考え悩んで
乗り越えるのを寄り添って見守るだけ。

しんどいですなぁ(>_<)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 不登校 | この記事のURL
お母さんの顔色[2018年08月22日(Wed)]
この時期は
子どもたちは特に
お母さんの顔色を見るそうです・・・。

ある不登校経験者の子は
『自分が、学校に行けないけれど行きたい思いもある・・・
だから、お母さんのしんどそうな顔が一番つらかった。』と言います。

でも、母もそうでしたが
そんな余裕はありませんあせあせ(飛び散る汗)
だから、お母さんもどうか息抜きをしてください。55555.jpg

息抜きをしても母さんの心も充電しないと
枯れてしまいます。
お茶もいいでしょう(^^)

今は・・・出ることがしんどかったら・・・
ネットで美味しいものを注文してみんなで食べる(^^)/
それだけでも、幸せな気持ちになれますよぉ(^^)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 親の気持ち | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml