CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年12月 | Main | 2018年02月 »
大学生ボランティアシンポジウム[2018年01月31日(Wed)]
9A897ABC-3EDC-406E-9882-7DDE2FA2990B.jpeg
Posted by 事務局 at 01:00 | お知らせ | この記事のURL
いんどい・・・[2018年01月31日(Wed)]
h69gx.jpg
先を見がちな親の立場
本当にわかります。
母も、そうです。
本や、ネットで必死に知識を得ても
いざ、我が子のことになったら
どこまで、冷静で入れるか。

あるおかあさんから
『不安でつぶれそう…』と連絡をいただきました。
この、ブログにのせることを承諾いただき
記載させていただいてるんですが。
正直、悩みつつ入力しています。

不安をあおるかなぁ・・・

でも、みんな不安なんですよ。

自分の子どもが学校に行けなくなって
苦しむ姿を目の前にしたことのある方は
みんな、いつまでも不安は強いようです。

いいと思います。
親も子どもも一緒に乗り越えれればそれだけで。

行けてもいけなくても
子どもの人生から計算して
2年や3年・・・僅かです。

焦らず、ぼちぼち生きましょう。
ぼちぼちで(^^)/
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 親の気持ち | この記事のURL
ウー・ウェンさんちの定番献立(高橋書店)[2018年01月30日(Tue)]
こんにちは、TYママです。
中国家庭料理の研究家、ウー・ウェンさんのことは
これまであまり知らなかったのですが、
数か月前に書店で料理本を見つけてから、
シンプルでヘルシーなレシピがすっかり好きになってしまいました。

特にこの本は、献立に困った時よく開くのですが、
レシピの脇に添えられたコラムの文章も、
ウーさんの暖かい人柄が伝わってきて、とても良いのです。
長ねぎの卵焼きのレシピに添えられた、コラムの一部をご紹介します。
51JO0SeKyRL._SX358_BO1,204,203,200_.jpg
「弱火のやさしい火加減で・・・・
卵にふんわりと火が通るのを待つ。
長ねぎにじわじわと火が通るのを待つ。
「待つ」ことも料理のうちです。
せっかく素材が自分でおいしくなろうとしているのを、
下手に手を出して邪魔するのはやめましょう。
だから私はいつも思うのです、
料理は子育てとすごく似ている、って。」

身体も心も元気になる料理本です。


Posted by 事務局 at 02:00 | | この記事のURL
インフルエンザ[2018年01月30日(Tue)]
thrrrr.jpg
今年、例年にないインフルエンザが猛威を振るう。
そんなとき、あるお話を伺いました。

お父さんが、帰宅し
不登校のインフルエンザの子どもさんの様子を聞いた際
『家にいててインフルエンザって。どういうことや!』と言ってしまったそうです。

お父さんも、職場の方がインフルエンザ続出で
かなり、しんどい思いをされたようです。
つい出た言葉・・・
子どもさんは聞いてしまったようです。

お母さんは悩まれましたし
子どもさんは、すごいショックをうけたでしょう。

幸い子どもさんも体調がかなり回復していたそうなので
お母さんが
『今の言葉は,お父さんが間違っていると思う。ちゃんと謝って話し合ってください。』
とびしっと言い
お母さんは、部屋を出たそうです。

お父さんは、子どもさんの部屋へ行き
しばらく話をして、
子どもさんの部屋を後にしたそうです。
以降、子どもさんがお父さんに対して
打ち解けるようになったそうです。

母も含め、大人もしんどい時はあります。
そして、ついつい
子どもや周りの自分より弱い人間に
無意識で傷つける言葉を吐いている場合があります。

その時、この家族のように
うまく対処出来たらよいなぁと思いました。





Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
仮病[2018年01月29日(Mon)]
こんにちは、マザーリーフ事務局です。

不登校の初期、朝になると「お腹が痛い」「頭が痛い」と言う子がいます。
最初は心配しても、それが何日も続くと、
「仮病なのでは?」と思うことも当然あるでしょう。
publicdomainq-0001807fwx.jpg
学校に行こうとするとお腹が痛くなり、
休むと決めたら痛みがおさまる・・という場合もよくあります。

気持ちがしんどいと本当にお腹や頭が痛くなるのです。
心と体はそれくらいリンクしています。
はっきりしているのは、学校に行くのがしんどいということです。

それをきちんと言葉で伝えらえる子の方が少なく、
ほとんどは体の不調で訴えたり、暴れたり、泣いたり、
あるいは髪を抜いたり、リストカットなど自傷をしたりします。
どれもこれも子どもからの「助けて」という訴えなのです。

なんで行けないの?と思われると思います。
いじめ? 
先生に怒られたから?  
勉強がわからないから?
原因は一つではありません。
子どもを問い詰めるより、とりあえず休ませてあげてください。

怒って無理やり学校に連れていくことで
それが親子関係をこじらせてしまうこともあります。

カウンセラーや不登校支援の専門家に
できるだけ早く相談してくださいね。
Posted by 事務局 at 02:00 | 子どもの気持ち | この記事のURL
登校拒否を克服する会よりお知らせ[2018年01月29日(Mon)]
logo05_a01.png


いつもご連絡いただきます
登校拒否を克服する会さんより、交流会のご案内です。

開催日  2018年2月17日(土曜日)
開催時間 13時15分から16時30分まで
開催場所 奈良市保健所・教育総合センター (はぐくみセンター)
受付時間 13時から


講演  『命輝け ー不登校ひきこもりと発達障害に向き合う』
      −当事者・家族に寄り添ってー

講師   青木道忠 氏
    (大阪障害者センター職員・大阪発達支援センター ぽぽろ所長)
資料代  500円


講演会の後、青木先生をお囲みして懇親会がございます。お気軽にご参加くださいませ。


では、今日もぼちぼち頑張りましょう!

C905C10C-C865-4464-856A-A38755594EE4.jpeg

Posted by hahaちゃん at 00:00 | お知らせ | この記事のURL
実験[2018年01月28日(Sun)]
こんにちは、マザーリーフ事務局です。
scince_jikken.png
3学期から学校に行くとお子さんが言う場合。
学校に行くことは「実験」だと思ってください。
お子さんにも「実験」と伝えてあげてください。

   午前中だけ行くという実験。
   放課後に行ってみるという実験。
   保健室に行ってみるという実験。
   部活にだけ参加してみるという実験・・

実験なので失敗はありません。
実験の結果からいろいろなデータがもたらされ、
次の実験に生かすことができます。
そうやって逃げ道を作っておくのです。

いきなり朝の会から終わりの会までを教室で過ごすのは、かなりハードな実験です。
どんな実験から始めるかをお子さんと相談されてはいかがでしょうか。
それを学校の先生に伝えて対応していただけるようにお願いしてみてください。
最初は親が間に入りますが、やがてお子さんが自分でどうするか決め、
自分で先生に言えるようなっていくのが目標です。
自分のペースを自分で決められることが「自立」ですね。
少しずつ学校にいる時間を延ばしていく、
少しずつハードルを上げていく、というのはどうでしょう。

Posted by 事務局 at 02:00 | 学校との付き合い方 | この記事のURL
親にあたる[2018年01月28日(Sun)]
th6I7GX6W2.jpg
子どもの心がしんどくなると
親に当たり散らします。
うんざりしますがあせあせ(飛び散る汗)

これも

当たっても受け止めてもらえると思っていうのだと解釈し
ひたすら我慢の日々ですあせあせ(飛び散る汗)

当たり散らした後
『こんなしんどいことがあった。』という時があります。
黙って聞いて・・・

今回は
お正月に余ったお餅を使って
仲よく餅ピザを作りました。

イライラ気分も、おいしいものでちょっと緩和。
お腹も気持ちもほんわかです(^^)
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 子どもへの接し方 | この記事のURL
「子どもに語る日本の昔話」(こぐま社)[2018年01月27日(Sat)]
こんにちは、TYママです。
61RFYWdP32L._AC_US160_.jpg
世界各地で数百年、数千年と語り伝えられてきた昔話は、
人を励ましたり、勇気づけたりしてくれる、
人間にとって一番大切な文学じゃないかと思うのです。

子どもが4年生のころ、
毎日「昔話読んで」とせがんできたことがありました。
そこで私と子どもは、毎晩寝る前に、
貧しいけれど正直な老夫婦が幸せになったり、
心優しい娘が王子様と結婚したりするお話を読み続けました。

数か月たった頃、子どもは
「もう昔話は読まなくていいから別の本読んで」と言いました。
きっと、昔話の栄養を、充分心に蓄えたのでしょう。

この「子どもに語る・・・」のシリーズは、日本の昔話のほかに
グリムなどのヨーロッパ、アジアの昔話のシリーズもあるのですが、
とても読みやすく、おすすめです。


Posted by 事務局 at 02:00 | | この記事のURL
ストップネット犯罪 [2018年01月27日(Sat)]
main_01.gif


以下のアドレスで子どもたちのインターネット事件が
具体的に検索できます。
情報モラルやネットいじめ等
詳細に見れます。
これからの時期、ますます気を付けたいですね!


http://kids.tokyo-shoseki.co.jp/kidsap/kids_trouble.htm

この資料は,東京書籍発行の「子どもたちのインターネット事件−親子で学ぶ情報モラル−」に掲載されている事例から12事例を選び,小学校高学年向けに書き直したものです。

「あなたは大丈夫?考えよう!インターネットと人権<改訂版>」(PDF)こちらもどうぞ!
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00121.html
Posted by hahaちゃん at 00:00 | 学校・行政の取り組み | この記事のURL
| 次へ
マザーリーフWebsite


最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
検索
検索語句
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
fuwa_b2.gif http://blog.canpan.info/motherleaf/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/motherleaf/index2_0.xml